« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011/01/29

寒い日の新都心

2011年1月28日

年賀葉書の当たりはがき二枚を郵便局で切手に換えて、Photo
寒い午後、新都心街を走る。
アリーナの目印だったジョンレノンの顔がいつの間にか無くなっていた。移設したのか?
金曜日なのにアリーナ前は静かだ。いつもは翌日の土曜日のイベントの準備で、忙しそうなのに。やはりニッパチなのか。アリーナ前でストレッチしてから、1時間ほどかけてひとまわりする。坂の上から西の山を眺めると赤い夕陽が落ちていく。寒い日は好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/26

今年もみなさんご無事で!・・・N社OB会

2011年1月23日


先日、恒例の年に一度の新年会に出かけた。
以前の勤め先だったN社のOBたちの集まりで、大宮周辺在住者や近くの沿線に住む気のあった仲間たちが永久幹事の秋ちゃんの誘いで、数十年間続いている会で、
かつては働き盛りの若々しい会も、今となっては老人会の様で、話題はいつも 昔の仲間の近況報告会になってしまう。
そして最後は、今年もみなさんご無事でまた来年も会いましょう!と〆て3時間半の盛況な一次会が終わった。
Ob
それにしても、みなさん歳をとったもんだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/22

カナヘビの新居

2011年1月15日(土)

昨日捕獲したカナヘビの冬眠用の住まいを用意する。7cm

子供のカナヘビなので手持ちの飼育ケースを利用して、近くのホームセンターで黒土と腐葉土を買ってきた。
Photo
自然に近い状態にするので、底には水もちがいい黒土を敷いて水をたっぷり湿らせておく。
乾燥させないようにする為だ。Photo_2
その上に厚めに腐葉土を敷きつめて、缶の蓋を水入れにして置いて、新居が完成だ。Photo_3
餌がない時期なので、冬眠状態にさせる必要があるが、日中暖かいと地上に出て水を欲しがるだろうと思うので、水は補給しておく。
まだ目覚めていないカナヘビを捕獲ケースから取り出して、
Photo_4
新居に入れてやるが。まだ寒いので、じっとしている。Photo_5
1時間ほど経って、様子をみると潜っていない、目が覚めたか動き回っている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/21

カナヘビ

2011年1月20日

今朝 新聞を取りに行くと、玄関を出てアプローチに敷かれたレンガの平板に降りると何やら落ちている。
枯れ枝か?と思ったが、屈んで見ると凍死したカナヘビの子供だ。新聞を持ち帰り、そのことを家人に言うと、『拾って片づけて!』と言われて、写真に撮った後、Kanahebi
つまんだら、丸まった 輪っかのような体が、動き出してヨタヨタと真っ直ぐな体になった。
手のひらに乗せるも、鈍い動きでどうやら冬眠中に目覚めたらしい。
とりあえず飼育ケースに入れて、観察することにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/11

やはりプロは速い!!

2011年1月12日(火)


寒波が続いたのを言い訳に、休足状態の正月の10日間が過ぎて、無性に汗を掻きたくなった。
今日もかなり寒いので、ロングタイツ、ジャージそしてウインドブレーカーとしっかり着込んで、クルマで15分の彩湖に向かう。
気温は5℃くらいだろうか、田島原の駐車場にクルマを停めて、ストレッチがてらに彩湖まで5分ほど歩く。
コースに着くと、そのままゆっくりとキロ8分位のペースで走り出す。天気が良いので、ウォーキングやランナーがちらほら走っている。
1周目は山を見ながら荒川土手を走るが雲が掛かって、富士山もスッキリした姿を見る事は出来ない。Huji
2キロほどで体が熱くなり、ウインドブレーカーとジャージを脱ぎ腰に巻き付ける。
冷たい風が長袖のTシャツを冷やす・・・気持ちいい。管理橋を渡りトラックの前を過ぎると、プロのランナー達がアップしている。ヤクルトの選手だろう。
5キロ手前で、寒そうなランバンのランナー二人が キロ3分の速度で、追い抜いて行った。Photo
2周目には上下のウインドブレーカーと、上のジャージをを脱いで、コンクリートのバリケートの柵に縛り付け、軽やかに本コースを走る。キロ5分くらいか?
2周の10キロの予定だったが、もう1周走ることにした。水場の水が出ない! あきらめて、3周目に、すると、ウインドブレーカー姿の黒人ランナーが前を行く。
おそらく、ダニエル・ジェンガだろう・・・そう東京マラソンの優勝者だ。

ウインドブレーカー姿でアップだろう、後ろを追うキロ5分弱で追いかける、ヤツは軽やかにアップ、こっちは必死に追うが、次第に姿が遠のいていく。 これが現実だろう。あきらめてキロ5分で3周を終えて、家へ帰り箱根駅伝のビデオを観る・・・やはりプロは速い!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/08

年賀状の整理

2011年1月7日(金)


正月も終わって、ローチェストのパソコンの横に、ちら見したあと放置しておいた年賀状の整理をする。
パソコンを立ち上げて、年賀状ソフトのファイルに届いた年賀状の記しを入れて、出し忘れがないか確認する。
むしろ、まだ届いていない方の近況が気になる。何か不幸があったかな?と思う。

中には、癌が見つかり手術して現在リハビリ中だと近況を綴った賀状や、住宅ローンが残ってるので、まだまだ働くなきゃならないと、こぼす賀状など読みながら、アイウエオ順に仮整理し、23日の年賀ハガキの抽選を待つことにする。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/05

正月

2011年1月4日(火)


いつもより、スッキリとしない正月が終わった。

それは、年を挟んで二週間入院しているおたえさんがまだ戻ってこないからだ。
正月には他の家族との楽しい時間を過ごすも、《今日は調子がいいかな…》と気になって、
朝からの酒は控えて・・・(病院に赤い顔では行けないので)箱根駅伝を観る。往路は予測どおり東洋大学が逆転一位で終わった。
午後は面会に行くがあまりよろしくない様子。
三日目の朝も復路の箱根を観るが、惜しくも三連覇を逃した。
身内の東洋大学OBは大手町にいる。そして午後、病院に面会に行くが元気がない。
四日目に氷川神社へ初詣し、回復の願をかけて家路に着く。そして夕方病院へ・・・。

あしたから仕事だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/02

氏神さまへ初詣!!

2011年1月1日

Photo_6

元旦一番で氏神さまの神明神社へ初詣ランする。
時刻は7時過ぎ、道路はガラガラも氷川神社方面から破魔矢を持った初詣帰りの人が歩いてるくらいだ。
神明神社の境内に入ると、一組の参拝者が鈴を鳴らしている。Photo_2
境内の東には 今では校庭から姿を消した二宮金次郎の像がある。Photo_7
ガラス戸に空けてある穴から賽銭を投げ入れて、鈴を打ち鳴らして、二礼二拍手して、早期退院の願をかけ一礼する。
周囲には高層マンションが立ち並んでいるが、地元を鎮ってくれるこの神社の存在を知る人は少ない。境内には夏祭りの山車もあるのだが・・・。
昨日は雲にかかっていた富士山が今日はくっきりとビルの谷間から見える。おもわず手を叩く。Photo_4

帰路、さいたまスーパーアリーナから東に回ると筑波山も遠くに見える。Photo_8
ついでにここでも手を叩く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »