« トラックで走る!! | トップページ | 藤沢周平 »

2007/03/29

早すぎる死がふたたび!

2007年3月29日(木)


おととい、知人の告別式に参列した。

年はまだ63歳のとても人間味のある、楽しい人で、仕事先で知り合って、退職するときに、一度だけ外で飲んだことがある知人だ。
そのあとの、半年チョッと前に、「のどに食べ物が引っかかる」という異常を感じてで医者に見てもらったら、【食道がん】だった。
本人曰く、「まだ死にたくないからさぁ!」と言い、東京の権威ある医者が居る病院に入院した。
手術して数ヶ月後いたりしてに無事退院した頃、メールで何度かやり取りをして「春になったら快気祝いで桜の下で一杯やろう!」と軽口を叩いていた。
しかしその後、メールも来なくなり、回復しないまま、桜を見ることも無く逝ってしまった。

今年に入って、身近な人があっけなく亡くなった。正月に30の若者が交通事故で、そして今回の彼が63歳で・・・。 長生きはせずとも、納得できる死でありたいものだ。
          
                                 合掌
 

|

« トラックで走る!! | トップページ | 藤沢周平 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/14445364

この記事へのトラックバック一覧です: 早すぎる死がふたたび!:

» がんの免疫療法の本当の話 [がんの免疫療法の本当の話]
がんの免疫療法の本当の話。がんの治療で免疫細胞療法の話をテレビでてやってた免疫療法と言うよりは免疫の話だったんだけど大阪で世界一すごい免疫の科学者がいる話 [続きを読む]

受信: 2007/03/29 19:39

« トラックで走る!! | トップページ | 藤沢周平 »