« 小さな町の夏祭り | トップページ | 彩湖でバイクと併走!! »

2005/07/19

梅雨明け猛暑の中をラン!!

2005年7月18日(月)海の日

朝から暑い!
たしか8時集合のはず、と思い中学生の級友の兄がやってる会社の倉庫へ行く。
兄は、この町内の副会長をやっているので、いつも町内の行事に会社を提供している。
今回も、この倉庫に、山車やお神輿を保管していたのである。
今日はお祭りの山車や神輿などを神明神社へ収める日だ。
神明神社は倉庫からクルマで5分ほどのところにあり、境内に倉庫がしつらえてあり、
ボーイスカウトや各町内ごとに祭り道具を保管している。
第一弾の道具を神社の倉庫に入れて、第二弾の作業に移る。
それはテントの撤収と町内に掲げた提灯の撤去だ。

結局10時半に作業は終了し、最後に反省会があるらしいのだが、父親の面会日なので反省会=のみ会
を遠慮し自宅へ戻り、シャワーを浴びて病院へ向かった。
川越の病院を出る頃、外へ出ると熱風が体に巻きつく。

帰りに走ってこようと決めて、ウエストポーチに3枚の着替えを入れてきた。
ラジオによると梅雨明け宣言が出たらしい、35℃はあるだろう!

前回も暑くて、途中の南古谷から電車で帰ってきたが、今回はたっぷりと休憩をとりながら帰ろう!
1回目は川越の水上公園脇の池の木陰で、風通しもよく人もいないので、裸になって風を体で受ける。
こっから先は日陰なしの道を走るのだ、Tシャツをランニングに着替えて次の目標の南古谷へ向けて走る。
16号バイパスを、自動車の排気ガスを吸いながら裏通りを探し、やっと田園道路を見つけて南古谷の大型ショッピングセンターへたどり着く。ランニングなのに汗がビッショリ,
祭日なので混んでいる、氷のサインが目に留まり、カキ氷を買い屋外のテーブルで食べる、体の芯から冷えていく
隣接してるホームセンターの中を通り南古谷駅前を通り過ぎて、再び走る。
次は、ビン沼川の先にある岡田屋のスーパーだ、いつ入っても数人しかお客はいない小さなコンビニクラスのスーパーで、アクエリアスを買って、チョッと涼しい店内で一気飲みする。
「ごっそさん!」と言って外に出る、時計を見るともう5時半だ。
暑さもだいぶ和らいで、風が心地よくなった。
治水橋を渡り、大宮の街中に入る。あと20分で自宅だ、電話して風呂支度を頼む。
「風呂沸かしといて!」
6時半自宅着。出迎えたのは3歳の晴一朗君だ、それから一緒に彼と風呂へ入り、疲れを癒した。


|

« 小さな町の夏祭り | トップページ | 彩湖でバイクと併走!! »

コメント

町内の祭りの役員なんてやってみたい。

祭りは大好きですが、小さい時から家、両親がそういう人の集まりを毛嫌いしていて、私自身も機会を逸してしまった。

ハッピを着て神輿を担いだり、ドーモドーモなんて言いながら、町内を歩くのが今でも私の夢です。バカバカしいでしょー。

投稿: shimo | 2005/07/19 22:26

shimoさんコンチワ!
いやぁ、僕も今回初めてなんですよ。
たまたま順繰りの役員になってしまい、夏祭りのコースの休憩所で「スイカを子供達に配給する役割り」だとわが妻が言い、
『あっそー、暑いのに大変だね!土曜日は休みだから手伝ってあげようか?』なんて冗談言ってたら、数日後「アナタ、山車班に名前が載ってるよ!」どうせ行かないんでしょ!プール行って走るんでしょ!」とわがままで人の好き嫌いな性格を知っている妻がそう言う。
そこは、責任感だけは人一倍なので、見知った人は同級生だけだが参加する事にしたわけでありまして、正直、休憩時の会話がつながらなくて、とりあえず作業の責任だけ果たして、早々に引きあげた訳なのです。

投稿: オジョ | 2005/07/20 07:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/5030175

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明け猛暑の中をラン!!:

« 小さな町の夏祭り | トップページ | 彩湖でバイクと併走!! »