« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/30

三点確保で妙義山の山頂を越える!

2009年10月30日(金)

Myogis

朝6時半、ピーカンの日差しがカーテンからこぼれる。
昨日、国土地理院の25000分の一地図をダウンロードして、コース情報を書き込んでおいた。
それをファックスでコピーして、「妙義山へいってくる!4時くらいに戻るから!」といい置いて、車に乗り込む。
松井妙義インターで降りて、10分で目的地に着いた。早くていい。
天気は最高だが、紅葉はイマイチか。1017jinjya

いつものように、冬用のジャージパンツと長袖のTシャツにウインドブレーカー、靴はいつものトレイルシューズ。
ザックは、軽量のマラニックザックで、ソイジョイ数本とみかん一個を入れて、今日はイスカのストックは持たない。
山頂コースの事前情報では、鎖場が多い岩場がメインなので、敢えて軽量スタイルにした。

神社から山頂コースの登山道にすすみ、1026tozando
オフロードの登りがすぐに待っていた。
少し進むとすぐに鎖場が出現、もう来たか!大の字がある上の尾根までの急登を鎖で登る。1044kusari

尾根に出ると右への奥の院へ向かうと辻に出る1054tujikiken
、右上が奥の院の急勾配の山塊だ。1056okunoinhe

さっきの鎖の勾配からみるとまるで真っ直ぐな岩壁を鎖と岩の突起を探して、クライミングだ見上げると紅葉がきれい。1059kusari
1103koyo

1003kusarikoyo

登りの鎖の連続の先は横鎖でカニのヨコバイだ。キンチョーする。1106yokokusarikowai

鉄棒の懸垂力が無いとここは無理だと思った。
奥の院を越えて一息すると、左岩上にまたまた鎖だ、1109kusari

なんとかクリアして見晴で小休止、そうだ水を持ってくるのを忘れた。1110uekoyo1111rennzan
1118miharasikara

さらに狭い登山道の高度をあげて玉石だ。1128takmaisi
振り返る玉石。1137hurikaettetamaisi

次の岩塊への下りに再び鎖で移り変わる、また緊張、岩場が多いのと足元が狭いので、【三点確保】しながら慎重に上り下る。1139kusarikowai

大のぞきに到着し小休止、1141onozokikoyo
大きく切れ込んだ峡谷だ。慎重に端から下を除く・・・オー恐ゎ!。1142onozokikowa

向かいの戦艦の先の形のような異様な岩壁、上には天狗岩が。1142onozokihunemitai

切れ落ちたキレットにまるで垂直の鎖がぶら下がっている。慎重に下る。1146zeppekikusari

天狗岩を越えるとタルワキの沢との分岐に出て、相馬岳への上りの途中冬眠前の蛇が足元を横切る。1212hebi

開けた道から振り返ると天狗の山塊が見える。1215hurimitetenngudake

12時18分相馬岳1104mのピークで到着だ。持参したみかんがとてもうまい!1218somadakeojyo

ちょっと先に行ってみると、バラ尾根までが急勾配らしい、1232zairunasimodoru
ザイルもないし、時間も無いので、戻ることにした。
タルワキの沢から中間道への道を選び、広葉樹の中を下る。1253taruwakisawakudaru

25分ほどで中間道と合流し比較的平坦なトレイルを妙義神社へ向かう。1316nakamitigoryu

第二見晴、13252miharasikonndouzan
第一見晴13351miharasi
で景色を楽しみながら13時44分に妙義神社へ戻った。1344jinjyagoal

向かいの道の駅でざる蕎麦を採りながら、緊張あふれる今日の山行を振り返る。1400soba550


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/27

越後三山の紅葉見物!!

2009年10月23日(金)


昨日のバイク&ランで少々の筋肉痛だが、せめてピークの越後の紅葉見物に六日町に向かった。

どうせなら次回予定の【越後駒ケ岳】の登山口までと、越後三山森林公園にクルマを停めて、水無し川上流を登山口まで散策した。
朝陽を背に受けて、山容だけが正面に見える。 0846setigokoma_3

地図を広げてコンパスで越後駒ケ岳と判明した。左にカーブすると沢が出現し水無川に落ち込んでいく、すぐにもっと大きな沢の下が滝になって川に落ち、右手の八海山から落ち込む沢が合流して出合となり、川の勢いが増してきた。 0854ssawa_3
 
右手の八海山の山麓と駒ケ岳の奥に中岳が顔を出した。
0853snakanodakemieta_3

朝陽に当たる八海山の岩峰の紅葉に見とれる。
0908shakkaisanrokukoyo_3

更にカーブに沿って進むと、八海山の連峰が望め切れ落ちた峡谷が見事だ。
0856skoyokyokoku_3

0857shakkaione_2

来た道を振り向くと、鮮やかな紅葉が・・・。
0859shurimuitekoyo_3

駒ケ岳の登山口先の堰堤で、一休みしてしばし紅葉を独り占めしながら朝食を採り、川の水を飲む。
帰路は、陽が高くなりさらに山を紅く染める。
1023sgezanhakkaikoyo_3

1023skomasanrokukoyo_3

1035skoyo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/23

黒革の手帳と皇居ランそして、 いもやの天丼・・・バイク&ラン80k

2009年10月22日(木)


1022


紅葉してる越後の山に行くつもりだったが、寝坊して断念。
いつものように、2010年度の【黒革の手帳】を買いに行くことにした。
天気がいいので、ジャージを着込んで、自転車で神保町の三省堂か東京駅の丸善を予定して、南へ向かう。

戸田橋から荒川沿いにコースを変えて、Arakawa
隅田川沿いに上野へ向かう。
上野公園は相変わらずの人手で、不忍池沿いに骨頭市が出ていた。Sinobazu

湯島を通り、神田明神、御茶ノ水を経て神保町の三省堂に入るが、やはり目的のモノは無かった。
神田、大手町そして東京駅前に自転車を停めて、Oazo
【OAZO】の丸善で黒革の手帳を1365円で手に入れた。2010kawa


有楽町で昼食を摂り、皇居の桜田門のベンチに自転車を置き、半スパッツとTシャツになり、2周ほど走る。
午後なので、ランナーはさほど多くないが、それでも老若男女が思い思いに走っている。
帰りは、白山通りの神保町を走りすぎると、懐かしいてんぷらのニオイに誘われて、【いもや】Imoya
の天どんののれんをくぐってしまった。
3時過ぎなのに、L字のカウンター半分が埋まってる人気の店だ。550円のアサリの味噌汁付天どんは安いと思う。40年ほど前は100円くらいだったか、並んで食べたものだ。店構えも相変わらずで嬉しかった。Tendon550


自転車で往復70キロと皇居ラン10キロの穏やかないい日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/17

棒ノ嶺は紅葉してるかな?

2009年10月16日(金)


今日は休みだが、東京マラソン落選で、走る気がしないので、久しぶりに山を見たくなり、
ザックに食料を詰め込んで、秩父方面へとクルマを走らせ、思いついたように【棒の嶺】へ向かった。
ここは頂上が広くて、北西方面の展望が開けてるので、ゆっくり山でも眺めながら、心を落ち着かせよう。
Bonomine


さわらびの湯付近の無料駐車場に車を停めて、1053arimadamu
名栗湖畔から沢沿いの登山道に入る。1104tozando

水場には水が無いが、ここから沢沿いに滝と岩を越えて行くので、水には事欠かないはずだ。
途中には鎖場があり1112sugi1114koyo1134kusari1134taki

飽きないコースで、特に夏は人気コースだ。
一山越えると、林道に出て、水場で喉を潤おす、1151mizuba
更に登りを行くと、分岐の岩茸石に出る。1200iwa

西への登り道を進むと、木の階段が出現するが、段差がきついので、横の道をゆっくりと登って行く。
ゴンジリ峠に到着だ。1217ginjiritoge

数ヶ月前は南の黒山経由で青梅へ出たが、今日は右の尾根を進んで目的の棒の嶺へ行く。
天気がすっきりしないのが気になるが、さらに高度を上げて最後の木の階段を登りきると。広い頂上に出た。
数人が休憩していた。1225bounominetop1227ojyotop


展望もかすんで期待はずれだ。
水を沸かし、持参したラーメンとアルファ米の昼食を準備しながら、1306lunchi
隣りのベンチの男性と山談義する。
ラーメンが出来るころ、ポツリポツリと雨が落ちてくる、想定外だが、気にせずにラーメンをすする。
30分ほどの休憩後、初めての仙岳尾根コースで落合までの急登を下ることにした。1352otiaihe

ストックがあるが、かなりの傾斜でよく滑る。何度か道を見失いながら、なんとか目的地の落合の林道に到着。
 1450rinndotayku
名栗湖畔の林道から、1522wani1522arimadamu

駐車場へ3時半に戻る。
結局、天気が予報に反して晴れなかったので、ゆっくりと展望が楽しめなかったのが心残りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/15

ショック!!三度落選だ!・・・【東京マラソン】

2009年10月14日(水)


今朝、メールをチェックすると、東京マラソン事務局から【抽選結果のお知らせ】が届いた。


 ◇◇ 東京マラソン 抽選結果(落選)のお知らせ ◇◇

=====================================================================


このたびは東京マラソンにご応募いただき誠にありがとうございました。
お陰様をもちまして定員を大幅に上回る申込があり厳正なる抽選を行いました
ところ、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。
今後、参加料の未入金者が多かった場合には、追加当選者を出すことがございます。
その場合、11月下旬頃に再度『東京マラソン追加当選のお知らせ』にて通知させて
いただく予定です。
つきましては、下記に記載される『追加抽選のスケジュールについて』を
ご一読ください。なお、追加当選の状況に関する問い合わせには対応できません。
また、追加当選に該当しなかった方には再度の通知はお出ししませんので、
何卒ご了承ください。

=====================================================================

ショック、言葉も無い。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
Wife_of_viyon


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/14

バイク&ランで東京湾までピストン76k!!・・・荒川コース

2009年10月13日(火)


Map

もうそろそろ【東京マラソン】抽選結果が出る頃だ。大丈夫だと思っても何故か気になる。
いずれにしても、走りこんでおこう!と天気がいいので、涼しげな荒川沿いを東京湾までピストンしようと思い、
3段ギア付きのママチャリ、ランニングで往復してきた。

さいたま新都心をスタートして、Sinntosinstart
約1時間、線路沿いに川口から荒川に出る。15k

メッカなので、自転車ライダーがめちゃくちゃ多い、ランナーの倍ほど走ってる。
ケーズデンキ付近の公園に自転車を置き、ひたすら河口を目指す。Runstartpoint


水場には事欠かないコースは嬉しい、5キロ毎に頭から水をかぶり、ほぼキロ7分くらいのゆっくりしたランで景色を楽しむ。
残り2キロ、1k
1キロそして0キロだがまだ先があるので行き止まりまで行く。TokyowanOrikaesi

腹が減った,12時半だ、町に降りて、店を探し、セブンでお茶とおにぎりそして隣りの肉屋でコロッケを買い、コースに戻り、河口でランチしながら長い休足を取る。
Lunchi
Sakana

帰宅時間に制限がある【家人から・・・遅く帰ってこないで!片付かないから!】ので、来た道を戻る。
途中、給水しながら自転車を置いてある、ケース電気前のゴールへ4時着だ。Rungoal

再び自転車に乗り換えて、ゴールのさいたま新都心へ5時半着。Sintosingoal

グロスで7時間半、ネットで6時間45分のバイク&ランの楽しい1日が終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/11

続・台風一過!!

2009年10月9日(金)


【台風の通り過ぎたあとは、まるで曇りガラスが透明ガラスに変わったようなきれいな景色になる】
という子供の頃からの印象を求めて5キロ先の荒川土手に向かう。

ひらけた田んぼの農道の先の堰堤越しに、秩父の山なみがくっきりと見える。Titibu

夏の時分では、靄がかかったり、雲で山の輪郭はよく解らないが、今日はよく見える。
あの正面の三角は、武甲山かな左のこぶのような山は大岳山か、右側の山は妙義山、じゃあその奥に浅間山は見えるかなぁ。
土手を南へすすむと、アキノキリンソウが群生し、遠くからみると黄色い絨毯を敷きつめたように見える。
秋ヶ瀬公園を通り、彩湖の西側の林縁を行くと。Kironsosusuki
アキノキリンソウとススキのコラボレーションに圧倒される。Susukiup

終わった林に烏瓜の赤が目を引く。Karasuuri

手打ちセイロ蕎麦で遅いランチをいただく。Seiro

今日のランは31キロの道草ランニング。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/10/09

台風一過の贈り物!!

2009年10月8日(木)


大型台風がやってくるので、折角の休日に走れないか?とあきらめの朝。

それでも10時過ぎには雨は止んだが、追いかけて強い風が吹きまくる。
太陽も顔を出し、雲は西から東へまるでビデオを早送りしてるように流れている。
風は強いが、ひとっ走りに外へ出る。
南風が強く、ときおり押し戻されそうになる
小学校の横を通ると、校庭がプールのように水浸しだ。これじゃ昼休みには遊べそうにないなぁ。Mizubitasi

北浦和駅過ぎから、郊外へコースをかえて、水場のある駒場競技場で一休みする。
なにやら中年男性二人が大きな樹の下で、何かを拾ってビニール袋に入れている。Ginnanhiroi

それはギンナンだった。台風一過の贈り物らしい。Ityou
Ginnan


快晴になったが、樹々の葉が揺れ、ひゅーひゅーと音が鳴り、金木犀が香りをありこちに振り撒いている。
裏道にはいると、枝や葉やハナミズキの赤い実が卓袱台をひっくり返したように散乱、そして
見沼用水代用水路には大きな幹が折れて、流れを堰き止めている光景もあちこちに・・・。

北国ではまだ台風が暴れてるようだが、被害が少ないことを祈るばかりだ。
こんな強い風の日でも、三人のランナーとすれ違った。本日LSD20キロ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/10/05

ノートパソコンのファンの音がうるさくなった!!

2009年10月5日(月)


気になってたまま放置していたノートパソコンから出るファンの音が、日増しに大きくなり原因をネットで調べてみた。

それによると、長期使用していると、チリやホコリが溜まり機内の温度が上昇しひんぱんに冷却ファンが稼動する音らしいことが分った。
中には、分解して掃除する手順のサイトが写真つきで紹介してるものもあったが、自信がないので、単純に掃除機で吸い取る方法を試してみた。

一つは、キーボードのすき間から・・・Keyboad
そして二つ目は横のダクトから・・・Side
最後に裏側のファンから・・・Fan
吸い取るとファン内部のホコリが網目に1センチ四方の灰色の塊りが吸い上がってきた。
問題はそこから塊りが吸えないので、爪楊枝の先を網目に先の塊りを突っついて糸状にして吸い上げると、あっという間に塊りが糸になり無事吸い取ることが出来た。・・・やったぁ!

さっそく、電源を入れて起動してみると、見事にあの大きな音が出なくなり、無事解決した。

こうやって、優れた情報をインターネットから収集できるようになり、単純な不具合は「まず、インターネットで!」
と利用価値が高まる今日この頃である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/02

マラニック自己最長59キロ!・・・さいたまから狭山湖ピストン!!

2009年10月1日(木)


月初の連休初日なので、半スパッツと西湖ロードレースTシャツスタイルで終日かけて長いマラニックに出かけた。
まだ紅葉は早いけれど、やはり西の景勝地から最悪電車へのアクセスも想定して目標を多摩湖・狭山湖にして、朝9時半に家を出て、よく知ったウラトコ(浦和-所沢バイパス)をまずは所沢へ向かう。
1001map

ザックは、予備に薄手のジャージ上下と長い休憩用に村上春樹の【ねじまき鳥クロニクル3部】文庫を入れて、
飲・食料品は現地調達するつもりの身軽な装備にした。

スタートして1時間半、国道 254との交叉ジャンクション手前にあるオリンピックMizuba
 のフードパークで水をいただいて一休みし軽くストレッチする。徒歩での国道254ジャンクション越えは初めてで迷いながらなんとか越えて、ウラトコから分れて、いつもの(クルマで通る)道路に合流し、途中関越道を下に見て、Kanetudo
東所沢へ向かう。
緑の多い景色に変わり、県道を所沢へInakahukei
・・・12時過ぎ腹が減ったので、市内の松井にある山田うどん本店に寄り、300円のざるうどんを食べて、Lunchudon
市街地へ。
所沢手前の陸橋を左折して、なにを勘違いしたか道を間違えて秋津経由で西所沢駅に到着し、下山口を左折してで目的地の多摩湖畔に着いた。Tamakohan
周囲の散策道路には平日だがランナーやバイクが結構走っている。
やはり、木々の色づきに秋の気配はまだ感じられないし多摩湖の水位は低くあまり見るものはないが、西武球場で試合があるらしく、ざわざわしている。
コース途中でバイクに乗ったサングラスのガイジンとすれ違ったあと、誰かに似ているなぁと思っていたが、その後対戦相手が【ロッテ】と分り、あの人はやっぱり監督の【ボビー・バレンタイン】だことが判明した。Seibudome

西武球場前から復路へ戻り、3時過ぎに、【モスバーガー】でバーガーとコーヒーで休憩し。3jimosu
来た道をウオーク&ランでヘッドランプを持ってこないことを後悔しながら、7時過ぎにさいたまへ戻った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »