« 走った距離は嘘つかなかった青梅マラソン | トップページ | 紅猿子(beni-mashiko) »

2017/02/27

御岳山

2017年2月22

今回の4連休は奥多摩起点に過ごすことにした。
青梅マラソンをきっかけにどうせなら連休にして久しぶりの山歩きをしようと思案の末 行き慣れた御岳山をベースに決め山頂の御岳神社下の宿坊に宿を2日ばかり取る。
マラソンと山行の着替えや防寒着などでザックは30k近くなった。
1日目はナンバーカード取得に会場に立ち寄ったあと御岳駅に向かい、駅からはバスに乗換え、ケーブル下の滝本からはImg_1611敢えて徒歩で30kのザックを担いで登ることにした。標高400mから終点の御岳山駅830mまで標高差430mを登ること約一時間掛かった。
気温は8度と寒くダウンジャケットが丁度良かったが10分も過ぎると汗が吹き出してきて途中のベンチでTシャツになり 16:00に目的の宿坊に到着。Img_1612_2
主人に寒くないのですか?と聞かれる。案内された部屋で身体を投げ出し火照りをさます。
暫くして 風呂に入ってビックリ、直径が3メートルもある大きな桶が湯船だ。客がいないので貸切状態で大汗を流す。Img_0408
2日目のマラソン当日の朝、雪が降ったらしく薄っすら雪の降った景色を眺めてImg_1613頂上の御岳神社へ完走祈願。Img_1615
なんとか30kを完走したもののヘロヘロ状態で御岳の山に戻る。練習不足を実感だ。
体力がかなり消耗して食欲も無く早々に布団に入る。
3日目の朝 10時間程寝たおかげで体力は回復、朝食は完食。が筋肉痛が酷く、大岳山の予定をやめて下山することにした。幸いに天気は良いので30kのザックを担いで、ゆっくりと杉並木を下る。Img_1617
平日にもかかわらず数組の登山者が登ってくる。幾つもの九十九折の急勾配を40分程掛って下り滝本駅で小休止、気持ちがいいのでバスはやめて一の鳥居がある国道に出て、Img_1621多摩川に向かう遊歩道を下る。
気温が上がって、多摩川沿いを進むと平日にも関わらずあちこちで川を楽しむ風景が見られる。Img_1622
釣り人やカヌー、Img_1623そして大きな岩石を手がかりだけで登る若者などだ。Img_0394
残り1日はまだ癒えていない筋肉痛とのリハビリか?
マラソンはダメだったけど御岳の冬はよかった。


|

« 走った距離は嘘つかなかった青梅マラソン | トップページ | 紅猿子(beni-mashiko) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/64946931

この記事へのトラックバック一覧です: 御岳山:

« 走った距離は嘘つかなかった青梅マラソン | トップページ | 紅猿子(beni-mashiko) »