« コスト十分の一で リフォーム!!・・2166円 | トップページ | 朝から雨降り・・・新都心アーケードをジョグ!! »

2009/12/11

ドアホンの不具合解決・・・家人からの宿題!!

2009年12月10日(木)


Doahon

家人からのもう一つの宿題は ドアホンの不具合だ。

玄関先の子機から訪問客が『ピンポーン!!』と子機のボタンを押すと室内親機から『ピンポーン!!』と聞こえる、
室内の受話器から「どちら様ですか?」と応答するが返事がない、子機から『新聞代の請求に来ました!』
「はーい!すぐに開けます!」と応答するがまたまた返事が無い。
どうも室内側の応答が玄関先の子機に届いていないことが判明した。

猫の棲家みたいな家だから、居間の外を通る人の頭部が見えるので、来客があっても大概判るので放置して1年ほど経っている。
2階にもある親機に『ピンポーン!!』と鳴ると、慌てて階段を駆け下りなければならない。

こんなこともあって、山登りかランニングかで休日はほとんど家にいないので家人から宿題を出され次第。


今回は、ドアホンメーカーサイトをネットで調べて、同様の不具合の原因を【問合せメール】に認めて送付して原因と対策の返答を依頼した。
その間に、同一メーカーの同型の子機の価格が4200円なることを突き止めた。
無論、こういうものの扱っているお店はホームセンターだろうと、型をメモして、休日に収納庫の補修木材を物色したついでに、ジャージ姿でジョギングがてらに価格調査をすると、D社では3480円、S社では2980円、K社は扱無しと、購入するならS社に決めて、メーカーからの返事待ちをした。

営業日を数日過ぎてもメールが届かない。そのうち、メーカーから電話があり、アドレス違いでメールがエラーになって届かなかったことが判り電話で詫びる。
結論は子機の不具合によるものと判り、修理可能だが出張修理だと6200円かかるとのことなので、丁重にお断りして、S社の店で購入することにした。
翌日、仕事帰りに購入した子機を交換しめでたく家人の宿題を終えた。

余談だが、いまやドアホンはカメラつきが主流らしく、相手の顔が見えるのが良く売れてるらしい。
それと、交換方法が容易いのがコンセント式で、取替えも簡単らしいが、ウチみたく壁の中から配線されてると、親機を交換するときは、感電する可能性があるので【電気工事士】の資格を持った人間に依頼しなければならない。今回は子機なので容易く交換できたが・・・。

これで、今度の休みには遊びに行ける。


|

« コスト十分の一で リフォーム!!・・2166円 | トップページ | 朝から雨降り・・・新都心アーケードをジョグ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/46983480

この記事へのトラックバック一覧です: ドアホンの不具合解決・・・家人からの宿題!!:

« コスト十分の一で リフォーム!!・・2166円 | トップページ | 朝から雨降り・・・新都心アーケードをジョグ!! »