« 大宮 十日市(とうかまち)!! | トップページ | Walk! don't run!! »

2007/12/11

山田の案山子

2007年12月11日(火)


昨夜、12月22日の冬至前なのに、風呂に柚子が浮かんでいた、柚子湯だ。

食も柑橘系が大好きなので、いつもより長風呂になった。
昔の人は、ホントに偉いと思う。暦と生活を上手に組み合わせて、季節ごとに健康的なイベントを考案してきた。

「冬至はまだだけど?」
『うん、でも、もらった柚子が傷んじゃうから!』との事。
冬中毎んちでも入れたいなぁ。つるつるして気持ちいいし、暖ったまるし。

そして今朝、窓を開けるとりんとした気持ちのいい冷気が顔に当たる。
朝9時過ぎ、無意識に、ジャージを着る。

『走りにいくの?』
「うん、ひとっ走りしてくる2,3時間かな?!」

そうして、南東へ向かってジョギングする、2キロ過ぎにはジャージの上を脱いで、Tシャツになる。
見沼の代用水路沿いに南へ走ろう。
あれはなんだ!と畑の中の案山子(かかし)らしきものが眼に飛び込む、が、異様な顔だ。Kakasi

畑に寄り道すると、まるでさらし首が畑に立っている。
生ナマしすぎて、気持ち悪い。Namakubi
その畑ではその他にも人形の生首が立っている、たぶん普通の案山子では効果がないんだろう。
その先10キロほどいくと、氷川女体神社横の見沼氷川公園になにやら銅像が立っているので、またまた寄り道してみると
まさしく、案山子の銅像だった。Kakasihassyou

碑には、【山田の中の案山子】の発祥地との事。へぇー知らなかった!


案山子
文部省唱歌
作詞 武笠三
作曲 山田源一郎

一、
  山田の中の一本足の案山子、
  天氣のよいのに蓑笠着けて、
  朝から晩までただ立ちどほし。
  歩けないのか、山田の案山子。
二、
  山田の中の一本足の案山子、
  弓矢で威して力んで居れど、
  山では烏がかあかと笑ふ。
  耳が無いのか、山田の案山子。


作詞の武笠三 さんがこのあたりの出身で、ここの風景を見て作詞したとのことで、
この一本足の案山子は古事記の中に出てくる神様のことらしい。


このあと、駒場スタジアム、北浦和、与野そして新都心のトカゲTokage
までの約19キロを走破。

履いていたニューバランスのランニングシューズの底が磨り減って、ゴムがはがれている。
買いに行かなくっちゃぁ!

|

« 大宮 十日市(とうかまち)!! | トップページ | Walk! don't run!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/17341350

この記事へのトラックバック一覧です: 山田の案山子:

« 大宮 十日市(とうかまち)!! | トップページ | Walk! don't run!! »