« 多摩川ランニング | トップページ | 彼岸花 »

2017/09/15

明神ヶ岳から塔ノ峰

2017年9月13日(水)

金時山から一年ぶりに箱根裏街道の山塊をトレランした。
今回は明神ヶ岳から明星ヶ岳そして塔ノ峰への下りトレイルを楽しんだ。
">

久しぶりの天気待ちでさいたま市からアクセスの良い小田原、箱根を選んで4時起き5時発の電車で8時半に強羅駅に着く。
Img_1341
平日の早朝でとても静か、通勤客以外の観光客は居ないようだ。西には箱根の山が迫り反対側にはこんもりした目的の緑の山塊が連なっている。一旦谷側にある早川に下り138号線の箱根裏街道まで降りる。登山コース入口手前のセブンで携行食を調達してスタートする。Img_1340_2住宅地をくねって走る道路から近道のサインがある直登コースを選んで登山路を進む。幾つかの舗装路を横切って高度を上げていく。雨上がりのあとでトレイルはしっとりして歩きづらい。Img_1336_2別荘地横を通りいよいよ本コースになりひたすら高度を上げて尾根に出て10時半に広く気持ちの良い明神ヶ岳の頂上に出る。Img_1327いい頂上だ。先客が数組いた。肝心の富士も雲で隠れている。赤飯握りを食べて早々に引き上げる。1時間ほど高度を下げながら明星ヶ岳へ到着も落胆する。【岳】の様がまるで無いのだ。地図計画より早いので強羅に戻らずこのまま高度を下げながら塔ノ峰へ向かうことにした。途中で林道に降り再び登山道に入り1時間弱、塔ノ峰のサインに到着した。Img_1323このままコースを進めば小田原に着くらしいが、阿弥陀寺に降りる。Img_1348荘厳な参道を下って塔の沢温泉地でゴールだ。直ぐに駅があり5分で湯本駅に到着。直ぐに小田原行きがあるというので、乗り換える。20分だ。アクセスは最高。
最悪だつたのは、大雨上りの晴れで、登山道には蜘蛛の巣が至るところに張られて、頭から足まで巣を浴びて、べとべとして気持ち悪かった。


|

« 多摩川ランニング | トップページ | 彼岸花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/65791256

この記事へのトラックバック一覧です: 明神ヶ岳から塔ノ峰:

« 多摩川ランニング | トップページ | 彼岸花 »