« 2017年8月 | トップページ

2017/09/15

明神ヶ岳から塔ノ峰

2017年9月13日(水)

金時山から一年ぶりに箱根裏街道の山塊をトレランした。
今回は明神ヶ岳から明星ヶ岳そして塔ノ峰への下りトレイルを楽しんだ。
">

久しぶりの天気待ちでさいたま市からアクセスの良い小田原、箱根を選んで4時起き5時発の電車で8時半に強羅駅に着く。
Img_1341
平日の早朝でとても静か、通勤客以外の観光客は居ないようだ。西には箱根の山が迫り反対側にはこんもりした目的の緑の山塊が連なっている。一旦谷側にある早川に下り138号線の箱根裏街道まで降りる。登山コース入口手前のセブンで携行食を調達してスタートする。Img_1340_2住宅地をくねって走る道路から近道のサインがある直登コースを選んで登山路を進む。幾つかの舗装路を横切って高度を上げていく。雨上がりのあとでトレイルはしっとりして歩きづらい。Img_1336_2別荘地横を通りいよいよ本コースになりひたすら高度を上げて尾根に出て10時半に広く気持ちの良い明神ヶ岳の頂上に出る。Img_1327いい頂上だ。先客が数組いた。肝心の富士も雲で隠れている。赤飯握りを食べて早々に引き上げる。1時間ほど高度を下げながら明星ヶ岳へ到着も落胆する。【岳】の様がまるで無いのだ。地図計画より早いので強羅に戻らずこのまま高度を下げながら塔ノ峰へ向かうことにした。途中で林道に降り再び登山道に入り1時間弱、塔ノ峰のサインに到着した。Img_1323このままコースを進めば小田原に着くらしいが、阿弥陀寺に降りる。Img_1348荘厳な参道を下って塔の沢温泉地でゴールだ。直ぐに駅があり5分で湯本駅に到着。直ぐに小田原行きがあるというので、乗り換える。20分だ。アクセスは最高。
最悪だつたのは、大雨上りの晴れで、登山道には蜘蛛の巣が至るところに張られて、頭から足まで巣を浴びて、べとべとして気持ち悪かった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/06

多摩川ランニング

2017年9月5日(火)


いい天気の朝、いつもの練習コースに飽きたので、奥多摩に向かう。
道が混んでて、青梅マラソンの起点の体育館に着いたのが10時だった。
Img_1222直ぐに車を置いて、スタート地点を通り青梅マラソンコースを走る。東青梅駅から青梅の街に入ると猫をテーマにしたポスターなど新しい青梅の街になっていた。
Img_1224都心より数度気温が低いので晴れでも風が爽やかだ。街並みを抜けると左側が一気に開けていっそう冷んやりした風が火照った身体を冷ましてくれる。
Img_1225気分上々に走りを進めていくといつもの大岳山や御岳山が近くになり、路端には旬の黄花コスモスがいい感じで咲いて絵のような景色を創っている。
Img_1226川音が大きくなってきた。イヤホンを切って橋から川を臨む。
今日は山走りはやめて、多摩川に降りよう。Img_1228澤乃井から川に降りると釣り公方たちがたくさんだ何を釣ってるのかわからないが気持ちよさそうに糸を垂らしている。Img_1231幸いにチラホラしか人と出会わないので気持ちいい川走りを楽しむことができた。
海からちょうど70キロだという。
Img_1233折り返し地点の川井で駅に上り 2時間半のマラニックを終える。
Img_1707


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/02

秋を探して

2017年9月1日(金)

月が替わっていよいよマラソンシーズンに入った。
今月末には【東京マラソン2018】の抽選結果が届き、半年後の42.195キロに向けて1月までに1250キロは走らないといけないだろう。

因みに先月はウオーク&ランで213km だった。月間で250kmは練習しないといけない。。

とりあえず今日の目標は20kmに決めて、秋を探しながら田舎道を走ることにした。
東の見沼用水路西縁のハナミズキに赤い実がなっていた。秋があった。
Img_1698
田んぼ道に降りて見ると、ひまわりが枯れ果てて、その横には黄花コスモスが咲いていて、時の移ろいを実感する。Img_1699用水路からいつもの芝川土手の上に上がると、このところの雨つづきで土手道が雑草で覆われて藪こぎ状態でバッタが飛び交う中いくつかの横道を渡りながら県道に出る。Img_1700県道から 見沼田んぼの対岸の東縁からUターンすると黄金色の畑に懐かしい案山子が立っていた。
Img_1701野田のさぎ山に隣接した自然公園に入り一服する。涼しげな池から吹いてくる秋風が心地いい。Img_1702
池を回り込むと緑の団子のような実がなっている。メタセコイアの雌木になった実だ。珍しい。Img_1703
池を半周すると老婆カメラマンが池の蓮と鴨の絵を撮っている。おじいさんカメラマンは多いがお婆さんは珍しい。Img_1704八代将軍吉宗が呼び寄せて見沼田んぼを干拓させた新田開発のプロの井澤弥惣兵衛為永の銅像が立っている。無意識に頭を下げる。Img_1706
2時間半の20kmマラニックで9月初ランを終えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ