« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/27

荒川フルマラソンその後・・・・!

2,006年3月21日~26日

フルマラソンの二日後の春分の日、風も治まり春うららの陽気に誘われて、妻のもーちぃに
「いい天気だから、田園に散歩に行こうか?」
『遠くはいやあよ!それと走るのはゴメン!』
と言ってウオーキングに誘い出した。
9時過ぎに家を出て、大宮氷川神社の2キロ手前の参道まで約10分。
参道はケヤキなどの高木樹に挟まれているので、朝日もところどころから当たる。
まだちょっと寒いか。
参道の中間地点から東西に交差する道路を岩槻方面へ右折し芝川が流れる土手へ向かう。
大宮第二公園の梅林の梅ももう終わりだが、あたりに甘いにおいを撒き散らしている。
芝川周辺の見沼田んぼが広がり、そのわき道を、犬を連れた散歩人、ウオーキング、
そしてランナー達が活動している。
着ていた上着をリュックに入れて、散策する。
だいたい5キロほど歩いたか。気温も上昇してやや汗ばむ。
東武野田線を横切り、市民の森へ向かう、さすがにまだ人は少ない。
芝生がある大広場が最盛期では子供連れでいっぱいになるが、午前中ということもあり、
≪ガラガラ≫状態だ。
広場の一角にあるリスの放し飼いのドームに入ると、あちこちからリスが動き回っている。
思わずカメラで撮る。060321


再び第二公園へ見沼の田んぼ道を戻り、公園横の≪サンマルク≫でランチを採り、
氷川神社参りをして、約12キロのウオーキングを終える。
その後の休みも、だらだらと過ごし、ランニングはなしの一週間だった。
4月2日には、楽しみな【幸手桜マラソン・・・10マイル】が控えてる。
この気温の調子だと、当日は満開の中を走れそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/19

北風に翻弄された荒川フルマラソンデー

2,006年3月19日(日)

AM_08343

この荒川市民マラソンは2003年3月に初めて公式大会の5キロに出走した思い出深い大会だ。
この大会がきっかけで、マラソンの虜になり、フルマラソンを目指すほどになった。

フルマラソンなので、今日も単独参加だ、ハーフならいつもの仲間のヒロちゃんと出かけるが、仕事が忙しくて練習が出来ずフルは不参加だ。
荒川の大会場所迄は15キロあるが、自転車で行くことにした。
所要時間は電車とあまり変わらないので、往きはアップを兼ねて、帰りは土手沿いに春風を浴びながら家に帰る予定だった。

今日の天気も予報では、晴れになり、気温も上がるとのことなのでTシャツを辞めてランニングにした。
今月は 練習量が少ないので、完走だけを目指して走ることにした。
約 2万人の参加者なので、ナンバーカードが10,000代の僕は8分遅れのスタートになった。
0319

天気はスタートの9時からだんだんと晴れてきた、ランニングで正解だった。・・・・・が
折り返しを過ぎたころから、北風が吹いてきた。しかも向かい風だ。
風は益々強くなり給水所付近に落ちている紙コップが風にあおられて、足元に転がってくる。

更に強く吹く風を避ける為、同じくらいのSPEEDのランナーの後ろについて走ることにした。
前回の勝田は、35キロ過ぎから足が止まって歩いてしまった反省があるので、
今度は完全完走が目標だ。

30キロ過ぎると歩いてランナーが2割程になってきた。
風は益々強くなり、砂ぼこりも容赦なく吹き付ける。
鬼門の35キロを過ぎ、40キロを過ぎ『あと2キロ』から最後の力を振り絞って、土埃の舞うアーチにゴールイン。

ネットタイムで4時間29分だ、ベストではないが、なんと言っても歩かないで完走出来たことが嬉しかった。

問題はこの後だ、国道17号を愛車で北へ帰るのだ。
戸田橋が渡れない、0319
まともに体に北風が当たり、三段ギアを一番軽くしても前に進まない。
その後も、北風は容赦なく街中でも疲れた体にぶつかってくる、あちこちで自転車が、プランターが、段ボール、看板が、バス停標識が、倒れている。
家に着いた時疲れがどっと出た。
まるで、フルマラソンを往復したようだ。
060319


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/03/15

冷たい空気が締まったラン日和!!

2006年3月14日(火)

昨日から、今日は午前中に走ることを決めていた。
天気予報では、8度の寒さで晴れというので、週末の荒川市民フルマラソン前になんとしても軽く走りたかった。

朝から快晴で、風は冷たいが空気が締まっていいラン日和だ。
そうだ、今日は荒川土手沿いを走ろう!

荒川土手にクルマを停めて、土手に立つ。
西には秩父多摩の山系が、更に西には富士が雲にかすんで見える。
気温は5度ぐらいだか、弥生3月になり景色全体が茶色から緑がかってきている。
南へ走る、途中から土手の工事で、田園地帯へ迂回し狭い農道を走ると、ところどころに梅の花が
春を演出している。
しばらくすると、秋が瀬公園地内に入り、あえて草地道を選んで走る。0314

気温は低いが、風が無いせいかランニング日和になってきた。
中ほどの樹木帯に入ると鳥達の鳴き声が飛び交い、段々気持ちいいランになってきた。
ラジオのJ-waveからは ホワイトデーの話題が聞こえてくる。
ふーん!今日はホワイトデーか!
足元をみると、雑草の花がすでに咲きほこっている。オオイヌノフグリだ。0314

もう少しいくと、結構有名な田島原に出る。ここは桜草の自生地でゴールデンウイークには
大混雑する場所だ。0314
その横をすり抜けて彩湖へとつながり約5キロの周囲を回り折かえす。

昼過ぎに荒川土手に戻り、運動公園のテーブルで、0314
お気に入りの軽食を食べて家路へ向かう。
約20キロを、2時間半とゆっくり楽しいランを終えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/11

啓蟄(けいちつ)

2006年3月11日 (土)

今日は暑かった。
ウインドブレーカーはもういらない季節になった。
マスクして、走る・・・こないだ風邪で熱を出してから、花粉症らしく鼻水が出るので。
でも少しして息苦しいので、マスクはあごにしたままになった。
花色がだいぶ増えて、街並みがちょっとカラフルになってきた。
土曜日とあって、別所沼の1キロのトリムコースは結構な混み具合だ。
街の歩道ランナーも、何組か見かける。
先週の6日が啓蟄でムシだけじゃなく、人も動き出してきたみたいだ。

2時間ほど走って、家路につく頃、西方に夕日が沈むところだ。日が長くなったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/06

まだまだ未熟者と・・・反省!!

2006年3月5日(日)

二日前の寒い日に、16キロぐらい走った。
しかし、それがいけなかった。
実は、その前から喉に違和感があり、二日前も走る予定ではなかった。
当日はオフの日で午前中家にこもっていたが、もともと家でじっと出来ないタイプなので、
街へ出かけた。
5~6分歩くとビックカメラがあるので、パソコンのメモリの値段をチェックしにいった。
4台目のdynabookのメモリを増設しようと考えているから、インターネットでの値段との差を調べにいったのだ。
やはり、≪価格.コム≫のほうが送料込みでもはるかに安いことがわかった。

そのあと、何気なく足がB&D(スポーツショップ)へ・・・・そしてシューズの特売をチェック。
棚上のpopに目が止まる、ライトタイプ(㌔3~4分)、セイフティタイプ(㌔5~6分)と
さらにラップ表が貼られている。買うつもりじゃないので、ぶらっと眺めてると浅井えりこ選手の本が棚においてあった。
ペラペラとめくりLSD(ロング・スロー・ディスタンス)についての内容が書いてある部分を立ち読みする。
その中での【何キロ走ったより、何時間走ることが重要】という部分がとても印象深かった。
ついつい、月間何キロ走ったなどと意識していたので僕にとって、目のうろこが取れた思いだ。

そして、すぐに影響されやすい僕は、家に戻るとジャージ&ウインドブレーカーに着替え、
「ちょっとひとっ走り2時間ばかり走ってくるわぁ!」
『あら、今日は走らないじゃなかったの?』ともーちぃが言う。
「ううん、ゆっくりねそのへん」
2時間後、風呂につかり湯上りのビールを飲んだその夜から少し異変があり、
翌日の土曜日の朝、頭がボーッとして昼食の弁当も半分しか食べられず、
夕食でのビールもパスするほどだった。
『ビールも飲まないなんて、やっぱり花粉症じゃないかも』と
熱を計ると38.4度もあった。
やはり、風邪気味だったのに走ったのがいけなかった。
まだまだ未熟者だと反省する。
荒川市民フルマラソンまであと2週間だが、無理をしないようにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/03

ランチュー度数が下がった!

2006年3月2日(木)

先月の走行は116キロで、時間は12時間強で㌔6分平均だった。
遡って調べてみると、
1月が188キロ、12月が185キロ、11月が204キロ、10月が216キロ、でなんと9月が338キロも
走っていたのだ。もちろん大会も含めて。

去年の2月は228キロだったので今年は半分だ。

どうも「ランチュー」の度数が下がったようだ、去年はナイトランが結構あったが今年は殆ど走ってない。
寒い中走る意欲が薄れ、休日の日中に景色を見ながらゆっくり走ることが多くなった。

それはきっと、目標であったフルマラソンの完走が、一応達成できたことが原因だろう。
それまでは、ただ、がむしゃらに走り込まないとフルマラソンで完走できないと信じ、走り込んだのだ。

つくば、そして勝田と二度のフルマラソンを不完全ながらも完走し、
まだ35キロからの壁を体験中だが、
その後の谷川真理ハーフや、こないだの青梅30キロで、
≪楽しくランニングできるゆとり≫が少しづつ身について来ているように感じる。

今後は景色を楽しめる大会や、フルマラソンを主体にエントリを予定している。
また、トレイルランや、ウルトラマラソンなどにも、チャレンジしていきたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »