« お疲れさま | トップページ | 返せないほど貸す方が悪い »

2015/06/28

うるう秒は7月1日の8時59分59秒に1秒足される‼️

2015年6月28日(日)

うるう秒?

はじめて知った。【うるう秒】があるということを。
今年の閏秒は3年ぶりに7月1日の午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に1秒足されて
8時59分60秒をはさむ事になる。 (グリニッジ標準時が7月1日午前0時が時差で日本では9:00)

たった1秒!でも 極端な例だと何万年には正午が真夜中ってことになりかねないのでズレが1秒に近づくと原子時計の時刻を調整することになったそうだ。
うるう秒は1972年に始まり25回目の前回は2012年7月1日で今回は26回目になる。
理由は昔、地球の自転から時刻を決めていて、南中から次の日の南中までが1日。その24分の1が1時間、その60分の1が1分、その60分の1を1秒と定めていたが、
観測技術が進んでくると、地球の自転はいつも同じ速さで回っているわけではないと分かり、
そこで地球の 公転を基準にすることになった。
50年代に原子時計が発明され、それを使い続けるとズレが広がることを防ぐ為うるう秒が考え出されたようだ。
4年に1回のうるう年と違い不定期なのは地球の自転が月の引力などでふらつきながら少しづつ遅くなっている為だという。今迄気がつかなかったので三日後の7月1日の9時前には検証してみよう。
Image


|

« お疲れさま | トップページ | 返せないほど貸す方が悪い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/61805349

この記事へのトラックバック一覧です: うるう秒は7月1日の8時59分59秒に1秒足される‼️:

« お疲れさま | トップページ | 返せないほど貸す方が悪い »