« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010/06/29

ヒメシロモンドクガの羽化!!

6月29日(火)

今朝も何の変化もない繭に少し、「ダメかも」とあきらめつつ飼育ケースを覗く・・・まだ蛹にもな
っていない、遅すぎる。 Mayu
繭になって7日経過した。環境を変えたのが原因か、当初は屋外の飼育ケース内の草の葉っぱで繭に
なったものを、じっくり観察するつもりで葉っぱだけちぎって屋内のケースに移したのがまずかった
のか?
そして、夕方になって、ふと、飼育ケースを観るとびっくり!白いふさふさした羽の成虫が飼育ケー
スの壁に止まっていた。Himesiromond
羽化したばかりでまだ羽が閉じられていたが、しばらくすると、背中の白い
羽を開いて、紋ようが浮き出てきた。Himesiromona
体長は3センチ位の小さな蛾だ。繭の中で蛹になったらしい。
明日にでも、外へ出してやろう!

※ 完全変態
・卵
・終齢幼虫 ・・・Himesiromondokuga
・繭・・・Mayu_2
・蛹・・・?
・成虫・・・Himesiromonc
Himesiromonb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/26

真夏がやってくる!

2010年6月25日(金)

朝の3時に目が覚める。今日は休みだから・・・・。
サッカーを観る。前半で2-0と 起きた甲斐があった。5時半過ぎに勝利確定した。

当初予定では、折角早起きするので、山へいくつもりだったが、眠くなり再び布団へもぐっていつもの時間に目が覚めた。暑い朝だ。山はあきらめて涼しくなったら走ろうと思った。・・・がいつまでも暑いので、休足にして駄眠をむさぼる。ギボウシのツボミも膨らんで真夏がやってくる。
Sshostafrog


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/22

いよいよ夏だ!ヤマモモの甘酸っぱい実をいただく!

2010年6月22日(火)


どんより曇った新都心界わいは、いつでも雨が降りそうな鉛空で、ジョギングするにはもってこいの
天気だ。久しぶりに見沼田んぼを女体神社まで走ることにした。
新都心から東の見沼用水西縁に出て、西高下のヤブカンゾウ群生地には、一番咲きのオレンジが緑色
の中に映えている。Yabukanzo
8キロ先の女体神社に着くと公園の池のほとりにあるヤマモモの実がそろそろ食べ頃に色づいている。
Yamamomo
水場で頭から汗を洗い流して、赤黒くなった実を頂く。甘酸っぱくて美味しい。Yamamomomi
以前、近くの公園にビニール袋いっぱい取ってきて、ジャム作りに挑戦して失敗したことを思い出し
た。
ザクロZakuro
や夏つばき、ノウゼンカズラなどの花がそろそろ咲き始める時期になり、夏を実感する。
16kを走り終えて、午後、ドクガを観察すると葉っぱの裏側に繭を作っている。Youkakaisi_2
新たに観察用の小さな飼育ケースを用意して Kansatu_2
、葉っぱだけを移して、蛹化から羽化までを観察することにした。 Mayu_2


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/20

なんとなく「ガンバレニッポンちゃちゃちゃ!!!」

2010年6月19日(土)


休みの今日はだらだらとネットの【OTTAVA】を聴きながらパソコンに向かいネットサーフィンしたり、
TVを観たり過ごした。

【OTTAVA】はクラシックオンリーのTBSのサイトで、今日の担当者がサッカーのオランダ戦を前に国民が一丸となって盛り上がるようにと、ハイドンの曲を流した。

ハイドンは当時、母国オーストリアはナポレオンの侵攻を受けて、不安定な状況にあり、そしてそれを打破する為、国歌演奏による国民的意識を高揚させる効果があるということをイギリスで知る。
そして、彼は国歌を演奏する必要を感じ【皇帝】をつくったと言われている。

部屋からは小さな猫庭の大きなビワの木や小さなユキノシタの花や地味な花をつけた紫式部が目に入る。
雨が降ってくると、打ち水をしたようにアミド越しから部屋に入ってく風が爽やかで、いい心地になり、いつの間にか居眠りしてる・・・。 

昼過ぎから日差しが出て、気温も上がってムシ暑くなり目が覚める。
昨日飼育ケースに入れたモンシロドクガの観察をすると、やはり暑いのか1頭は葉の裏に、残りの1頭は紫式部の葉を食べている。
飼育ケースの黒土が乾いてきたので、シャワーで水を補給し、餌の紫式部の先端の枝葉を切り取り、黒土に差し込んでやる。みずみずしくないとムシも食べないだろう。

しばらくすると、小さいほうが食べだしている。すこし観察する。
いつ蛹になるのだろうか?

その夜、普段Jリーグも一生懸命観ないボクが、8時30分にはTVの前で「ガンバレニッポンちゃちゃちゃ!!!」
の気分で釘付けになっている。
経済不安、財政危機、少子高齢化などお先真っ暗なニッポンを憂うばかりじゃ気が滅入るので、
マスコミに踊らされてるのか?ある業界の策略なのか解らないが、この盛り上がりに乗っかってもいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/18

雨降りも久しぶりに快感・・・!

2010年6月18日(金)


曇り空に強烈な湿気がTシャツ越しに纏わりつく午後1時。治水橋下の健保の荒川運動場の芝を大回り
に走る。Undopark
土日には野球やサッカーそしてテニスに興じるサラリーマン達であふれているが、平日の今
日はガラガラだ。大半が芝が張られていて走るには、とても気持ちいい。大回りをジョギングすると
約30分弱掛かるので、4キロ位か。
2.3周のつもりだったが、一周し終えると雨が降ってきた。Amegahuttekita

予想より早いな。雨粒がだんだん大きくなってきたので、戻ることにした。
自転車で8キロ先の自宅へむかう。ランニングスタイルなので、雨に打たれる快感を楽しみながら・・・。

家に着くと、出かける前に、Monsirodokuga


紫式部の葉にジッとしていたモンシロドクガがいなくなっていた。
よくみると葉の裏側に雨宿りしていたので、飼育ケースに移し
て観察することにした。 Dokugasiiku

大きさから終令と思われるので、蛹化、羽化まで観るつもり。
楽しみが増えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/16

梅雨は何処へ・・・真夏の暑さにラン中止で野球観戦!!

2010年6月15日(火)

ワールドカップで勝ち点3を取った昨日、梅雨入り宣言の発表があり、休みの今日の天気予報は曇り
のはずだが、朝から真夏の日差しが照りつけている。小さな虫たちもアチコチで飛び交いそして
その虫たちを狙ってクモが糸を張っている。Spider
このところの雨がオリーブの枝葉を伸ばして、通路を狭くしているので、刈り込むことにした。

Oliveafter
背を高くしたアジサイは暑そうで雨を欲しがっている。
ふと足元のぎぼうしを見るといつの間にか花芽が立ち上がって、もっと夏を待っている様子。
シンボルだった夏つばきがこのところ元気をなくし、心配していたが、それでも、少ないつぼみが青
い空にいくつかの花を咲かせている。Natutubaki
そんな今日の猫庭の様子・・・。

どこかで走ろうと思い、涼しいコースを思案しながら、自転車でとりあえず東に向かう。
5分ほどで、氷川神社への参道に出ると、大きなケヤキが涼しいトンネルを作って、心持ちヒンヤリだ。
2キロ先の境内に自転車を停めて、そばにある大宮公園を走ることにした。Hikawa_shinto_shrine
そこは桜や松などが森を作っていて、打ってつけなジョギングコースもある。少々のアップダウンを繰り返しながら池を回る一周1100mのコースがある。Omiya_park
周回したあとあしのむくまま大和田公園のアジサイ園に着くが、今年は遅いらしく花はまだまだだ。
湿地のゾーンに向かうと花ショウブの群生もなんとなく暑がっている様だがSunshine
、それでも結構な人達が桜の日陰で、写生を楽しんでいる。Syasei
さすがに、気温もグングン上がり、走る気力も萎えてしまい公園に戻ると、かつてあのベーブルースもここで全日本と試合を由緒ある大宮野球場が開放しているので覗いて見ることにした。Omiya_ball_park
公式の試合をやっている打者のユニフォームには【HONDA】の文字が、掲示板には狭山市と所沢市とある。都市対抗の予選会だ。Tositaikosen
しばらくネット裏で観戦する。生で野球を見るのは何十年ぶりだ。スコアボードには球速も表示される。140キロを出す投手もいてちょっと撮ってみた。
結果10対0で狭山市(HONDA)が勝利した。 それにしても梅雨は何処へ・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/08

入間まで66キロピストン・・・ママチャリで5時間走破!!

2010年6月8日

雨の予報が出て気温も22度と、汗を掻くにはちょうどいい。
今日は荒川から入間川まで繋がっている自転車道路を試走しよう。
かねてから、奥多摩や奥武蔵の山の登山口まで自転車で行こうと思っているので、その試走でもある。
鉛色の曇り空の遠景にさいたま新都心が浮かぶ荒川運動公園からスタートし 土手を北へ進む。Ennkeisaitama
しばらくして川越線を越えてしばらく国道16号バイパスと合流する。16gousen
荒川を越えたところで、左側のヘアピンカーブを下り、Heapin
左に入間川沿いのゴルフ場、右に荒川の中間の自転車道路を更に北に向かうと、右の土手下に赤い鶏冠のキジがいる。バイクを停めて、デジカメを片手に土手下へ降りて行くが、危険を察知したらしくあっという間に飛び立ってしまった。


道草を食った。
真っ直ぐに延びた自転車道路からは左右が見下ろせて気持ちがいい。
橋の手前のモトクロス場からバリバリとモトクロスバイクが疾走している。Motocrose
橋を左折して入間川を渡りすぐに右折し蛇行していく入間川沿いの自転車道路に入る。Kawagoesayama
道路に散乱した草を除草機が片づけている。Jyosou
いくつかの道路の下を通って自転車道路は続いていき、安比奈親水公園につくと、Ainap
道路が赤く染まっている。
クワの実が熟している。ボクも枝を引き下げて、赤黒い実を食べる。 Kuwa
そして25分後、川越狭山自転車道路のゴールに2時間半で到着した。Sayamagoal
雨はまだ降ってこない。
時刻は11時40分だ。セブンでおにぎり2個とお茶を買い、自転車に乗りながら食べながら同じ道を戻
る。途中、文理高校前に【おっぱい河童】の石像が・・・ふふふ!Kappa

その後も、大した雨はなく、往復66キロを内装3段のママチャリで5時間掛かって走破した。
ケツが痛い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/05

あっという間に駆け抜けた・・・ふたこぶラクダの御荷鉾山!!

2010年6月4日(金)

さいたま市の荒川土手から見える笠山の横に気になる群馬県のふたこぶラクダ山を目指して、関越道に乗る・・・。Titbur

本庄・児玉インターで降り西に進むと、山が迫ってくる。ラクダ山とは西御荷鉾山と東御荷鉾山だ。 Rakudayama
神流湖(かんなこ)の北側を西に進んで、勾配のある山道を登って、みかぼ高原荘に到着。
展望台で昼食のおにぎりを食べて、再びクルマに乗り込み高度を上げてスーパー林道に出る。1249rindo
数分で大駐車場がある西御荷鉾山登山口にクルマを置いていざ出発だ。時間は午後1時だ。
ここの標高はすでに1000m越えなので、頂上まではそうかからないだろう。
半スパッツとTシャツの空身でトレランだ。脇のエリアには巨大な剣が山のシンボルのように設えられている。1255_houken
登山道はいきなりの急登ですぐに、息が切れる。枝に結ばれたピンクの目印にはトレランのイベント
名が印刷されている【神流マウンテン ラン&ウォーク】。1300start
しばらくしてすぐに空が広がり、【ガンバレガンバレ】の文字が!1304ganbare
振り返れると南側の山波がよく望める。
あっという間の10分後に西御荷山だ。1311houkentop
不動明王の祠があり、広々とした頂上からの展望は見事だ。
1313hiroitop
南側近景には父不見山や城峰山 二子山、その奥には両神山の秩父山系が連なっている。1314titibu
ここからは東側の投げ石峠を目指して再び樹林帯に下って、林道に一旦出る。
1324rindo
ここが投げ石峠だ。
林道から西御荷山を撮る。1335nisimilkabo

50先の熊出没注意が貼ってある道標から東御荷山に入る。1336higasimikabotozaguti
しばらくして登山道の途中から岩が増えてくるとパッと空が広がり、ここにも祠が出現し、小さな東御荷山の頂上に到着する。1356higasimikabotop
樹木に覆われて視界は無いのですぐに走り下る。


道が狭いので、慎重に走り再び投げ石峠に戻る。林道から振り返って東御荷山を撮る。1414higasimikabo
ここからは林道を走って西御荷山の登山口に戻る。1423rindorun
登山口手前にこの辺の歌を詠んだ尾崎喜八の歌碑がある。1425ozakikihati
登山口に戻り、みかぼ高原荘の展望風呂で汗を流して、山菜の天ぷらとそばと生ビールで仕上げして
ラクダ山をあとにした。1442tenbohuro
1449tenbohuro
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/01

爽やかな風のなかヨシキリ鳴く荒川ロードを走る!!

2010年6月1日(火)

朝の風が自転車のペダルを漕ぐ半スバッツの足に冷たく当たる。日差しは強そうなのでモンベルのメッシュキャップを被り、西湖ロードレースのTシャツの上にアディダスのジャージを着込んで、荒川へ向かう。広大な田んぼの小川に保育園の子供が、糸を垂らしてザリガニ釣りをしている。Zarigani
その様子を見ながら荒川土手へ上り、自転車を置いてジャージを脱ぎ、運動公園とゴルフ場を挟むサイクリングロードへ走り出す。Arakawa
狭いロードにツーリング仕様の自転車が時速30kほどで行き交う。日差しがきつくなってえきたが。途中の竹やぶが日差しを遮ってくれるとヒンヤリとした風が心地よい。Hikage
20分ほどで秋ヶ瀬公園に着く。大きな樹木の下の歩道横を走っていくと、変形した松に目を留めてよく見るとカシの木と松の木が根元で絡みあっていた。Matuzkasi
どうしてこんなになったのだろう不思議だ。
路傍には、小さな赤花やAkabanayugesyosss
、庭石菖Niwazekisyoが咲いている。
武蔵野線を越えて、左の彩湖、右に荒川が見下ろせる土手を走りArakawasaiko
、彩湖の中ほどの管理橋渡りUターンすることにする。
彩湖畔から再び来た道に戻りゴルフ場脇の葦原を通ると、ヨシキリがあちこちで鳴いている。


荒川運動公園に戻り、女子のソフトボールの試合を見る。ソフトボール
ソフトボール 18キロのラン終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームセンターで 5000円が295円になった!・・・自力電池交換!

2010年5月31日(月)


前回の未解決の電気シェーバーの蓄電池の情報を集めて、部品番号を探した。
ビックカメラでは・・・部品の調達は不可で、修理で受け付ける・・・という事だったが、取扱い説明書にも電池交換の手順は無い、おそらく防水タイプなので、素人が交換して感電とかの事故等がある事を避けたいとのメーカーの意図だろう。
ビックカメラの応対の店員も問屋かメーカーに問合せした際、(お待ちくださいと言ってから数分待たされた)上記の理由で客への回答をしたと思われる。

さて、ネットで上記の部品番号を検索すると、いくつかヒットしたのでチェックすると、オークションで1100円、価格.comでは350円と開きがあり350円の調達方法が送料や代引手数料が掛かるので、別の方法を探すことにした。

ホームセンターでも扱いがあるはずで、近くの店に行き電気シェバー売り場を見ると、パナソニックがあったので、
店員に、「この番号の蓄電池をを注文したいんですが、メーカー価格が2個入りで350円のはずですが!」とメモを渡すと「かしこまりました!、注文致しますので、4、5日お待ちください!」とのうれしい返事だ。

そして、今日5月31日に連絡があり、店に行くと「295円いただきます!」とめでたく蓄電池を調達することが出来た。Denchi
電池の形状が市販のとは違う。Nicd
帰宅してさっそく分解して、Bunnkai

電池を取り替えて、スイッチ・オンすると「ぶるぶる・・・・」とめでたく動き出した。復活だ!Es_7005
多少、分解したりするのが好きなほうなので、特に苦もないが、機械オンチの人が安易に分解すると確かに危険かもしれないので、他人にはおすすめしないが、今回ホームセンターは295円でちゃんと手配してくれたことがとてもうれしかった。
東証一部上場の 「島忠ホームセンター」に感謝だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »