« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/29

【昭和の日】の今日は庭仕事といきものの世話!!

2011年4月29日(金)

定休の金曜日だが【昭和の日】なので休足にして、庭仕事をする。

シンクイムシにやられたらしい枯れた沙羅の木を花を吊るせそうな太い枝だけ残して切る。
棕櫚竹の葉が上にあるビワに寄生したカイガラムシの排泄物でべとべとになっていたので、剪定がてらに思い切り枝を透かす。
冬越しした食虫植物たちの芽だしの環境づくりと、下草を摘み取る。
オレンジのエビネの花が風に震える。Ebine
コデマリ、ミントブッシュ、ローズマリー、そしてバラが咲いた。
温かさにアブラムシも新芽を吸う。
カナヘビ君にアブラムシを与えるが、長い舌で味見するが気に入らないらしい。
ホームセンターで買ってきたミールワームを2匹与えると、本能むき出して食らいついた。Photo
大きくなれ!!
小川で採取しためだかたちは慣れたのか、ホテイアオイが気に入ったのか、餌をもらえるのを理解したようで、驚かなくなった。Otama
夜はデスク横のライトの下に置き、しばし観賞する・・・癒しになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/27

今日は東の田舎道に初夏の風景を・・・30キロLSD

2011年4月26日(火)


今日は市街地から西の荒川土手に向かい、秋ヶ瀬から田島原そして彩湖までの初夏の風景を楽しみながらJR線沿いに・・さいたまに戻る30キロLSDを予定した!。

いつもより早い8時過ぎにスタートする。
荒川土手に着きオオバコがあちこちに咲き、その眼下近景には、田んぼに水が張られいよいよ田植えか?Photo
寒い早春まで見えていた富士山は姿は拝めない。秩父山系もガスが掛かってぼんやりだ。
土手を降りて秋ガ瀬公園に入ると、新緑に覆われた歩道を走る。とても気持ちがいい。
中ほどの赤い川にアオサギがじっと魚を待っている。Photo_2
公園を抜けて、田島原に立ち寄り、Photo_3
わずかしか咲いてない桜草や、遅咲きの八重桜を観賞し小休止。Photo_4
その後、彩湖の土手を走ってPhoto_5いると、空にはエンジン付きのハングライダが空を飛んでいる。Photo_6
気持ちいいだろうなぁ。

彩湖から外環道路へと市街へもどり、南浦和そばのJR線沿いから さいたまに戻る。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/22

30キロの見沼たんぼラン!!

2011年4月22日(金)


ひさびさに遠出しようと見沼田んぼを挟んで、代用水路の東縁から通船堀を経て西縁に回走する30キロを計画した。
曇り空だが程よい気温なので気持ちがいい。見沼田んぼを分ける芝川を超えると、視界が徐々に広がって東縁の見沼自然公園に到着するMinuma_shizen03
。川沿いの桜は葉桜となり若草色が木々を彩る。
東西に架かる橋をくぐり抜け大崎公園101109135340_0
、川口公園を過ぎる。東縁から西縁へつなぐ通船堀に入ると景色が色とりどりの植物で一変する。00

通船堀を抜けて北へ西縁を戻る。途中コンビニで買ったおにぎりを食べながら、ランチを採り、1時過ぎに自宅に戻った。疲れた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/16

めだかの採集に春の小川へ・・・!

2011年4月16日(土)


水がぬるんできた先日に公園の湿地帯で卵から孵ったばかりのオタマジクシとタニシを飼育しているが、春の小川と言えば、メダカだ。
近くのペットショップで一匹数十円で手に入れることはできるが、自然界で採集することが意味があるので、気温も上昇した今日は、荒川土手周辺の小川に自転車で出かけた。
20分後、ザリガ二生息で、子供達に有名な田んぼ脇の小川に立ち寄るが、駄目。荒川の支流の釣りのメッカの川に移動して川沿いを自転車を引きながら川を覗くと、川面は桜の花びらで覆われていて何も見えない。Photo
更に川下に移動し花びら無い場所の川面に目を凝らすと、居た!居た!
メダカが居た!
手すりを越えてせき止めのチューブに降りて、持参した採集ネットで川面を見渡すが、逃げてしまった。橋桁の下の狭い隙間には青大将が日向ぼっこをしている。Photo_2
こちらに気づいたらしく、暗がりの向こう側に逃げて行った。
場所を変えようと、ゴルフ場横の池に10分後移動した。小さな池で時折釣り人が糸を垂らしている池で、期待が出来る。
池には古い洗濯機が棄てられているが、メダカもたくさん泳いでいる。
採集ネットを静かに水に入れてメダカを1匹すくう。ビンに入れて、更に採集し大小併せて9匹をゲットできた。Photo_3

自宅に戻り大きな飼育ケースに移して、オタマジクシと同居させじっくり眺める。Photo_4
賑やかになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/12

川沿い桜の花見ラン

2011年4月12日(火)


昨日より肌寒い朝なので、午後走りする。
区内を半分に割って南北に川が流れ、Photo
その川沿いに桜が連なっている。
道幅は人ひとり分と狭いけれど、桜の根に注意しながら、南へジョグする。
朝からの強い風にだいぶ桜が散って、葉もちらほらだ。Photo_2
川を横切る道路をいくつも越えて、小学校横のベスト桜景色では、Photo_3
川にも映って相変わらずいい枝ぶりの桜だ。
回走して最後は氷川神社一の鳥居桜Photo_4
で10キロの桜ランを経て先の大宮駅でゴールした。
さいたまの花見ももうお終いか、桜は北へ北へ・・・東北に!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/08

新・一年生!!

2011年4月8日(金)


今日は、おけいさんの小学校の入学式だ。
このあいだ、生まれたと思っていたらもう小学生になる。こっちはその分年を感じざるを得ない。
最近の入学式には夫婦出席が多いという、昼前におけいさんんちに行くとパパさんとママさんが準備中だ。
おけいさんの記念写真を撮る。いろいろ撮ったがひょうきんなおけいさんのベストショットがこの顔だ。
Ss4
 6年後もこんな顔をしてくれるだろうか?
「6年経ったら、デートしてくれるかな?」
『いいけど、死んじゃってるんじゃない?』・・・・って!そうかもね。

そのころは、いまよりもっといい時代でありますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/05

おたまじゃくしとタニシ

2011年4月5日(火)


今日の社会科?は水生昆虫の採集だ。
まだ春休み中の 晴さんを誘い、自転車でいくつもの混雑している道路を横断して芝川沿いの大宮第二公園に着き、池をのぞくが、生物の気配がないので、先の大和田公園の ビオトープの湿地をに着くと卵から孵ったばかりのおたまじゃくしの群団が気持ち悪いくらいあちこちにうじゃうじゃ泳いでいる。

さっそく晴さん、捕獲ネットを持って入れ食いの沼におたまじゃくし5匹とタニシ1匹を採集する。奥にはコサギも一生懸命餌をついばんでいる。Photo
わざわざ採集ビンと採集ケースを持ってきたのに、おたまじゃくしだけではと二人でめだかなど小さな魚を探しに、いつも釣り人が糸をたらしている下の池に向かい、池の縁を慎重に目をこらして探すが、でっかい鯉などしか見えない。向かい側の芝川べりまで降りていくが、鴨やカメがいるぐらいで小魚は見えない・・・まだ早いのかも、とあきらめて見沼代用水路脇の自転車道を通って戻ることにした。Photo_2

昼過ぎに、飼育中のカナヘビの生餌を庭で探すと、アイビーの葉に小さな1㌢くらいのアオムシを発見、コバエより蛋白質がありそうなので、喜ぶだろうと、与えてみるが子供のカナヘビなので1㌢も大きすぎるらしく、銜えるもののもてあまし気味の様子で、ちょっと食べただけで、余してしまった。Photo_3
まだまだ【おこちゃまカナちゃん】らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/03

カナヘビの新居

2011年4月2日(土)


連休の今日は、昨日よりもっと暖かな日なので、仕事場付近まで8キロほどウオーキングして、帰りはジョギングでクルマが通らない狭いけれどちょっと5キロほど長い斜め道を通り、往復16キロの朝ランで汗をかいた。

昼食後、カナヘビの新居の素材をイオンに調達に出かけ、380円の半透明の衣装ケースと花の培養土248円を購入して自宅で製作する。
床材に5センチの厚みに培養土を敷きつめ、その上にカナヘビが潜れるよう腐葉土を置く。
庭にある石材のかけらを腐葉土の上に置いて隠れるようにすき間をつくる。次に枯れた幹だけになった空木の枝を折って、土に刺して上れるように斜めに置く。さらに背丈の違う雑草をケースの土に植えつける。さらにビワの大きな枯葉を数枚ほど土の上に置き、ふたに空気穴をドリルで開けて完成だ。Photo_2
さっそく冬眠用の飼育ケースから、カナヘビを移すとしばらくはじっと動かないが、知らない間に枯れ枝の上に載っていた。Photo

よほど気に入ったのかずっと停まっている。あとは餌をどうするか大人のカナヘビならコオロギを買って来るのだが、まだ子供のカナヘビだから・・・当分はコバエを与えるしかないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/01

春の陽気に誘われて・・・見沼お花見マラニック!!

2011年4月1日(金)


計画停電もない休みの今日は、朝から大宮公園に出かける。まだまだ朝は肌寒いので、ウインドブレーカーを着込んで、ウオーク&ランしながら大宮公園西口に着く。
桜は一分咲きだが露天の屋台があちこちで準備し始めている。Photo
春休みと、陽気に子供連れがあちこちに目立つ。
トモダチのセイちゃんは朝から塾だ。午後にでも遊ぼう。
公園から抜けて見沼田んぼに出ると視界がひらけて、空の青と春の色彩があちこちに現れる。Photo_2
つぼみの桜の下には、まっ黄色の菜の花畑が目を引き、白い風車とよくマッチしている。
Photo_3
そばの【大宮市民の森】では芝生の緑も濃くなり、もうすぐ初夏を予感させる。
ジャージを脱いでザックに入れ、芝川沿いに走ると、いつものカワセミスポットにクルマが数台停まっている。
入るのかなぁ・・(カワセミが)、土手から様子を伺うと止まり木にいるいる。Photo_4
人気を遮るために設置してある黒いフェンスの手前には、望遠カメラでシャッターチャンスをうかがっている先客が餌を獲るチャンスを待っている。
「カシャカシャ!!」とうまく撮る事が出来たようだ。これで遭遇できたのは、5年で二度目だ。Photo_5
ラッキーな日になった。

家に戻り、気温も上昇したので、カナヘビの飼育ケースに水分を補給して、腐葉土をどけると無事冬眠から覚めたカナヘビが出てきた。無事でよかった。なんとなく痩せたように感じる。
餌がないので思案していると、小さなコバエが飛び交っていたので、手に水を濡らして捕獲して与えてみる。Photo_6
羽をぬらしたコバエを爪楊枝の先に付けて、カナヘビの鼻先に差し出すとぺろぺろと様子をみたあと、パクリと食べた。まだ子供なので、大きさもいいらしい。その後も捕獲しては与え続けると、カナヘビも警戒を解いてパクリパクリと食べ続ける。 冬眠用の飼育ケースから日常生活用のケースを用意してあげないと・・・。
明日にも手配しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »