« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/30

旧友ダザイ君との大山山行

2010年4月30日(金)



絶好の山日和になった。
伊勢原駅でダザイ君と待ち合わせてパスで25分ほどで大山ケーブル駅まで行く。
下車して少しずつ高度を上げながら追分まで上り、ケーブルカーの乗り口がある右手の男坂には行かずに女坂を選んだ・・・ダザイ君山登りは初体験。0918oiwake
女坂ルートは緩やかな登りが蛇行しながら、七不思議のいわれなどのスポットがある大山不動尊を擁している。0920sando0937ooyamadera
赤い輪を吊している谷に向かって瓦投げの奇事も300円でやっているが、何の意味があるのかよく分からない。しばらくすると男坂と合流し0958otokozaka
55分かけて阿夫利神社下社に到着だ。茶店のおばちゃんから誘いの声がかかるが、「帰りにね!」と生返事。客は誰も居ない、下社に寄らずに東の見晴台に進路をとる。やっとトレッキングらしくなってきた。
参道から一旦下った先に二重の滝が出現し1013taki
ゆるやかに山を巻いて行くと、熊注意の貼り紙が。1015kuma
そういえば、いつの間にか鈴を無くした。買わなくちゃ。20分で見晴台につくとその名の通り東の展望が開け木製のテーブルが並んでいる。早めにランチタイムをとることにして、荷を解く。暖かな陽射しと、景色に話が弾み予定より大休止となる。1049miharasi
急な木道が続く雷ノ峰尾根登りで汗が吹き出る。1233kyuto
約1時間で大山山頂下の展望スポットで小休止。1308oyamatop
汗を拭う。
お向かいの男性達は焼き肉とワインとビールで大宴会をしてる。
頂上にて写真を撮る、ダザイ君思いのほか健脚だ。Img_3013
1時間の遅れだが、予定通り表参道25丁目からヤビツ峠へ下るイタツミ尾根を行く。1321bunki
500mの下りだ。下りっぱなしなので膝にくるが、慎重に急ぐ。
30分でヤビツ峠に着くが、蓑毛行き道が通行止めに!峠の貼り紙を見ると、去年の台風で崩落箇所が発生したとの事。ならば、復旧出来てると判断して、蓑毛へ下る事にした。1357ysbitistop
部分的に50cmの狭いトレイルがあるのでゆっくりと越えていく。1426kudari
川を越えると、ここは湧水で有名らしい。1434yusuiti
初めての人家の前に湧き水が流れて2杯頂く。美味しい水だ。1442wakimizu
蓑毛のバス停に50分でゴール。お疲れさまでした 。1458minogegoal

詳しい山行録は こちらで・・・(ヤマレコ)・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/26

雨の日のひまつぶしにビデオの接続!!

2010年4月23日(金)


穀雨も過ぎたが、今朝も寒い雨。走る気にもならないので、暇つぶしにビデオの接続を始める。
なにせ、古い機器が多くて接続が複雑そう。 Tv_2
TVやVHSビデオは無論、地デジチューナーは無いが、単体の地デジチューナー、BSハイビジョンチューナーはあるので、画質にこだわらばければ地デジ、BSデジも観られる。
今日は、以前から置いてあるVHSビデオと二つのチューナーを接続して、録画可能な状態にするのが目的だ。
作業手順は①アンテナ線をVHSビデオに接続して、②VHSビデオのアンテナ線を分配してBSハイビジョンチューナーと地デジチューナーに接続する。③次にはVHSビデオとTVを接続④BSハイビジョンチューナーとTV接続,⑤地デジチューナーとTV接続する。 Video_2
問題はTVの裏側にある、AVの出力入力の端子数が少ないので、苦労する。
録画でBSはokだが地デジはダメ、配線を変えると、BSが観れない・・・などで、
途中、5分ほどさきにあるビッグカメラへ行き、【D端子】なるものを購入し、結局一日中掛かってやっと完了した・・が
TVの裏が配線だらけになった・・・。Lins

最新の地デジ、BSチューナーさらにHDDレコーダーが内蔵TVならもっとスッキリした背面になるになるのだが・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/20

今日の猫庭・・・・明日また雨か!

2010年4月20日(火)

不安定な天候の4月、それでも生き物たちは、着々と営んでいた。
3月22日に、芽を出したエビネEbine
も今朝一輪の花を開いた・・・が知らぬ間にギボウシも涼しげな葉を展開している。Hosta
オリーブの下で咲いているカラフルな花をマクロ撮影する。 Ranana_2
Geranium
 Rosemary_2
Cherrysage

そしてこれから咲く花芽を膨らませているアジサイHydrangea
やコデマリKodemari
ムシたちも・・・オリーブにカイガラムシ、Waxbug
アイビーの葉に早くもナメクジ・・・。Slug

、向こう側にはアイビーで覆い隠しているブロック塀の下でオレンジ色のポピーが風に揺れている。Popppyivy


今日もまた雨降りになるらしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/17

4月の雪!!

2010年4月17日


Yuki

このところの気温は、アップダウンが激しく、まるで奥多摩の縦走コースのようだ。
御前山トレランした数日前は20度だったのが、昨日は真冬並みの7度で、奥多摩では雪予報も出ていた。
それにしても今年の4月の天候は不安定過ぎる。「今日は冬仕度で新都心街を走ろうか!」
・・・と思ったが、エンゼルスVSヤンキースの中継を見出してそのままビールを飲み松井のHRで思わず手を叩いて喜び早めのランチで観戦し、試合後外にでるとものすごい寒さなので、意気消沈し休足にする。


夜中にパラパラと雪降る音がする。明けて今朝真っ白だ、4月半ば過ぎというのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/13

御岳山・大岳山から御前山への縦走・・・カタクリ花見トレラン!!

2010年4月13日(火)


見沼花見ランも飽き、気温上昇予報の今日は、まだちょっと早いけど御前山のカタクリの花見ランを計画した。
アプローチを迷ったが、御嶽山から縦走することにした。
遅いスタートになったので、滝本駅のロープウェイに乗り終点の御岳駅からトレランを開始。1050mitake
みやげ物街を過ぎて、1100sanmon
御獄神社の山門をくぐり抜けて神社をパスして、左手の長尾平へ向かう。1104hidari
水場で喉を潤し大岳山へ向かう。 1111trail
直ぐに天狗の腰掛け杉に出合い、1109tengu
速度を上げる。天気もいい。
御岳山からのアップダウンを繰り返して、岩と鎖の大岳山山塊に入る。1143kusari
湿気った岩場には滑落注意の立て札が、下りは慎重に進む。
壊れた鳥居を下り1149kowaretorii
大岳山の頂上に立つ。富士山は雲を被っているが近景はまずまずだ。 1159top
登山者に写真を撮ってもらい、御前山に向かう。かなり急な下りを慎重に慎重に立木を頼りながら鋸山先の林道に降りる。
1240rindo
1241gozenhe

かなり疲労困憊だが、今更、カタクリも見ずに敗退できない!
踏ん張って、御前山山塊を登る。きつい!
右足の腿筋肉が固まって足が挙がらない、ストレッチしながら、カタクリの葉が群生しているが花は無い。1247katakuri
イヤな予感。
40分登りつめたとき、あっ!あった! 1326katakuri
しかし、さらに頂上手前の急登の群生地には、まるでその気配すらない。
まあさっき、可愛い2輪を拝めたからいいか!
御前山頂上で遅いおにぎりを食べ、北の雲取方面と1353takanosu
南の丹沢山塊1352tanzawa
の写真を撮って、境橋へ下る。1404sakaihe
山桜に包まれた栃寄集落が見えた。1439totiyori
もうすぐ境橋だ。1503sakaibasi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/11

さぼうるで慰労会!!

2010年4月9日(金)


オーシマくんが退職したので慰労会を神保町のサボウルで6時頃行うことになった。
慰労会と言っても、4,5人が集まり近況報告するだけだが・・・。
すでに継続雇用の身だったが、事業リストラで所属部署が廃部となった為身を引いたそうだ。
辞めて2ヶ月経つというオーシマ君、Oshim
40年間髭剃りしていたの鼻の下にはごま塩ヒゲが生えており、キャップを被っていつものネクタイはしていなかった。
呼びかけしたラーメン屋のツネワキ君Tun
、そして遅れてきた今日もサラリーマンのダザイ君と、ヒグチ君も神田にある会社から仕事帰りに寄り、ビール、焼酎をやりながら盛り上がる。左からボク、ヒグチ、ダザイ、 Nagahugutidazai_2
【ハナキン】なのでサボウルは大混雑。
電話で親しいサカタ先輩Sakata
も仕事先から合流し、賑やかな慰労会になった。
久しぶりに、気を失うほど酔ってお開きした。
Koken
皆さん!!お元気で。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/09

まだまだ満開桜の花見ラン!!

2010年4月9日(金)


この四月は天気が猫の目のようで、今日も曇りの合間に太陽が顔を出してきたので、急いでジャージに着替えて新都心裏の東、見沼用水西縁沿いの桜並木を目指した。

このところ元気いい浦和レッズの大原サッカー場を通りRedclub
芝川沿いの土手を南下、タンポポ土手を気持ちよくランランラン。Doterun何故か1厘だけの芥子の花Popee
気温もちょうど良くほどほどのアップダウンがクロスカントリーみたいだ。Sibakawa
10キロ近くで折り返し点の見沼女体神社のある公園に着く。Minumap
陽射しもいいせいか幼稚園児たちが遠足している。
すこし行ったところでは西縁沿いの対岸の菜の花と桜並木のトンネルが散歩客を楽しませている。Tonneru
この辺は遅く咲いたせいか、まだたわわに花つきがよく、十分楽しめる。Yousuihana
Sakuranamiki
この先ずーっと桜並木が切れ目なく続き、甘い香りに包まれ、対岸と蛇行する並木が見事で一瞬立ち止まる。Ojyosakura

道路をはさんで更に用水の桜並木を戻ると、真黄色の菜の花の絨毯と満開桜の横から新都心のビル群が望める。Sintosinsakuranabana


まだまだ中心を離れると自然がいっぱいな見沼用水この辺が好きだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/06

花見ラン・・・公園から芝川土手を!!

2010年4月6日(火)

MLBの松井秀樹が出るエンゼルスVツインズの初試合を観出して、松井のタイムリーと、だめ押しの初ホームランでエンゼルスが勝利したのを見届けて、大宮公園に向かう。

公園に着くと桜の花びらが風に吹かれてひらひらと落ちてくる。Hanaike
春休みとあって子どもたちの楽しみは、花よりゲームらしい。Haanyorigame
大宮公園を抜けて大和田土手に行くと桜並木が見事だ。Sakuranamiki
土手を進むと川向こうのカワセミスポットでカメラマン達がカワセミが来るのを待っている。 Kawasemispot
橋を渡ると、風車と真っ黄色の菜の花畑に人が集まってケータイをかざして、写真を撮っている。Windmillnabana
向こう側の桜並木とのコントラストが素晴らしい。Sakuranabana
方向転換し芝川の菜の花土手をランしながら新都心に戻る。 Nabanarun
Kusarun

入学式にはやはり桜が似合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/03

終日、桜三昧の一日・・・!!

2010年4月3日(土)

昨日満開になった桜も、強風に耐え一輪も花びらを落とすことなく、持ちこたえたようだ。
土曜日の今朝は早々に、ジャージに着替えて花見ランに出かける。

近くの公園のシンボルの桜の下には誰か敷いたか、ブルーシートがあり、その向こうではお爺ちゃん達がゲートボールに興じている。Kamiochiaip
街の中を南北に流れている小さな川沿いに植えられている桜も満開で、曇り空なのが残念だ。Sakurakawajpg
1時間ほどの花見ランを終えて、上野の桜を見に行く。

土曜日とあって、上野の公園改札口は大混雑で係員が整理しており、花見のメッカを体感する。
人波に後押しされながらメイン道路を進むと、左右からの枝に咲きほこった桜がトンネルを造っているが、
あまりの混雑ぶりに落ちつかない。Uenosakura
立ち止まることは許されないので、人波を泳ぐように流れから脱出して輪王寺で静かな花見を楽しんだ。
Rinnouji

やはり満開の桜を観ると春がきたなぁと実感する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/01

”戻り寒”の贈り物!!

2010年3月30日(火)

すごく寒い真冬の朝に逆戻り。GSにガソリンを入れに行ったついでに、坂のある道を通って西を見ると、真っ白い富士山がくっきりとクリアな姿を見せている。
急いで家に戻り、冬装備に着替えて荒川土手へクルマを走らせる。
土手に着くと、正面の多摩・秩父の山塊が一点の雲も無く、うっすらと雪をかぶった様子まで見える。
Titbur
東西に伸びた土手の先まで、進むと北側からの烈風に体が揺れる。
手袋をぬいでデジカメを山塊に向けていくつか撮る、手が凍りそうだ。
遠景の山も凍った風が塵やもやを吹き飛ばして、富士山左手の丹沢山塊や
Hujisouth

秩父の尾根筋までくっきりと見える。 Hujirr
山塊を北へと眺めていくと、こないだ登った笠山とその横の奥にラクダのコブのような西御荷鉾山と東御荷鉾山までが見ることが出来た。Kasayamamikamo
普段では決して見ることが出来ないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »