« 中学の体育祭 | トップページ | 雷雨 »

2015/06/22

夏至

2015年6月22日(月) 夏至


今日は夏至日、二十四節気の第10番目で一年で最も日照時間が長い日で、地方の風習で尾張地方の一部で夏至の日に無花果田楽を食べる風習があったり、
大阪の一部では夏至から半夏生(夏至から11日目)までの間にタコを食す習慣がある。稲の根がタコの八本足のように深く広く張ることを祈願するもの。
関東地方では新小麦で焼餅をつくり神に供える風習があるそうだ。
天文学的には
春分から秋分までの間、北半球では太陽は真東からやや北寄りの方角から上り、真西からやや北寄りの方角に沈む。夏至の日にはこの日の出(日出)・日の入り(日没)の方角が最も北寄りになる。また、北回帰線上の観測者から見ると、夏至の日の太陽は正午に天頂を通過する。夏至の日には北緯66.6度以北の北極圏全域で白夜となり、南緯66.6度以南の南極圏全域で極夜となる。Image
また北半球では、性欲をかきたてる日とされており、スウェーデンの民俗学者によると、夏至を祝うミッドサマーの祝日から9ヶ月後に生まれる子どもが多いという。ギリシャ北部では、未婚女性がイチジクの木の下に自分の持ち物を置くと、夏至の魔法により将来の夫の夢を見るという伝承がある。ポーランドではスラブ民族の祝日、「イワン・クパラの日」の夜には、人々が恋に落ちるという言い伝えがある。イギリスのストーンヘンジでの夏至祭りは、ドルイド教に由来し、男性神、女性神の出会いを祝う意味があると言われている。・・・・wikipedia
因みに冬至はImage_2比べるとこんな感じでわかりやすい。

夕食には【 焼き餅 】でも食べようか?ね。


|

« 中学の体育祭 | トップページ | 雷雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/61777965

この記事へのトラックバック一覧です: 夏至:

« 中学の体育祭 | トップページ | 雷雨 »