« あっ!痛たぁたぁ~!! | トップページ | GWの彩湖で!! »

2008/04/25

惣岳山へそして三頭山への縦走6時間半!!

2008年4月25日(金)


再び奥多摩へ!
今日は、天気は望めないし、花も特にないし、未踏コースの山歩きだ。
遅くなりそうなので、クルマを奥多摩湖畔へ停めて、Damumitozan
サス沢山の大ブナ尾根を惣岳山へ向かう。
御前山へのメインコースだ。
カタクリの群生地があるので、さっき奥多摩湖から団体が後を追ってきた。
残念ながら花はまだ未熟でチラホラとつぼみ状態だ。Katakuri

コバイケイソウKobaikeiso
の青い葉の群生も出現するが、まだ樹木は冬のままだ。Madahuyu

惣岳山へ1時間25分で到着する。Soudakeyama
この左に御前山の頂上だが、右の三頭山へ急ぐ。
未踏コースだ。すぐに急降下が待っており、持ってきたストックが効果を発揮する。
グングンと高度を下げて小河内峠(1050m)へ、Ogoutitoge
さらに奥多摩周遊道路に併設の月夜見駐車場へ再び高度を上昇、月夜見山(1147m)風張峠、鞘口峠へさらに上昇する、額から汗が・・・キツイ!!Sayaguritoge
最後の三頭山への登りを踏ん張り、東峰そして中央峰へ到達した。(1531m)Mitozanojyo
登山者は男性一人で、下りは数馬へ降りるという。
彼は奥多摩湖からスカザス尾根からで、「結構キツイコースでしたよ!」と。
そのキツイ、スカザス尾根を奥多摩湖へと下山するが、ここでも傾斜のきつい下りが待っていた。
時間をかけてゆっくりと降りる。午後遅く、やっと晴れて、奥多摩湖が下界に見えるようになる。Haretatamako

1時間21分で湖畔へ着き、ドラム缶橋を渡り、Doramukanhasi
青梅街道を奥多摩湖の駐車場へと歩く。Shaga

歩道が無い狭いトンネルが4箇所あり、若干の恐怖を感じながら幸もってきたヘッドランプが役にたった。
途中のトンネルを過ぎると【ギーギー】と泣き声が、ふと上を見ると小猿が木の芽を食べている。 Kozaru

Map0425


こうして25㌔、6時間半の山行を終える。

|

« あっ!痛たぁたぁ~!! | トップページ | GWの彩湖で!! »

コメント

ストックって威力があるんですね!
うかつにも今まで私は知らなかった。
三頭山あたりを今年は走っていないから、明日にでもいってこよう。

投稿: shimo | 2008/04/28 20:05

shimo さん こんばんわ!

ダブルストックで歩く「ノルディックウオーキング」は推進力が増したり、急坂の下山時に威力を発揮しますよ。
少々の登りならグングンとリズムよくスピードアップ間違いなし。

投稿: ojyo | 2008/04/29 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/40992506

この記事へのトラックバック一覧です: 惣岳山へそして三頭山への縦走6時間半!!:

« あっ!痛たぁたぁ~!! | トップページ | GWの彩湖で!! »