2017/03/24

猫庭の景色

2017年3月24日(金)


【暑さ寒さも彼岸まで】も終わり、街を歩けばモクレンや梅、畑の菜の花が風景に色を付けてきた。
我が家の猫庭では 一年前に植えた《クリスマスローズ》が根付いてピンクの花を付けた。Img_1629残念なのは地植えにしたので、屈まないと顔を拝めない。Img_1630やはり鉢植えにして目線におけば良かった。春はやってきたが花はまだまだだ。
あまりにも色が寂しいので、家人が一年草を鉢に植えて狭い猫庭に春を演出している。Img_1632
それでも、幹に吊り下げたポットの多肉植物が新芽をたくさん出してきた。Img_1628ハナミズキは花芽を膨らませ、地面からは宿根草のエビネが芽を出してきて確実に花の季節に向けて動いてることを実感する今日この頃だ。
Img_1631


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/15

笑える

2017年03月14日(火)


四年ぶりに歯医者に行った。
理由は差し歯のひとつが取れたのだ。
上歯の正面から三つ目なので笑うと歯欠けジジイで笑える。
Img_0482

義歯なので接着剤が四年の間に弱ったのだろう。2時間程で修復したが。四年の間に義歯の肉が減ってるので、肉盛りする必要があるという。
差し歯以外の歯みがきしたり、差し歯磨きしたり面倒だ。いっそ全部抜いてしまえば虫歯対策も要らないし楽かもしれない。
念のため医者に聞いてみると、素材によるそうで10万円から100万すると言うのでビックリだ。結局3割負担で二回で10000円弱掛かった。大事にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/13

紅猿子(beni-mashiko)

2017年3月10日(金)


天気がいいので、太めの身体を絞ろうと30kマラニックに出かける。
自宅近くの桜が見事な鴨川沿いを南に向かう。Img_0458桜はまだまだだなので流石に狭いトレイルなので誰も通らない。
危険告知のテープが桜の曲がった幹にグルグル巻かれている。Img_0460きっとよそ見して怪我した人がいたんだろう。しばらく行くと新幹線と埼京線の高架が現れ川沿いの桜並木は終わりつまらない川岸になってきた。少し行くと民家の梅の花が品のいい香りを放出している。Img_0462
いい陽気になってきた。川沿いから中央通りに合流して朝陽に向かって走る。道は分からないが日差しを頼りに進むと目指すバイパスにでた。《ロジャース》で用を足し、と《アミノバイタル》を82円で買う、安い!
戸田のバイパスから彩湖に向かうと突然ランナーが右手から道に飛び出てきた。合宿所があるヤクルトの選手だろう。土手を降りるとヤクルトの野球場が見えてきたがまだ練習してる選手はいない。Img_0463
彩湖畔に出て管理橋を西側に渡るとまだ冬枯の景色が続く。自転車野郎達が走っている。土曜日に自転車大会があるらしい。Img_0466_2

Img_0467
彩湖から水門を通り田島原に出ると藪の前にジジイ達が遠巻きに10m先の枝に望遠カメラを向けている。
小声で「なんですか?」『ベニマシコ』と一言。初めて聞く名前だ。Img_0478
この辺はこの手の野鳥撮りの連中のメッカらしい。
桜草自生地はまだ色がないままだ。GWごろにはピンク色に染まるのだろう。Img_0468
秋ヶ瀬公園の路肩を通り春を探すが花は雑草くらいだ。がそれでも作られていない自然な公園がいい。
Img_0470
公園を抜けた先の土手に菜の花が咲き始めて青空に映えてやっと春に出会えた。Img_1625土手の越えるとゴルフ場が左手に出現し寒い中 数人が興じている。風の通り道か寒い、300mくらいの竹藪のトンネルが多少風を和らげてくれる。Img_0475運動公園から街へ向かう土手に出て西を振り返ると秩父山塊がもやっと見える。そろそろ山走りしよう。
街へ戻ると路ばたに黄色いサンシュが咲いていた。Img_0477
29kのマラニックを終えて昼ビールでランチだ。疲れた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/27

御岳山

2017年2月22

今回の4連休は奥多摩起点に過ごすことにした。
青梅マラソンをきっかけにどうせなら連休にして久しぶりの山歩きをしようと思案の末 行き慣れた御岳山をベースに決め山頂の御岳神社下の宿坊に宿を2日ばかり取る。
マラソンと山行の着替えや防寒着などでザックは30k近くなった。
1日目はナンバーカード取得に会場に立ち寄ったあと御岳駅に向かい、駅からはバスに乗換え、ケーブル下の滝本からはImg_1611敢えて徒歩で30kのザックを担いで登ることにした。標高400mから終点の御岳山駅830mまで標高差430mを登ること約一時間掛かった。
気温は8度と寒くダウンジャケットが丁度良かったが10分も過ぎると汗が吹き出してきて途中のベンチでTシャツになり 16:00に目的の宿坊に到着。Img_1612_2
主人に寒くないのですか?と聞かれる。案内された部屋で身体を投げ出し火照りをさます。
暫くして 風呂に入ってビックリ、直径が3メートルもある大きな桶が湯船だ。客がいないので貸切状態で大汗を流す。Img_0408
2日目のマラソン当日の朝、雪が降ったらしく薄っすら雪の降った景色を眺めてImg_1613頂上の御岳神社へ完走祈願。Img_1615
なんとか30kを完走したもののヘロヘロ状態で御岳の山に戻る。練習不足を実感だ。
体力がかなり消耗して食欲も無く早々に布団に入る。
3日目の朝 10時間程寝たおかげで体力は回復、朝食は完食。が筋肉痛が酷く、大岳山の予定をやめて下山することにした。幸いに天気は良いので30kのザックを担いで、ゆっくりと杉並木を下る。Img_1617
平日にもかかわらず数組の登山者が登ってくる。幾つもの九十九折の急勾配を40分程掛って下り滝本駅で小休止、気持ちがいいのでバスはやめて一の鳥居がある国道に出て、Img_1621多摩川に向かう遊歩道を下る。
気温が上がって、多摩川沿いを進むと平日にも関わらずあちこちで川を楽しむ風景が見られる。Img_1622
釣り人やカヌー、Img_1623そして大きな岩石を手がかりだけで登る若者などだ。Img_0394
残り1日はまだ癒えていない筋肉痛とのリハビリか?
マラソンはダメだったけど御岳の冬はよかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/21

走った距離は嘘つかなかった青梅マラソン

2017年2月19日(日)

Img_1607
御岳山駒鳥山荘を9時に出てケープルには乗らずアップがてらに標高差400mを走り降りる事にした、20分後バスで10分先の御岳駅に到着し青梅線に乗換えて東青梅で降りる。時間は10時40分だスタート地点へ向かいながら、ザックを病院の地下駐車場に置いて、コースに向かう。身体が重い!今回30kの練習はして無いので、折り返しまでは無理せずに行こう。
ナンバーが4000番代で前の方からのスタートで遅れが数分と前回より好位置だったが、流れに任せてバラける5キロから速度を上げていくつもりだ。
結果 5キロは 34:40と予測通り7分弱で通過したが やはり重い!とりあえず折返し迄はドンドン抜かれるが足に任せて10キロ も伸びず 1:10:12 だ、一向に足が前に進まない
今朝の400m降りランが原因か、夕べの酒が原因か、基本的な練習不足が原因か、考えてもしようがないまま折返し地点を過ぎて 15キロ 1:48:07 とタイムが落ちた。
もう駄目だ。歩く。戻りから速度アップの目論見どころか途中棄権しようかとも頭をよぎる。走ったり歩いたり、関門通過時間が迫ってくる20キロ 2:31:32 と43分も掛かり、その後もダラダラ走ったり25キロ 3:12:59 とやる気を失せたまま 30キロの関門タイムがの約5分前の 3:54:48で グロスではギリギリの3:58:26でゴールした。
六度目の青梅マラソン最悪の結果で、前回より54分、ベストタイムより70分もオーバー
の関門タイムとの 情け無いマラソンになった。
【走った距離は嘘つかない】
2016年 60代ベスト 3時間00分15秒
2006年 50代ベスト 2時間44分46秒

順位は 第51回青梅マラソン大会の参加者は、30キロの部が1万3175人(完走者は1万2418人)で
当然ながら 種目では 1202位 /1216 人中 総合で 10181位/12418人とかろうじてどんじりは免れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/20

メジロ

2017年1月17日(火)

寒い冬もなんのその 寒さ知らずの鳥たちは元気だ。
オリーブに覆われた窓外にメジロがやってきて、虫を探している、オリーブの小枝に家人が刺して置いたみかんの一片に気づき、嘴で突つき食べ始めた。外から部屋が見えにくいのか近づいて観察する。
虫は甘くないだろう、デザートがわりか美味そうに突いている。可愛いい。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/19

忘年会と新年会

2017年1月17日(火)


時は12月17日ところは神田神保町さぼうるに定刻の夕方の6時に煉瓦造りの半地下に降りる。
大学のサークル入部50周年記念のジジイババアたちの同期会を兼ねた忘年会だ。
中には30年ぶりで誰だかわからない奴もいて、名前を聞いてやっとかすかな特徴を思い出すほど年月が経った。
顔が変わるほど取り過ぎたのだろう。
いつもは5人ほどの忘年会が発起人が25人集めての同期会になった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
年が変わって1月14日は新卒社会人になった会社のOB仲間との恒例の新年会に参加した。
こちらは地元に住む5人のジジイたちで喜寿を迎えたナルさんや永年幹事のアキちゃん、いつもニコニコしてるオオイさん、そしてマラソンジジイのオカモッチャンとオイラだ。
最初は喜寿のナルさんとオイラの古稀に乾杯して頂きましたが、正直あまり嬉しくないです。
それでも2時間ほどの間に口角泡を飛ばして喋って、飲んで笑って、楽しいひと時を過ごし、来年も再会を誓ってお開きとなった。
Img_0304


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/16

練習再開 ・・・40キロ!

2017年

・1月11日(水) 西高東低の冬型のさいたま市の羽根倉橋の正面に富士が見えた。
Img_0291
1間後に青梅市内に到着、折返しの川井迄ピストンラン。帰路 いつものように武蔵村山の【カタクリの湯】でタップリと汗を流す。25.5キロ
・1月12日(木) 午後から芝川の人気の少ない土手を夕暮れランニング。夕陽が落ちてくる。16キロ。
Img_0294

・1月14日(土) 寒いです。突然雪が降ってきたので、練習中止する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/06

明けましておめでとうございます

2017年1月5日(木)

1ヶ月ぶりの更新です。
特に 事情があった訳ではないのでしたが、昨年11月よりの休足で、【足習い】のネタがあまり無いため筆が止まってました。病気でも無いので ウオーキングは欠かさず12月も200キロは歩きましたので、体調も万全です。正月の三日に25キロLSDを目論見ましたが、ランニングの筋肉がウオーキングと異なるので、15キロで撃沈しまいました。情け無く帰りは電車です。2月の青梅マラソンは完走出来るか少々不安です。Img_1581


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/02

青梅に向けて

12月1日(木)

*駒場競技場のメタセコイアの黄葉
Img_0215

*54年ぶりに降った初雪にびっくり
Img_0214

*とても寒い日、街中の残った柿から甘そうな蜜が垂れていました。
Img_0216

*11月の足習い 結果

・走行距離 179Km    
・走行日数  22日
・大会順位  45位/150人中
・平均総距離 8.1Km/回

取り敢えずウオーク中心に、足の甲の腱鞘炎も癒えたようなので2月の青梅に向けて練習再開しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/15

ひとり旅

2016年11月12日


月曜から金曜まで休みを取ってひとり旅に出かけた。

当初はさいたまから四国観光を目論んだが、家人の猛反対があり、近場に変え 箱根に向かい、宿を探してカビ臭いホテルに泊まった。相当築が経っている電鉄系のホテルなので、部屋は広く窓外には盆に大文字焼きの明星が岳が正面に見えるが、部屋のあちこちの内装が剥がれている。
これで16800円と高いが、人気の箱根では安いほうらしい。
気を取り直して朝まで入れる大浴場に何度も通い、缶ビールをぐびぐびやりながら、夕食をあてにせず待つ。
夕食は特別なものはないが、それなりの量があるのとかなりの空腹の反動で完食し、朝食も部屋食でこれも見事に完食して、8時過ぎにチェックアウトして目的地の仙石原へ向かう。曇天の中ベージュ色の世界が広がり、クルマをpkに入れて延々と続くススキ道を行く。。
Img_1564

Img_1556
まあここも一回来ればいいんじゃない、と思いながら下界を目指し伊豆半島に向かい、宿を物色する。。
西伊豆のまつざき荘を手配し、伊豆道をゆっくりと相模湾を左手に、湯河原、熱海を制限速度で進み、山越えしながら修善寺を過ぎて駿河湾の土肥に到着。残念ながら富士は拝めずも静かな西伊豆の道を松崎に・・・・。
14時半にチェックインして、海側の部屋のカーテン開け放つと海が目の前に出現、思わず「おー」と言葉が出た。。夕食まで波の動きを飽きずに小一時間眺めて、持ち込んだ三島由紀夫の【潮騒】を読む。。
夕陽が雲の合間から海に落ちていく。
Img_1560
昨日は山、今日は海の絶景が見られて最高の気分だ。やはり一人がいいね。
夕食は新鮮な海の幸をたらふく頂き、生ビールを肴が無くなるまで飲み続けて、部屋に戻り爆睡。
朝風呂の後体重計に乗ると、5キロも肥えたようだ。ここの宿代は基本が10000円にオプションのサザエとコシオレ海老の味噌汁で2000円に生ビール代3000円で15000円だ。
さあて、三日目の今夜はどうしようか?思案する。休暇はまだある。。家との通信はしてない。
ヒゲも剃っていない。ヒゲがだいぶ伸びた。
北へ上がって信州か、と思ったが、今日は肉が食いたいなと思いながら、川崎に住んでいるMさんにメールを入れて、そばに美味い焼肉屋があるらしいのでご馳走するから泊めてくれ一報し、川崎にクルマのナビをセットする。
Img_1565
行列の出来る焼肉屋で極上のネタとこれまた生ビールで死ぬほど食べて大人3人で16000円だ、安いじゃないか。今夜も激太りそうな予感がする。
こうして、五連休を三泊四日で山料理、海料理、最後に焼肉を食べ歩きのような一人旅になった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/03

そろそろ

2016年11月3日(木) 文化の日


Img_1550

文化の日の雨上がりの朝陽が雄のスモークツリーを真っ赤に紅葉させている。
秩父の山は紅葉が見ごろだろう。
10月も、足習いはウォークのみで170キロだったが、カロリーは消費量は少ないので、身体は重いままだ。痛めた足も回復してきたので、そろそろ走ろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/30

村田沙耶香ワールドにハマる文学少年?!

2016年10月28日(金)


右足の指の腱を痛めてリハビリしてもうかれこれ一カ月になる。
その間の《足習い》は軽いウォークに留めて、読書三昧の日々を送っている。
文庫棚にある内容を忘れた村上春樹を取りだして読んだりしたが
今年の芥川賞を掲載している文藝春秋の【コンビニ人間】を読んで以来 村田沙耶香ワールドにはまり、過去の文庫作品を求めて書店を回るがなかなか店頭には無い。その後半月して東京駅の丸善などをまわりやっとに入れる事が出来た。
【授乳】、【ギンイロノウタ】、【 殺人出産】を読破そして今は三島由紀夫賞の【しろいろの街の、その体温の】を読んでいる。Img_0069
【コンビニ人間】も面白かったが【 殺人出産】も良かったので、家人に進めようと思ったが?直木賞タイプを好み、芥川賞作品はよくわからないというので、お薦めは辞めといた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/17

マイコプラズマ

2016年10月16日(日)

日光に修学旅行に行ったKさん、現地で発熱して帰ったら40度になっていた。
今日は通常どおりだが、休むことにして、病院に行くとマイコプラズマ肺炎らしいことが判明した。
感染すると咳が出て、高熱が行く日も続くらしい。

~~~~【マイコプラズマ肺炎】を調べてみた~~~~
* 初期の症状
* 乾いた咳が止まらない
* 高熱(37度〜39度)
* 喉の痛み
* 喘息の悪化
* 呼吸がしにくい
* 鼻水、鼻づまり
* 感染力
マイコプラズマ肺炎の長い潜伏期間のせいなので(潜伏期間は14〜21日)いろんな人にうつってしまう。
* もちろんマイコプラズマ肺炎は大人にも感染する。症状は子どもと同じだったが、咳がやや湿った咳になるのが特徴で大人のほうが重症化しやすい傾向にあり、治しきるのに1ヶ月かかる場合もある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
kさんのクラスで半月ほどまえにマイコプラズマ肺炎に掛かった子がいたようで、その潜伏中に感染ったようだ。。
そして1週間後の今朝 、中三の兄のS君が39度 発熱した。
じわじわと我が家に感染しつつあるようで、チョット心配だが、じじばばにはうつらないだろう。。
Img_1545


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/04

上野公園

2016年9月30日(金)定休日


欲求不満解消の日がやってきた。
終日晴れの予報が出たので、上野公園を散策することにした。
通勤ラッシュアワー過ぎの9時に電車に乗って30分後上野公園口に出る。
気持ちのいい朝だ。
公園口から鶯谷方面に反時計に渦を巻くように大周りしながら中心部に戻るコースを選ぶ。
国立科学博物館から道路を越えて人出の少ない寛永寺墓地を歩く。芸大の裏側にあたる付近の小高い土手に朝陽が射し込みその温かな草むらに野良猫が朝寝している。スマホカメラのシャッター音で一瞬こちらを見るが、気にする様子もなく再び眠りに着く。
Image大周りしながら道がくねり下ると住所が池の端だ、不忍池の西側に出たが陽射しが強いので日陰を歩く。池には大きな蓮が群生して水面のはるか上まで茎葉を伸ばし改めて植物のパワー実感する。
池を回り込み出発地点へと向かい、一周目の内側のコースを歩き 大きな樹木が多い東京都美術館周辺の人気スポットを通り、芸大美術館に立ち寄る。道路を挟む向かい側に趣のある芸大がある。Image_2芸大からの小さな道を左に渦を巻きながらやはり西郷隆盛さんだ。
Image_3そして朱色の鳥居が連なる稲荷神社に着く頃、外国人観光客が一気に増え始めた。昼どきか?
Image_4ニュウーバランスのGPSウオッチを見ると10キロを越えたので、公園口のコーヒーショップで軽いランチを食べて、帰路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/29

欲求不満

2016年9月28日(水)


Image

久々の晴れの朝、駒場運動場に金木犀の香りが放たれていた。紅い彼岸花から黄色の金木犀へと秋がどんどん深まっていってる。
家と車と仕事場では季節の移ろいを感じることはない、やはり人間は自然と触れあう事が大事だと思う。

足の甲の腫れで、この半月は朝練習も滞っており、運動できない欲求不満が溜まりつつあるこの頃だが、とりあえず青梅マラソンの30kエントリーを先日済ませた。
10月には無理せずに朝練習を再開するつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/24

忙しい雨の日

2016年9月23日(金) 定休日

Image
半月前から右足の甲が腫れて湿布をしているが一向に解決しないので、三軒目の整形外科に朝一で出かける。家人からオススメだったが今迄と変わらずレントゲンを撮るも、疲労骨折も無く、腫れの原因は分からず、電気を掛け貼り薬をもらう、定番診察で期待ハズレに終わった。

そんな状態なので強めのランニングは控えて、ウォークが中心な足習いが続くこの頃、今日は【青梅マラソン】のエントリ日で、出先でランチをとりながら、解禁の12時にスマホでエントリ開始するも繋がらなず、「もう少し経ってお掛けください」の文字が見えて、10分おきにアタックするもダメ、結局1時半過ぎに無事にエントリー出来た。あー疲れる。

雨がまた強くなってきたが、家人からの催促で銀行に行きつい出に【青葉園】に墓参だ。雨はやまない。
【青葉園】の入り口で花と線香を買い求めて、園内を10分ほど歩いて花を活け、線香の焚いて、手を合わせる。だだっ広い園内には人はいない。曇り空の下で真っ赤な彼岸花が咲いている。
夕方、雨は上がって バレエ少女のお迎えに、行くと iphon7の入荷のメールが届いた。

iphon7は 後にしよう。今日は疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/19

なんと無しにお彼岸を迎えた

2016年9月19日(敬老の日)


Image
9月に入ってから台風到来で足習いもままならずあっという間に秋の彼岸になった。
なんとなく悪い話が多く、とりあえず生きているだけだ。
先週は お向かいのタケちゃんが死に、近くの知り合いがまた減った。
そして今週は期待した【東京マラソン】の落選メールが届き一気にランのテンションが下がり。
毎年エントリーしている【上尾シティマラソン】事務局からのエントリー要請封書もゴミ箱に投げ込んでしまった。
悪天候が続き、二度の連休を取るも、好きな山にも行けず欲求不満が身体中に溜まっている。
仕方なく晴耕雨読を決めて芥川賞のコンビニ人間の作者の数少ない本を買い漁り村田沙耶香ワールドを堪能しているこの頃だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/01

8月の足習い

2016年8月31日(水)


盆明けから台風がやってきたせいで、下旬はが休足が続いたが、8月としては200キロ越えは初めてだ。
走行日数は23日間で 233.2Kmの結果だった。マラソン大会順位も38位となった。

真夏の8月に早朝ランでコンスタントに走れたのはポケモン効果だ。年甲斐もなく狂ったように収穫しまくったせいで、レベルが23
図鑑ももうすぐ100になりそうだ。なにはともあれアウトドア派のオイラにはぴったりだ。
9月も300キロくらいを目指そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/16

いっちゃん

2016年8月15日(月) 有休


盆だけは父方の実家に跡取りのいとこの【いっちゃん】を訪ねて菓子折りと御仏前を持って出かける。
今回は約10キロを自転車でポケモン狩りをしながら岩槻に着いた。

家の入り口に真っ白い【タカサゴユリ】が咲き大きな庭に来客か?一台の車がある。
Image_2
「こんちわー! ○○ です」土間にじいさんは居るが【いっちゃん】が見えないが、知ったもので勝手に盆棚がある座敷に上がり、持って来た菓子折りと御仏前を置き 線香を上げる。

「どうぞぉ!こっちに」と誘われ居間に入ると、1年前の【いっちゃん】じゃないさっきからいるじいさんが座っている。
歯が1本しかないので顔が変わってしまった【いっちゃん】だった。
あまりの変わりようにビックリだ。

去年の7月に3ヶ月ほど入院して年越し前に退院したが、 今では自力排尿が出来ないのでカテーテルと言うのかそれを膀胱に入れチューブで排尿してると言う。
それを40日に1度交換するのだがその時の極痛がたまらないらしく、死にたいと言う。
糖尿の薬を飲んでることは知っていたが、それと関連があるのか、根掘り葉掘り聞くのはばかるのでやめて、世間話をしながら昼時になったので、引き上げることにした。

今年は ヒマを見つけて、話相手にやってこよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«コンビニ人間