2019/11/07

霜月***涙

2019年11月8日(金)

F98a140e60c64b879f872031fca40ec4

秋晴れが続いて、ウチのハナミズキも紅葉真っ盛りになり、見上げると空の青と葉の紅がいい感じで思わず撮ってしまった。PCやiPhoto、iPadの壁紙にしよう。

ムスタファの解体屋軍団の手際の良さに感心。2棟有った2階建が夕方戻ると更地の状態に、囲ってた足場も撤去されて残骸だけになって、翌日には完了した。

やっと本当の秋本番の陽気になって天皇さまのパレードも盛況に行われて、新皇后の涙が印象的だった。

| | コメント (0)

霜月***ムスタファ

2019年11月6日(水)

2494de43a2d449c78086a53969e4e419

今朝の新聞に載ってたこの絵を描いたピカソは91歳迄生きたという。葛飾北斎は88歳までと絵描きは長生きするものらしい。二人とも楽隠居せずに死ぬまで好きなことをしてたようだ。あやかりたい。

となりの古い家をスクラップすることになり、解体スケジュールの案内書が郵便受けに入っていた。月が代わりさっそくの昨日、ヒゲの濃い中近東出身の出稼ぎ外人部隊が足場材料の鉄パイプをトラックに積んでやってきた。

オイラがリーダーらしき髭面の大男に片言の英語で「ハウ・ロング・イッツ.テイク?」と聞くと、『?????』と英語がわからないようだ。「どのくらいかかるの?」と日本語で聞くと、すぐに『5時までですので、よろしくおねがいいたします。』と流ちょうに返事が返ってきてびっくり。

5人のチームで被ってるヘルメットに日本の会社名と《ムスタファ》と書いてある。トルコ人か?ほかのトルコ人は日本語がわからないらしく、身振り手振りだ。ムスタファと言えば、坂本九の【悲しき60才】だ。

15bbee0127454d0faf63c239402af2e1

・・・・・ヤームスターファヤームスターファ、遠い昔のトルコの国の悲しい恋の物語り、純情かれんなやさしい男それが主人公ムスターファ、(中略)見染めた彼女は奴隷の身ところが僕にゃ金がない、どうにもならない諦められないどうしたらいいんだろう諦めきれない(中略)金さえあればこの世では思いのかなわぬ事はない、そこで僕は考えて一念発起でマネービル(中略)トルコで一の金持ちになってしまったムスターファいそいで彼女をたずねたら今や悲しき六十才(中略)ムスターファムスターファ時のたつのを忘れてたムスターファムスターファなげきの爺さんムスターファ・・・・・・

築60年も経つが、手際よく初日は足場を組んで、翌日の今日屋根を開け、知らぬ間に2階部分を解体し1階へ木片を集め、用意したトラックに見事に測ったような積み込んだ。お見事だ。

| | コメント (0)

2019/11/06

霜月***じゅんことハピー②

2019年11月4日(月)振替休日

25644d39584845cd9f58b3f5ff8686d0 

定期訪問日の4日の朝、難聴障害のじゅんこ叔母に電話でなくメールを入れて訪問時間を送信する。30分後に《ピロッ!》と着信が有り、「お待ちしてます」の返信があった。

午後、伺うと庭の雑草が刈られていた。誰か来たのだろう。 『ピンポン!』して少し経ちガラス越しに影が見え玄関が開く。「こんちわ〜やっといい天気になったね〜」と居間に入り、一応月命日の訪問なので 奥の部屋の叔父にそごうで買ってきた菓子を供え、線香を挙げる。辛党酒豪だった叔父への供物だが、今では甘党のじゅんこ叔母向けに選んでいる。

いつものテーブルにはハピーが居て、認知したオイラに寄って来るようになった。叔母が気を使って「もう降りてちょうだい!」とテーブルから追い払おうとするが、ハピーは無視してオイラとじゅんこ叔母の間に座り込む。よほどテーブルが気に入ってるようだ。

先日の胃がんの3年目の定期検査の結果は転移なく異常なしで良かったが、今週は指が痛く腫れて痛いというので検査に東京の大学病院に行くと言う。指先が異常になってスマホで調べると変形性指関節症 【へバーデン結節】らしい。

これは骨と骨の間には軟骨があり、軟骨は、骨どうしがぶつからないように、クッションのような役割を果たすが、この軟骨がすり減って骨が不安定になり、関節に負担がかかりその結果、炎症が起こり、腫れや痛みが起こるという初めて見る症状だ。

「それにしても次から次へと大変だね〜。なんかあったらメールして」と言い気づくと3時間も経っていた。

| | コメント (0)

2019/11/05

霜月***無料開放が良い

2019年11月3日(日) 🎌

A2fa7947bcc741a692203b1b82f306f3

ナオタに逢いに行く途中《日の丸》を見かけた。一体なんの日だろうと思ったら、朝刊に 文化勲章の受章者が載っていたのを思い出した。文化の日だ。よく知らないが、ふと、どういう人が貰えるんだろうと思った。芸術家、芸能人、小説家、そしてこないだノーベル賞の電気化学の吉野さんたちだ。

でも、オイラ達一般人にとって文化の日を祝日にする意味が解らない。どうせなら日本全国の 博物館や美術館を無料で開放する日にすれば良いよね。あと寄席、歌舞伎も無料に・・・・・。

夕方は無料の新都心の日赤前のオブジェを見ながら、7キロランニング。

| | コメント (0)

2019/11/02

霜月***やっとマラソンシーズン

11月01日(金)

D184bbf340c44707978cd7f13113395f

やっと秋らしい気候になり、秋の夕暮れ時の街走り10キロ。やっと良い日になって嬉しい、もう雨はいいや。

マラソンシーズン突入して、あちこちで駅伝大会だ。走るのはやっぱり、寒くて晴れた日がいいね。そろそろ奥多摩の山走りに行きたいな。

| | コメント (0)

2019/11/01

神無月***神さまは居るの?

2019年10月31日(木)

46da0cb0d85d4698a08d0ca9878747a5

好天気になり久しぶりの散歩はあまりクルマの通らない道を選び、踏切を二つ越えて大宮公園のボート池の縁に出る。気持ちの良い日になり、加えてあまり人もいない森林の小高い坂を酒と肴の買物で5キロほどになったデイバックを背負って、ゆっくり登る。そういえばあまりに多かった雨で山歩きにも行けてないことを思い出した。

ボート池を東に回りこんで花見客でいっぱいになる桜公園に向かうとなん組かの子連れママ友が草むらにシートを広げてランチを摂っている。そろそろお昼か?氷川神社に向かい境内に入ると【七五三】客で結構にぎわっている。神社も掻き入れどきで、撮影用のベンチまで用意してある。

でも、今月は《神無月》で神様たちは《大国さま》の出雲大社に出張してるんじゃ無いのか?と思って、チョイと調べてみた。氷川神社は【須佐之男命スサノウノミコト】を主祭神としていて《大国さま》はその子孫なので、まったく『ノープロブレム』だと解った。因みに伊勢神宮の【天照大神】も出雲には行かないそうらしい。

街に戻ると、ニュースで話題の【ハロウイン】メイクの若者たちに出会った。神社では着物ファッションの子供たちと、多様性ある日本人らしい秋の景色だ。因みに小一の孫のナオタは今でもカボチャお化けが怖いそうだ。

| | コメント (0)

2019/10/27

神無月***大雨一過と秋の使者

2019年10月26日(土)

76de4739d74449fcbb33ad46b76b9ad0 00d1c167641a47a9895fbf79386d86bf

次々とやってきた台風がらみの大雨があちこちで川を決壊させて大洪水を起こしている。

今回も被害をもたらした大雨一過の今朝は、休足続きで停滞していたランに出かける事にした。コースは心配な東側の見沼用水路と芝川に向かうことにした。新都心街から1キロほどの《見沼用水路西縁》に入ると土曜日とあって、ランナーが走ってる。周辺の田んぼを挟んだ向こうには平行して芝川があるが、決壊した様子は見られない。

すでにポイント毎に調整門があり、コントロールされてるようだ、途中から芝川土手に出るが本流から水位が上がったような泥の跡が見られるも決壊する程では無かった気配だ。いくつかの横断道路を渡って大宮第三公園に着く。

園内は中庭の芝生と自然公園になっていて、さらに1.1kmのランニングウオークコースがあり、いつも賑わっている公園だが、ここでもところどころが冠水してる程度で、大勢の家族連れが楽しんでいた。帰路、見沼用水路の戻りみちに初めて見た【アメリカフウ】の紅葉が青空に映えていた。

大雨一過の 新都心街周辺は治水が万全なようだし、水難にも 武蔵一宮の氷川神社群(中山神社、女体神社)が守ってくれているような気がする。感謝しかない、お礼参りしよう。

| | コメント (0)

神無月***チョロ

2019年10月23日(水)

1fc522a7a2494edeaae4a46cb7c6ff9d

猫庭に【2代目チョロ】が出現した。

2011年の真冬に初代の【チョロ】が凍死しかかっていたのを捕獲して飼育ケースで買っていた。てっきり《トカゲ》だと調べると尾が長いので《ニホンカナヘビ》と断定し、その後は猫庭に放った。毎年暖を求めて猫庭のブロックを覆ってるアイビーの上で日向ぼっこしている姿を見かける。

このところあまり見かけないので心配していたが《ニホンカナヘビ》は確か5〜6年が寿命と聞いているので、おそらくその子だろう。元気そうで良かった。

 

| | コメント (0)

2019/10/23

神無月***即位礼🎌

2019年10月22日(火)

3ac94690423243b9ad07627af4b24019

気温15度の冷たい雨が昨夜から降り続く祝いの日になった。

神武天皇(紀元前660年)から数えて126代徳仁天皇、また《大化》以降248番目の元号《令和》元年5月1日に即位した。西暦だと2019年だが皇紀2679年になる。戦後の日本国憲法・現皇室典範下生まれで即位、学位を持ち海外留学の経験がある初めての天皇である。

改めて経歴を見ると59歳、来年還暦だ。先代明仁上皇が即位したのが56歳なのでちょっと遅めの即位になる。30年国事務めると90歳になるが、登山やマラソンもするので100歳くらいは行けるだろう。是非とも頑張って欲しいと思う。

| | コメント (0)

2019/10/22

神無月***初めてのTV

2019年10月21日(月)

Fcd3250ba2c84771964a99423207d4f9

ネット通販で買ったTVが届いた。

プラズマテレビの画像の変色が続き、あきらめて最安値を《 価格.com 》で探し、液晶テレビの 4K内蔵、無線LAN、Youtube対応の43インチ1年落ちを信じられない 5.5万で購入したものだ。しかも設置、無料配達、5年保証付きだ。Panaのプラズマがほぼ10年だったので、5年持てばいいと

初めての中国の海信電器のブランド【ハイセンス】を購入した。国産メーカーブランドより数万円安いが、著しく品質改善された中国でのトップメーカーなので、試し買いしてみた。今後が楽しみだ。

| | コメント (0)

神無月***ダイバーシティ(多様性)

2019年10月20日(日)

4384a0b2244f4b0bb222747cb5b1efc7

台風被害で日本中の重苦しい気分がラクビーで日本初の決勝リーグ進出を果たし、笑顔が増えた。俄かファンも増えて更に人気沸騰している。

オイラも多少のルールを知っているが、かつての日本代表のレベルが世界との差があり過ぎてつまらかった。負けるのを見るのは面白くない。どう足掻いても体力的に勝てない。DNA的にコーカソイド(白人系)やネグロイド(黒人系)に比べてモンゴロイド(黄色人系)の日本人は体格が劣るのは自明だ。

なのに、今回の日本代表はベスト8まで勝ち進んだのにビックリした。ニュースで見ると代表31人の内15人が外国選手だった。正直言って「な〜んだ助っ人がいたんだ。」と喜びも今ひとつ。そーだよなぁモンゴロイドだけの日本代表じゃ勝てるはずは無いもんね。

《助っ人》と言えば昔はプロ野球の外国人選手の事だった。台湾、韓国、日本のモンゴロイドにハイパワーの白人、黒人が加わった多様性(ダイバーシティ)あるチームで戦力アップして戦った。サッカーでもクラブチームは同様だが【日本代表】となるとそうはいかない。《 国籍 》が無いとなれない。

ラグビーだけは地縁(3年以上の在住なら)だけでも選ばれるのを初めて知った。1985年10月のフランス戦で、トンガ王国国籍の留学生のノフォムリ氏が初めて日本代表選手に選出されたが、サッカーや野球ほどメジャーなスポーツじゃなかったので余り知られていないが、数年前の南アフリカを破った《五郎丸効果》あたりから、外国人の多い日本代表を知る様になったが、多数の人は帰化して国籍が有ると思い込んでる人も多いだろう。

時代は刻々と変化して、ダイバーシティ(多様性)ある社会の必要性を感じる。白色や黄色や黒色にこだわる精神も変えないと地球が成り立っていかないような気がする。オイラの昭和の三姉妹の子らの相手は同色同士だが、平成の孫あたりからは白色や黒色にこだわらなくてもいいと思う。

| | コメント (0)

2019/10/19

神無月***爪あと

2019年10月19(土)

Img_5356

写真は千曲川氾濫の長野市街地だ。東日本を中心に71河川128カ所で堤防決壊、全国の浸水面積は2018年の西日本豪雨を上回る2万㌶以上にのぼり、自然の猛威に対する備えのあり方が改めて問われている。-日本経済新聞。

さいたま市の荒川運動公園で予定していた【駅伝大会】が冠水の為開催地が変更になった。荒川をはさんで1kに堤防があり、堤防までの間が運動公園や田んぼになっている。普段の本流の幅は100m位なのでかなりの余地だ。しかも土手はかなりの高さで築かれているので今回も公園などが浸水したに止まった。

5年ほど前に住宅地が迫っている土手の高さを上げる工事をやっていた際に、住民たちが看板を作って「そんな高い土手はいらない!!」と訴えていたのを思い出し、彼らは今どう思ってるのだろうと思った。

大都市部の予防はかなり進んで大きな被害が少ないが、結局、地方の治水がなおざりにされている感じがするのは、オイラの思い過ごしか?春日部にある首都圏外郭放水路や神田川地下調整池が今回も機能して、都内の堤防決壊は防げたわけだから。安倍総理!地方を何とかしないと!予算が無い →日本列島改造論→人口増→予算確保→安心安全確保。

| | コメント (0)

2019/10/18

神無月***ノーベル賞からその後

2019年10月13日(日)~16日(水)

Af634702cd334f2bb955a80e7220f4f5

10月 9日:ノーベル科学賞にリチウム電池で吉野 彰さんが決まりいい話。

10月12日:台風19号が関東〜東北に大洪水をもたらし、半端ない被害となり大勢が死んだ。わが家は辛うじて床下浸水を免れる。

10月13日:ラグビー日本代表 最終戦でスコットランドと対戦、28-21で勝利し4連勝で初の決勝トーナメント進出(8強)を決めた。

10月16日:リビングの42インチのTVが壊れたので、最安値品を探しに市内の電気屋をジョギングで回り、ネットで最安値を注文する。予定外の出費がつらい

10月17日:MLBのアメリカンリーグのヤンキース1-2を田中将大がタイにするか?興味ある1日になりそう。

色々あった一週間だった。

 

| | コメント (0)

2019/10/14

神無月***借金も出来ない

2019年10月10((木)

Photo_20191014115501

先代が借りた土地に住んで四分の三世紀ほど経つ。近所一帯が借地だったが高齢な地主が手放して新しい地主(底地売買の会社)になった。

数か月前に新地主の担当者から、底地(借りていた土地)の購入を持ちかけられた。つまり旧地主から買った底地を借地人に販売して利益を得る会社だ。家々を訪問して相場の説明して地主分40%を販売する営業活動が始まった。

わが家も購入する意思を伝えた。ただそんな蓄えがある訳が無いので、常に入出金が発生するお得意であるオイラのメイン銀行に依頼することにした。

予約日に銀行に相談に行くと丁寧に応接してじっくりと聞き取りをしてもらったが、丁重に断られた。理由は年齢制限を越えているとのことだ。事前にwebサイトでそのことは知っていた。しかしそこはお得意様のつもりなので、

「1~2歳のオーバーはいいんじゃないですか?この通り医者いらずの元気なジジイですから」と訴えるが『ルールを変える訳にはいきませんので、申し訳ありません』とあえなく撃沈だ。

改めて調べるともうオイラ以上の爺婆は,もう借金も出来ないほど世の中からはじかれてしまったようだ。まぁ認知症に金は貸せないか?それも道理か。

失意のあと駅前の赤い羽根募金は無視して通り過ぎ、ティッシュ配りには手を出して、駅向こうのドンキホーテに安い酒を買いに行く。

| | コメント (0)

2019/10/11

神無月***麗子

2019年10月7日(月)

6e8f8a4548aa478384fa4682439106b5

4ヶ月ぶりにGataと逢う。開口一番で「東京駅の【岸田劉生展】に行ってきた、やっぱ凄えよ!」と言う。

彼は水彩画を描き、ジジイになった今でも教室に通っている。彼の描いた絵を知ってるがズブの素人のオイラから見ると上手い。「お前も凄いよ!展覧会に出せば?」と言うと、『全然ダメだから教室に通ってる。』と取り合わない。上手さの物差しが違う。芸術学部出身と経済学部出身の違いだろう。

オイラも絵は好きなので、【麗子像】は知っている。初めて観た時、何か不気味で強烈なインパクトを受けたので忘れられない。Gataが言うにはモデルの麗子さん、辛くてあんな表情をしてたようだ。そんな会話から絵描きの話題になり、90近くまで生きた北斎、乳白色の肌の女でフランスに帰化した藤田嗣治などオイラの好きな絵描き談義で、コーヒー1杯で2時間のひまつぶしだ。

| | コメント (0)

2019/10/08

神無月***じゅんことハピー

2019年10月5日(土)

3ae85624ac264df6bb2acaff93b6c0dd

じゅんこ叔母とハピーに会いに行く。

ハピーは 6歳のスコティッシュフォールドだが、耳は垂れなくなったらしい。先月からはリビングのテーブルがお気に入りらしくいつもそこに居る。「ハピー!元気?」と声をかけるが、いつものように知らん顔だ。

1年ほど前から月一回に来るヤツはどうやら敵ではなさそうだ。来ると死んだ叔父に線香を上げて、じゅんこ叔母と数時間会話して帰るジジイだ。誰だかわからないので最初は別の部屋から監視してたが、特に害も無さそうだ。

 冷房の効いてない向こうの部屋は暑いし、このテーブルは冷たくて気持ちがいいしここが一番だ。今日はワザとすり寄ってジジイの反応を試そう。

じゅんこ叔母、アイスコーヒーとお菓子を出してくれる。ハピーはテーブルの上の雑多な物を踏まず器用にオイラの前に来てジッと顔を見せ、長い尻尾を振り横たわる。頭から背中、尻尾をさする。嫌がらない。顔をスマホで撮り、ハピーに見せる。キョトンとしてる。猫じゃらし する様にそばにある捻った買い物袋で遊ばせようとするがチラ見しただけで、反応しない。目でチョット追うだけだ。

このジジイ オイラをスマホで撮った。それをオイラに見せて反応をみてるんだ。馬鹿にしちゃいけない!分かってるんだ。買い物袋を喜ぶと思ったんだったら大間違いだ、猫は皆んな喜ぶと思ってる、分かってねえな!  

2時間ばかり雑談してるうちに、テーブルで昼寝してしまった。会話の邪魔もせず、静かで、おっとりと楽な猫だ。以前にじゅんこ叔母が言っていた「このハピーがいるうちは死ねない!」と。

| | コメント (0)

2019/10/06

神無月***線虫と癌

2019年10月4日(金)Cbcd38650cfc4a0cb5698dedd46fe0aa

年に一度に市の《ガン検診》の葉書が届き、胃と大腸は異常なしだったが、【2次読影で肺がん要検査】となり、日赤にてCT検査を行い、 長い長い待ち時間の二日間を費やした。

先日、自営業の友人の妻が大腸がんと判明した。忙しかったのと医者嫌いで特に異常を感じなかったので30年以上も検査しなかったという。会社員が長かったオイラは、健保指示での検診を受けていたお陰か大過なく今に至っている。

誰も異常を感じないと医者には行かないし、気付いた時は手遅れでかつての日本は人生50年だった。今では、医療の進歩は驚異的で、人生100年時代になり、まだ実験段階だが《一滴のオシッコと線虫でガン検診が出来る》ようになるらしい。

今は、それぞれの検査方法だが、これは【全身網羅的】に安価に、苦痛なく、早期発見が出来るようだ。人生100年以上になるかも。

| | コメント (0)

2019/10/04

神無月***剪定

2019年10月3日(木)

9229ad2415ae441fb2b688138c4cdad5Cd9e9ce91c264384becfc38bcad17f1a

涼しくなった曇天日になったので、二階のベランダまで伸びた繁茂したハナミズキを思い切って剪定した。

紅葉も終わる頃の《婆》の朝の日課は、飛び散った葉っぱを拾い集める作業になる。街なかの不毛の地の道路で、軽い葉っぱがアスファルトの上をコロコロと散らばって行く。

朝の日課も終わった数時間後の買い物に出る際にも、風に吹かれて飛んでった先まで拾いに行こうとうする。「風が始末してくれるよ!」と言ってもあっちに走って拾いに行く。こっちにはまた葉っぱが落ちてくる。拾う。キリがない。そんな性分の《婆》だ。

本来なら落葉後の剪定だが 、そんな《婆》の為にも空けるものなら不要な幹ごと剪定して、今のうちに葉っぱを減らしておくつもりだ。20年モノのハナミズキで、1mほどの高さが今では5〜6mの大株になり梯子を掛けて登り、更に枝分れした幹に足を掛けて混み合っている枝葉を剪定して大3袋を収穫した。

これで少しは《婆》の 葉っぱ拾いが減るだろう。

| | コメント (0)

2019/10/03

神無月***キャッシュレス

2019年10月2日(水)

717941bb76a74f07a3f95dcda0e0fd7b

もうすぐ《寒露》というのにまだ「彼岸花?」夕暮れ時の大宮公園のいつもの散歩道にまだ群生していた。今年はなんかおかしい、涼しくなって来ない。昼から夜10時まで、まだまだエアコンの生活が続いている。今日の太陽もいつまでも暑くて、汗っかきのオイラはまだまだTシャツ半ズボンだ。

消費税が10%になったらしいが、現金を使わないので実感が無い。スマホペイだ。SuicaとQuickが入っているが、プリペイドなので残高が5000円を目安にチャージしておく。理由は小銭入れを持ち歩くのが嫌いだからだ。だから現金払いの店では飲食や買い物は出来ない。

スマホ決済だと増税分が還元されると言うが、どっちみち9ヶ月の時限だし、そんなに買うもんも無いので気にせず、スマホだけ持って外出する事にしている。氷川神社の賽銭もず〜と借りっぱなしだ。

| | コメント (0)

長月***15の夜

2019年9月28日(土)

3787f9fd340f43bda6eeed70fa86cdc9

15歳になる中3の女子の誕生日会だ。

可愛げも無くなり身体も大人並みになったが、会話は相変わらずの子どものままだ。折角の誕生日なのにケーキを食べて「ハッピーバースデー」だけじゃつまらないので、夕食時にジジイのオイラがリビングを、らしく飾り、小さな時から撮りためた写真やビデオをTV画面に流しながら卓を囲む。

「小さい時はブサイクだったけど、少しずつ可愛くなって良かった良かったね」「この頃のお母さんも若くて綺麗だったんだねー」

「アレ、これ誰?お婆ちゃん痩せてたんだね」「お爺ちゃんにの頭ふさふさだったんだ」

などなどと笑いながらワインも空けビールも飲み、家族6人で楽しいひと時を過ごした。

あらためて壁に貼った写真と目の前の本人を比べて、大きくなったなぁと実感する 15の夜になった。

| | コメント (0)

«長月***黒革の手帳