« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/30

紅葉盛りの皇居ラン途中に馬車行列が・・・!!

2010年11月30日(火)


いくつかの用事で今日は東京へ出かけた。
久しぶりの電車のシートに座るとすぐ眠くなり、j-waveを聴きながらあっという間に上野着だ。
乗り換えて有楽町で降りて、日比谷公園へ向かう。
そう、用事のひとつは紅葉見物だ。イチョウの黄葉やモミジの赤が冬枯れ前の景色を楽しませてくれる。
Photo
昼時なので、ベンチではランチを摂っている人がいる。
散歩しながら桜田門へそして。ふたつめの用事の皇居ランンコースをいつもの逆回りで走り出す。
相変わらずランナーが多いが、逆なのでストレスなくゆっくり走れる。
コース沿いからもイチョウの黄葉があちこちで見られる。
二週目の途中でお巡りさんから通行止めに合う。「すみません馬車が通りますのでちょっと待ってください!!」
だれやら、皇居のお客さんがきてるらしい。

アイスランドのお客さんとのことだが、めずらしい光景に出くわしてなにか得したかんじだ。

二周の10キロを走って神保町の登山ショップのハシゴをして、三つ目の用事で神田明神に立ち寄り安産の御守りを手に入れる。そのあと黄葉の西郷どんのPhoto_2
上野経由して大宮へ・・・。
たまには、電車もいいなぁ。居眠りには最適だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/26

嵐山渓谷の紅葉狩りに80キロツーリング!!

2010年11月26日(金)


明日はどこへ行こうか?と天気予報の「晴れ」予報のついでに【紅葉情報】をチェックし、片道40キロ以内の見ごろで嵐山渓谷に行くことにした。

足はいつものチャリだ。
16号線の荒川から自転車道路を利用して、Photo
その後254号線沿いに進み東松山インターを越えて2時間半で嵐山渓谷に着いた。
川へ降りると少々期待はずれの色あいでがっかりするが、対岸の崖上に歩道があるらしく気を取り直して橋を渡って上がってみる。

モミジが真っ盛りの紅葉に感激だ。4
わざわざ来てよかった。
せっかくなので、大平山へ登り汗を掻く。
254号へ戻る途中 大平山を眺める。Photo_2
のんびりしたいいところだ。
帰路ものんびり【ピンクフロイド】を聞きながら、紅葉色した景色を楽しみながら往復80キロのサイクリングを終えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/24

層雲

2010年11月24日(水)


いつもの通勤道に飽きたので、ちょっと早めに家を出て西高下の見沼田んぼ道を通る頃、
鉛色の雲が切れて太陽が出てきた。
少々寒いけど、空気が気持ちいい。
Photo
田んぼ道を振り返ると層雲というのか低い雲が連なってすこしづつだが動いているようだ。
初めて見る光景だ。思わず撮ってみた。やはり曇りより晴れがいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/23

勤労感謝の日あれこれ!

2010年23日(火)【勤労感謝の日】


いつもの定休の火曜日と思って散歩していたら、日の丸がマンション2階にたなびいていた。Photo
そういえば、なんとなしに人手が多く、祝日だと分った【勤労感謝の日】だ。

四日前走ったあと、膝の関節が屈伸の際痛むので、今日はウオーキングにした。
雨降り以外の休みには、何があっても外に出かけることにしている。家にいるのが勿体ないから・・・。
最初は近くの【ビッグカメラ】に立寄る。
1階のTV売り場が大混雑している。「スゴイ!人だ」なんでも12月からエコポイントが半減するらしく、駆け込み需要で大賑わいだという記事が先日の新聞に出ていた。
2階のパソコン売り場へ行き、低価格パソコンの現物チェックする。5年前に買ったdynabookが最近よくフリーズする。買った時のメモリが256で、現在は1250に増設したが、音楽を聞きながらデジカメの動画処理や静止画処理したりして、あれこれひろげるとすぐにフリーズだ。
cpuも低速、HDDも60しかないので先日外付け500のHDDを買い画像や動画ファイルを移して軽くしたのだが・・。
ネット情報で、コアi5・メモリ2GB・HDD500GBで5万円代で売っているので、それを見に来た。
Photo_2

最安値は4万円だ。 過去necのpc98をスタートにfv-v、gateway,dynabook と4代目だが、だいたい5年がいいトコだ。5年で機能スペックが陳腐化するので、家電のように高額品を買っても長期に使い続けることは無理だと分ったので、最低必要機能を満たせればそれでいい。もうちょっとまったらまだ安くなるかも・・・待とう!。

午後は3キロ先のレンタルDVDのツタヤへまで45分のウオーキングして、面白そうなDVDを物色するが観たいものがないので、遠回りしながらUターンして紅葉の新都心へもどると、アリーナがあふれんばかりの人がいっぱいだ。Nanohafan2
フツーのまじめそうな若者たちに混じってコスプレにおグループもいるが、Fannanoha
ロックコンサートではなさそうだ、恰好がフツー人だ。人だかりに寄ってみるとアニメキャラクターらしいが、何をやるのかさっぱり分らないままアリーナをを離れる。それにしてもあの人数を動員させるものはなんなんだ!不思議だ。Nanoha

気がつけば、もう夕方の4時半になっていた。祝日に冷えた国民でも、熱中人たちはいるんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/19

パンク寸前のタイヤ探してショップのはしごラン!!

2010年11月19日(金)


先日、クルマを車検に出したら、「タイヤとバッテリーが限界で、タイヤで8万バッテリで2万掛かります。」
というデイーラーの返事に、「エッ!10万円かかるの、自分で探すからいいです。」と言って、ネットで探して近くのショップを気持ちのいい小寒い中、東西南北ランニングがてらにハシゴした。

行く途中、氷川神社の参道で落葉集めの小学生達と遭遇、Photo
腐葉土づくりでもするのか、聞こうと思ったがめんどくさいのでやめて、氷川さまで10円祈願して大和田公園へと向かう。
サクラの紅葉とPhoto_2
、芝生の緑の中の池で釣り人が糸を垂れる無風のいい日で、Photo_3
シートを広げで居眠り人もいる。

屋根がめずらしい瓦の神社Photo_4
に立寄ると、鷲神社だった。浅草にもある【酉】の神様だたしか今日が二の酉のはず。
目的のショップで、見積りを聞いて、次の5キロ西へ向かう。線路を越えガードをくぐりバイパスに出て、二件目の大手カー用品に着き、ここでも見積りを聞くと先のショップよりかなり高い。
昼過ぎになったので、家路向かいながら最後のショップに立ち寄ると現物があったが、一件目より高いが、格安品を発見!「後できますよ!」と言い残して家へ戻り、数時間後にタイヤとバッテリーで7万で無事装着完了した。
  17キロのトライアングルランで、文字通りお買い得を足で稼いだ3万円になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/16

ビリにならないで!!

11月16日(火)


寒い朝だが見事に晴れた空に思わず、ランスタイルで、南へ走ると母校の小学校の校庭が賑やかなので校庭に入ると、記録会をやっていた。
知り合いの小3のsei 君はどうかと覗いたら既に終わっていたが、最後の1年生が走るらしいのでちょっと見ていくことにした。
持久走の記録会で、3周を走る。
小さい1年生の女子総勢50人がスタートした。1
周囲には保護者がたくさん見に来ている。
去年まで幼稚園児だったと思えないほどしっかり走っている。2周目になると先頭から数珠つなぎのように50人がつながっている。
そして3周目にはつながりがなくなってきて最後尾の2人のそばで一人のパパが「○○ちゃん!!ガンバッテ!!あとちょっとだからビリにはならないで!!」と声をかける。
へとへとのその娘パパの声がとどいたか、ビリにはならないでゴールした。

その辺を軽く走るつもりが、小学生に触発されて、市内周回25キロのLSDとなった。
 以下フォトダイアリー
・ Photo

Photo_4

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/14

自転車のおかげ!

2010年11月13日


11月も半ばになってきて、街中の街路樹もだいぶ紅葉がすすみ、カラフルな色が目を楽しませてくれる。
新都心街の中にある植栽された森のユリノキの葉も黄色が映えて一段と目立っている。Photo
クルマではその紅葉を瞬間的にしか味わえないが、自転車や徒歩ではゆっくりと味わうことができる。
このところの【アシ】は徒歩か自転車だ。クルマ通勤は雨の日くらいで、約9キロの仕事場まで自転車で通っている。
通勤コースも、最近は自動車道路を利用せず、昔からある狭い生活道路を通る。
もともと地元エリアなので、懐かしさも味わいながらの自転車通勤だ。
駅に近い、狭いヘビ道を通ると、幹線道路からは分らない小さな商店がまだらにあり、ある種の商店街を形作っていて、仕事帰りには、小さなスーパーに立ち寄りり、店の前に自転車を置き酒を買う。
店内までの距離もなく、階段の乗降のストレスもなく、混んでないレジで5分で買い物が出来る。
そばには大きなスーパーもあるが、ボクはストレスの無いこんな店が好きだ。これも自転車のおかげだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/09

大宮公園の紅葉探しに・・・リハビリラン!!

2010年11月9日(火)


だいぶ筋肉痛も癒えてきたので、リハビリランにと市内紅葉探しに出かける。
ウオームアップがてらに、ウオークしながら石井スポーツへ立ち寄り、雪用のカンジキやピッケルをチェックする。
軽アイゼンしかもたないので、一応雪用品も用意したいところだが、12本ツメのアイゼンやスノーシューもかなり高価だ。タケカンジキで7千円くらいか。 

体が暖まったころあいから大宮公園へ走り出す。裏道コースから大宮公園へ入るが目立った紅葉はなく、ボート池西に椋の木が黄葉して、カラスが実をついばんでいる。池から高台にある美術館横には大ケヤキがやはり黄葉している。大和田公園に回走すると野球場横Photo
とプール前が見事に紅葉している。しばらく立ち止まって観賞する。Photo_2

その後、芝生が広がっている第二公園に入ると、周囲2キロのジョギング用アンツーカーにランナーが汗を流して走っている。気温も上がり無風なので散歩客も芝生にシートを敷きお昼を摂っている。
見沼代用水路を経てゴールの新都心に着くと、ハナミズキが真っ赤に紅葉していた。
Photo_3

1時間8キロのリハビリランを終えて、マイルスのDVDを借りる。無料CDサービスでピンクフロイドとレッチりも借りて午後は、音楽観賞と決め込む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/08

大腿四頭筋が・・・!!

2010年11月7日(日)


山から下りて二日経ったが、ひどい筋肉痛に悩まされている。
家の階段の昇りもつらいが、降りはもっとつらく手すりを伝っう有様だ。
昨日の風呂上りに、大腿四頭筋の激しく痛むところに湿布を貼ったが、まだまだ痛む。

おもえば、1083mだがけっこう急登の連続が多かったし、復路では道を間違えて、藪漕ぎしたりしたせいか久しぶりの筋肉を使ったせいだろう。 情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/05

紅葉の秩父御嶽山をひとり占め!!

2010年11月5日(金)


このところ、テレビの天気コーナーで紅葉情報をやっている。奥秩父あたりはどうかなぁと思い、快晴情報を信じて、大滝村の秩父御嶽山(1083m)に行ってきた。

朝の8時に車で通勤渋滞の中、すき道を通り、3時間後の11時に大滝村の道の駅に到着した。
紅葉はもう少し先かな。1105
コンビニはないので、少々早いが山菜そばで腹ごしらえして、1110
5分ほど歩いて登山口の普寛神社前の道路に入る。1133
すぐに沢ぞいの登山道に着くと、予定していた庵の沢からの登山道が土砂崩れして通行不可になっているので1135

、別コースから登ることにした。林道歩きや山道歩きを繰り返して分岐点の【杉の峠】に着くと、1214
大きな杉の下に小さな祠があった。
急登の先に空がひらけて鉄塔が出現して御嶽山の山容がすぐそこに見える。1225
鞍部へ下りヤセ尾根の岩場を慎重に登り、鞍部へ、登りを過ぎて紅葉盛りの先にこま犬を従えて紅葉盛りの御嶽山の頂上に着く。
1303
ちいさな頂上に方向盤があり、しばらく、眺望を楽しむ。1316
きた道を下り、2時50分に道の駅に戻り、併設の温泉で汗を流して、家路に着く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/03

やはり自転車専用道路のほうが早かった!!

2010年11月2日(火)

久しぶりに晴れて、それも雨がチリを流してくれたおかげで、空気がどこまでも澄んでいる。
荒川土手前に出ると、南西から北西に丹沢山塊から秩父山塊そして南群馬の山々が大パノラマの景色を出現した。遠景には頭を白くした富士山がくっきりと見える。Photo
Photo_2

秩父の山に行くのには遅すぎるので、かねてから気になっていた登山基点駅の飯能までを自転車で行こうと思い、往路は(32キロ)直線的に一般道路を選び、復路は(42キロ)入間川、荒川の川沿いの自転車専用道路でどちらかが早いかを確認する事にした。

そのついでに飯能にある天覧山にでも登ってこよう。

往路の一般道路は信号待ちや歩道走りなどでスピードを出せないまま、入間川の川越-狭山自転車道路終点に約2時間かかった。そこから飯能駅まで40分で到着した。駅から10分ほどに天覧山(180m)があるので景色を見ていくことにした。
20分ほどで頂上に出ると、Photo_3
西に広い展望台があり、富士山を奥に丹沢山塊から秩父の山群が間近に望める。Photo_4
10分ほど山波を眺めて下に戻り、やや下っている道を狭山に18分で着き、いよいよ自転車道路を入間川沿いに走らせ、そして荒川と合流する川島で荒川-大宮道路に移り帰着した。
終日好天気で帰路の眺めも楽しみながらの72キロのいいサイクリングだった。Photo_5
1時間40分と往路より20分の短縮の結果だった。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »