« あさって小川ハーフで、今日は軽あるくラン!! | トップページ | マラニック、最後は夕陽と一緒にラン!! »

2005/12/11

寒ぶーい奥武蔵の小京都小川ハーフを走る!!

2005年12月11日(日)

051211


予測はしていたが、ホンとにさぶい朝だ。
さいたまから北東の奥武蔵の小京都と呼ばれる小川町は、
外秩父の山々に囲まれたもっとさぶいところだ。
4.5年前6月に開催される秩父七峰ハイキング大会に参加した(42.195キロを歩く)ことがあり、
その出発点がこの小川町だった。
それは、歩いて7つの山を越える企画で、完歩時間は10時間ほどかかる大会で、
僕が参加した年は梅雨真っ盛りで、山道がぐちゃぐちゃでぬかるんでいっこうに前に進まず、
途中でリタイアした経験がある縁のある町だ。

ただ初冬の小川町の朝は、9時だというのに商店街らしき通りも開いてなく、さぶい。
無料バスが駅前から出ているが、一緒のヒロちゃんが「ウオーミングアップがてらに歩きましょう!」
というので約30分を歩く。
受付を済ませて、ウオーミングアップをする。
参加人数がどれくらいか解らないが、スタート前の集まり具合を見ると2000人程か?
スタート地点での目標タイムボードの1時間30分~40分付近で待つ、花火が鳴ってスタートだ!!
国道254を走り折り返しのないコースだ、少し経つと登りになるが順調に進む。
5キロのラップが24分だが、結構キツイ。このままだと早くばてそう!
ところがまだまだ長い登りが続く、さすがにスピードが落ちるのを感じる、一気にスタミナが無くなる。
無理しないでマイペースで走る、次の5キロのラップがやはり落ちて25分44秒だ。
10キロで約50分、キロ5分ペースだからこの坂道ではまあまあか!
10キロ過ぎから下りが増えるのでスピードを上げて走る。15キロ迄の5キロを25分に戻す。
この頃、私設エイドステーションをちょっと先に見かける。
一般の家の前で40代前半くらいの可愛い奥さんたちが、おぼんにみかんやチョコレートを載せて「どうぞ!!」
と声が掛かった。
普段だったら、横目で時間が惜しくてパスするのだが、≪楽しく走る!≫のモットーを思い出し、
ふらふらと走りよって、一番可愛い奥さんのところへ行って、「いただきます!!」『どうぞ、どうぞ!!』
みかんの甘さがエネルギーとなって、残り5キロは快走しキロ4分半ほどで無事21.1キロを1時間43分で完走した!ベストタイムではないが、楽しく走れた気持ちいい小川和紙ハーフマラソンだった。


|

« あさって小川ハーフで、今日は軽あるくラン!! | トップページ | マラニック、最後は夕陽と一緒にラン!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/7574831

この記事へのトラックバック一覧です: 寒ぶーい奥武蔵の小京都小川ハーフを走る!!:

» 第13回小川和紙マラソン [Tsukaの徒然日記]
今回は、第13回小川和紙マラソンに参加してきました。前回11月20日の戸田マラソンに参加して以降、 左足のすねの痛みが2週間くらい抜けなかったことや、年末で仕事やらそ [続きを読む]

受信: 2005/12/12 12:47

« あさって小川ハーフで、今日は軽あるくラン!! | トップページ | マラニック、最後は夕陽と一緒にラン!! »