« エビガラスズメ | トップページ | トントントントン! »

2015/07/22

ストレス解消に相模湾ランの続き

2015年7月21日(火) 定休日

相模湾ランの切れたコースを繋ごうと平塚から鎌倉までの20kを走ることにした。
先日の梅雨明け後、狂ったような熱波が襲い 夕べもエアコンの世話になった。

平塚に9時半過ぎに到着。1時間半も冷房の効いた電車に座っていた身体が少しずつ解凍されていくように、じわじわと暑さを感じ始める頃、平塚南側の高浜台の海に出た。Image
サーファーたちが喜びそうな波が立っている。右手には富士山、その左には箱根の山、伊豆半島が、そして正面には傘のような雲を被った大島が見える。Image_2
右手に海を見ながら海岸のアスファルトを走る。相模川を越えて茅ヶ崎の柳島海岸に降りて岩場で寄り道してシューズを海水と砂まみれにしてしまい、裸足で1キロ程波打ち際を歩くことになった。Image_3ふと思い出した。およそ半世紀前の頃、千葉県の御宿岩村田海岸を監視員として波打ち際を歩いていたことを・・・。Image_4
サーファーたちはここでも波乗りだ。波打ち際から砂浜に戻るつもりで足を入れると、熱い! 容赦なく太陽が砂を焼きつけている。まるで熱したフライパンの上を歩くよう、たまらず手にしているアシックスを置いてその上に足を置く。そして右手の海水まみれのソックスを履いて、砂浜を脱出してアスファルト道に戻ると烏帽子岩がある海水浴場のサザンビーチだ。Image_5お洒落な海の家が立ちならび昼時とあって、ジョギングしている爺には目もくれないが若者たちに客引きをしている。
辻堂海水浴場、鵠沼海水浴場そして片瀬江ノ島海水浴場Image_7と海水浴銀座だ。Image_6
腰越を過ぎると道が狭くなり江ノ電が道路ぎわを走り、七里ヶ浜を過ぎて稲村ヶ崎のセブンイレブンで、麦茶とガリガリ君を買い、体の芯から冷やす。暑さですぐにガリガリしなくなった。稲村ヶ崎で小休止する。Image_8
そして今回最後の海水浴場由比ヶ浜は鎌倉に近いせいか平日とは思えない人出だ。
長い21キロの海岸線のランで溜まったストレスが発散できた。
これで小田原から相模湾と三浦半島の海岸線から横須賀までつながった。


|

« エビガラスズメ | トップページ | トントントントン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/61931919

この記事へのトラックバック一覧です: ストレス解消に相模湾ランの続き:

« エビガラスズメ | トップページ | トントントントン! »