2017/06/15

梅雨の合間の花見ランだったが・・・

2017年6月13日(火)

知らぬ間に梅雨入りしていた。曇天の朝濡れてもいい格好で公園方面に向かう。
信号待ちを避けて、交差点では青信号の方向へ青信号へと移動しながら大体の方向に進んで東の大宮第二公園に着きそのままトラックを走る。
ランニング用のコースなので誰かしらが走っている。今日もランナーが多く、1キロのランコースを左回りに逆走して2周ほど走る。
国道を渡り公園西端の梅林を通ると完熟して落ちた梅の実がいくつも転がっている。Img_0869
梅林奥のアジサイ園へ向かうがまだ3分咲きだ。Img_0867それでもアジサイは今日みたいな曇天が似合うImg_0868
花菖蒲もまだまだ群生せずがっかりだ。Img_0870
ちょうど初夏の花から夏の花への切り替わる時期なのだろうと諦めて氷川神社から参道に向かうと明治天皇が神社に行幸した御親祭の絵巻が掲示されていた。何か行事があるのだろうか。
程良い涼しい朝ラン10キロを気持ちよく楽しむことができた。
Img_0871


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/31

精密検査を受けてください

2017年5月29日

5月9日に受けた健康診断の検査成績表届いた。

総合判定************************

 ☆ 肝機能障害を認めます。精密検査を受けてください。
 △ 今回の検査では高血圧を認めます。定期的に測定し高い状態であればご相談ください。
 △ 糖代謝検査に異常を認めます。3か月後に検査を受けて下さい。

****************************
Il_01

肝機能数値

   * AST(GOT)  52 (昨年26、一昨年26)
   * ALT(GPT) 34 (昨年 21、一昨年20)
   * γ-GTP   27 (昨年30、一昨年35)

 AST(GOT) ALT(GPT)は細胞内でつくられる酵素で肝細胞や心臓腎臓などの臓器に多く存在し、体内のアミノ酸代謝やエネルギー代謝の過程で重要な働きをする。しかし何らかの異常で肝細胞が破壊されることにより、血液中に漏れだし血液検査で肝機能異常がわかるという。
厚労省の基準値は30以下で上記は異常値だとの判断結果だ。
生活習慣で食事や運動など問題なく、あるのは364日アルコールを摂取しており、検査前日だけは控えたので。原因はアルコールによるものかもしれない。
夕食とアルコールはセットになっており、そのあとの寝酒のウイスキーをいただいている。
このアルコール生活が問題の結果かもやばいかも・・・。

結果がきてからアルコールは、すこし控えて、今週は二日も酒を断った。依存症ではないので、飲まなくても問題は全くない。
近々、かかりつけの医者で超音波の検査をしてもらうつもりだ。それまでは、週に三日は禁酒デーにするつもりだ・・,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/22

ダイエット

2017年5月19日(金)

一週間前に健康診断を受けた。
結果は血圧が少々高め、右目の視力が0.9と初めて1.0下回ったこと、そして腹まわりが1.0cm太ったこと、などなど一年前の数値が悪くなっている。
理由は解っている。運動量が明らかに減っているにも関わらず、大好きなビールが辞められないからだ。気候も良くなったので減量に取り組む事にした。

さっそく16日の休日には西武ドームで開催中のバラ祭りに出かけ、帰りは多摩湖から30キロをウオーク&ランで体を絞った。
Img_0814奇しくも地元の与野でも駅前にバラが咲いていた。
Img_0816Img_0818
そして三日目の休日は、大宮宿から北鴻巣までの旧中仙道21キロを体験した。
汗臭い姿で電車に乗るのを避けて片道を北鴻巣駅まで電車で、帰路ををウオーク&ランだ。旧道は国道から離れてる場合も多くスマホで探す。神社や寺院前は大概旧道だ。・Img_1669Img_1664Img_1666Img_1667
スタートが午後2時から4時間の6時に少し涼しくなった大宮宿に戻る。
なんとなく腹まわりが凹んだ様に感じる。
次回は北鴻巣から行田まで行くつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/07

百尋ノ滝

2017年5月5日(金)


滝を目的に川苔山から百尋ノ滝を選び7時半に家に出る。鳩ノ巣の登山口の予定が電車の都合で奥多摩になった。駅は大混雑でいやになる。Img_0795仕方なく、駅近くに登山口がある本仁田山から川苔山に向かうことにした。Img_1662
ザックにカロリーメイトが一箱だけなので
駅前にセブンを探すが無い。10分ほど歩くが店はない
せめて飲料だけでもと自販機を探すが無い。あきらめて川沿いに降り橋を渡る。Img_0796暫くすると林道は川から離れてダラダラの登り坂になってきて、本仁田山らしき姿が見えてきた。Img_07975分後 登山口に着いた、どっかに水場があるだろうと勝手に思い込みスタートする。Img_0798 民家らしき家の横に本仁田山へのサインがあった。以前 逆コースで来たことがあり、かなりの急坂を下った記憶がある。
地図表示では下り1.30時間、上り2.30時間だ。その通りの急登続きだった。Img_0801
1.30時間で本仁田山頂上に着く。
さすがに疲れた、水場も無い頂上で褒美は展望良く頭が雲に隠れた富士山も拝めた。Img_0802
早々に 走り下り分岐を左の川苔山へ向かう、不安は水が無いことだ。Img_0803
本仁田山から大ダワに下り悪路だが傾斜の緩そうなコースを選ぶ。登りの筋肉が悲鳴を上げ始めた。
樹林帯の右が切れ落ちて狭い道には落ち葉が堆積して、木橋がいくつもある。Img_0804
やはり悪路か?慎重に越え40分すると三方向の道が開けた。船井戸だ。地図には水場のサインがあるが、下に降りなくてはいけないが、水の気配が無いのでムダ足をやめて4分岐の広場で小休止する。Img_0805足が上がらない。水も無い。唯一の食料はカロリーメイトだけだ。口に入れるがパサパサして喉に詰まりそう。
10分ほど休憩して、結局、上りの川苔山をパスして百尋ノ滝への下り道を選択する。Img_0806しばらくすると、水源らしき渓流が現れ、30分後には渓流越えの際に、たっぷりとミネラル豊富そうな自然水をいただいた。

次第に川音が大きくなってきた百尋ノ滝だ、五回ほど来ているが、枯れることはない。ザックと靴を脱いで大きな岩に座り熱った足を水に漬ける。冷たい。が気持ちいい、夕方なので三組がくつろいでいるだけだ。Img_0786
10分ほどで帰路の川乗橋へ向かう。途中で岩から水が滴っている、Img_0809いただく、美味い。Img_1658長い川乗谷が見事な水流で途中の滝壺では女子たちが川遊びをやっていた。Img_1659

Img_1660
バス停の時刻が1時間半もあるので、奥多摩駅まで歩くことにした。
4時過ぎに21キロ、5時間40分 でゴールする。疲れた。座って帰りたい。

奥多摩駅発夕方の4時18分のホリデーで運良く座れて1時間45分東京駅へ戻る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/30

花の季節到来

2017年4月28日(金)

桜の季節が終わり、替わりの花が次々に咲いてきて否が応でも時の流れを感じるこの頃だ。
マンションの間を縫うような道には見事な藤、Img_0735
そして緑区の女体神社へ向かう道路は白とピンク色のハナミズキ道になっている、
Img_0727女体神社前の公園は中学生の写生場だ。大半は景色を写生しているが女子は案山子の銅像に決めたよう。案山子も喜ぶだろう。Img_0729
神社下を流れる見沼用水路の葉桜の下でもカラフルなツツジが
Img_0733新都心に戻ると街路樹のトチノキに赤い花が咲いていた。
花の季節到来ですね。Img_0734


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/20

宿根草

2017年4月20日(木)


この数日気温が異常な上昇で猫庭が一気に花盛りになった。
エビネが三週間前にはやっと芽を吹いたと思ったらImg_1655
花を付けていた。
Img_1654
宿根草のいいところは、勝手に花が咲き、冬になると地上の葉を落として冬眠し、季節が巡り、また春に咲いてくれる横着者にはうってつけの植物だ。
ああ、入口のギボウシも涼しげな葉が展開してきた。Img_0722


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/17

羊山

2017年4月17日(月)

気温23度午後から曇り、そして雨の予報が出ている、連休初日の朝。
朝食を済ませて、9時に車に乗り込み羊山に向かう。クルマ窓を全開にしてナビに従ってハンドルを握る。時間があるので一般道路優先すると、ナビは国道16号線川越方面を選んだ。
川越新宿付近を通ると嘗て週一で通った景色が蘇る。ナビを無視して右折して空いている県道に入り良く知った笠幡駅前を過ぎる。あまり変わってない。日高の街を過ぎ陸橋を越えると巾着田だ。夏の水浴びや秋の彼岸花が有名な巾着の形をした巾着田だ。Img_1652
右手の日和田山など周辺の山は色が薄い緑やピンクに色づいてきている。春がやってきたのだ。
楽しいドライブになってきた。40キロ制限の山道一本なので、前の軽トラが制限速度ぴったり40キロで走っているので、つられて折角の景色を楽しみながらゆっくりと走る。桜や桃はまだ旬で、路肩に咲く菜の花も強めの風で踊ってるように見える。エアコンを止めて窓を全開にすると爽やかな風が右の窓から左の窓に抜けていく。武甲山が突然現れた。Img_1653
もうそろそろだ 10分で羊山に到着する。
風が強めになってきたので桜吹雪が駐車場に舞っている。Img_0718
平日だが、あの芝桜を見に暇なジジイババァがやってきている。無論オイラもだが。
5分ほど歩いて入口に着くと、入場料は無いが、100の募金をお願いしている との事なので、箱に100円を入れる。
右手は咲いて形になっているが、まだ丘全体には咲いていない、三分咲くらいか?。散策して高台から 俯瞰する。Img_0716
Img_0715
とりあえず話のネタできたが、特別有料でない訳が分かった。100円くらいならいいか?駐車料金が500円なのだから。
特に目的は無いので、帰りは長瀞から東松山の一般道路のドライブを楽しみながらウチに帰ろう、たぶんその頃から雨になるだろうから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/10

花ランもそろそろお開き

2017年4月10日(月)

久々の晴れの休みの今日は、さて何処の花ランをしようと地元の大宮公園に行く。Img_1634
屋台の撤収が始まり公園の桜も旬が終わったようだ。それでも花びらだらけの公園もいいし、天上がりのボート池は晴れやかな景色を見せてくれている。
Img_1635
大宮公園を抜けて大和田公園の芝川に出ると南に伸びる川沿いに菜の花と桜並木が一望できる。
Img_1636
公園の桜の下で老婦人を撮っている老人を微笑ましく思い、振り返って幸せを撮る。いい夫婦だ。
Img_1637
大和田駅を過ぎて岩槻市内に入りスタートから10キロを過ぎた頃、通りすがりのご婦人に城址公園の所在地を聴き、5分後に遠目に桜が見えてきた、岩槻城址公園だ。
Img_1638ところどころに桜が満開だが、並木になってないので少々期待外れだった。
戻りはコースを変えて花を探しながら大宮駅に向かう。
Img_1640
24キロ、3時間の花ラン終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見沼用水路の花見は雨続き

2017年4月9日(日)

今朝も雨降りが続く。
新都心からおよそ東へ10分、大原の見沼用水路に入る。日曜の雨の朝なので行き交う人も疎ら。ソメイヨシノは満開で曇り空には白く映る。Img_0670
多少の風雨で花びらがひらひらと舞って地面に落ちて花筏になっている。蛇行する桜並木がそれでも旬の春を演出している。Img_0671
後ろから女性ランナーが花見ランしてきた。仕事がなければオイラも走っていただろう。Img_0665
仕事場まで6キロを桜トンネルの花見ウォークで独り占めしながら楽しむ。
明日、わが家のkeiさん中学校の入学式だ、晴れたらいいなぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/05

花見ランとお礼参り・・・36キロ

2017年4月4日(火)


今日の花見ランは東京駅からさいたま新都心までのコースに決めて二重橋を目指して無事皇居ランに合流出来たけど、逆回りして桜田門に向かう。Img_0632桜田濠の菜ばなと桜と初体面する。いい天気だ。Img_0633遠目に桜の群生が見えて国立劇場の桜に人が群れている。
Img_0634英国大使館が出現、お向かいは皇居だ。Img_0635千鳥ヶ淵が大混雑ボート乗り場に長蛇の列、東洋人が多そう!
Img_0636水道橋から湯島天神にseiさん国立附属高校合格の御礼参りに立ち寄るが花が終わった梅しかない。
Img_0637不忍の池も東洋人で混雑、何故かボートが大人気のようだ。そして上野公園にあがるとも足の踏み場も無いImg_0638裏道を通って芸大方面、千駄木の江戸川乱歩の店?団子坂を登って白山通りに出て巣鴨へここも桜も無いのに桜祭りでババア達で大混雑。
急いで板橋宿に入り石神井川の板橋の桜を拝んで、遅いランチと冷たいビールをいただきひと息ついた。
Img_0640蓮沼の南蔵院の品のある桜を最後に花見は終了だ。Img_0642_2
ひたすら国道を北へ向かい5時間39分でさいたま新都心までの36キロを走破する。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/04

花見ラン

2017年4月3日(月)


東京で”桜が満開になった”とTVが言っていた。
さいたま見沼はまだだろうがせっかくの暖かいいい朝なので、9時過ぎに見沼用水路に向かう。
街の花木も早咲きの ウメは花を終え、コブシや、モクレンは汚くだらしない花をつけている。

浦和レッズのグランドを取り囲んでいるソメイヨシノはまだ3分咲きだったが、アップで花を撮る。
Img_0596
芝川沿いに出ると、定番の黄色い菜の花が土手のあちこちに咲いていて何でか嬉しくなる。
Img_0595
土手を川下に向かっていると、子ども達を連れた親子となん組か出会い、春休みを実感する。そういえば、naoさんも今日、入園式だと言っていたなぁ。
折り返しは5分咲の見沼用水路の桜並木を通って花見ランを終える。
Img_0593


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/24

猫庭の景色

2017年3月24日(金)


【暑さ寒さも彼岸まで】も終わり、街を歩けばモクレンや梅、畑の菜の花が風景に色を付けてきた。
我が家の猫庭では 一年前に植えた《クリスマスローズ》が根付いてピンクの花を付けた。Img_1629残念なのは地植えにしたので、屈まないと顔を拝めない。Img_1630やはり鉢植えにして目線におけば良かった。春はやってきたが花はまだまだだ。
あまりにも色が寂しいので、家人が一年草を鉢に植えて狭い猫庭に春を演出している。Img_1632
それでも、幹に吊り下げたポットの多肉植物が新芽をたくさん出してきた。Img_1628ハナミズキは花芽を膨らませ、地面からは宿根草のエビネが芽を出してきて確実に花の季節に向けて動いてることを実感する今日この頃だ。
Img_1631


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/15

笑える

2017年03月14日(火)


四年ぶりに歯医者に行った。
理由は差し歯のひとつが取れたのだ。
上歯の正面から三つ目なので笑うと歯欠けジジイで笑える。
Img_0482

義歯なので接着剤が四年の間に弱ったのだろう。2時間程で修復したが。四年の間に義歯の肉が減ってるので、肉盛りする必要があるという。
差し歯以外の歯みがきしたり、差し歯磨きしたり面倒だ。いっそ全部抜いてしまえば虫歯対策も要らないし楽かもしれない。
念のため医者に聞いてみると、素材によるそうで10万円から100万すると言うのでビックリだ。結局3割負担で二回で10000円弱掛かった。大事にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/13

紅猿子(beni-mashiko)

2017年3月10日(金)


天気がいいので、太めの身体を絞ろうと30kマラニックに出かける。
自宅近くの桜が見事な鴨川沿いを南に向かう。Img_0458桜はまだまだだなので流石に狭いトレイルなので誰も通らない。
危険告知のテープが桜の曲がった幹にグルグル巻かれている。Img_0460きっとよそ見して怪我した人がいたんだろう。しばらく行くと新幹線と埼京線の高架が現れ川沿いの桜並木は終わりつまらない川岸になってきた。少し行くと民家の梅の花が品のいい香りを放出している。Img_0462
いい陽気になってきた。川沿いから中央通りに合流して朝陽に向かって走る。道は分からないが日差しを頼りに進むと目指すバイパスにでた。《ロジャース》で用を足し、と《アミノバイタル》を82円で買う、安い!
戸田のバイパスから彩湖に向かうと突然ランナーが右手から道に飛び出てきた。合宿所があるヤクルトの選手だろう。土手を降りるとヤクルトの野球場が見えてきたがまだ練習してる選手はいない。Img_0463
彩湖畔に出て管理橋を西側に渡るとまだ冬枯の景色が続く。自転車野郎達が走っている。土曜日に自転車大会があるらしい。Img_0466_2

Img_0467
彩湖から水門を通り田島原に出ると藪の前にジジイ達が遠巻きに10m先の枝に望遠カメラを向けている。
小声で「なんですか?」『ベニマシコ』と一言。初めて聞く名前だ。Img_0478
この辺はこの手の野鳥撮りの連中のメッカらしい。
桜草自生地はまだ色がないままだ。GWごろにはピンク色に染まるのだろう。Img_0468
秋ヶ瀬公園の路肩を通り春を探すが花は雑草くらいだ。がそれでも作られていない自然な公園がいい。
Img_0470
公園を抜けた先の土手に菜の花が咲き始めて青空に映えてやっと春に出会えた。Img_1625土手の越えるとゴルフ場が左手に出現し寒い中 数人が興じている。風の通り道か寒い、300mくらいの竹藪のトンネルが多少風を和らげてくれる。Img_0475運動公園から街へ向かう土手に出て西を振り返ると秩父山塊がもやっと見える。そろそろ山走りしよう。
街へ戻ると路ばたに黄色いサンシュが咲いていた。Img_0477
29kのマラニックを終えて昼ビールでランチだ。疲れた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/27

御岳山

2017年2月22

今回の4連休は奥多摩起点に過ごすことにした。
青梅マラソンをきっかけにどうせなら連休にして久しぶりの山歩きをしようと思案の末 行き慣れた御岳山をベースに決め山頂の御岳神社下の宿坊に宿を2日ばかり取る。
マラソンと山行の着替えや防寒着などでザックは30k近くなった。
1日目はナンバーカード取得に会場に立ち寄ったあと御岳駅に向かい、駅からはバスに乗換え、ケーブル下の滝本からはImg_1611敢えて徒歩で30kのザックを担いで登ることにした。標高400mから終点の御岳山駅830mまで標高差430mを登ること約一時間掛かった。
気温は8度と寒くダウンジャケットが丁度良かったが10分も過ぎると汗が吹き出してきて途中のベンチでTシャツになり 16:00に目的の宿坊に到着。Img_1612_2
主人に寒くないのですか?と聞かれる。案内された部屋で身体を投げ出し火照りをさます。
暫くして 風呂に入ってビックリ、直径が3メートルもある大きな桶が湯船だ。客がいないので貸切状態で大汗を流す。Img_0408
2日目のマラソン当日の朝、雪が降ったらしく薄っすら雪の降った景色を眺めてImg_1613頂上の御岳神社へ完走祈願。Img_1615
なんとか30kを完走したもののヘロヘロ状態で御岳の山に戻る。練習不足を実感だ。
体力がかなり消耗して食欲も無く早々に布団に入る。
3日目の朝 10時間程寝たおかげで体力は回復、朝食は完食。が筋肉痛が酷く、大岳山の予定をやめて下山することにした。幸いに天気は良いので30kのザックを担いで、ゆっくりと杉並木を下る。Img_1617
平日にもかかわらず数組の登山者が登ってくる。幾つもの九十九折の急勾配を40分程掛って下り滝本駅で小休止、気持ちがいいのでバスはやめて一の鳥居がある国道に出て、Img_1621多摩川に向かう遊歩道を下る。
気温が上がって、多摩川沿いを進むと平日にも関わらずあちこちで川を楽しむ風景が見られる。Img_1622
釣り人やカヌー、Img_1623そして大きな岩石を手がかりだけで登る若者などだ。Img_0394
残り1日はまだ癒えていない筋肉痛とのリハビリか?
マラソンはダメだったけど御岳の冬はよかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/21

走った距離は嘘つかなかった青梅マラソン

2017年2月19日(日)

Img_1607
御岳山駒鳥山荘を9時に出てケープルには乗らずアップがてらに標高差400mを走り降りる事にした、20分後バスで10分先の御岳駅に到着し青梅線に乗換えて東青梅で降りる。時間は10時40分だスタート地点へ向かいながら、ザックを病院の地下駐車場に置いて、コースに向かう。身体が重い!今回30kの練習はして無いので、折り返しまでは無理せずに行こう。
ナンバーが4000番代で前の方からのスタートで遅れが数分と前回より好位置だったが、流れに任せてバラける5キロから速度を上げていくつもりだ。
結果 5キロは 34:40と予測通り7分弱で通過したが やはり重い!とりあえず折返し迄はドンドン抜かれるが足に任せて10キロ も伸びず 1:10:12 だ、一向に足が前に進まない
今朝の400m降りランが原因か、夕べの酒が原因か、基本的な練習不足が原因か、考えてもしようがないまま折返し地点を過ぎて 15キロ 1:48:07 とタイムが落ちた。
もう駄目だ。歩く。戻りから速度アップの目論見どころか途中棄権しようかとも頭をよぎる。走ったり歩いたり、関門通過時間が迫ってくる20キロ 2:31:32 と43分も掛かり、その後もダラダラ走ったり25キロ 3:12:59 とやる気を失せたまま 30キロの関門タイムがの約5分前の 3:54:48で グロスではギリギリの3:58:26でゴールした。
六度目の青梅マラソン最悪の結果で、前回より54分、ベストタイムより70分もオーバー
の関門タイムとの 情け無いマラソンになった。
【走った距離は嘘つかない】
2016年 60代ベスト 3時間00分15秒
2006年 50代ベスト 2時間44分46秒

順位は 第51回青梅マラソン大会の参加者は、30キロの部が1万3175人(完走者は1万2418人)で
当然ながら 種目では 1202位 /1216 人中 総合で 10181位/12418人とかろうじてどんじりは免れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/20

メジロ

2017年1月17日(火)

寒い冬もなんのその 寒さ知らずの鳥たちは元気だ。
オリーブに覆われた窓外にメジロがやってきて、虫を探している、オリーブの小枝に家人が刺して置いたみかんの一片に気づき、嘴で突つき食べ始めた。外から部屋が見えにくいのか近づいて観察する。
虫は甘くないだろう、デザートがわりか美味そうに突いている。可愛いい。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/19

忘年会と新年会

2017年1月17日(火)


時は12月17日ところは神田神保町さぼうるに定刻の夕方の6時に煉瓦造りの半地下に降りる。
大学のサークル入部50周年記念のジジイババアたちの同期会を兼ねた忘年会だ。
中には30年ぶりで誰だかわからない奴もいて、名前を聞いてやっとかすかな特徴を思い出すほど年月が経った。
顔が変わるほど取り過ぎたのだろう。
いつもは5人ほどの忘年会が発起人が25人集めての同期会になった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
年が変わって1月14日は新卒社会人になった会社のOB仲間との恒例の新年会に参加した。
こちらは地元に住む5人のジジイたちで喜寿を迎えたナルさんや永年幹事のアキちゃん、いつもニコニコしてるオオイさん、そしてマラソンジジイのオカモッチャンとオイラだ。
最初は喜寿のナルさんとオイラの古稀に乾杯して頂きましたが、正直あまり嬉しくないです。
それでも2時間ほどの間に口角泡を飛ばして喋って、飲んで笑って、楽しいひと時を過ごし、来年も再会を誓ってお開きとなった。
Img_0304


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/16

練習再開 ・・・40キロ!

2017年

・1月11日(水) 西高東低の冬型のさいたま市の羽根倉橋の正面に富士が見えた。
Img_0291
1間後に青梅市内に到着、折返しの川井迄ピストンラン。帰路 いつものように武蔵村山の【カタクリの湯】でタップリと汗を流す。25.5キロ
・1月12日(木) 午後から芝川の人気の少ない土手を夕暮れランニング。夕陽が落ちてくる。16キロ。
Img_0294

・1月14日(土) 寒いです。突然雪が降ってきたので、練習中止する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/06

明けましておめでとうございます

2017年1月5日(木)

1ヶ月ぶりの更新です。
特に 事情があった訳ではないのでしたが、昨年11月よりの休足で、【足習い】のネタがあまり無いため筆が止まってました。病気でも無いので ウオーキングは欠かさず12月も200キロは歩きましたので、体調も万全です。正月の三日に25キロLSDを目論見ましたが、ランニングの筋肉がウオーキングと異なるので、15キロで撃沈しまいました。情け無く帰りは電車です。2月の青梅マラソンは完走出来るか少々不安です。Img_1581


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«青梅に向けて