« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/28

急性腰痛症

2012年5月28日(月)

3日前に、8キロのモノを15分抱えて歩いた後、ソファーから立ち上がろうとしたら、突然腰が痛み出した。
いわゆる【ぎっくり腰】だ。


以来、腰をかがめると激痛が走る。なのでロボットのように腰を曲げることはせずぎこちない仕草で、生活をやりすごしている。

朝起きてベッドから立ち上がるときは体を回転させて、後ろから降り、顔を洗うため洗面所でかがむときは両足を開いてスクワット状態で顔を洗い、靴下を履くときは一旦座り込んで履き、ズボンを履くときは左手を壁に置き、右手でズボンをだらりさせてまず左足をズボンに差し込んでから同様に右足をズボンに入れる。
そしてクルマに乗り込むときは上部のつり革につかまり、腰を曲げずにシートに落ち着かせてからシートベルトを装着して背中を浮かせず運転する。

無論、腰には家にあったコルセットで締め付けているので、上記のシーン以外は特別に支障はないのだが、おかげで、散歩は出来ても走ることはできない。
折角体重も落ち着いたのに・・・また肥えそう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/21

金環食

2012年5月22日(月)


金環食の騒動に、朝6時半から小学生に戻って太陽グラスを片手にデジカメで撮影しまくったが、
所詮デジカメなので、かなりのラフな写りになり、金環食はドーナッツみたい。
場所はさいたま市中央区の金環食の様子
・ 7:06分 Photo
・ 7:19分 Photo_3
・ 7:26分 1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/18

動物の気持ちがすこしわかったような気がする!

2012年5月18日(金)


満を持して自転車の回収に武蔵中原にむかう。
朝のニュースで午後には雷雨、竜巻の不安定な天気になる・・・と各局で報じていたが、もう引き伸ばしは出来ないので、早朝の混んでる湘南新宿ラインに乗り込む。

空は晴れてホントに雷雨になるのかと疑いたくなるような、いい日和だ。
10時に半ズボンとTシャツで武蔵中原を出て、第三京浜沿いに多摩川へ向かう。
多摩川べりを西に走り、Photo
多摩川越えをして二子玉川に出る。
ここから登り坂を一番軽いギアにして立ち漕ぎしながら北上し、環状八号線の歩道を走る。

歩道が狭いので、歩行者に注意しながらひたすらペダルを漕ぐ。
途中の交差点2箇所で直進の歩道が切れる箇所に遭遇。

そのひとつの東名高速入り口では、傾斜のきつい歩道橋を自転車を押しながら越えていく。
近くにすむおじいちゃんやおばあちゃん達には無理だろう。

そういえば、地方の高速道路に動物注意!!の注意書きの看板がある。
けもの道が絶たれた動物たちがやむなく横切る際に轢かれることもあるのだろう。
それにしても、クルマ中心の道路環境だらけの東京はそれと同じで歩行者に優しくないな。
動物の気持ちがすこしわかったような気がする。

砧公園を過ぎてPhoto_2
芦花公園も通りすぎ、谷原の交差点あたりから空の色が鉛色に変わってくる。
エッ!もう来たか、速度を上げてペダルを漕ぐ。
ポツリ、ポツリ、と雨が落ちてきた。雨具を着ようかと屋根付の場所を探しながらペダルを漕ぐ。

ファミリーマートに寄り、軒下に自転車を置くと同時に、雷とバケツをひっくり返したような激しい雨が降ってきた、
雨具では用が足りないほどの激しい降りだ。Photo_3

時計はちょうど12時だ用意してきたおにぎり2個を食べて様子を見る。15分後には西の雲が切れてきた。雷はまだ鳴っている。
30分ほどの雨宿りで天気は回復し、豪雨で水溜りが多くなった狭い歩道を疾走する。
笹目橋を越えて、Photo_4

歩道の広い大宮バイバスに入る。ここからはよく知った道で一安心。
さいたま市のバラ公園に立ち寄り、Photo_5


3時間弱の所要で1時過ぎに自宅へ着いた。 
武蔵中原では 雹(ひょう)が降ったらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/17

天使のようなユキノシタ!!

2012年5月17日(木)


狭いアプローチもこのところの多雨と温度上昇が猫庭の植物の枝葉を伸ばして狭くなってきた。
雨降りの日には傘がさせないほどだ。

ふと足元をみると踏み潰しそうなユキノシタの葉の間から二厘の花が立ち上がっていた。
もう夏がじわじわとやってきているようだ、折角だから大きく撮ってみると、見事な造作だ。
天使のよう。Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/16

自転車を取りにいこう

2012年5月15日(火)


何か音がする。心地いい音だ、時計を見ると朝の5時だ。昨夜、少し開けといた窓から風が流れ込んで、レースのカーテンが揺れている。
カーテンを引いて外を見ると、弱い雨が降っている。
先日、置いてきた自転車を引き取りに行く予定なので、「この程度なら問題ないか」と心で呟く。2時間後の7時に起きてきた家人が「午後の雨は酷くなるらしいから、今日は止めたら?」と言う。
居間のソファ越しの先に真っ赤に咲き誇ったカクテルに眼をやった後、右下に咲き始めた薄紫の小輪のクレマチスに眼を移す。その手前には輝きを失って、汚れたキエビネの花がうなだれている。Clematis
その手前のアプローチの平板が雨で濡れているがまだ酷くない、行くか止めるか迷う。
行かなくちゃ!そして5分も経たないうちに家を出る。決めたら行動は早いのが取り柄だ。
1時間半後に中原に着く、こっちでも弱い雨が降っている。やみそうにない、自転車の引き取りは止めにして、ゆっくりしていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/14

絵描き虫

2012年5月14日(月)


クレマチスが咲いた。S

昨年購入して、冬越しの際に地植えしておいた小輪のうすむらさきのクレマチスが咲いた。
ふとみると、一枚の葉に白いマジックでなにか線が書かれている。Photo

まるで葉に絵を描いたような被害で通称【エカキムシ】の仕業だ。
たしかに葉のなかで虫が動き回って葉肉を食べたように見える。

葉を指でつぶして処分した。 虫たちも花の咲く今しか活動できないのだから必死なんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/12

武蔵中原まで76キロをママチャリで・・・!!

2012年5月11日(金)

週一回くらい湘南新宿ラインを利用する武蔵中原まで自転車で行こうと思い、パソコンのゼンリン地図でいくつかのコースの距離を検討する。
67

①案はさいたま市から武蔵中原まで直線の赤で引くと38キロくらいで最短だ。このコースは和光から環8を通るが、クルマで何度か利用したことのあるコースで、ママチャリのコースとなると、歩道走りしかないので、時間がかかるだろう。
②案は国道17号で巣鴨、本郷、東京、芝、旗の台、丸子橋は上り下りが激しいのと、このコースも歩道走りで、時間がかかりそう。
そして③案は距離あるが東京湾まで川口から荒川のサイクリングコースを利用し1号線、中原街道を南下するコースだ。問題はその先が読めない。

結局上り下りの差が無い③の荒川コースに決めて、JR沿線を川口まで、そして荒川コースに入った。Photo
幸い追い風に乗り、ほぼフラットでストレスのない順調な走りで、1時間47分で東京湾に到着した。
1

この調子ならあと1時間半くらいで目的地に着くだろうと思ったが・・・。
左へ左へと走っているうちに迷走して大幅に時間を費やしてしまった。
さらに予想外だったのが橋が多くて上りが結構きつくかなり、太ももが悲鳴をあげるようになってきた。

築地、新橋、そして品川を過ぎて京浜一号線の多摩川越えをして4時間半かかって川崎に着いた。Photo_2

最終目的地に向かう頃には足が動かず結局5時間半もかかってしまった。
自転車を降りて歩くと、ヨタヨタ・・・疲れたぁ~!!帰りは湘南新宿ラインにしよう~!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/08

初夏の散歩!!

2012年5月8日(火)

運動不足気味で【トド化】している家人の定番の【火曜会】が中止だというので、散歩に誘い
大宮公園に向かう。
天気がいいので、大ケヤキが日陰をつくってくれる氷川神社の三の鳥居付近の参道に入る。
2キロ先の氷川神社の方から涼しい風がケヤキのトンネルを通って体に当たりとても心地いい。
かたわらでは男性が常緑樹の新芽萌芽と引き換えに役割を終えて落葉している古い葉を、ブロワーで吹き寄せて掃除している。
一方通行の車道側の向こうの明るい日陰に【シャガ】が群生している。Photo_3

アヤメの仲間なので、なんとなく涼しげな花だ。
気温が一気に上昇したのでそれまでの主役のつつじがすでに色あせて終わりそうになっている。

氷川神社の参道を横切るいくつもの道路から人たち増えて三々五々境内をめざしている。

境内に入ると右手に工事現場の白いシートで覆われていて、そこには遺跡発掘と表示してあるのに、びっくりだ。
とりあえず、二礼二拍手しておまいりした後、ちょっと覗いてみる。
なんでも平安時代の遺跡だとのことだ。Photo_4

紀元前5世紀の創建といわれる氷川神社なので不思議はない。

氷川神社東口から隣接している大宮公園へ足を伸ばし、旧ボート池を周遊しながら市街地へもどる。
2時間の散歩で、最後は家人 Tシャツになっていた。すこしは痩せたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫庭に咲く小花たち

2012年5月7日(月)

GWが終わり、我が猫庭にも次々に花が咲き出してなんとなく楽しい季節がやってきた。
猫庭というほど狭く小さいので、あえて小花を多く植えている。

・30センチほどの小さく仕立てランタナPhoto

・放任していたら2mの背丈にまで伸びたミントブッシュ
Photo_2

・まさに手まりのような コデマリ
Photo_3

・10年ものの古株になったローズマリー
Photo_4
・地を這うように伸びるタイム
Photo


・金平糖のような花がかわいいヒメツルソバ 
Photo_2


タイム以外は、木本なのでほったらかしでも、毎年花を咲かせてくれる。
今朝は花が映える快晴だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/05

やめる勇気は大事!!

2012年05月05日


GW中の荒天侯があちこちで被害をもたらしている。

こっちの生活とは何十年と縁がないが、休日の取得がフリーな自分としてはお気の毒と思う。
貴重な休日を半年も前から予約して、当日が荒天候でもボクでも多分出かけるだろう。

しかし、相手が大自然なら話は別だ。
今朝、TVで【白馬岳での7人遭難か?】というニュースが流れていた。
無事を祈るのみだが、やめる勇気を持つことが山ではとても大事だ。

以前、3人で北アルプスで槍ヶ岳から穂高の縦走中、台風に遭遇し槍ヶ岳を登攀してTop

、来た道を戻ったことがある。縦走を断念したが、後日一人で好天時に穂高を楽しむことが出来た。山は逃げない。
やめる勇気を持つことは重要だ。

夜のニュースで死亡とのこと残念だ。・・・が登山の常識を知らなさ過ぎたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/01

武蔵中原から上野まで・・・!!

2012年05月01日

Photo_9

武蔵中原の用事を済ませて、午後1時から半スパッツとTシャツで中原街道を北に走る。
すこし走っただけでもうこぬか雨が薄くなった頭にあたる。Photo
見上げると雲は切れているので、ほどよい心地よさでそのまま、丸子橋を渡り大田区に入る。
田園調布、雪谷、千束まではまだ雨が降っている。
旗の台、荏原になると雨は上がり、五反田をすぎて品川に向かい、御殿山を登ると高級そうなマンションの横を過ぎて、初めての品川駅を見る。Photo_2
2月の東京マラソンを思いだす。芝公園増上寺に立ち寄り東京タワーを撮る。
Photo_3
芝公園のクスノキの落葉が始まった。すこし眺める。常緑樹のクスノキの新芽が吹くと古い葉を落として入れ替わるのだ。 日比谷公園を過ぎて皇居横から丸の内に入る。Photo_4
東京駅へのおしゃれな通りを進み北へむかう。Photo_5
東京駅が完成ではないが、レトロな駅舎にだいぶ復元されてきている。
Photo_6
万世橋をすぎるとそこは電脳のメッカとAKB48の秋葉原に到着だ。相変わらずの混雑ぶりだ。
メイドカフェの女の子がチラシをくばり客引きをしている。・・・が半スパッツにTシャツのランジジイには声を掛けてくれない。Akiba
気を取り直してとりあえずのゴールの上野を目指して走る。
最後はアメ横に立ち寄り、Photo_7
100円の串パイナップルをいただく。Photo_8


23キロのlLSDを2時間半をかけて走りきる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »