« それにしても寒い毎日が・・・! | トップページ | ガタとの再会!! »

2009/01/17

経鼻内視鏡検査で胃をチェック!!

2009年1月17日(土)


健康診断で「要検査」の結果を受けて、掛かり付けの医院が繁盛店らしく、
1ヶ月半待ちでやっと今日、胃の検査を受けることが出来た。

いままで【医者要らず】の人生を送ってきたが、この4、5年必ず胃に異常値が出て、「要検査」だったが放っておいたが、毎回出たので昨年初めて、胃カメラを飲んだ。
吐きそうになりながら、なんとか撮影できたが、もう二度と胃カメラはやらない!と心に誓ったが、
今回もまた胃の異常値が出てしまった。(ペプシノゲン陽性数値)
これは胃の粘膜の萎縮の可能性があり、それは【がん】になりやすいとのことらしい。

でも自覚症状もなく、体重も減らず、相変わらず元気だ。
だが、周囲がうるさく検査を受けろというので、今回初めて吐き気の起こらない【経鼻内視鏡】での胃カメラ検査を受けることにした。

それによると、「口から挿入すると舌の根元に内視鏡スコープが当たり、咽頭反射(オエッという吐き気)が起こるが、鼻から挿入すると舌の根元には触れないので咽頭反射が起こりにくいそうだし、直径も5.6ミリと数段細くなっているので、苦も無く検査が終わる」・・・ということだった。

手順は、①胃の中をきれにする消泡剤を飲む・・・問題なし
      ②内視鏡の通りをよくする血管収縮薬を鼻にスプレーする・・・少々ぬるぬるしてあまり気持ちはよくない
      ③局所麻酔を鼻腔に注入する・・・問題なし
      ④内視鏡の通りをスムースにする麻酔薬を塗ったチューブを鼻に挿入する・・・少し気持ち悪い
     ここから横向きに寝る・・・いよいよ挿入か院長がやってきた。院長がやるらしい。
     右の鼻にゆっくり挿入する「鼻炎になってますねぇ、穴がせまくなってますので、左から入れましょう」
    と言いながらゆっくりと挿入していく。
「あっ!!」すごい違和感が鼻の中をこするとても不快だ。次第に奥へいれてるらしいがやっぱり吐きそうになる。
鼻に注入した薬が気持ち悪いまるで痰のようだ、我慢できないので飲んでしまおう。
「アー結構荒れてますね、」「カシャ!カシャ!」とシャッター音が聞こえる。
「上の部分の組織を採ります」。
10分後(実際は5分くらい)やっと開放された。やはり二度とやりたくないと思った。
直後に止血剤の注射を打たれる。注射はいくつになってもイヤだ。

        
     

|

« それにしても寒い毎日が・・・! | トップページ | ガタとの再会!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/43769673

この記事へのトラックバック一覧です: 経鼻内視鏡検査で胃をチェック!!:

« それにしても寒い毎日が・・・! | トップページ | ガタとの再会!! »