« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/29

閏29日の東京逍遥!!

2008年2月29日(金)


4年ぶりの閏29日。
休みの今日の予定はまず、上野から梅見に湯島天神へ行く。Yusimahaiden

梅は3分咲きだったが、境内は大賑わい。学業の神様らしく絵馬がてんこもりに掛かっている。
思いついたように、家人へお守りを買い求める。あさってが国家試験日だ。神頼みか。Yusimatenjinema

初めての湯島天神で、御茶ノ水からは結構なのぼり坂で、ちょっとしたハイキング。
神保町へ戻る途中、小諸そばを食いKomorosoba
聖橋をとおって、いよいよ本題の
【串田孫一】の本を探しに神保町の古書店めぐりだ。
彼は、1915年~2005年 詩人、哲学者、随筆家にして登山家で、ある機関紙に載っていた山の特集記事で知り、是非読んでみたいと思い、大書籍店へ行くも殆んど置いてない始末。
ウェブで調べると、絶版も多い。
「・・・山がある限り、人は山に登る。そこで素朴な心の強さを感じる。
   思い上がりに恥しさを憶えて暫く沈黙する・・・(『もう登らない山』より「山の本」の一節)」
「・・・山の中では人は蟻のようになる。
   大木の幹は蟻が登ってもじっとしてるように、
   山は人が登ることによって表情をかえない。
   山の赤い肌は、太古からその色をしていたように私たちの前にある。
   人は山で小さなものになり始める。儚いものになり始める。
   広い高原を黙って歩いて行くとき、人は牛のようにもなる。
   私たちは蟻のようになり、牛のようになって大きな解放を知る。
   このものやわらかな興奮をもう一度味わうために、山へ向かう。

   山はどんなに低いものであっても、それが山の名に値しないものであっても、
   それなりに姿は大きく、私を抱く力は強い。・・・(『若き日の山』より「夏の手帳」の一節)」

 神保町の三省堂から付近の古書店を探すも、結局無かった。
しかたなく散歩がてらに南へ歩く。 大手町付近で、「美味しいチョコレート屋が丸ビルにある」と友人から聞いてたことを思い出し、そこへ向かう。東京駅の真向かいの丸の内センタービルの地下へ降りる。
名前があいまいなだが、チョコレート屋はそうないだろうと探す・・・あった!たぶんあれだろうとそばによると
【GODIVA(ゴディバ)】Chocolatierのサインがある。Marunoutigodiva

「お薦めのチョコレートドリンクをください!!」
「それでしたら、濃厚なビターチョコレート味にチョコレートソースをトッピングしたダーク・チョコレート・デカダンス
いかがですか?」Dark_chocolate_decadence

「じゃあそれにしてください!」と630円を支払い、数分後にカップに入ったチョコを飲む。歩き通しだったのでチョコの甘さが疲れを癒してくれる。歩きながらだらだらと日比谷公園へ行き、暖かくなった木漏れ日のベンチで一休みして、藤沢周平の文庫本を読みながらいい時間を過ごす。Matumotoro

そして、日比谷図書館Hibiyatosyokan
で串田孫一を探すがここにも無かった。
こうしてほぼ一日を費やすことになったが、足習いが出来ないぶん東京逍遥でストレスを解消することができた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/28

眠っていたフィルムカメラ!!

2008年2月26日(火)


休足してから半月経った。・・・が無理せず2月いっぱいは大人しくする。
少々太ったようだ。胴回りが肥えて体重も63キロと3キロ増、体脂肪率も4%増え27%と案の定の結果。
秋から始めた往復16キロ通勤をクルマからバイクに換え、休みには10k~20kは走っていたのが、半月板を痛めてから休足生活が始まった。生活にはまったくの不具合は感じない、膝を内側に倒す行為のときだけまだ少し痛むぐらいだ。

休みの今日は何をしようか?押入れの奥にあった黒いカメラバックを引っ張り出す。
ニコンのフィルムカメラ一眼レフ F90Xだ。Nikon

たしか、1996年に買った物で、12年経った。フィルムも未使用が3本あり、装着する。
使い方を忘れたので、改めて”取説”を見る。あまり使ってないので具合はいいシャッター音が心地いい響きだ。
カシャ!!カシャ!!

初めての一眼レフは、35年前に【ペンタックス】を購入し、当時住んでいた金沢を基点に休みのたびに、いろいろ撮りまくっていた。何故かカラーではなく、白黒写真だった。
現像までしたかったが、そこまでの熱意もなく生来の飽き性で次第に撮る機会も減り、たんすの肥やしとなって、引越しの折処分したと記憶している。

パソコンが生活の一部になってからは、デジタルものが必要となり、当初の山登りでは、パナのビデオカメラを持って登り、後でCDに編集したりしていた。・・・が、山も単独行が増えるに付け、邪魔なるので、その後はフジのデジカメを購入し持ち歩いた。その頃からデジカメブームとなり、マラソン大会にも出るようになり、軽量で細小高画質ものということで、現在使用の、キヤノン【I XYLI3】を持ち歩いている。Ca340033

せっかく、たんすから出したので、当分はフィルム写真を撮って見ようかな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/24

マイルスディビスとコルトレーン

2008年2月22日(金)


休日前の深夜、ツタヤで借りてきたジャズをDVDで楽しむ。
家人はまるで興味なしだから、一人で、角をロックで飲りながら観る。
1枚はマイルスディビスの亡くなる3年前の1998年のドイツでのライブ映像だ。Miles_davis

フュージョン系の現代的なバンド編成だが、あのマイルスのトランペットは変わらない。

そして、もう1枚はコルトレーンとマイルスの競演した僕が学生の頃聴いた60年代の頃のスタジオ演奏だ。
Coltrane
Miles

マッコイターナー、エルヴィンジョーンズ、ポールチェンバースなどクインテットのメンバーで、懐かしい。
深夜2時ぐらいまで、聴いているうち、大学生の頃渋谷道玄坂のジャズ喫茶での思い出がよみがえる。

知らぬ間に角瓶は空っぽになった。・・・・さあ眠ろう!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/19

3月末の大会に備えて、休足1週間。

2008年2月19日(火)


スキーで半月板を痛め、時折、膝を内側にひねるとまだ痛みが少し残る。
先月末に、佐倉フルマラソンに初エントリ-し、入金も済ませた。
どうせなら、当日完走をめざして、走りたい思いで、今は無理せずに、おとなしくジッと我慢して1~2週間休足しよう。

昼前の11時、無性にピザが食べたくて、「お昼はピザを食べに行こう!!」と家人達を誘い、
ランチピザ1180円とらんちパスタ980円そして生ビールを注文して、4.5人で卓を囲む。
ピザを食べる時はいつも、駅ビル内にあるそこへ行く。
薄くてとても美味しいのだ、12時頃は並ばなければならないので、11時30分が外食のランチタイムにしている。
3歳のケイちゃん、家でのスパゲティは食べないが、ここのはピザもパスタもムシャムシャと食べる。

2皿ずつをきれいに平らげて、食後は一人で街中を散策し、文庫本1冊を三省堂で買い自宅へ戻る。
走りたいが、我慢・・・・我慢・・・・。
夜のNHKBS で、千葉クロスカントリー大会を見る、女子高校生5キロ16分が優勝タイムだ。速っ!!
そのうち、クロカンもやってみようかなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/18

落選した東京マラソンなんて見ないぞ!!

2008年2月17日(日)


昨日も聞かれた「あした、東京マラソン走るんでしょ!!」
もう、うんざりだ。去年の8月にエントリして、落選したのが判ったのが去年の10月。
過去のエントリで初青梅も当選したし、記念すべき第一回の初東京マラソンも当選したので、今回、まさか落選するとは思わなかった。
だから、ホントにがっかりだった。
以来、練習も熱が入らず、前回走った太田原、勝田もそして青梅も走れなかったくらいに、落ち込んだ。
だから、今日東京マラソンは見ない、見たくもない・・・。

去年の東京マラソンは、印象深かった。


【季節はずれの雨の新宿。着替えは地下道から都庁への出口付近。荷物を預けるトラックを探してウロウロ。
雨は止まないし、裸同然・・寒い。スタート地点付近のマンションの駐車場でウオーミングアップ。
そのうち、警備員が来て雨の中を追い出される。
仕方なく、休みのガソリンスタンドの屋根の下で、上下運動して体を温めながらスタート時間を待つ。
スタート時間だ、が。まだズッーと後方なので集団が動き出すのを待ち、動きしてから一気にコースへ向かい、
それでも、4時間23分46秒のほぼ中位の記録で十分満足出でき、来年はサブフォーを目指そう!・・・と思った東京マラソンだった。】02260226001


でも少々気になるので、仕事に出かける前の9時過ぎ、ビデオを予約して、出かけた。

夜7時30分帰宅して、すぐにビデオを取り出して、夕食を摂りながらビデオを見る、見てしまった。
レースは、去年のチャンピオンのジェンガが落ちて、一般参加でエントリした藤原 新選手が2位でフィニッシュした。無意識にゴールインの瞬間に拍手した・・・なんでだろう。
市民ランナーの走る姿を見ながら、ムラムラッと、走りたい欲望が沸いてきた。
今年の8月も東京マラソンにエントリ-しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/15

走れない休みをバイクであっちこち!!

2008年2月15日(金)

山登りか、ランニングかいつも休みは【足習い】と決まってるが、やむを得ない、じっと我慢。
朝一で、近くの歯医者で、前回のチェックを受け、5分で終了。
寒いが、天気上々家に戻り、膝に負担が少ない、マイバイクで、Maybic
新都心へ・・・。

確定申告に出かける、月給取りだが医療控除の手続きしに新都心の国税局へ行く。
コンコースには看板があり、すぐに目的のビルに入る。Kakuteisinkoku

部屋に入ると、スゴイ混雑ぶりだ、まず受付で順番待ちし、パソコンへ誘導してくれる。
係員がそばにいて、すぐにアドバイスをしてくれるので、15分ほどで終了。

年間の医療費が我が家では23万ほどある。内容はほとんど家人で僕は殆ど発生してない。
あまりに多いので、いつも領収書をもらい、エクセルで1月から12月分を内容ごとに表にしておく。
僕は整形外科で不定期だが、毎月発生は家人の歯科診療、内科医院、がほとんどだ。
今回提出は、A4の表1枚だけ添付する。・・・・領収書現物では膨大になるから。

帰りに、新都心の郵便局へ立ち寄り、忘れていたお年玉年賀はがきの当たりはがき2枚(4等)と、不用の年賀はがきの始末(官製はがきへ・・・)をする。
いつもと違うのは新人さんがたどたどしい応対で「いらっしゃいませ!○×△*%#”!ありがとうございました!」とあっそーか?民営化の影響かなぁ。 


その後、見沼代用水路を大和田公園へ行き、梅を観る。だいぶ咲きほこってきた。AkebonosidareOosakazukiSetugetuka_2Yaetoji_2

芝川では、オナガガモのつがいが新芽を食む。Onagakamotugai

そして水路では、サギたちが魚をさがして川を覗きこんでいる。Oyako


夕方には時間があるので、ツタヤで 映画のDVDをレンタルそして、川井理容室で1ヶ月半ぶりに散髪をして帰宅。
夕食までの間に、借りてきたDVDをノートパソコンで観ながら、一杯飲る。

なんだが、腹回りが太くなったような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/14

スキー転倒!!半月板損傷?!

2008年2月13日(水)

スキー二日目、昨夜の降った雪がゲレンデのあちこちに積み重ねられて、上級者も頭から雪に突っ込むほどの白樺2イン1スキー場。

昨日は、降り始めだったので、ほどほどの湿り気が中級者にうってつけのコンデションだった。
気持ちいいほど、スムースに疲れもなく快適な滑りが出来た。
「おまえ、うまくなったなぁ!」と仲間からの評価。

アオちゃんは、5年ぶりが嘘みたいに、軽快に綺麗に滑る、ツネワキ君はいつものようにダァダァダァとまっすぐに小気味よく滑り降りる、そしてダサイ君はゆっくりと流れるように滑る、そして僕は自己流だが、ダサイ君の後を付いて、ゆっくりとゆっくりと、急斜面ではさらに大回りにゆっくりと滑る。

僕だけが、レンタルスキーだ。ほぼ1年に1回程度なので、買うのが億劫なのと、手ぶらで来れるからレンタルを利用している。

二日目の今日はスキー場が変わり、レンタルスキーの靴が大きく、違和感を持ちながら滑っていたが、
たっぷり降り積もったゲレンデに、たびたび足を取られてバランスを崩すこともしばしばだった。
それでも、すこし慣れてきた昼前の上中級コースのトップで、 Top3m

「靴が大きいから、替えてもらうわ」と言い、三人の後を追って滑る・・・・。
急斜面をスーターンしてガリガリガリ、ターンしてガリガリガリ・・・「あぁぁ イタァ・・・」山側の足が滑って左足の膝がグキッ!と音がして、転倒一回転だ!思わず急斜面に座り込む。
左ひざ内側に激痛が走る。
「またやったかぁ!」とつぶやく。3年前のピラタススキー場での最後の滑走終了間際に転倒し、肉離れを起こしたことを思い出す。

止む無く、横滑りでゆっくりと降りていく。左足に負荷をかけずに降りて、午後の滑りを止めた。
最後の夜、寝返りを打つ際に膝が痛む。「明日武井整形外科へ行こう」。

------翌日 武井整形外科-------
「どうしました、まだ痛みますか?」と先生が2週間前の腕の痛みの診察と間違える。

「いやぁ先生、今日は別件で・・・」とGパンを脱ぎ、ジャージをまくりあげて「スキーで転んで、膝の内側を痛めたんです、じん帯ですかねぇ」
そうして写真を撮って、説明を受ける。
「じん帯はここで、特に以上はありませんし、膝に水もたまってないですが、ここに半月板がありここの内側の方がちょっと痛んでるようですがたいしたことがありませんよ。」
「半月板損傷ですか?よくサッカー選手がやるやつですか?」
「いや、損傷というほどじゃないですよ、ここに影があるでしょ、ここが痛むんです。
比較的軽症ですから、ちょっとおとなしくしてれば、治るとおもいますよ!」
「痛むようだから、飲み薬を出しましょう!」

武井先生は天才だ。
薬を飲んで、1日あっという間に痛みが取れて、嘘みたいだ。
これなら、3月のマラソンの練習も来週から出来そうだ・・・。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/11

北八ヶ岳でスキー!!

2008年2月8日(金)~2月11日(月)


八重洲口を金曜日夜の9時に出発。男4人で中央道へ向かう。
3泊3日のスキーツアーだ。宿はツネワキ君の別荘を利用なので、高速代、食料代をワリカンして一人12000円
とかなりの激安料金だ。
いくつかのトラブル(運転したダサイ君が首都高で渋谷方面へと中央道への分岐点をミスしてもう一周した)があったものの、無事中央道へ乗り入れることが出来た。
予測以上に道は混んで、諏訪インターに着いた時は、日付が変わって土曜日になっていた。
運転者は道に詳しいツネワキ君にかわり、八ヶ岳北横岳山麓ピラタス蓼科の別荘に向けて、雪の残る登り道を高度を上げていく。そこで事件は起こった・・・・・・!

続きを読む "北八ヶ岳でスキー!!"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/02/07

【コードロック】っていうんだ!・・・さすが東急ハンズ!!

2008年2月7日(木)


こないだの奥多摩浅間嶺の山行から帰って道具を整理してると、
片方のスパッツのゴムが無くなっているのに気がついた。
たぶん、五日市からの電車のなかで、脱いだ時に、取れてしまったのだろう。

いつもなら、放っておくのだが、明日の夜から八ヶ岳へスキーに行く予定なので、
おとといの休みに、部品の調達に街へ出かけ、ロフトで店の人に説明するにも、
名前がわからない、仕方がないので、売り場にあるバッグを見つけ、
「すみません、この部品を売っているコーナーは?」とバッグを見せる。
『少々お待ちください』といい、奥に聞きに行き、『すみません、当店では扱っておりません』とのこと。

すぐに、やむなく、東急ハンズで同じ質問をすると、
案内された一角に、あるではないか?さすが東急ハンズと思い、すぐに購入し、
補修することができた。
あらためて、意外に部品名がわからないものが多いことに気がついた。
購入したそれは、【コードロック cord lock】と記載されていた。
Spats
Coad_lock
Hands

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/03

モノクロの世界

2008年2月3日(日)


あっという間に真っ白になった。

いつもより、さっさと仕事への準備をする。

「なあに、子供みたいにたのしそう。」と心の内を読まれる。

『今日は、歩いて行くからいつもより1時間早く出かけるわー』といい、ダウンジャケットを着込み、レイン上下を着込み、足元は【LLビーンのブーツ(ゴム底の防水タイプ)】を履き、さらにスパッツまで装着する。

「そんな、大袈裟な!」

解かってないなぁ、こういう日はクルマが雪をはねるから、足元がびちゃびちゃになるんだ。

といいながら、出かける。

新都心のアリーナ前から新都心駅のコンコースはすでに真っ白だ。Sintosin
田舎道横にある小さなお地蔵さんが7体、雪帽子をかぶっている。Yukibousi
そうして、開けた場所には、モノクロの雪景色が広がる。Monokuro
その先には鳥たちのすみかの小さな森Mori
と竹林がTake1
風情をかもし出している。
まるで、色を失った世界がそこに広がる。

色があった!雪の重みを耐えて。ツバキが桃色を放っている。Yukitubaki


歩いてきて、よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/01

雪道を越えて浅間嶺からの富士を望む!!

2008年2月01日(金)


朝10時20分、武蔵五日市駅に降りる。
いい日和だ!バス停に向かい数馬行きの時刻を調べると、1時間近く待たねばならない。
予定では、浅間嶺登山口まで行き、尾根歩きをして氷瀑の【払沢ノ滝(ホッサワノタキ)】まで戻るつもりだったが、やむを得ず逆のコースを取ることにした。
15分で【払沢ノ滝】に到着、大岳山が迎えてくれた。Hossawaodake
【払沢ノ滝】は結構有名な滝らしく、観光客が行き交う。大半は自家用車だ。
案内された道を10分進むと正面に滝が出現した。Hossawataki
期待した氷瀑にはなっていない、残念だ。
来た道へ戻り、尾根に向かう。
登山道横に、熊が出た!と張り紙が!Kumagaderu
この辺に熊がいるとは思わなかった・・・。鈴は一応つけているが。
つづら折れの林道をショートカットするように、Minnka
民家の横をすり抜けるように高度を上げていく。Syouboukoya
振り返って釣り鐘がある消防小屋から下を見る。
所々に数日前に降った雪が残っている。
小さな祠がある時坂峠(トッサカトウゲ)に出る。時計は12過ぎだ。Hokora
ジャケットをザックに入れ、おにぎりを食べなから、凍りついた林道を慎重に進む。Iceload

開けた所に峠の茶店があり、Tougetyaya
右手が180度のパノラマになっている。
茶店でビールを頼むと、芋の煮っころ3つを添えて出てきた。Lunch
400円と少々高いがビールとおにぎりだけじゃ、せっかくのパノラマを楽しむには淋しいのでちょうど良かった。3zans
左手に三頭山、正面に御前山、鋸山、そして大岳山、馬ず刈り山が、ドアップで望める。地図を前に置き、以前通ったコースを思い起こす。
小屋の横に、下手な字で新宿方面の案内がある。書いたのはたぶんさっきいた親父さんだろう。
下りながら雪がだんだん深くなっていく、右手には奥多摩三山が一緒だ。YukimitiYukigatuzukuYukimiti1
慎重に、歩く。LEKIのステッキが足元のザラ雪の滑りを効果的にサポートする。
六本爪アイゼンを持ってきたが、装着するほどではない。 Ojyo


浅間嶺休憩所に着く。展望へと急登を登る。
そこには、ほぼ360度まではいかないが、それまで北側の景色しか見れなかったが、南側の展望が開けた。
浅間嶺の頂上だ。Asamarei

南の遠景に富士山が顔を出している。Huji2

しばし、周囲の眺めを楽しむ。Hujiojyo


そうして、人里峠(ヘンボリトウゲ)から下へ降りて、Hitosato
人里(へんぼり)バス停から五日市へと戻った。

ほぼ3時間の山行だったが、低山の尾根歩きを充分楽しむことが出来た。
奥多摩の山行の足跡を赤字で塗りつぶす。Map

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »