« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015/04/30

誕生会

2015年4月28日(火) 定休日


昨日 近所に住む 長女の誕生会をやった。

家の者はお祝いをあげればいいと言うが、イベントに意味があるのでみんなで祝うべきだと思うし、本人を産んだ親の日でもあると思い、オイラが音頭をとり誕生会を提案する。
本人たちは40過ぎると遠慮がちだ。どうも知らぬまにスルーしたいようだ。「どうせお酒を沢山飲みたいんでしょ!」と思われてるようだ。
誕生会といっても夕食をいつもと違うものにして、ケーキを用意するだけだ。
今回は前日が唐揚げだったので魚系を考慮して、そばのSOGO地下のにぎり寿司にした。大人3人と子ども2人分で6000円ほどと高野のケーキを3000円ほどを買い求めて、夜7時頃からスタートだ。
毎日の夕食が一緒なので、とくべつの段取りはないがいつもと違う食材が並ぶがいつも通りの夕食タイムだ。食後10分くらい経ってからケーキとロウソクを用意して主役のお出まし、みんなで写真を撮って「ハッピバースデー!」して、ケーキを切り分けてイベントは終了した。
あとで撮った写真を見ると、みんなの笑顔がそこにある。やっぱり誕生会はいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/28

真夏日

2015年4月27日(月)

群馬県の館林で30.2℃を記録し【 真夏日 】となったようだ。
わが町も夏日だったが、湿度が低いので気持ちのいい暑さで園芸日和になり、植物たちもぐんぐんとと枝葉を伸ばした。Image_4
植物が元気になると虫たちも元気になり、朝から園芸店では新芽を吸うアブラムシや柔らかい新葉を食べるアオムシ、テントウムシみたいな小ちゃなハムシImage_2などの《虫退治》の殺虫剤や、庭木の病気による斑点病Image_3やバラのうどんこ病の殺菌剤を求めにくる客が増えたようだ。また可愛い花でない嫌われものの雑草も伸びて草殺しの《 除草剤 》も人気らしい。
そしてわが家の猫庭にも暑さと比例してダンゴムシが出現してきた。
いよいよ夏がやって来そうだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/27

ゴールデンウイーク

2015年4月25日(土)

いよいよゴールデンウイークが始まり、気候のいい事もあって一気に外へ出かけたようだ。
ところで最近のNHKのニュースでは《 大型連休 》と表現しているので調べてみた。
Image
「ゴールデンウィーク」の名称は、映画会社の大映が松竹と競作して1951年(昭和26年)に同時上映となった獅子文六原作の『自由学校』が大映創設以来(当時)最高の売上を記録し正月映画やお盆映画以上の興行成績を残したことで、映画界でこの時期に多数の動員を生み出すことや活性化を目的として当時の大映常務取締役であった松山英夫によって作成された宣伝用語であり、1952年(昭和27年) - 1953年(昭和28年)頃から一般にも使用されるようになり他の業界にも広まった。
しかし
・休暇が取れない人から「何がゴールデンだ」という抗議が来る。
・外来語・片仮名語を避けたい。
・1週間よりも長くなることが多く、「ウィーク」はおかしい。
などの抗議もあり

NHKや一部の民放、新聞などは「ゴールデンウィーク」という言葉が映画業界用語だったことから、業界の宣伝になることや年配者に分かりづらいという理由などで、単なる「(春の)大型連休」という表現で統一している。「ゴールデンウィーク」という言葉は2004年に損害保険ジャパンが商標登録している(第4824147号)。この他にもNHKでは「ゴールデンウイーク」を用いないじょうきような理由を挙げている。・・・Wikipedia

という事だが、日常会話ではあたりまえのように【ゴールデンウイーク】と呼んでいる日本人が大半だろう。
因みに 9月の大型連休は【 シルバーウイーク】と言うらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/26

バーゲンハンター

2015年4月24日(金) 定休日


わが町さいたま新都心にcocoon2がオープンしたので、クルマで出かけた。
いつもは自転車なのだが、お茶の箱買いと米5キロを家人が買うと言うのでクルマにしたのだ、
開店前にもかかわらず、既に道路が混んでいる。PKにクルマを止めて歩道橋に出ると、大勢の客があちこちかは大集団のように入口に吸い込まれていく。Image_3以前よく買い物に来たイトーヨーカドーが閉店して新しくなったのでバーゲンハントしにやってきた。ところが食料品が品揃えも豊富に大きくなったが衣と住が無くなった。
確かに総合小売業の不振は衣と住で客がユニクロやニトリなどの専門店を選ぶのが普通になったので敢えて扱いを止めたのだろう。代わりに人気がある専門店を増やしたようだ。
結局は、H&Mで激安のシャツを2枚と、Image_4ABCマートでアシックス、Image_5さらに入場制限のショップがあるflyingTigerImage_7など話には聞いてたけど超人気ショップらしい。
ヨーカドーでお米5キロを買い気持ちのいい屋外を散策すると超人気があるらしいパンケーキのお店に長蛇の列が出来ている。Image_6あまりの長さに諦めてアルピーノの店頭のテーブルでエクレアを頂き買い物を終えた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/24

小花繚乱

2015年4月24日(金) 定休日


このところの暖気に我が猫庭も一気に枝葉や花が生長して、玄関までのアプローチが狭くなった。
入口左手の蛙のそばのギボウシとその上のシモツケの新葉がこんもりと太り、右手の下のタイムもアメーバのように手足を地に広げ始め、小さなピンクの花もちらほら咲いてきた。Image
その上段には真っ白のイベリスが満開だ。さらにそのイベリスの上に雑草のような赤いチェリセージが全体を太らせて、アプローチを狭くしている。
Image_2セージの先にはそれまであった古株のローズマリーが御用済みとなって100%の太陽を独り占めしているヒメツルソバが勢力を増やして金平糖のような花を沢山つけている。Image_3そしてアプローチの向かい側ではエレガントに立ち上がったエビネが今年も咲いてきた。Image_4玄関前のヤマブキが終わりとなりの丈の低いコデマリも辛うじて蕾が付き文字どおりの手鞠の形になりつつある。Image_5そして七変化の異名を持つがうちではいつもピンクの花色で変化しないランタナも小花を付けた。Image_6
小さな猫庭なので、小さな花の方がバランスがいい。そろそろカナヘビのチョロが出てくる頃だ。Image_7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/22

修業不足か、加齢なのか?

2015年4月21日(火) 定休日

このところのトレランのあとは必ずと言って【 筋肉痛 】になる。
こないだの陣馬山から高尾山口駅までの下り、その前の大楠山から横須賀への下りのラン後には【 筋肉痛 】になる。
傾斜が緩やかな上りは走るが、ほとんどは歩く。フラットなトレイルや下りではしっかり走る。
従って走行距離の半分は走ってることになる。
こないだの陣馬山からのトレイルはほとんど下りの気持ちいいロングトレイルで高尾山のケーブルカー駅からの1号路の下りはかなりの傾斜で、キツかった!
その翌日 足くびが筋肉痛になったのはそのせいだろう。
そして今日は 雨上がりの曇天で、リハビリランには丁度いい、次の定休日はまた 箱根のトレイルを走る予定だ。
外に出るとハナミズキが満開だ。
Image
Image_2
そして真赤に燃えたツツジもImage_3
Image_4
曇天の中でも映えるね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/18

初めての陣馬山

2015年4月17日(金) 定休日


初めての陣馬山だ。高尾山には何度も来ていて、気になってはいて、やっとその気になり、陣馬高原下までのバスがあることを知り、【高尾】から7:35のバスに乗り8:10現地に到着した。このバスは小学生が駅から数人乗っていたので、すぐに降りるのか?と思っていたら幾つものバス停から次々に乗ってくる、そのうち乗客の過半数は小学生になった。結局出発して10キロ先の小学校のそばで降りた。まるでスクールバスだ。
終点で降りた客は皆、山スタイルでトレランスタイルはオイラだけだった。
今 天気はいいが予報では午後から雨予報なので、急ぎたいが初コースなので駅にあったコースを参考にしよう。
陣馬高原下バス停からやや上り道が続きコースタイム20分を15分陣馬山コース入口だ。Image
陣馬山山頂まで1.9キロだがすぐにくねった上りが始まり、10分後には急登状態になる。Image_2いっきに汗が吹き出る、長Tシャツになり20分過ぎると右手が開けて稜線が見え緩やかな上り坂に変わる。9:00過ぎに前を行く山オールドガールズに道を譲って頂き、
コースタイム1:00のところを 0:36で陣馬山山頂に到着した。(9:10)Image_5
あいにく、遠景は視界がボケていた。休む気も無く、奈良子峠に向かう。
ここからのトレイルはランに最適なコースで、ぐんぐんと走れる。コースタイム0:40を0:16で到着。(9:29)
その後明王峠、底沢峠を経て景信山には出会う登山者が少ないのこともありコースタイム1:40を0:37で走り抜けた(10:06)Image_6
景信山の景色は晴れたらいいだろうと思い、小休止し珍しくキレイなトイレ小屋で用を足す。やはり都会に近く登山者が多いだからだろう。(10:19)
次第に下りが増えて狸のいる小仏峠(10:29)。Image_7そして桜のまだ残る城山だ。景信山からのコースタイム0:50を0:22で。(10:41)Image_9
ここからのコースは大下りで木の階段が一丁平まで続き出会うハイカーがつぎつぎに上ってくるので、いつしか挨拶はやめた。
このあとは人の少ない巻き道を行きもみじ台、そして黄色い声が響く高尾山の山頂に到着するコースタイム0:50 を0:27で。(11:08)Image_10
浄心門までは人の少ない吊り橋の4号コースをImage_11ケーブルカーの高尾山駅前からは1号コースを下って高尾山口に、走行距離 17.45キロ 、所用時間 03:07:56でゴールした。(11:27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/15

タイタニック号

2015年4月14日(火)


今日も憂鬱な雨の日になりそうで、調べものをしてたら『 タイタニック号の沈没の日』だった。Image
タイタニック(RMS Titanic)は、20世紀初頭に建造された豪華客船で、処女航海中の1912年(明治45年)4月14日深夜、北大西洋上で氷山に接触、翌日未明にかけて沈没した。犠牲者数は乗員乗客合わせて1,513人(他に1,490人、1,517人、1,522~23人など様々な説がある)であり、当時世界最悪の海難事故であった。その後、映画化されるなどして世界的にその名を知られている。…wikipea

Image_2あの1997年のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの主演の【 タイタニック】があまりにも有名で日本でも大ヒットしたやつだ。歌も良かった。セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」も大ヒットした。もう18年も経つのか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/14

路傍の花たち

2015年4月13日(月) 公休日


 我が町の統一地方選が12日、終わった。
今朝の新聞で投票した市会議員は無事当選したことを確認したが、道府県議選で無投票当選者が続出するなど、地方政治の活力が低下している現状は心配だ。12日に投開票された統一地方選前半戦の41道府県議選の投票率は、平均は前回比3・10ポイント減の45・05%で、どんどん減っているのも気になる。
さて、予報では終日雨模様らしいので、朝一で強めの ショートランに出かけた。まだ霧雨程度なので国道沿いを走る。灰色の景色の路傍に《 ナガミヒナゲシ 》があちこちに咲いている。Image
国道から左へ新都心街に向かい陸橋を越えて、北へ戻るとケヤキの街路樹に出る。広い舗道を少し走ると足もとに爽やかな青い星形の《 ハナニラ 》も旬だ。Image_2その先にはやっと町に降りた《 シャガ 》がエレガントに花開いている。Image_3さらに珍しいまっ白な《 シロヤマブキ 》だImage_430分かけて5.5キロを走り終えると雨が本降りになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/11

無投票

2015年4月10日(金) 定休日


日曜日が仕事なので、統一地方選挙の期日前投票に朝一で出かけた。
いつものランスタイルで外に出ると寒い!戻って一枚着込んで再スタートだ。。それにしても寒い、みんなダウンを着ている、あまりに寒さにアップがてらに 桜のトンネルが終ったきりしき川沿いをジョグする。アレェ!桜のつぼみがいっぱい付いてるぞ、桃色の八重桜だ、ソメイヨシノの後に咲くカンザンだ。
Image
だいぶ暖まった頃区役所の到着。入り口にパーテーションで区切られた簡易な投票所が出来ている。
投票券をもらい昔から知ってる市議の名前を記名し投票を済ませ、次の県議選は?と周囲を見渡すも無い。一旦コーナーを外れると《 無投票になりました》の看板が・・・。Image_2先日、TVで地方の無投票の事が報じられていたが、まさかここでそんな事が起きるとは思っていなかったのでビックリ。
4月3日告示の41道府県議選。全選挙区の33%で無投票が確定したという。そして総定数(2284人)の2割超がそれで当選した。無投票当選者(501人)の割合は記録が残る1951年の統一地方選以来で最高との事。…毎日新聞

これはマズイよね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/10

やっと芽が

2015年4月9日(木)


春の雪一過の朝はまだ寒いまだ5℃だ。朝からの太陽が救いで日経を取りに猫庭出る。
出口のギボウシの斑入りの葉が伸び始めてとても爽やかだ。Imageすでに伸びたシモツケの葉も楕円の形を描くようにこんもりだ。下草にに延びた常緑のアイビーのすぐ横にはもうエビネが立ち上がっている。Image_2そして一番先に花を付けたヤマブキの隣のコデマリにも蕾が出始めた。Image_3陽の当たる玄関横に置きっぱなしのクンシランも硬い葉の中に蕾が膨らんでいた。嬉しい。
Image_4奥庭のアジサイもたくさんの葉が展開して葉の間にツブツブの花芽が・・・Image_5先日家人が「あれはダメかも、みんな葉が出てるのにアレだけ出てない枯れたかも」と言ってたムラサキシキブ。よく見るとやっと芽が節の上に吹いてきている。良かった!Image_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/09

春の雪

2015年4月8日(水)


雪になってきた。数日前の初夏の陽気とは打って変わって冬に逆戻りだ。
天気予報では5℃の気温が終日続くという。
春の雪だ。春の雪と言えば三島由紀夫の小説を思いだした。

Image
《 時代は大正初期、まだ日本に華族や爵位の残る時代。
幼馴染の侯爵家の一人息子・松枝清顕と伯爵家の一人娘・綾倉聡子は、実は両思いながらも上手く愛情を表現出来ずにいた。そんな中、聡子は宮家の子息・洞院宮治典王に求婚される。それは断ることなど許されないものであった。聡子は手紙を出し、清顕の気持ちを何度も確かめようとするが、不器用な愛情表現しかできない清顕はそれを読まずに突き放す態度をとってしまう。失望した聡子は洞院宮治典王との縁談を受け入れる決意をする。
もはや聡子が自分のものにはならないと知った清顕はようやく聡子への深い愛に気づくが、それは皮肉にも聡子の結婚に勅許が下りた後であった。しかし清顕は諦めきれず、聡子の愛を取り戻したいとひたすら願う。清顕への愛を諦めていた聡子も彼との密会を受け入れ、二人は激しく愛し合う。しかしそれはつかの間の禁断の愛であった。やがて聡子は妊娠するが、お互いの両親に二人の秘密が知れ、聡子の中絶は隠密に処理された。聡子の苦しみは深く、奈良の門跡寺院で出家する。
出家した聡子に一目会おうと清顕は、春の雪の降る中、寺に行くが門前払いで会えない。なおも清顕は聡子との面会を希望するが、聡子はそれを拒絶する。そして、雪中で待ち続けたことが原因で、清顕は20歳の若さで亡くなる。清顕が見ていた夢の中の蝶が滝の下で二羽飛んでいく。》・・・wikipedia

こんな泣けてくるストーリーだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/07

最後の花見ランは 花筏と花吹雪!

2015年4月6(月) 有給休暇

Image_4
不安定な天気週間になり、今日はなんとか持ちそうなので見沼代用水の東縁に向かう。
市街地を抜け住宅が減り樹木が増えて田舎景色が広がり6キロほど東にいくと突然視界が開ける。
見沼田んぼだ。左手の見沼代用水東縁の土手の桜並木が目を引く。Image 土手の下には散った花びらが道路を覆っているがまだまだ花見の状態を保っていて、上野田の【 見沼自然公園 】には陽気に誘われて花見客がいっぱいだ。Image_2桜並木の見沼代用水東縁を南に南へと向かい川口の自然公園を過ぎて武蔵野線のガードを潜り下山口新田から右折して菜の花がきれいな通船堀第一の関で一服だ。観光用に通りがきれいに整備されている。
Image_3この先の芝川を境に見沼を挟んで代用水西縁に代わる。ほどよい日影で川沿いには《 ムラサキハナナ》が群生して涼しげに咲いている。Image_5ふたたび武蔵野線のガードを潜ると大手毬のような桜が現れた。ソメイヨシノではないのか?。Image_6いつもの女体神社がある山田の案山子の見沼氷川公園につく。Image_8昼どきとあって、あちこちで老若男女がシートを広げて花より団子?ランチをしているので。
オイラも持参したバナナ、ドーナッツ、チョコで、ウオーキングランチを摂る。花園の出現だ!芝桜と用水に垂れた桜、そして用水には桜の花筏が浮かんでいる。Image_7
昼すぎから風が出てきて、時おり花吹雪が舞うようになった。最後の花見だ。

花いかだに花じゅうたん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/05

残高が残ってるようだ!

2015年4月4日(土) 有給日


個人の連休の二日目の朝、想定どうりの曇天で、いくつかの用事を午前中に片付けて、午後は在宅する予定を立てた。
昨日の30キロランの後遺症はまったく無い、週の休みで40〜60km走ってるので筋肉も耐性がついたのだろう。《 ランニングは貯金が出来ない》と先日の新聞に載っていた。
先月のラン記録は
・2015年03月 7回走行して 135.56Km
・合計のランニング時間は 21時間09分45秒
・19.4Km/一回当たり だった ので筋肉もまだ残高が残ってるのだろう。
朝の9時過ぎに,近くのイオンモールで、酒類の買い出しに行き、ついでにQBハウスで散髪に立ち寄るも大混雑であきらめて、エネオスに向かいGSを3000円入れる。@130円だ。
GSの前のSEIYUのQBハウスもすでに満席、今日は土曜日だった!
あきらめて家にもどると曇天の中にイベリスの白花が咲き誇っている。
Image
さらに玄関前には鮮やかな黄色い八重のヤマブキが咲き出した。何故か得したようだ。
Image_2


| | コメント (0)

2015/04/04

小雨の裕次郎の海から半島最高峰の山へ・・・30kトレラン

2015年4月3日(金) 定休日


逗子に7:50到着したが超曇天、しかも寒すぎて薄着を後悔した。
曇天は予測どおりだったが寒すぎるので、暖ったまるまでウオークするのだが、すぐに走ることにした。
500mほど先の渚橋から海が見えた。色の無い海だ。Image気が付いたら小糠雨が降っているが赤ジャンだけ脱いでジャージではしる。3キロほど走ると森戸神社があり、小休止しながら海岸に向かうと石原裕次郎の碑があった。そう言えば地元だ。Image_2海岸はさらに煙っていて更に色が無い。Image_3 少々のアップダウンの繰り返しで汗が吹き出てきたが強風もキツイので小糠雨にしっとり濡れたジャージを我慢して着たまま葉山御用邸に到着した。入り口を警備している警察官から狭い歩道を通ると「こんにちは!」と声が掛かる。Image_41キロ程の上りが始まり正面の景色が切れた。長者ヶ崎だImage_6 そして大きく左に曲がった先には海に奇岩がある立石公園だ。Image_7海水浴場の浜を過ぎると集落が続き、やっと【 大楠山 】への登山道入り口の前田橋を左折して山あいに入る。逗子から9キロだ。Image_8そして700mほど進むと、前田川に架かる橋からトレイルが始まる。
雨が降ってるので、極小の傘を持って登る。Image_9直ぐに急登が始まり、傘を畳んでしまう。邪魔だ。Image_10ひと山を越えると山桜が、足元にはスミレが色を添えてくれる。Image_11
まだまだ雨は止まない。平坦と下りは速度を上げて走る。
mImage_13頂上付近に植栽されている菜の花の黄色はこんな靄ってても強いなぁ。Image
そして頂上だ。小さな子供たちがいた、晴れたら良かったのに・・・・。
Image_2衣笠山への下り坂を終えた路傍にニリンソウが、シャガも咲いてる。
Image_3

Image_4
衣笠山公園への登山道が遮断されて、古道を通り大きく廻ることになった。
Image_5
選べないので古道を走る。Image_6更に速度を上げて走る。Image_7結構な距離を走り終えた古道の先は霊園だった。Image_8
Image_9
7キロ大回りして衣笠山公園のに到着。
Image_10最高地点。Image_11菜の花を前座に横須賀市街地。Image_12衣笠駅への自然道を下って。 Image_13また下る。Image_14
そして衣笠駅から横須賀までの30キロを4時間半で完走だ。。

| | コメント (0)

2015/04/02

今朝の桜は100%・・・大宮公園

2015年4月2日(木)


朝の8時はまだ寒いので上着を着込んでチャリで通勤客で混雑してしている駅を越えて大宮公園にむかう。
公園の西側の道路に出るともうそこは満開の【桜の園】だった。Image まだ人はまばらで屋台も誰もいない。今が一番良い時間なのに。
Image_2 もうボートは無いのに、皆んなはボート池と呼ぶ桜景色には欠かせないところでツーショットだ。
Image_3

Image_4
さあ仕事場に向かおう!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/01

城ヶ島からキャベツ畑と海を走る

2015年3月31日(火) 定休日

今日は暖かくなる予報なので海に出かける、行き先は三浦半島の突端 城ヶ島。
直行便がないので、途中までバスで行き、気持ちいい朝なので走りだす。Image大橋を半ばまで渡ると右手の海に富士山が浮かんでいる。Image_2まだシーズンオフなので観光客は少なく、暇な中年の夫婦数組と出会う程度だ。Image_3目的は海岸だ。磯が広がり先には灯台が有るらしいImage_4そして結構有名な奇岩の馬の背洞門だ。Image_2更にへ赤羽根海岸に降りてタイマーで自撮りする。Image
しばらく誰もいない磯で海を眺めたあとは、特に興味あるものはないので次にむかう。
半島を東にぐるりと走ると《 キャベツ》畑が多いのにビックリだ。冬は《 三浦大根》が有名だが今は春キャベツらしい。Image_3風力発電のプロペラが海風に吹かれてまわっている公園でトイレ休憩して、汗を流す。Image_4気温はグングン上がり、半パンになり上り下りの国道をひたすら走る、景色はキャベツ畑が続き、下り坂に桜の木が満開に、正面には海がふたたび顔を出す。Image_12海道の案内板に誘われて国道を離れて海岸に下りる。Image_6こんなところに弥生時代の住居洞窟がありビックリ、毘沙門洞窟だ。Image_7薄紫色のハマダイコンが群生して奇岩と海が開ける。気持ちいい浜だImage_8海に入りたかったが着替えがないので磯遊びして楽しむ。Image_9国道にもどり再び海を離れて北へ向かい持参したバナナで小腹を満たながらウオーク。
下った下には大きく長い砂浜が見えた。金田浜だImage_10相模湾から浦賀水道の東南岸は海水浴場のメッカで金田海岸海水浴場、三浦海岸海水浴場、津久井浜海岸と連なっていて、津久井浜ではウインドサーフィンが強風を受けて勢い良く滑っている。遠景には千葉の山が見える。富津か?Image_11
この後海を離れてゴール地点の久里浜への峠越えをして23キロの海ランを終えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »