« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/27

紅葉の秩父路をのんびりドライブ・・・城峰山と華厳の滝!!

2009年11月26日(木)


穏やかな暖かい朝、無性に山に誘われて、秩父へのんびりとドライブがてらに花園インターで降りる。
長瀞に向かう道路の正面には紅くなった山が連なる。
谷あいを甲武信岳から流れ下る荒川が横たわり、それに沿ってクルマを走らせると、急いで通り過ぎるのが勿体ないような気分がする。

長瀞の宝登山は幾度も登ってるので、今日は【城峰山】へ行くことにした。
【満願の湯】を過ぎ静かな集落の間を通り【秩父華厳ノ滝】を右に見てくねくねした道を登っていくと右手に【城峰神社・キャンプ場】のサインが・・その狭い林道を上っていくと、城峰神社の駐車場に着いた。
1219koyoyama


1台のクルマがあるだけでとても静かなところだ。
少しばかりの杉の参道を通り1134sandosugi
、神社で二礼二拍手一礼して山頂へと向かう。1135jyouminejinjya
20分ほどで一等三角点がある頂上に到着すると、1145top
昼時なので夫婦連れらが穏やかな陽だまりでランチしている。
「コンニチワ!」と挨拶しながら、展望台の電波塔に登ると暖かいせいか遠望はもうひとつだが、近景の山々が360度見渡せる。1147ryougami1149jinnryouko


西にそれとはっきり分る山容の両神山や南の武甲山、北には神流湖などなど・・・。
展望台でランチしていた夫婦らしきペアに「どこから登って来たの?」と聞くと、
「その下にクルマを置いてきたから歩いて5分だよ!いつもは風がキツイけど今日はひなたぼっこしに来た。」
・・・と。
汗かきのボクも20分山行では汗も出ないから、案内板に誘われて【天狗岩】に登り、【将門隠れ岩】のクサリ登りでは結構緊張感を味わい、山を降りる。1205kakureiwa1206kusari1209kusari1210syoumon

帰路は【秩父華厳ノ滝】に立ち寄り、里へ下った。
1255kegon_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/22

未だ不景気!クリスマスイルミネーションが寒々しい!!

2009年11月21日(金)


街いよいよ紅葉もすすみ、陽が短くなった夕方には、イルミネーションがあちこちに点灯している。
クリスマス商戦が始まったらしい。Kaede

Neon1
Neon4

最近の色調は青白いのが主流らしく、新都心街のそれも同様だが、景気の良かったちょっと前なら新鮮にも思えるのだが、あの世界同時不況以降いまだに回復しない景気のせいか、寒々とした気持ちになるのはボクだけでしょうかねぇ。
僕のカラダは久々の夕方からのジョグを12キロで、熱いけど・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/20

ウグイス?はおばかさん!!

2009年11月17日(水)

朝から冷たい休日の雨の朝、それでも汗を掻きたくてジャージとウインドブレーカーを着込んで、新都心街へ。
ビル群が連なるおよそ1キロに続くアーケイド下を走る。
雨天練習場として、前から利用している。ここでも紅葉が進み、秋が最盛期だ。
Natutubaki

Katura

そぼ降る雨に打たれて一枚、また一枚と黄色くなったカツラやナツツバキなどの葉が落ちていく。

「チッチッチッチッ!」とホール状になっている西側の明り取りのガラがはめ込まれている桟に、小鳥が飛び跳ねている。「チッチッチッチッ!」と羽ばたいて・・・。Garasubeitori

約2キロを周回してみると、まだその桟にいる。近づくと「チッチッチッチッ!」とガラス窓を破ってみようと羽ばたいている、どうも通路側が暗いので戻ろうとする知恵がないらしい。
でも、そのうち気がつくだろうと再び走り出す。Garasugawakaranai

「チッチッチッチッ!」次の周回後まだ脱出できずにいる。Uguisu

頭わるいなぁとそばに寄り、声を掛けるがあわてて飛ぼうとする。しかたないので、そばにあった郵便局の幟を引き抜いて、その先でウグイスに傷つかないように追い払うようにすると、「チッチッチッチッ!」と棒を避けるように、仕方なくガラス窓から暗い中へ飛び出して無事自由にとび立った。
久しぶりにいい汗を掻いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/17

健康診断!!

2009年11月13日(土)


今年も残り少なくなってきて、恒例の年に一回の健康診断受診を受けた。

最近では、健保指定の契約診療所で各自が用を足すことになっているので、事前に近くの診療所へ申し込んだ。
今回は歩いて7分の駅前の高層ビル14階にあるクリニックだ。
その際「年内は○月○日だけで、あとは来年1月になりますが・・・」と選択の余地が無いほど混んでいるらしい。

当日は幸い、雨模様の二日間で、【足習い休足】にはもってこいの天気になった。


午後からの検診なので、川井理容室の朝一の客になり、たっぷり1時間半かけて短髪になり家に戻る。
家人は買い物で誰もいない、昼まで【斜陽】を読んで時間をつぶす。
腹時計が昼を告げるが食べることが出来ないのでガマンせざるを得ない。
がとても辛い。
ジッとしてるより動いたほうが気がまぎれると、早々に家を出て近くのビックカメラで時間を潰してソニックシティに向かう。
14階にあるクリニックに入ると、数十人の客がロビーに座っている。受付で番号札22番をもらい待つこと30分くらい、22番を呼ばれて手続き済ませて再び待つこと10分後に今度は「○○さん」と呼ばれて、ロッカーの案内と専用のジャージ上下とスリッパを与えられ、着替えるよう指示を受ける。
若草色のジャージ姿で診療室へ向かうと、周囲の検査室に囲まれた待合室に先客達が大勢座って呼ばれるのを待っている。
平日なので90%が女性でみな若いが残りの男性は年齢も中高年が主だ。
「○○さん!」と呼ばれ、身体検査室へ入り、「下の足型に合わせて立ってください」「はーい!」
そのうち上からバーが頭を軽く叩く、「○○.○cmですね!」・・・また1センチ小さくなった!そのうち一寸法師になってしまうのかな。
不思議なのが、最後の面談時に体重○○キロと診察票に書かれているが、いつ測ったのか解らない。
今日判明した結果では、血圧正常値、聴覚正常、視両目とも1.5などなど問題ない結果だった。
「体重が数キロ基準値より多いくらいで、あとは問題ありませんので、採血結果が判明しだい後で送付されます。」
体重数キロ多い原因は、11月になってからまったく走っていないからだ。

そして検診終了し、午後3時に遅い昼食をビールと一緒に採り、やっと日常に戻った。
こんどの休みは、ちょっと走るか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/07

三峰から雲取縦走・・・紅葉銀座の日原林道を下る!

2009年11月6日(金),7日(土)


久しぶり、いや何年ぶりの小屋泊まりの山行だ。
今回は三度目の雲取なので、三峰から登って初めて通る富田新道を下って日原経由奥多摩への縦走を計画した。
起点の三峰神社口まではJRと秩父鉄道とバスを乗り継いで10時25分に到着した。
クルマよりだいぶ時間がかかるが、仕方ない。バスは満杯だったが、登山者は殆どいない。
三峰神社や秩父湖の紅葉見物だろう。残念ながら、落葉樹のない登山道には期待できないだろう。
地蔵峠、061155
霧藻ヶ峰061208musogamine
までは比較的緩やかな登りが続くが、お清平過ぎからは、ヤセ尾根の急登が続き汗が噴き出してくる。061225kyuuto

白石山手前の白石小屋の開けたところで山なみを見ながらを昼食をとる。向かいの和名倉山から西の飛龍山までの展望がすばらしい。061334siroisigoya
061334hiryuuzansirosikoya


小屋のオヤジさんが、屋根に布団を干している。芋ノ木ドッキの分岐点、大ダワ分岐点を過ぎて、ほぼ予定通り雲取山荘に2時半過ぎに到着だ。 チェックインした後、
雲取山頂へ向かうが、雲がかかって、遠景は期待はずれだ。 避難小屋から南の七ッ石山までの石尾根がよく見える。061525nanaruisikumotoritop

翌朝、小屋前で朝陽を撮る。何故か、感動だ! 070623hinode

20分後に頂上に着くと大きな富士山がデーンとお出ましだ。やっぱり富士山はシンボルの山だ。070648hujikumotoritop

小雲取山から東への富田新道を下る。初めて通る道だ。070701tomitarindo

しばらくは笹道の気持ちいい道が続くがそのうち紅葉のブナ林の急な下りが続き、紅葉がいい。070807koyo070817koyo


沢音が激しくなると吊り橋が出現する。070833turibasi070834

歩くと吊り橋が揺れる。そのうちに大ダワ林道に合流する。070842rindogoyu

ここから東日原のバス停までは林道歩きだ。長い道のりだが、見事な紅葉の銀座通りのようだ。
070835koyo
070844koyonippara
070949koyonippara
070958koyonippara
071008koyonippara
東日原村でバス待ちする、でっかい稲村岩が迫る。071015iwamuragan
東には、本仁田山が望める。071117honnidayamanippara

予定より早い11時半のバスで奥多摩駅へ戻り蕎麦を食う。071210soba

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »