« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007/10/30

初めて皇居ランを体験した!!

2007年10月30日(火)


さいたま新都心のスーパーアリーナまでストレッチがてらにウォーキングで15分、暖かい朝だ。
ジャージを脱いで、ジョグ開始だ。01areana

新都心を抜けて与野駅を過ぎ、京浜東北線・高崎線・宇都宮線線が走る線路脇を川口駅まで走る予定だ。
北浦和から浦和の間1箇所だけ信号があるが、それ以外はノンストップで走れるコースで、距離はおよそ12キロくらい。
線路脇にも秋の花が、そしてその花に蝶が蜜を・・・。02hanatyou

こんなところにお地蔵さんが、03ojizo
そんな風景の中を南へ進む04minamiurawa
とチューブのような外環道路が頭上に出現。05gaikan

大きなけやきの蕨駅06warabikeyaki
を過ぎると突然ランニングコースが歩道に現れて、なんとなくそこを走る。08running

歩行者はどうするんだろうか。
鋳物工場だ、10imono
「キューポラの町」だ、吉永小百合だ。中学生の頃、定期入れに彼女の写真(昔はブロマイドと言った)を入れていたのを思いだした。あの大根足が良かった。あの人は今でも好きだ。しっとりと品良く理想的に年を取ったと思う。今度テレビを買う時は【AQUOS】にしよう。

しばらくいくと 路辺に咲く白いユリ科の花が、誰かが植えたのだろう。09ran
公園の中を通り、11koen12dozo

川口駅に到着。13kawagutieki


ここからJRで東京駅まで行って、丸善で目的の2008年の革表紙のスケジュール帳を買う予定だ。 14tokyoeki15maruzen


30年近く同じものを使っているので、他の物ではダメなのだ。生産量が少ないらしく、11月半ばには売り切れてしまうことがあるのだ。
4階の売り場に急ぐ、昼時とあって混んでいたが、無事ライフ製のスケジュール帳を1280円で手に入れることが出来た。16tetyo


ザックに入れてきたカロリーメイトとソイジョイと甘納豆でランチを採り、せっかく皇居に来たので、皇居ランをする。17wadakuramon18kokyo

平日の昼過ぎにも関わらず、ランナーがいる。後を付いて走る、すぐに前のランナーが小さくなる。キロ4分半位のスピードだ、こちらもそれなりにスピードが上がり、心臓がドキドキしてきた。足が重い、アシックスのトレイルシューズを履いてきた。 Img_0024

しだいにランナーが増えて、さすがに有名コースを実感する。19koyo
1周で終えて、和田倉の噴水公園で休憩をとり、神保町へ足を向けた。

エルブレスと石井スポーツで、なんとなしに物色しながら、北岳肩の小屋で、知り合った人の、おすすめの お米のままお湯でご飯を作れる魔法の袋を買い、お茶の水から20otyanomizu
上野まで再びランニングし、帰路についた。21uenoeki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/26

さいたま新都心に秋を探しに雨中ジョグ!!

2007年10月26日(金)


Sintosinrunmap

朝から、寒い雨が降り続く中、雨中ジョギングコースに、地元新都心街の屋根つきコンコースを走る。

旧郵政省ビル前からスタートし、Run
合同庁舎前を過ぎて、左に折れてケヤキ広場へ・・・。Keyakihiroba1Keyakihiroba

まだケヤキは青々しい葉をつけている、ビル群が寒さを遮っているから・・・。

さらに北へ進むとさいたまスーパーアリーナへ・・・、ここの平日はガラガラで、雨の日は短距離のスピード練習もできるくらい、午後になると若者たちがダンス練習などもしている場所だ。Areana1Jhone

ジョンレノンミュージアムがあり、レノンの写真が広場に向けて飾ってある。

折り返して、新都心駅前のコンコースへ向かう、雨の日は屋根のある、端に通行客が集中して結構な混雑になるが・・・、Sintosineki
駅前広場は30mぐらいの幅があり、イベントのある土日は人手が多く、ダフ屋もよく見られる。

広場を過ぎて東口には、食や衣料などのショッピングゾーンcocoon(コクーン)があり、手前の植栽されたハナミズキがすでに紅葉して、赤い実をつけている。Cocoonkoyo1Hanamizukimi

コクーンビルの北側へ回ると、Cocoonkoyo2
屋根つきの直線コースが出現し、スピードランができる場所になる。
中道へ入ると、MOVIEシネマコンプレックスがあり、Cocoonkoyo3
まだ早い時間だが人が朝一番の観賞にやってきている。

コクーンを出ると正面には、煙った新都心ビル群にハナミズキが彩りを添えている。Sintosin1


再び駅前を過ぎて、合同庁舎群へ左折して屋根ある端を走り、Sintosin2Sintosin3

折り返しのゴール地点のラフレビル横を通り、Rahure

周回を終える。

ほぼ 4周 10キロのジョギングを終えて、新都心の森へクールダウンしながら、Mori1Nannten

ユリノキ、カツラ、南天などの紅葉を楽しみ、いい汗をかくことができた。

このあとも、寒い雨は降りやまず、夕方2時間ほど爆睡する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/24

氷川さまへ無事御礼の朝ラン!!

2007年10月24日(水)

北岳山行から下界へ戻ったが、下山コースの八本歯のコルYagibahe
からの急な階段の下りが、ももの筋肉を痛めつけ、そのおかげで、二日間、階段の昇降がとてもつらかった。

さらに、20キロのザックの重みが体の芯を押さえつけ、尾根での強烈な風を下半身で耐えた結果、疲労が身体に深く蓄積されたらしく、数日間は子供並みの睡眠時間となった。

そして今朝、やっと復活の兆しを感じて、朝6時に目覚めると、無性に走りたくなり、氷川さまへの朝ランで汗をかいた。AssandoKoyotaikobashiAsakeidai

まだ静かな境内に入り、山行の無事のお礼を、100円の賽銭に替え【二礼二拍手】して、戻る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/21

南アルプス白峰三山初冠雪!!

2007年10月21日(日)


今回は、1ヵ月前から縦走を想定して金曜日から日曜日までの三連休を組んだ。久し振りにヒロちゃんとの山行だ。 彼とは去年の7月、雨の槍ヶ岳以来で、金曜日を休んで参加した。
北アルプスの蝶ヶ岳~常念岳~大天井のコースも検討したが、降雪の可能性の少ない南アルプスの北岳~間ノ岳~農鳥岳のコースを選んだ。朝4時にさいたま市を出発、夜叉神峠の駐車場に6時半到着した。Yasyajinpk
ここから登山口のある広河原まで30分バスで移動する。広河原からは、甲斐駒・仙丈への登山口がある北沢峠へのバス待ちの登山者数人ほどが、そして残りの十数人が北岳への登山口に向かう。野呂川に掛かる吊橋を渡り、Hirotyan
大樺沢の上流沿いに二俣へ向かう。時折、紅葉を楽しみながら、Jyurintai1Jyurintai2Jyurintai3


高度を上げていく。およそ2時間で二俣の分岐点に到着、Hutamata
予想通りの曇りで、雨の気配を感じながら、右股コースを選び20キロのザックの重さを背中に感じながら急登をゆっくりと進む。Gasu
ガスの切れ間から右の遠景に鳳凰山が、Houou
左を見上げると北岳Kitadake
が迫ってくる。
樹林帯が切れ、Sougen
草原状の斜面を登りきると、小太郎尾根の分岐に・・。KatanokoyaheKusa

北岳の山塊すぐそばに、そして12時半に肩ノ小屋に到着した。Ojyo

予定より早かったので、昼飯を食べながら、北岳をやって向こう側の北岳山荘に泊まるかを検討した。
その後、急にガスが北岳を覆って風も出てきて、ダウンジャケットを着込む。
雪が降ってきた!
答えは決まった。泊まりはここだ。
中に入り小屋の主人に泊まりを告げ、熱いお茶を戴くが、ストーブには火が無く、寒い。小屋もそろそろ撤収なので、薪が無いようだ、しばらくして外を見ると、雪が積もってきている。10センチの積雪になった。YukigaYukiga1Yukiga2



単独行の男性、ロシア語を交わすバルトの男性と女性のカップル、テント泊の若者が、そして6人の秋田からのパーティーがヤッケを濡らして入ってきた。
この秋田からのパーティーは六郷町登山協会の猛者たちで、40年近い伝統ある協会で70人ほどの会員がいるという。
農鳥岳まで縦走して行くという、彼らと消灯までの間二次会に参加して、楽しいひとときを過ごした。HataSangakukai

翌日3000メートルの景色は快晴だ。Hirohuji

初冠雪の北岳を目指す、KitadakeheKitadakehe1

風が思ったよりきつい。山頂も凍っている。SantyoSantyo1

高校生の時以来2度目の北岳だ。 Kitadakekoukousei
美しい北岳と青空と雲に感動。Kitadakekumo
そして富士山、Huji
このあと北岳山荘に立ち寄り、農鳥岳の往復タイムと天候情報をもらい、間ノ岳の往復に予定を変更する事にした。 右からの風が更に強くなり、西側の道はアイスバーン状態で、切れ落ちているところは慎重に越えていく。北岳山荘にザックを置かしてもらい、ほぼ空身で間ノ岳へと向かう、AinodakeheAinodakehe1Ainodakehe2


遠くに秋田六郷会のパーティーが見事に一団となって登っていく、処女雪で隠れた道を付けながら・・・。無事大門小屋までたどり着いてもらいたい。
風はとどまる事なく更に強く吹き荒れ、1時間半で間ノ岳山頂に到着した。Ainodaketop

戻る途中、女性3名とすれ違う。三山縦走し奈良田に降ると言う。逞しい。再び北岳に向かい山荘へ戻る。Nanakamadotosanso

結局、予定を繰上て下山することにし、帰りは八本歯のコルから左股コースを経て広河原に戻ることにした。Yagibahe
コルから左へ降ると、いくつものハシゴが連続してかなりの勾配を一気に落ちる。雪があるので、慎重に一段一段と時間をかけて足を運ぶ。Hirokawarahe

最終の5時前に、広河原に着いた足は、急勾配の影響で、パンパンだ。
関わった皆さん無事だろうか。やはり冬山は怖い。
奥多摩の山岳耐久レースで男性が滑落死したと21日の午後のニュースで報じていた。合掌。

Corse

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/10/12

今日の彩湖はランニングとハイキングと・・・。

2007年10月12日(金)


連休二日目の今日も彩湖を楽しんだ。

午前中は昨日と同様にハーフをラン。 1時間55分だった。Urokogumo


曇りのはずが、太陽が照り、日焼けしておでこと鼻の頭が赤い。

昨日も走っているので、1周目から自然に足が動き、二周とも 57分で走っていない割にはまずまずの走りができた。

午後は、昨日石井スポーツで買ってきた、トレッキングポールの試用だ。Treckingpole


このところの高度差がある登山で、必要に迫られやっと昨日【LEKI】のスーパーショートをペアで15000円で購入した。
これは、最小が55cmとかなり短くなるので、気に入って買ったもので、最大も110cmまで伸びるので、

ツエルトのポールにも充分使えそう。Arakawa


トレッキングポールは、彩湖の西側の荒川土手への傾斜を登り、オフロードの道を1周してみたがDotehiking

なかなかいい!また平坦みちでは歩行速度がぐんと上がり、かなりの助っ人になりそうだ。

約5キロをハイクして、昼食タイムに、今度はツエルトの設営に挑戦する。Zeltsack


ポールを突き刺して支柱にし、かるく細引きで片方のツエルトを固定し、Harikata1


次にもう一方のツエルトを固定して、Harikata2
細引きをジュラルミンペグに引っ掛ける・・・ハンマーが必要だ!Pegu


仕方なく、足で押し込む。細引きを調整してピンと張り、完成した。Kansei


床にシートを入れて、中に入り、寝転んでみる、Naka
一人用のツエルトだが、二人でも・・とあるが、やはり無理だろう。

緊急のビバーグ用だから使うことは少ないと思うが、使い慣れておかないと。

湖畔で張っているものが珍しいらしく、ちら見してく人が多い。Tantside


ランチは、今日も カップラーメンとバナナだ、Lunch
湖畔の風が涼しくて気持ちがいい。

来週の金曜日から日曜日に南アルプス・北岳、間ノ岳、農鳥岳の縦走を予定している。

紅葉が楽しみな山行になりそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/11

彩湖の空に秋が・・・・。

2007年10月11日(木)


やっと涼しいランニング日和。 

彩湖ハーフ(11月18日)のコースをLSDで秋を感じながらジョグ。
Saikohigashi


変則な1周で、折り返しが2箇所あるが、自然豊かな気持ちのいいコースだ。

空が秋に変わって植物も色を添えている。

麒麟草(ブタクサ)の黄色Butakusasora
、独特な匂いを周囲に撒き散らすキンモクセイKinmokuseisora
、そしてうろこ雲が秋を・・・・。Urokogumosaikonisi


1周目は、1時間4分、2周目を57分の 2時間1分でハーフを完走。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/08

1962年卒業の中学同窓会・・・

2007年10月7日(日)

数週間前に届いた、中学の同窓会案内の返事を出すのを忘れていたら・・・。

「ぷるるん、ぷるるん・・・・」

「いやぁ、悪いけど、参加者の確認で、返事が届いていないので電話したんだ。」とナワシロ君からの電話だった。

4年前ごとに開催している同窓会で、前回は200余名が参加したという。

たしか、記憶では、12クラスあり、ひとクラス50名くらいだったと思うから600名のうち3分の一が来たことになる。

なにせ、【団塊世代】の中心の年代だから、とにかく多いのだ。

「今年は、ミナミモトも来るし、カイダさんは来れないけど、シマモリさんはくるから・・」とナワシロ君。

「実は、その日は【七五三】なんだ、次回は是非参加するよ。」と断ったあと、

名前と顔が一致しないので、アルバムを引っ張り出して眺め、若いなぁ・・・(当たり前だ)と思わずつぶやく。

これまで、地元の付き合いが薄かったが、そろそろ昔の(小・中学校時代の)仲間と温厚を暖めてもいいと思う。

362men

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/07

東京マラソンに落選!!

2007年10月6日(土)
 

  0226001

   
 昨日、 【東京マラソン 抽選結果のお知らせ】のタイトルで、メールが届いた。

 よっ!来たかぁーとクリックする。
 すると、

 『  ◇◇ 東京マラソン 抽選結果(落選)のお知らせ ◇◇
 このたびは東京マラソンにご応募いただき誠にありがとうございました。
 お陰様をもちまして定員を大幅に上回る申込があり厳正なる抽選を行いました
 ところ、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。    』
とのこと・・・・・。えぇー残念!!

 第一回目の、昨年は当たり前のように、【当選】したので、今年も当然と思っていたので、がっかり。
なんでも、昨年より多い4,7倍の倍率とのことで、フルマラソンに至っては、5万人も多い13万人が応募したという。
そして27500人のみが当選だから、しかたがないかぁ。

 このところ、ランニングのテンションが下がり気味だったので、起爆剤にと思っていたけど、また下がりそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/02

9月の足習い総括

2007年10月2日(火)


数日前と変わって、20度の涼しい10月初旬だ。

1年に一度の健康診断を午前中に済ませて、今朝から何も飲食なしのすきっ腹に、冷蔵庫にあるものを流し込む。
バリュウムを飲んだあとの下剤が効いてきて、何度もトイレへ行く。

午後4時過ぎ、ひとっ走りと、外へ出て、周辺を8キロほどジョギング。

 ~~~~ 9月の足習いの総括は以下のとおり~~~~

★ ランニング・・・・・133k   14時間08分   ㌔/6分22秒 で目標の200kより大幅に少なかった。

★  登山  ・・・・・北アルプスの 乗鞍岳3,026m、笠ヶ岳2,898mの二座。

  ・ ランニングはあの記録的な暑さが影響したことと、ランニングを数ヶ月封印したことで、やる気が少々失せたなか、大きく昨年の300kを下回った。
  ・ 山登りは、逆に涼しい高地を求めて、3千m級のある北アルプスへと駆り立てられて、なんとか百名山登破    累計37座に達した。

~~~~~~10月の課題~~~~~~
 ・とにかく、走りこみが不足しているので、できるだけ走りこんで、やる気を出していこう。
   やる気の喚起に、11月18日の地元「彩湖ハーフ」にエントリーした。
  「東京マラソン」の抽選結果しだいでは、更に、やる気が出るだろう。
 ・登山は、予定が二~三座を予定し、なんとか今期40座は達成したい。

~~~~~~異常気象の結果 春咲く ハナズオウの花が昨日 咲いた!!~~~~~
 Hanazuou1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »