« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/30

GWの彩湖で!!

2008年4月29日(火)


偶然、定休日の火曜日と休日が重なって遠出が出来なくなった。
出来なくなったというより、どこも混みあうから、あえて止めた。
迷惑な話だ、大事な平日の休日が奪われてしまうなんて!

でも、折角のいい天気なので、せいちゃんとけいちゃんを誘い、クルマに自転車とキックボードを積み込んで
彩湖へ出かけることにした。

駐車場がすでに80%占拠されている、そして土手を越えるとあちこちに、テントやらターフが設営されて、
いつもなら緑の草原が、GWの光景で埋め尽くされていた。

カマキリやバッタの遊具がある、通称【カマキリ公園】そばの日陰に、シートを広げ拠点とした。Hikage

カマキリ公園前の道路は、大人のロードサイクリングや、インラインスケーター、小さな子供の自転車、三輪車そしてランナーたちが行き交い大混雑だ。

さっそく、せいちゃんを誘いジョギングで約5㌔の周囲を一周する。気温がグングンと上昇して、汗が噴出する。
湖上には、カヌーでゆらゆらと涼んでいる光景もあり、うらやましくなる。

昼食後、土手に咲くシロツメグサとアカツメグサを摘んで、ケイちゃんに花飾りを作ってあげる。Sssseikei

午後には、キックボードのモモさんと一緒にもう一周ジョグし、Saikohan 久しぶりに仲間たちとの休日をすごした。
そしてさらに混雑してくる彩湖を2時過ぎに後にして家路に向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/25

惣岳山へそして三頭山への縦走6時間半!!

2008年4月25日(金)


再び奥多摩へ!
今日は、天気は望めないし、花も特にないし、未踏コースの山歩きだ。
遅くなりそうなので、クルマを奥多摩湖畔へ停めて、Damumitozan
サス沢山の大ブナ尾根を惣岳山へ向かう。
御前山へのメインコースだ。
カタクリの群生地があるので、さっき奥多摩湖から団体が後を追ってきた。
残念ながら花はまだ未熟でチラホラとつぼみ状態だ。Katakuri

コバイケイソウKobaikeiso
の青い葉の群生も出現するが、まだ樹木は冬のままだ。Madahuyu

惣岳山へ1時間25分で到着する。Soudakeyama
この左に御前山の頂上だが、右の三頭山へ急ぐ。
未踏コースだ。すぐに急降下が待っており、持ってきたストックが効果を発揮する。
グングンと高度を下げて小河内峠(1050m)へ、Ogoutitoge
さらに奥多摩周遊道路に併設の月夜見駐車場へ再び高度を上昇、月夜見山(1147m)風張峠、鞘口峠へさらに上昇する、額から汗が・・・キツイ!!Sayaguritoge
最後の三頭山への登りを踏ん張り、東峰そして中央峰へ到達した。(1531m)Mitozanojyo
登山者は男性一人で、下りは数馬へ降りるという。
彼は奥多摩湖からスカザス尾根からで、「結構キツイコースでしたよ!」と。
そのキツイ、スカザス尾根を奥多摩湖へと下山するが、ここでも傾斜のきつい下りが待っていた。
時間をかけてゆっくりと降りる。午後遅く、やっと晴れて、奥多摩湖が下界に見えるようになる。Haretatamako

1時間21分で湖畔へ着き、ドラム缶橋を渡り、Doramukanhasi
青梅街道を奥多摩湖の駐車場へと歩く。Shaga

歩道が無い狭いトンネルが4箇所あり、若干の恐怖を感じながら幸もってきたヘッドランプが役にたった。
途中のトンネルを過ぎると【ギーギー】と泣き声が、ふと上を見ると小猿が木の芽を食べている。 Kozaru

Map0425


こうして25㌔、6時間半の山行を終える。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/24

あっ!痛たぁたぁ~!!

2008年4月23日(水)

縦走から一夜明けて、両足のモモが筋肉痛だ、情けない。
ランニングも今月は3回で30キロしか走れていない、今回約20キロを早登りで5時間半がかなり筋肉に効いたようだ。
つくづく、日頃の無精を悔やむ。
高山はまだ雪なので、奥多摩の山系を中心にラン&トレックして、夏山登山までに筋肉を鍛えておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/22

御前山から御岳山縦走・・5時間半!!

2008年4月22日(火)


午前5時51分発新宿行きに乗る。こんな早く起きたのは1年ぶりか?
昨夜、用意したマラニックバッグとアディダスのジャージ上下、ナイキのウィンドウブレーカーのパンツ、褪せたキャップ、アシックスの手袋、コンパス、タオル、そして携帯食料を棚に置いて寝た。
不思議なことに、ふっと目覚めた。時計は5時過ぎだった。 多分、奥多摩の地図を広げて何時間も山行コースとバスの時刻表を調べてたのが、影響したのだろう。
行き先は御前山のカタクリ観賞ををメインに、あとは鋸山、大岳山、御岳山の縦走の予定にした。

珍しく、乗換がスムースで、奥多摩駅に8時に到着、混雑したバスに走り込む。車内の雑音から、カタクリの御前山への登山者が多いらしい。
奥多摩湖からと境橋からのコースがあり、奥多摩湖からの登山者が多そうなので、境橋で降りる。
数人だけなので、静かにマイペースで登れそうだ。
中間までは林道を進み景色が開けてくると、桜がまだ綺麗に山の斜面を彩る。Yamazakura

ああいい日和になった!林道の途中からひのきの樹林帯に入り、Tozanndou
次第に高度を上げていく。
目の前の斜面に、カタクリが、顔を出した。Katakuri
周りを見渡すと、あちこちに咲いている。  
イチリンソウ、ミツバツチグリ、ムラサキケマン、ネコノメソウ、スミレItirinnsoMitubatutiguriMurasakikemanNekonomesou Tatitubo


忘れものに気がついた、飲み物が無い、喉が渇いたが、水場まで我慢だ!尾根の直下の水場でたっぷりと飲み、汗だくの顔や頭の火照りを冷やす。
御前山には1時間40分で着いたが、Gozenyamaojyo
携帯食料を一口放り込んで、鋸山へ向かう。
カタクリの群生地には花が咲いてない。早いのかなぁ。鋸山付近にハセツネの耐久レース50キロの表示がある。50kiro
確か事故があった同じコースだろう。51分で鋸山、その後大岳山への結構きついアップダウンを繰り返して、50分後昼時で混んでいる頂上に着いた。眺望はあるが気温が高いので、ボヤーとしている。
腹が減った!ドライの携帯食料はあるが、食べる気にならないし喉も渇いた。更に早足で御岳山へ急いだ。
合格お礼をして、Mitakejinnjya
食事どころがあるケーブルの駅前で、そば定食とビールで、一心地。Sobateisyoku
ケーブルカーに乗らずに、杉並木を下り、多摩川べりへ降りる。
高水三山を正面に釣り人が糸を垂れている。Ieatakesekizantamagawa
一方では、若者たちがカヌーの練習をしていて、気持ちよさそうだ。Kanu


*コースタイム
 ・境橋から御前山   1:42
 ・御前山から鋸山   0:51
 ・鋸山から大岳山   0:48
 ・大岳山から御岳山  0:57
・御岳山から御岳駅  1:07
 20㌔強 5時間30分の山行で、このところの雨による足止めで溜まったストレスを発散できた。

Sakaibasimitakemap

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/19

遅れて【ジエビネ】が・・・!!

2008年4月19日(土)


きのうの暴れまくった強風も少しおとなしくなったが、枇杷の葉が揺れている。080409biwa

たっぷりと雨に打たれた猫庭に、タカネに遅れてジエビネがつぼみをつけた。Ebine

10日後には、花をつけることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/18

強風雨のなか、新都心を10k走る!!

2008年4月18日(金)


いったいどーなってるんだろうこの4月は!
雨ばっかり降っている。
今日の休みは朝から「アッシー」だ!・・・もうこの言葉は古いかなぁ。
昨日の夜中もお迎えの車を出したし、今朝も・・だ。

終日雨の予報なので、新都心のアーケード下を走る。Areana

まだ、通勤者であふれているコンコースを走ると、風が強くなってきた。Kyohoo

体を持っていかれるくらいの風速だ15mはあるかな、ビルの切れ目から東風が溜まった風が一気に吹き出る。
突然、突風が横をついたあと、 「バリバリ・・・」となにかはがれる音がする。Yane

左側の下の道路沿いの家の屋根が「バリバリ・・・」と音をたてて、家屋からトタン屋根を剥がしている。
「アラララァ・・・!」あっという間にめくれた。Yanehagare
家の人はわかってるのだろうか。

ケヤキ広場も風が枝葉を叩き落している。Keyaki
そしてコクーンへ横の店の幟がひっくり返る。Nobori

30分ほどで風は落ち着いた。雨が小降りになったので、下の道路を走り、さっきの屋根はがれの家の前を通ると、と
なりの家のテレビアンテナもひん曲がっている。Hakai

家へ戻りニュースを観ると、風速22mもあったらしくて、あちこちで被害が出てるらしい。
さいわい、我が家の屋根は無事で、ホッとした。

今日のランは10キロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/17

雨の予感の朝、エビネが咲いた!!

2008年4月17日(木)


なんとなく、しっとりとした朝、猫庭に出るとエビネが咲いていた。
7日のつぼみEbine
から10日後の今朝綺麗な黄色が混じった花が咲いた。Takaneebine


エビネでもこれは【タカネ】で、エビネとキエビネが自然交雑種でできた品種だ。
この他にも【サツマ】、【ヒゼン】、【ヒゴ】、【コオズ】、【イシヅチ】などがエビネの仲間だ。

これは5年ほど前に、頂いたものを植えつけて以来、特になにもしてないが、毎年今頃花を咲かせてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/15

猫庭五態!・・・と彩湖 ラン!!

2008年4月15日(火)


天候不順がつづく今年の四月だが、
猫庭の植物たちには、タップリの雨とその後の暖かい日差しが、成長に拍車を掛ける。
日々これ成長だ。
今朝の猫庭五態、エビネ、Ebi_2
 ローズマリー、Rose
 ギボウシ、 Hosta_2
スイートアリッサム、Sweet_alyssum
ハナミズキ。Mizuki

昼食後、サクラソウ観賞がてらに、田島原へ、Sakuraso
そして隣の彩湖を1周ジョグ。
カラタチの花が咲いてる。Karatati

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/11

せいちゃんと・・・!!

2008年4月11日(金)


このところのひどい風雨も、やっと上がった今朝、新都心を40分ほどジョギング。
植物にとっては、たっぷりと水分を得て、太陽を浴び活き活きとした緑や花をつけている。

染井吉野はほとんどの花を落とし、風雨で花びらが道路のあちこちにピンクの色をつけている。
新都心でいちばん旬の花が、ハナカイドウHanakaido
であちこちにピンクの可憐な花を咲かせている。
黄色のヤマブキも、めずらしい白色のハナズオウHanazuosiro
そして北海道で祭りも催されるライラックLilac

青空に紫の花序を映えさせている。

【ケヤキ広場】のシンボルのケヤキもだいぶ枝葉が展開して、初夏の様相になりつつある。
この広場からすぐそばの、小学校へ立ち寄り、新一年生のせいちゃんを迎えに行く。
1nensei


相当大昔に在籍したボクの小学校で、校庭の子供達の喧騒がなつかしい大昔を思い出す。
帰りは、通学路をせいちゃんの誘導で家路に着く。

帰るころには、気温もグングン上昇し、猫庭のエビネ Ebine_2
やギボウシGibousi
も二日前より一気に伸びた。

昼食後、せいちゃんと彩湖へ出かけ、約5キロをボクはジョグ&ウオーク、彼はキックボードで散策、
汗をタップリ掻いて、雨後のいい日を楽しんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/08

春、猫庭の芽吹き!!

2008年4月 7日(月)


新年度一週間後、サクラ吹雪が舞う今日この頃だ。
家人が不在で、ゴミ当番代役するため、ちょっといつもより早起きして、久しぶりに狭い猫庭を点検する。
だいぶ、芽吹いてきた猫庭に、あたらしい息吹を感じる。
エビネの芽Ebine
、ギボウシの芽、Goboshi
風知草の新芽、Huchiso

去年の12月の剪定したハナミズキの挿し木の花が・・・。Hanamizuki
あれぇ、ハナミズキの幹に巻いていたシュロ縄が組織に飲み込まれている。Syuronawa
Syuro


そして、陽に当たるブロック塀に回ると、なにやらいくつもの小さい虫がひなたぼっこしてる。
よ~く見ると、ナナホシテントウ虫の幼虫だ。Tentomusiyotyu

園芸者たちは大歓迎の益虫で、アブラムシが大好物、園芸ハウスにテントウ虫を放して農薬を使わない農家さんもいるというくらいだ。
ブロック塀のアイビーの新芽にたくさんのアブラムシがいる・・・。
そうしてそのうち綺麗な色のテントウムシに成長するだろう。
Nanahos


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/04

新年度・・・春陽気の彩湖で15キロラン!

2008年4月4日


新年度が始まったが、我が足習い生活には、特に変化もなく、3月から4月へと月が代わっただけだが、暮らし向きには、値上げラッシュの厳しい年度になるらしい。
楽しみなビールだけは上がらないで欲しい。
ガソリンはまた上がるらしいので、通勤は走って行こうか?片道10キロ弱だから。

今日は、久しぶりに、彩湖を走った。
このところは新都心の東側の見沼の土手を走ってたが、流石に景色が飽きた。

彩湖周囲の自然にも春到来、寒々しかったクヌギも若草色に芽吹き、Kunugi

種が風に飛ばされて、一株だけが黄色い花を付けた菜の花、Nabana
そして、記念物のさくら草もピンク色の花をいくつか付け始めたそんな彩湖のほとりを1周目はゆっくりと34分で、2周目32分で、3周目は途中から100m先のコースに参入した㌔5分半くらいで走る女性ランナーをペースメーカーにしたてて、走る。Ojyorun

一気に汗がどっと出てくる、少しづつ距離が縮まる、真後ろじゃまずいので右にコースを変えて、ピッチを上げて追い抜く、㌔4分半くらいだろう。もう落とせない(速度を)!
ゴール!・・・・・疲れた!

昼前なので、続々と小さな子供を連れた母親達が、ピクニックに来る。いい日和になった今日の彩湖だ。
そんな、遊具前に変わった木が佇立している。Sakura

それは桜だった。Jyunnpakuyaesakura

後日、調べるとそのサクラの品種は【天の川】らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/01

続・佐倉マラソン完走

2008年3月31日(月)


不思議!・・・1日たっても筋肉痛が無い!!初めてのこと。
42.195キロを4時間47分掛かって完走した、佐倉フルマラソン。
 
完走直後も今までの足へのそれとは違っていたく、フツーだった。
何故だろう?・・不思議!
相当走りこんだからか?
no! 残念ながら最も走っていないこの半年だ。
2008年3月               56k
2008年2月 スキー怪我で      10k
2008年1月               91k
2007年12月              56k
2007年11月             112k 
2007年10月             100k

しかも直近の2月3月通算でも 66kしか走れていない。
なのに、筋肉痛にならないのが不思議だ!

あれが、効いたのか!なぁ

今回、エイドステーションでの水分補給、そして20キロ過ぎからはストレッチ、
そして、初めての経験のコールドスプレーを後ろ足に、前足の太ももに、スプレーして
もらう。
その後も、ストレッチとスプレーをエイド毎に繰り返した。

ひょっとして、これが効いたのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »