« 最後の花見ランは 花筏と花吹雪! | トップページ | やっと芽が »

2015/04/09

春の雪

2015年4月8日(水)


雪になってきた。数日前の初夏の陽気とは打って変わって冬に逆戻りだ。
天気予報では5℃の気温が終日続くという。
春の雪だ。春の雪と言えば三島由紀夫の小説を思いだした。

Image
《 時代は大正初期、まだ日本に華族や爵位の残る時代。
幼馴染の侯爵家の一人息子・松枝清顕と伯爵家の一人娘・綾倉聡子は、実は両思いながらも上手く愛情を表現出来ずにいた。そんな中、聡子は宮家の子息・洞院宮治典王に求婚される。それは断ることなど許されないものであった。聡子は手紙を出し、清顕の気持ちを何度も確かめようとするが、不器用な愛情表現しかできない清顕はそれを読まずに突き放す態度をとってしまう。失望した聡子は洞院宮治典王との縁談を受け入れる決意をする。
もはや聡子が自分のものにはならないと知った清顕はようやく聡子への深い愛に気づくが、それは皮肉にも聡子の結婚に勅許が下りた後であった。しかし清顕は諦めきれず、聡子の愛を取り戻したいとひたすら願う。清顕への愛を諦めていた聡子も彼との密会を受け入れ、二人は激しく愛し合う。しかしそれはつかの間の禁断の愛であった。やがて聡子は妊娠するが、お互いの両親に二人の秘密が知れ、聡子の中絶は隠密に処理された。聡子の苦しみは深く、奈良の門跡寺院で出家する。
出家した聡子に一目会おうと清顕は、春の雪の降る中、寺に行くが門前払いで会えない。なおも清顕は聡子との面会を希望するが、聡子はそれを拒絶する。そして、雪中で待ち続けたことが原因で、清顕は20歳の若さで亡くなる。清顕が見ていた夢の中の蝶が滝の下で二羽飛んでいく。》・・・wikipedia

こんな泣けてくるストーリーだ。

|

« 最後の花見ランは 花筏と花吹雪! | トップページ | やっと芽が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/61410535

この記事へのトラックバック一覧です: 春の雪:

« 最後の花見ランは 花筏と花吹雪! | トップページ | やっと芽が »