« 女郎蜘蛛が | トップページ | アルバム整理 »

2015/10/06

黄葉と鶏頭

2015年10月5日(月) 有給日

仕事休みの日なので時間はある。いつもよりちょっと遅い時間のスタートで20キロほど走ろうとまだ歩道に人が少ない国道沿いを東西に横たわる外環自動車道まで走る。8キロほどか。
左の東方面をJR線に突き当たるまで進んで、線路沿いにそこから左折して北へ戻る頃は通勤客の数が増えて一緒に南浦和駅に向かう格好になり、駅前では大混雑の間をかいくぐって浦和駅へ向う。
浦和からは再び国道沿いに進路を変えて、北浦和駅前から人の少ないケヤキ道路から見える桜も黄葉しはじめている。Image更に空いている埼京線下の道路を右折して与野本町駅へ出る。ここいらで17キロだ。小さな桜が見事な人一人しか通れない霧しき川横を走っていると、真赤なトサカ色の鶏頭に出合い思わずショットする。
鶏頭と言えば正岡子規の句にもあり、先日のコラムにも載っていたのを思い出した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼「鶏頭の十四五本もありぬべし」。子規で鶏頭といえば、この一句である。死を翌々年に控えた明治33年の秋に詠まれ、のちに句の解釈と評価をめぐり俳壇を騒がすことになる。鶏頭が咲く病室の庭。きっと十四、五本ほどもあるだろう……。ただ事実を述べた駄作か、真っ赤な鶏頭の生命力に自身の思いを託した秀句か。・・・10月14日春秋
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Image
秋になったなぁ。

|

« 女郎蜘蛛が | トップページ | アルバム整理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/62418208

この記事へのトラックバック一覧です: 黄葉と鶏頭:

« 女郎蜘蛛が | トップページ | アルバム整理 »