« 冬季体育大会 | トップページ | ハクビシン »

2015/03/09

スギ花粉症治療米

2015年3月


寒気が少しづつ減り、暖気が少しづつ増えてくると【 花粉症 】が人を悩まし、寒気マスクから花粉マスクに衣替えだ。
若い家人たちはクスリの服用でやり過ごしているが、古参たちは長く住んでいるので免疫があるのか、せいぜい少々のクシャミくらいだ。この数日 オイラも鼻ムズでクシャミが出る。いよいよか!

ところで、先日の新聞記事に《米を食べ続けるだけでスギ花粉症が治る時代がくるかもしれない》米を食べて抑制とある。
Image

 「スギ花粉症緩和米は、簡単に言うと「毎日のご飯を食べることによって、スギ花粉に対する減感作治療法をしよう。」というもの。遺伝子組換えといっても、お米の中にスギ花粉を作り出すことはできません。そこで、私たちは、花粉が持っている抗原決定基(エピトープ)の部分に注目しました。エピトープとは、花粉の表面にあって、抗体が花粉を異物であると認識するために必要な部分のことをいいます。私たちのスギ花粉症緩和米では、いくつかあるエピトープの一つだけをお米の中で作らせることによって、体の中の抗体に花粉が入ってきたと錯覚させようとしたわけです。エピトープ一つだけでも抗体は認識することができますので、アレルギー反応を抑えることができるわけです。
エピトープの正体は、10個から20個ぐらいのアミノ酸がつながったものです。私たちのスギ花粉症緩和米とは、このエピトープをお米の中で作らせるようにしたものです。
 すでに、私たちは、お米の粒の中にだけ、花粉症を抑えるのに十分だと考えられる量のエピトープを作るイネを開発することに成功しています。マウスにこのお米を食べさせる実験を行った結果、普通のお米を食べさせているマウスよりも、花粉症を引き起こす抗体を70%減らす効果があることが確かめられています。こうしたことから、私たちは、今回開発したスギ花粉症緩和米がこれまでより簡便な花粉症治療法として役立つ可能性があると考えています。「農業生物資源研究所 」

ヘェ〜! でもあんまりお米食べないんだよね!
できれば お酒に、ビールに入れて欲しいよね。

|

« 冬季体育大会 | トップページ | ハクビシン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/61227551

この記事へのトラックバック一覧です: スギ花粉症治療米:

« 冬季体育大会 | トップページ | ハクビシン »