« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016/10/30

村田沙耶香ワールドにハマる文学少年?!

2016年10月28日(金)


右足の指の腱を痛めてリハビリしてもうかれこれ一カ月になる。
その間の《足習い》は軽いウォークに留めて、読書三昧の日々を送っている。
文庫棚にある内容を忘れた村上春樹を取りだして読んだりしたが
今年の芥川賞を掲載している文藝春秋の【コンビニ人間】を読んで以来 村田沙耶香ワールドにはまり、過去の文庫作品を求めて書店を回るがなかなか店頭には無い。その後半月して東京駅の丸善などをまわりやっとに入れる事が出来た。
【授乳】、【ギンイロノウタ】、【 殺人出産】を読破そして今は三島由紀夫賞の【しろいろの街の、その体温の】を読んでいる。Img_0069
【コンビニ人間】も面白かったが【 殺人出産】も良かったので、家人に進めようと思ったが?直木賞タイプを好み、芥川賞作品はよくわからないというので、お薦めは辞めといた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/17

マイコプラズマ

2016年10月16日(日)

日光に修学旅行に行ったKさん、現地で発熱して帰ったら40度になっていた。
今日は通常どおりだが、休むことにして、病院に行くとマイコプラズマ肺炎らしいことが判明した。
感染すると咳が出て、高熱が行く日も続くらしい。

~~~~【マイコプラズマ肺炎】を調べてみた~~~~
* 初期の症状
* 乾いた咳が止まらない
* 高熱(37度〜39度)
* 喉の痛み
* 喘息の悪化
* 呼吸がしにくい
* 鼻水、鼻づまり
* 感染力
マイコプラズマ肺炎の長い潜伏期間のせいなので(潜伏期間は14〜21日)いろんな人にうつってしまう。
* もちろんマイコプラズマ肺炎は大人にも感染する。症状は子どもと同じだったが、咳がやや湿った咳になるのが特徴で大人のほうが重症化しやすい傾向にあり、治しきるのに1ヶ月かかる場合もある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
kさんのクラスで半月ほどまえにマイコプラズマ肺炎に掛かった子がいたようで、その潜伏中に感染ったようだ。。
そして1週間後の今朝 、中三の兄のS君が39度 発熱した。
じわじわと我が家に感染しつつあるようで、チョット心配だが、じじばばにはうつらないだろう。。
Img_1545


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/04

上野公園

2016年9月30日(金)定休日


欲求不満解消の日がやってきた。
終日晴れの予報が出たので、上野公園を散策することにした。
通勤ラッシュアワー過ぎの9時に電車に乗って30分後上野公園口に出る。
気持ちのいい朝だ。
公園口から鶯谷方面に反時計に渦を巻くように大周りしながら中心部に戻るコースを選ぶ。
国立科学博物館から道路を越えて人出の少ない寛永寺墓地を歩く。芸大の裏側にあたる付近の小高い土手に朝陽が射し込みその温かな草むらに野良猫が朝寝している。スマホカメラのシャッター音で一瞬こちらを見るが、気にする様子もなく再び眠りに着く。
Image大周りしながら道がくねり下ると住所が池の端だ、不忍池の西側に出たが陽射しが強いので日陰を歩く。池には大きな蓮が群生して水面のはるか上まで茎葉を伸ばし改めて植物のパワー実感する。
池を回り込み出発地点へと向かい、一周目の内側のコースを歩き 大きな樹木が多い東京都美術館周辺の人気スポットを通り、芸大美術館に立ち寄る。道路を挟む向かい側に趣のある芸大がある。Image_2芸大からの小さな道を左に渦を巻きながらやはり西郷隆盛さんだ。
Image_3そして朱色の鳥居が連なる稲荷神社に着く頃、外国人観光客が一気に増え始めた。昼どきか?
Image_4ニュウーバランスのGPSウオッチを見ると10キロを越えたので、公園口のコーヒーショップで軽いランチを食べて、帰路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »