« 薬は高い! | トップページ | インフルエンザ »

2015/01/09

発熱と解熱

2015年1月7日( 水)

川崎に住む身内の引越し応援にでかける。
昨日から風邪クスリを飲んでるので、完治ではないが痛みは薄れたようだ。
問題は今日の《寒さ》だ 電車を降りると北風が冷たく底冷えがする、ぶり返さなければいいが・・・・。

引越し先に着きしばらくして3歳のSちゃんと数時間 駅ビル周辺で子守をして、引越し先に戻る。
風邪クスリを忘れたせいかどうか定かではないが、寒気がしてきたので、早々にさいたま市の自宅へ戻ることにする。
暖かい車内での一時間が身体中を解凍してくれて、自宅に着くとポカポカだ。いや!熱い 熱がありそうだ。38.4℃もあった。ヤバイ!
幸いなのは喉の痛みと発熱だけで、普段の生活ができることなのでインフルエンザではないだろう。
何れにしても、平熱まで解熱しなければならない。連休明けに休む訳にはいかないから。

長年の経験から得た解熱法で熱源を排出することにする。
上下に綿の下着を3枚着込み、薄いウインドブレーカーを着る更にその上に4枚のジャージとダウンジャケットを着込んで、発汗を促進する。エアコン温度は25℃だ。
【素人カラオケ大会】 のTV番組を立ったままで観ながら約30分後からジワリと汗が出てきた。よしよし、さらに30分後に竹の子の皮を剥ぐように脱いで、3枚の汗を吸い込んだ下着を脱ぎ汗を拭き新たに3枚着込んでウインドブレーカー、ジャージダウンジャケットを再び着てTVを観る。体温は37.4℃と予測どおり1℃下がって顔の火照りがスッキリとなくなってきた。いい按配だもう少しだ。

その後、2度ほどの着替えを済ませて、1時間後には36.7℃の平熱にもどった。
念の為、風呂はやめておこう。

|

« 薬は高い! | トップページ | インフルエンザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/60940287

この記事へのトラックバック一覧です: 発熱と解熱:

« 薬は高い! | トップページ | インフルエンザ »