« 大雨一過 | トップページ | 再検査は免れた »

2015/09/13

荒川の河川敷は泥だらけ

2015年9月12日(土) 定休日


大雨一過二日目の休日の朝ランは西の荒川の河川敷から20キロを計画。
自宅から5キロほどで、稲穂が垂れる田んぼに到着し、畑から富士を探すがあいにくの曇天で遠景の視界は無い。
大雨による冠水被害は無いようだ。
Image_10
朝陽が背中に当たる中、土手先の運動公園に向かう。
Image_11
土手上から見ると、問題はなさそうなので公園に踏み込み河川敷のゴルフ場横のランコースに向かう途中、アスファルトに泥が覆っている。一部だけかと先へ進むともっと軟弱な泥が一面に広がっている。
Image_12
オレンジのアシックスはすぐに泥まみれで迂回するがもっと酷いことになり、結局戻らざるを得なかった。
もし鬼怒川のこないだの水量が荒川を襲ったら、この先の住宅地も似たようなことになってたかも知れない。以前ここの土手増しの工事が始まったころ住民が貼り紙に『 そんな高い土手は必要無い!景色を返してくれ!』と訴えていた。
それを書いた住民はきっと後悔しているだろう。


|

« 大雨一過 | トップページ | 再検査は免れた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/62267392

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川の河川敷は泥だらけ:

« 大雨一過 | トップページ | 再検査は免れた »