« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/27

どの山に登ろうか?

2005年4月27日(水)

例年マラソンから山登りへと足習いの対象が4月を機に替わる。

今年は4月上旬に桜の木の下を走る≪幸手桜マラソン≫を最後に走りたかったのだが、

エントリー漏れで、結局3月の鴻巣パンジーマラソンが最終となった。

去年は2月に北八ヶ岳山麓ピラタス蓼科スキー場で2004


、帰る間際に最終のダウンヒルを慣行中に

転倒した際に左ふくらはぎを肉離れしてしまった。

最初は肉離れとはわからず、これでもう足習いの人生はお終いかと真っ暗になった。

柔道家友人は南諏訪インター途中で、湿布薬を調達してくれた。

翌日、近くの武井整形外科へ行き、見せると「肉離れです、当分は無理をしないで!」

そういうわけで、二週間位で歩行は問題なくなったが、ふくらはぎの違和感が取れないまま

月日が経ち、2ヶ月後の4月下旬に、百名山の0423tukubasan
筑波山 に登った。・・・丁度1年前だ。

その前の年は、6月の西湖ロードレースを最後に山登りへ切り替えた。

いずれにしても、夏秋は山登りで頂上での爽快感を味わい、

冬春は澄み切った冬空の下で遠景の山々を見ながらのマラソンが一番だ!

さて、どの山に登ろうか?・・・去年買った山の地図で尾瀬の燧ケ岳か至仏山か?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/23

ケツメイシに占拠された!!

2005年4月23日(土)

お天気が不安定なので、1週間に2回のチャンスがこないだ雨でつぶれた。

一時は雨でも目標があったので・・・何がなんでも「走らなければ!」と走った。

でも、今は目標が無いまま雨を理由に「今日はいいか」とサボる。

誰に怒られるわけでもないのに、後ろめたい。

理由の一つは、このブログ『五十の足習い』の記事が書けないから、

そしてもう一つは、インターネット≪まる高マラソン大会≫に毎月エントリーしているので、

走行実績が増えないのがつらい、昨日現在で171人中137位だ。

今日は天気もよく、走ろうと決めていたが結局夕方からになったので、近所を5キロほど

走ることにした。

家の周りから走りだし、交差点は青信号の方向へ進む。

結局 さいたま新都心内が空いているので、外周から内周とやはり青信号へ走る。

スーパーアリーナ付近areana
で階上道路へ駆け上がって走っていくと、なにやら大勢の集団がいる。

避けながら、別の方へ走っていくとそっちも若い男女たちが規則正しく歩いていた。

誘導者の指示で順番に歩いているらしい。ここは狭い幅なのでUターンせざるを得ない。

みんなTシャツを着ている。  ケツメイシ のライブがあるらしい。それにしてもすごい人数だ。

結局、僕のアリーナの練習コースは占拠されてしまい、やむなく方向転換を余儀なくされた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/17

初めての通勤ランニング!!

2005年4月17日(日)

朝の部
今日は車がないので、通勤手段に電車・バスか自転車か、
それともランニングにするか選らばなければならない。
時間が読めないので、自転車と迷ったが天気が良いので、ランニング&ウォーキングにした。
距離は9キロ位だがシャワーがないので、あまり汗をかけない。
着替えのTシャツをウエストポーチに入れて7時30分にスタートした
9時に着きたいので最初はストレッチがてらにウォーキングで1キロ歩く。
右手にさいたま新都心のスーパーアリーナ が見える頃から、スローランを開始。
仕事着がジーパンなので、
そのままの格好で走る。上はTシャツだ。
新しく出来たコクーン横をすぎ朝日を目印に、住宅地を縫って走る。
犬に吠えらるのもシバシバ。
往路は約8キロで30分前に仕事場に到着。
午後の部
仕事終わりの夜 6時30分過ぎに自宅へランニング。
暗いので、車に注意しながら戻る。帰りのコースは7キロ。
さいたま新都心では空中道路を走り 、さいたまスーパーアリーナ
のジョンレノンミュージアム前0417johnlennon
を通り、下に降りて大宮方面へ向かい
ほぼ1キロで自宅着午後7時40分。
 朝夕で15キロの通勤ランニングだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/16

路傍に22の花が・・・・!!


2005年4月16日(土)曇

桜も散り、街全体が天然色になってきた4月の半ば。
いつものコースの「バイパス→ウラトコ→さいたま新都心→大宮」
の約11キロを周走した。
天気は≪曇のち雨≫の予報なので、遠出はできない。
今日は路傍に咲く花をショットがてらに走る。

バイバス・・・・ 黄色いヤマブキ0416-yaeyamabuki
、ドウダンツツジ、タンポポ
ウラトコ ・・・・ユキヤナギ、ポピー、白と黄色の菜の花
、赤いツツジ
国道17号・・・・芝桜、 、白いツツジ、
与野駅前・・・・ノースポール、なでしこ、マーガレット、レンギョウ
新都心・・・・ハナミズキ、ハナニラ 、スイセン、ニワザクラ、ハナズオウ、アリッサム、パンジー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/09

最後の桜ラン!!

2005年4月9日(土)

たぶん今日が最後の桜の見ごろだろうと思い、夕方から桜をさがして走る桜ランを決行した。

国道17号を南下し、太陽を右手に見ながら旧与野市を回走する。
さいたま新都心のビル群を左に見ながら、まず与野東中学の南側の桜並木に向かう。
大通りから左折し30mほどで、満開のさくらが出現、一組のアベックがケータイで写真を撮っている。
sakura-toutyu

さらに南へ走りると信号に阻まれるが、青信号の方向へコース変更して、時間待ちを減らす。
住宅街を走りぬけ次の桜を求めて走る。
日が傾いてくる。
旧与野市を南北に川が流れている。キリシキ川だ。
川沿いに桜が多いので、南西にジグザグに走りながら桜を探す。

桜が見えた!上里の橋から桜を撮るsakura-kamisato


更に南へと鈴谷小学校の脇へ出ると、そこは川に面して小学校があるが、
校庭にはあまり桜がない、たぶん川沿いにあるので植栽しなかったのだろうsakura-uratoko-kita


鈴谷小学校の南側の道路を通称「ウラトコ」と言う、「浦和・所沢線」のことで、
その間のケヤキが日本一と言われている。
夏はケヤキの大木が暑さを遮ってくれて、冬は葉を落として太陽で暖を放ってくれる。
ウラトコを太陽に向かう西へ曲がり、与野公園方面の北西へ戻りながら西中学校脇をに出る。

西中学校の校庭桜はすでに満開を終えていた。
校庭では野球部員が桜の木の下で休息している。夕方の太陽は沈むのが早い、急ごう!

与野市本町通りに入り、与野公園へと向かう・・・まだ、公園では花見をしている客が多い。
カラオケをやっている団体や、片付けている人たちなど様々だsakura-yonokoen-yatai

大宮バイパス通りを西側へ渡り、西北小学校方面へ走る、もう時間がない!!・・・走る、走る。
校庭では子供達がサッカーゲームをやっている。東側の桜を撮る。逆光だが撮る
sakura-seihoku

隣接している淑徳高等学校の庭をフェンス越しに撮る。

東へ向かう、景色が赤くなってきたように見える・・・日が沈むのだぁ!
道路沿いの桜sakura-hurora
園芸店横の桜を撮り、大宮バイパスを東側へと戻る。

ジャスコ前を過ぎ上落合公園へ向かう、正面には新都心のアリーナが見える。
中央通を左折して、小さな上落合公園へ入ると大きな桜の木の下でまだ花見をしている。
いや、これから夜桜の準備をしているグループもいるsakura-kamiotiai

最後の桜を見て、自宅まで最後のランをする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/07

自然が遊具

2005年4月5日(火)

暖かくなって着たので、さいたま市在家の荒川総合公園そばの支流のさくら並木を尋ねて、
ジジ・ババと孫で3歳のセイちゃんと5ヶ月になったケイちゃんそして、ママさんの5人で出かけた。
sei-sakuragawa-s
開花状態は、4分咲きくらいだ。
満開になったら、川沿いなので枝が枝垂れて川面にピンク色が映えて見事だろう。
そこは、ホタルなどの生育環境を整備して、ビオトープを作っている。
支流の川とは別に遊歩道のなかに小さな滝や小川を作ってあり、そこには大きな鯉の群れも放たれ
又、湿地ゾーンには小さな木道を用意されている。
3歳児のセイちゃんにとっては、遊園地や遊具でない自然の環境が珍しく、小川の縁ぎりぎりまで
近づいたり、小川でスイスイすすむアメンボウの動きが面白いらしく木道にうつ伏せになり、
顔を川面に近づけて、静かに動いているのを見ている。
tukusitutuji
土手には土筆(つくし)が、ユキヤナギが白い噴水のように咲き、ツツジも色鮮やかに初夏を彩る。

kuruma-miki-s
昼時になったので、荒川総合公園の土手にてランチを取る。
さっき、支流から移動中に、近くのセブンで仕込んできたおにぎりとパンで・・・
気温もグングン上昇し、気持ちのよい日和になった。
公園は平日なので、とても静かだ、テニスコートでボールを打つ音が「ポーン、ポーン」と聞こえるくらい。
それと、空高くひばりの声が真っ青な空から聞こえてくる。
dote-sei-s
土手はもうすっかり緑一色になり、タンポポの黄色が映える、ランチ後土手を這い上がって遊ぶ、
ババはヨモギを摘み出す、ノビルもいっぱい生えているらしく、座った後からネギくさいにおいがする。

ケイちゃんも普段の景色と違いがわかるのか、あまりぐずらない。
気持ちのいい日になった。

この調子だと(気温)、明日かあさってが桜の満開

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/03

花見ウオーキング!

sakura

2005年4月2日花曇の土曜日

花見が目的なので、約6キロのウオーキングで、自宅から大宮公園の桜名所を周回しよう。
ウオーキングなので愚妻も帯同し、普段通らない道を進む。

大宮西口の街中を過ぎて北に進むと、東西に16号線の交差点にぶつかる。
それを右に曲がると、いつものように大栄橋を越えて、東口側(岩槻方面)へ向かう道になる。・・・が
今日は16号を横切って、旧国鉄の車両工場を右手に見ながら北へ進む。

大宮は、旧国鉄の要所であり、現在の新都心前は国鉄の操車場だった。
東京から約30キロ位置にあり、ここから上信越(高崎線)や東北(宇都宮線)への分岐点であり、
東武野田線(岩槻・春日部)の始発駅でもある。
車両工場の前には、「デゴイチ」が飾ってあり、当時の面影を残してある。
東側へ踏み切りを渡り、警察署前を通ると向かいの家の白モクレンが満開になっている。

大宮公園の西側の護国神社脇に出ると、公園のひょうたん池へ出る。
池の周りの桜は二分咲き程度だが、つぼみはパンパンに膨らんでいつでも咲きそうな勢いだ。
池からさくらの樹林帯へと昇ってみると、すでに花見客が大勢宴に興じている。
周囲には屋台が連なり、花見シーズンを盛り上げている。
hanami

丁度、昼前なので我々も屋台でジャンボ広島焼き500円を購入し、空いているベンチで食べる。
量がジャンボだが、小麦粉の量が多くて味は今二つで半分しか食べなかった。
今度は焼き立てを出している400円の焼きソバで腹を満たした。
遠くでは、昼前だと言うのにカラオケ大会も始まっているらしく、歌が聞こえる。

公園を後にして、氷川神社で参詣する。境内ではお宮参りの人たちも何組か待機している。
境内から参道を下っていくと花見客と、大宮アルデージャのジャージを着た応援客たちが続々と
公園に向かってくる。

明日の天気予報が雨とのことで、今日に繰り上げているようだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »