« ヒヨドリの雛たちの巣立ち? | トップページ | 東京マラソン2013は始まった!! »

2012/08/03

巣立ち・・・その後も世話焼きでヒヨドリ観察を終える

2012年8月3日(金)


朝4時半、ピーピーと雛が親を呼んでいる。うるさい・・・鳥カゴの窓は開け放たれているのだが、残った2羽には出る術がないらしい。
親鳥がくちばしに餌を咥えて鳥カゴにやってくるが、餌をあげられない。居間からじっとその様子を見ていたが、
たまりかねて、外へ行き鳥カゴから雛を取り出して巣に入れる。Photo


一羽はすぐに飛び出て行き、向かいの駐車場のブロック塀の上に留まった。もう一羽はいつまでも巣に残っていたが、親が餌を持ってきたきっかけで飛び出た。

しかし、その後の雛たちはあっちでピーピーこっちでピーピーと啼いている。親鳥が大きな声でギーギーとけたたましく啼いているので、外へ出ると自動車道路の真ん中に雛がいる。
あわてて飛び出て道路わきへと誘導して事なきを得た。親鳥もそばにいるが、なにせ手が出せないのがつらいだろう。
その後も残った雛たちが安全な場所へ移動するまで2時間ほどかかり、やっと啼き声が聞こえなくなった。

7月9日に1個目の卵が産み落とされて抱卵、そして孵化、巣立ちの1ヶ月弱のヒヨドリ観察が終わってしまった。

熱い午後、今夏初めてのプールで1.6キロを泳ぐ。Photo_2

|

« ヒヨドリの雛たちの巣立ち? | トップページ | 東京マラソン2013は始まった!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/55340844

この記事へのトラックバック一覧です: 巣立ち・・・その後も世話焼きでヒヨドリ観察を終える:

« ヒヨドリの雛たちの巣立ち? | トップページ | 東京マラソン2013は始まった!! »