« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/30

【劔岳・・・点の記】に感動した!!

2009年6月30日(火)


2007年11月に表題の原作(新田次郎)を読み、いたく感動した。Turugidake

だから、映画が公開されると知っても、自分の中に出来上がったイメージが壊れるのがイヤで、
見る気がなかったが、休みの今日はあいにくの雨なので、
休足することにして、一人で近くのコクーンの映画館に朝一番で出かけた。

内容は・・・【明治39年、参謀本部陸地測量部の測量手柴崎芳太郎は、五万分の一地形図作成のために三等三角点網もうを完成すべく、北アルプス剱岳への登頂と三角点埋設の至上命令を受ける。当時の剱岳は前人未踏の信仰の山であった。ほぼ同時期には日本山岳会(当時は山岳会と呼称)が結成され、剱岳初登頂を虎視眈々とねらっていた。
 柴崎は、かって剱岳に挑んだが登頂できなかった先輩の古田盛作を訪ねる。古田は信頼できる案内人として、宇治長次郎を紹介した。そして柴崎は現地へと向い、宇治長次郎と登頂路を探すが、なかなか見つからない。そんな中、不思議な行者との出会い、山岳会の小島烏水との出会いがある・・・。
 悪天候や地元の反感、山岳会との葛藤など様々な困難と闘いながら、柴崎測量隊は山頂をめざして進んでいく。そして、難行苦行の末、剱岳山頂に至るが、そこで柴崎らが見たものは・・・。 】Panf3


結局、未踏の山ではなく、そのことが判明すると、陸軍は山岳会に先んじて登頂したにもかかわらず、
彼らの成果を評価しなかった。その仕打ちに柴崎たちは落胆と怒りを覚える。
救われたのは、山岳会の小島烏水はそのあと劔岳山頂から、点の記作成中の柴崎らに手旗信号で彼らの偉業を称える。

このあたりから、柴崎たちの心情を思うとウルウルと涙が溢れてきて、映画でもいたく感動した。
特に、宇治長次郎役の香川照之の演技が良かった。

今年、劔岳初登頂を予定しているが、8月は混むだろうなぁ、10月にしよう!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/27

秋山郷から苗場山へ!!・・・山景色と池糖と花畑を楽しむ

2009年 6月27日(土)

梅雨の晴れ間を探して、かねてからの日帰り山行に予定していた苗場山に向かった。
1日しかないので、前日8時に早寝して今朝1時起床し、真夜中に越後路へと高速に乗る。
今日は、西側の秋山郷からの小赤沢コースの3合目駐車場を目指すことにした。
湯沢インターで国道17号に降りて、セブンで食料を買い込み、石打から353号で越後田沢へ117号で南下して津南へ、そして明け方4時過ぎに405号で苗場山西側の集落の秋山郷に入ると道が狭隘の崖道路になり、やや不安になってくる。表示が無いのでひたすら進むしかないし、山中なので尋ねる相手もいない。
【のよさの里】からオートキャンプ場にむかい1本道を只只高度を上げていくと、初めて道路壁に苗場山3合目駐車場の矢印が表れホッとし、数分後に広い駐車場にたどり着いた。5時着だ。
いつものように、スパッツを装着していざ登山開始だ。0509st20分後には水場案内が表れ0532mizuba
見ると沢からの雪解け水が流れていて、登山者には嬉しい限りだ。0533yukidoke1時間ほど登ったところに遅れてミツバツツジが咲いている。0556mitubatutuji左側に目をやると朝陽が猿面峰に当たって、今日のいい天気を予感する。0608sarumenho30分後から険しい鎖場になり高度を稼ぐ。0627kusariba
大きな雪渓が登山道を覆っており、ダブルストックで慎重に越える。0632totuzenyukiga
その5分後展望が開けて感動の景色が現れた。0632daiti木道が続き、下草にはイワカガミや小さな可愛いチングルマの花が咲く0653tinguruma
お花畑が続いている。0639mokudo
気持ちのいい景色が続くが、まだまが頂上は先らしい。0653mokudosaranituduku
7時頂上の手前にたっぷりの雪がまた木道を隠している。0656yuki
0700ooyuki
小屋が見えたもうすぐだ、小屋の横に山頂の矢印があり、7時9分往路2時間で百名山46座目の
苗場山を登破する。0709topojyo
空腹でもないし、ゆっくりひと寝入りしようとしたが、虫がうるさいので止めて早々に下山することにした。

0715kerun
073010titou
0738tito
 下りの樹林帯では、結構な登山者が次から次へとやってきて、「コンチワ!」の言い続けだ。
0749kudariyuki
0844doubutu
0850pkgoal
ゴールの駐車場は8割に車が増えていて、復路1時間30分の所要時間で午前8時50分に下山した。
下山後は予定していた温泉【楽養館】に立寄り、500円を払ってあの赤湯の1番風呂で汗を流し0934onsenrakuyoukan
、来た道を戻ってさいたまへ昼の2時に到着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/23

9時から5時の8時間のマイチャリンコツーリングと皇居ラン!!

2009年6月23日(火)

天気が好転して、山行きは時間がなく、さらに天気予報ではかなり暑くなりそうなので、マラニックは止めて愛用のバイク(27インチ内装3段ギア-マイチャリ)で,ツーリングにした。
持ち物は2000円と小銭に免許証(万一熱中症でヤバイ時の身分証明証代り)と0900sikin
、お茶、ソイジョイとバナナだ。
9時過ぎに東京方面にバイクを走らせスタートだ。
44分後に外環自動車道をくぐり1時間後の10時に戸田橋を渡り東京都に入る。1000todabashi
渡ると下に見える荒川が涼しそうなので、「そうだ!取り合えず東京湾へ行こう」と荒川土手へ降りていくことにした。1004umihemukau
まだ、曇りで、心地よい風がカラダに当たり気分上々になる。荒川市民フルマラソンがベストの4時間9分だが、
途中から【河口まで25キロ】などと表示が出るので、測ってみると㌔3分だ。
フルマラソンのトップランナー並みのスピードを体感する。
「こんな感じで彼らは走ってるんだなぁ!」時速20キロか、たまにはイメージトレーニングにはいいかもね。
さすがに、平日でも結構走ってるなぁ、裸で走ってるランナーもチラホラだ。
11時24分2時間20分で41キロ先の東京湾へ到着。1124kakou
1125tokyouwan
11時56分永大橋を渡り1156eidaibashi
都心へ、日本橋へ1201nihonbashi
、大手門へ12時8分着だ。1208koukyu
マイチャリで49キロ走破だ。気温がグングン上昇してくる。折角なのでランナーたちのスタートベンチに、チャリンコとザックを置いて、ストレッチもそこそこに、ゆっくりとジョグを開始する。それにしてもここでも大勢のランナーたちが大会のように次から次に走ってくる。膝上の筋肉がちょっとおかしいので、ゆっくりゆっくり慣らしていく。
暑い、後半の下りには日陰と風が少し当たり嬉しくなる。1246konohenhasuzusii
1周後、水場で頭から水を浴び、カラダを冷やし、2周目を走るころには照り返しが強くなったが、無理せずゆっくり走る、すぐに、マイクを持った取材者が走りながら近づいてきて、「TVアサヒですけどお天気のことでお話を伺いたいんですけど・・・」と一緒にジョギングしながら、この暑さについていくつかインタビューを受けた。
前には、カメラマンがカメラを持ってやはり走ってる。
無意識に、その後も気取って軽快そうに走っていたら、膝上の筋肉が悲鳴を上げた。
「帰る余力を残さないと・・・」とつぶやきながら、ストレッチをしながら周回を断念してベンチへ戻る。
二重橋か、大昔にきたけど・・・。1320nijyubashi
ベンチへ戻ると、置き引き注意の張り紙が・・・。1324kiotukeyou
となりの僕の荷物は無事だった。1325wazatosanran
30分ほど休憩して、岐路に着くころ、日差しは更に強くなるが、帽子を目深にかぶり、白山通りを一ツ橋、水道橋1414suidobashi
を経て、巣鴨刺抜き地蔵で寄り道し、1436sugamo
ダンゴをひと串食べて、板橋、戸田へ1538saitamamodoru
戸田からは風を求めて荒川べりを北上し、1539arakawajyoryuhe
彩湖へ、1600saiko
1604mizuabi
そして秋ヶ瀬を通るころ少し日が弱くなり、1614akigase
先のセブンイレブンで【白くま280円】を買い、公園のベンチで涼を食べる。1633sirokuma
ガッツいて食べたので頭が冷えすぎて痛い。
午後5時さいたま新都心着。1704goalsintosin
グロスで8時間のホットツーリングを終え、5時過ぎに家に着くとちょうどニュースをやっていて、今日の暑さのコーナーが始まり、皇居ランナーの数人にインタビューだ。
えぇーあれがオレか?結構なじじいが5秒くらい映っていた。家人から失笑「いつもあんなんのよ!」と。

・さいたま-東京湾-日本橋-皇居ラン-水道橋-巣鴨-彩湖-さいたま
・バイク 84キロ
・ラン   7キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/20

久しぶりの午前様

2009年6月19日(土)


昨日、思いつきの会合が催され、仕事を早めに切り上げて神保町【さぼうる】に向かった。Sabo02

夕方七時からだが、会の趣旨もないのでほぼ七時前後に懐かしい顔がさぼうるのレンガ地下に少しづつ集まり始め、「おー!」「どーもー!」「久しぶりー!」などの会話から始まり、適当に飲み物を注文する。
「ナマ大2つ!」「焼酎とウイスキーボトルで!それとタンブラーと氷もね!」「あと、ウーロン茶!」
特に幹事も居ないが、発起人が日時を決めて、連絡し、都合がいい仲間が集まる。
自分に近い仲間だと顔ぶれが決まってくるが、数人が連絡するので、5年ぶりや10年ぶりに逢う奴もいる。
17人が集まったうち、10年来ぶりが数人おり、中には30年ぶりや、記憶に無い奴もいたようだ。

勝手に飲んで、喰って、喋って4時間の思いつきの会がやっとお開きとなり、帰路に着いた。

午後11時過ぎの神保町からいつものように、お茶の水駅に出ると夜中にもかかわらず人が溢れている。
「そうか!今日は金曜日・・・ハナキンだから混んでるんだ」
夜風がほろ酔いのカラダに心地よい、上野まで歩くことにし、神田明神Kanndamyoujin_2
 で真夜中のお参りをし、男坂を下り、まだまだ煌々と明るい上野界わいから、吸い込まれるようにみんなと歩調を合わせながら上野駅に向かう。

駅の混雑は、昼間と変わらず各方面へのホームに人が分散して急いでいる。
遠方は混むと予想して、大宮どまりの各駅停車を待つ。
予想は大はずれで、満員電車となり、おしくらまんじゅうだ。Syudenmanin_2
 
世間は不景気風が吹きまくってるのに、【ハナキン】は健在だった。日本経済もまんざらでもないようだ。
終着駅につくと時計は12時を過ぎている、久しぶりの午前様だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/16

見沼田園散策ラン!!

2009年6月16日(火)


1136jizoudake
鳳凰三山の日帰り山行の疲労も癒えて、山行の課題のスタミナ不足をあらためて痛感した。
もっともっと走り込みをしなければいけない。
このところの月平均は100k弱程度だ。20キロを5回が平均なので、150キロ~200キロくらいを目指したい。
約10キロの通勤のクルマ利用をジョギングかウォーキングにすればいいか?
今はやりの、エコロジイとエコノミイーだ。
孤高の登山家【加藤 文太郎】の足元には到底及びも着かないが、山での事故を防ぐ意味でも体力を着けておきたい。
北アルプスの槍ヶ岳以北はまだ未踏だし、今年は【劔岳】をなんとかやりたいと思っている。

そんな思いで、午後は雨の予報なので、近場の見沼田んぼの緑ある道選びながら17キロ散策ランをした。
・ヤブカンゾウの初花が咲いているYabukanzo
・デカイアザミが・・・アーティチョークだったArtichoke
・イチジクがTの字に誘引されている・・Titijiku
・大宮公園のヤマモモの実がそろそろ食べごろ・・Yamamomo
・そば畑がSobahatake
・そばの花Sobahana
・見沼代用水路に枇杷が落ち込んでBiwag
・鳳凰山山行の無事御礼を氷川神社で・・・Hikawasama


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/13

鳳凰三山ピストン山行12時間!!

2009年6月12日(金)

Houou3zan

山用の連休を1ヶ月前に取っておいた。週間天気予報を毎日チェックしながら、幾つかの選択肢を決めておいた。
今回も直前になって回復し、晴れ後曇りだったので、日帰りで南アルプスの鳳凰山に決めて、日が変わった12日の夜中にスタート地点の夜叉神峠登山口に向かった。予定通りに5時到着、クルマは1台だけ止まっている。広河原行きのバスは7月1日からで運行なので、静かだ。いつものようにスパッツとストックの他に、軽アイゼンをザックに入れる。更に3000m弱の高山なので、携帯用ダウンジャケット、ツエルト、保存食、ガスバーナー、コッヘルを加えた。0517pk
5時20分登山開始、40分後
夜叉神峠に着くと、西に白峰三山が正面に朝陽に光っている。0605yasya
いやあ、ピーカンの天気に思わず嬉しくなる。
更に25分後の樹林帯の南東には富士山が雲海に浮かんでいる。0629huji
樹林帯が切れて樺の樹の高原が出現し、07132177m
杖立峠への岩陵帯の登りが続き夜叉神峠から1時間20分かかって杖立峠に着く。0726sirane3zan
目線が下がった白峰三山。苺平手前の登山道に残雪が残り、2550mの高度を実感する。苺平を過ぎると残雪の量が増えるが、0810zansetu
凍ってるところが少ないので、アイゼンを付けないで、ストックで体重を分散しながら固そうなところを選んで慎重に越えていく。
30分後に南御室小屋に着くと、ユスリカが大発生している、0821mnamimuro
水場で水を頂く間も頭から体中に止まり着く。刺すことはないが、気持ちいいものではないので、休憩を取るのを止め、薬師岳へ向かうことにした。森林限界までの登山道は殆ど残雪歩行で時間がかかった。南御室小屋から1時間後に森林限界の巨岩帯に到着、0917kyogan
尾根からは間近に北岳、間ノ岳、農鳥岳が出現し感動した。0919siranegup
富士山もまだ健在で姿を現している。0920
薬師岳まではまだまだで白砂と奇岩の上り下りして、0931kyogan0941yakusikoya

薬師岳小屋に着く。この先の大きな残雪の塊を越えて行かねばならない。0944yukigahusagu0945yakusi

その先に薬師岳が待っている。ストックとキックステップでデブリを越えて行く。尾根到達から35分で白峰三山をバックに2780mの薬師岳に。0954yakusitop
最高峰の観音岳までが結構きつそう!はい松帯で左側絶壁のザレ道を登っていく。1009zaremiti
左側には白峰三山や千丈ゲ岳が常に寄り添っている。尾根に出ると右側には八ヶ岳の硫黄山が青空に煙を吐き出している。1017yatugatake
360°の展望だ。振り返ると薬師岳と富士山がツーショットだ。1019hurikaeru
薬師岳から40分後観音岳に着き、1035kannon2840
てっぺんの岩に座り込み、遅い朝食を取りながら、360°の景色を
独り占めする。流石に風は冷たいが火照った体には心地よい。
地蔵岳賽の河原へは11時36分に到着、1136sainokawara1137jizou

約6時間の所要時間だ。時間のゆとりは余り無い、5時間強は掛かるとして午後5時過ぎかな?
景色は充分堪能したので、慎重に急いで戻ることにしよう。 1224turai1207zansetumodoru1308zeppeki1346


4時間半後の薄暗い登山道の脇3mに日本カモシカが草を食べているのに遭遇、思わずデジカメを取り出す音で顔を上げるが逃げないのでシャッターを切る。1629

予測通り夕方5時10分に登山口に戻った。
ほぼ12時間のピストン山行になり、流石に最後の長い下りに筋肉がマヒった。
夕方まで晴れて、45座目の百名山達成が最高の山行になった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/06/09

愛煙家に受難の時代!!

2009年6月9日(火)

No_smoking

今日仕事場に行き鉄階段を登りつめた狭い踊り場に灰皿が置いてある。
気にせず、建物の外に回ると、今まで従業員達の手作りパーゴラ喫煙所が無くなっていた。
6~7人くらいは座れそうな簡易ベンチもあり、愛煙家の従業員たちは休憩時に利用していたのだ。
そこは屋外で、誰をも気を遣わずにぷかぷかやれて、ある意味での愛煙家の談笑室の態をなしていたのだが、
お上のお達しで、【火の用心】上好ましくないとのことで移設したという。

踊り場はせいぜい二人が立って吸う位しかできないほどの狭さで、とても【愛煙】する環境にはほど遠い。
駅も、飲食店も、自宅も、そして仕事場でも【嫌煙権】が優先されていてまさに受難の時代になった。
身体の為とは言うものの飲み屋でしか堂々と吸えないのは気の毒としか言いようがない。

因みに、先取りした訳でもないが、15年くらい前に禁煙者になったが、愛煙家の気持ちは十分理解できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/08

ジリジリと暑い日差しの朝ラン20キロ!!

2009年6月7日(日)


昨日と打って変わって朝から暑そうな太陽がジリジリと照りつける。

昨夜、飲みすぎたので、いつもより遅い目覚めとなった。
昼から用事があるので、朝食をパスして、決めておいた朝ランに出かける。
走り出してサングラスを忘れたのに気づいたが、モンベルのキャップを目深に被りそのまま走ることにした。
すれ違う女性たちはみな日傘を差している。

家で、ストレッチしていたので、いつもより早い速度で・・・(速いといっても㌔6分くらい)新都心街を走り、25分後に目的コースの西高下の見沼代用水路に到着したNisikouここからは、桜並木が続き、日陰のトンネルを造ってくれるコースになり、市民の散歩やジョギングコースにもなっている。
西高下の用水路脇には【ヤブカンゾウ】の自生地があり、夏にはオレンジの花をつける。
だいぶ蕾が膨らんでいて、順調なら今月の二十日頃一番花をつけるだろう。Kanzohaname
約1時間で10キロ先の氷川女体神社に着き、スポーツドリンクを飲みながら、【山田の案山子】像Kakasiがある隣の公園で一息入れる。
緑一色の公園にざくろの赤い花がアクセントをつけている。Zakuro
時間の余裕があまりないので、久しぶりにひたすら来た道を走る。・・・が、苦しくて、残り1キロでは歩きたくなるが、我慢してヘロヘロで自宅へ戻る。
夜、めずらしくモモウラが筋肉痛になっていた。なさけなぃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/07

雨の中、いきものをさがす!

2009年6月6日(土)

「梅雨?」
「まあだだよ!」
強い雨が降り続く休みの朝、きのう収穫したコマツナのスープをいただく。Komatunasoup

特別、旨くはないが、自家製ならではの感動を味わう。

外へ出ると激しい雨が木々を打つつけている。アジサイやバラの葉ッぱもたっぷりの雨だ。Ajisai
Oamebaraバラの黒星病には【水は大敵】だ!(・・・黒星病菌は水を媒介に葉の組織に入るから)
地植えじゃ仕様が無い。
傘を差しながら、猫庭の生き物を探す。
あっいたいた、夏ツバキの葉裏に【モンシロドクガ】の幼虫が・・・Monsirodokuga
、親は真っ白な蛾だ。Monnsirodokuga

オリーブの下に弱っている【サザナミスズメガ・・・紋様がさざ波のようなのでこの名がある】の成虫が雨に打たれたか?このオリーブのどこかにタマゴを生みつけたにちがいないぞ、抹殺してゴミ箱生きだ。Sazanamisuzu
スズメガの幼虫は結構かわいい。0625simohurisuzumega


シンボルツリーのハナミズキの幹にナメクジが擬態して思う存分たっぷりの雨を楽しんでいる。Namekuji

今月はまだ休足続きだ、明日は晴れるらしいから、朝一で走ってこよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/05

種まきから17日目のコマツナ!!

2009年6月5日(金)


猫庭のハナミズキの葉っぱも伸び放題で暑苦しい。そろそろ風通しを良くしておかないとムシや病気の温床になるので、脚立に乗って枝を梳いた。
シャラノキの蕾も大きく膨らんで、そろそろあのツバキに似た白い花を咲かせる頃だ。0610natutubaki
大株になったアジサイの【墨田の花火】も0617ajisai_up
、着々小さな蕾を集めている、6月はじめだ。

種まきから17日目のコマツナもそろそろ食べ頃に成長したので、17komatuna
鍋で、サラダで頂くことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/02

都会は疲れる、やっぱし、走ったほうがいい!!

2009年5月30日(土)

連日の低温降雨つづきで気が滅入る。
もう梅雨の予兆なのか、足習いも毎日の天気予報とにらめっこして、行き先を決める。
この土曜日は、あきらめて休足だ。その辺をちょろちょろと走る気にはならない。
野暮用で、川崎に重たい荷物を引き取りに、クルマで出かけることになった。
都会までドライブデーだ。

和光から環八に入り、瀬田の交差点を右折して川崎市に、府中街道を東へ進み中原街道を西へ約2時間弱で到着。
土曜日なのに環八は混んでいて、スイスイとは流れないのは東京だからか、それとも東名高速インターに向かうクルマが多いのだからか・・・。

午後の帰路は中原街道を都心に向かうが、初めての道路でいくつか道路を間違ったが、本線の1号線に無事合流した。
出先でコーヒーを何杯も飲んだおかげで、運転して30分後の三田付近で下半身に異常を覚え、我慢できずに片側2車線道路のミニスーパー前にクルマを止めてハザードランプを点滅させて、トイレを探す。
小走りにアッチコッチとビル群の入り口に立入るがなかなか見つからない。下半身の異常はだんだん増してくる。
セブンイレブンがあった。街のコンビニにはトイレなしもあるので、期待しないで入り、混雑している店内を見渡すとサインがあった。急いでトイレに向かい、爆発寸前にドアを【コンコン】する。すると【コンコン】とこだまのようにすぐに返ってくる。待つ・・。30秒ほどが5分にも感じる長さがつらい。
こんなことだったら、出て来る前に「してくればよかった!」と後悔する。
なんとか無事に用を足すことが出来て、心身ともにスッキリして、ついでに買い物をし時計を見ると15分くらいたっていることに気づく。一難さってまた一難!
店の外に駐車監視員が二人で歩道を歩いているのを発見!慌てて外に出るが信号は赤だ。
明らかに【放置車両】なので、信号が変わると走りだし、約150m先の駐車箇所へ向かう。向こう側だったので無事だった。
都会のドライブは疲れる、出きるだけクルマは使いたくない、やっぱし、走ったほうがいい!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »