« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017/12/31

富士見

2017年12月31日(日)

9a3237d85cea46dba78397ab95f55119
昨日は6キロ先の仕事場まで歩いて行くことにした。途中の新都心街から遊歩道を通り何気に右手を見ると林立したマンションの隙間に母校の中学校の校庭が見え、体育館の上に凛とした富士山が望め、思わず
立ち止まって写真を撮ってしまった。
新都心街の開発前の国鉄の操車場だったこの辺りの半世紀前には高いビルが無くどこからでも富士山が見えたものだ。
【富士見】の名前が付いた地名がたくさんあるが、今ではちょっとした街は高層マンションが出来て四角い空が増え、富士見できる街が減った。
そんな富士山なのでついつい出会えた時は嬉しくてじっと眺めて写真を撮ってしまう。
あの頃から比べると便利で何でもある街になったが、反面コンクリートだらけの不毛の地が増えたことを思うと複雑な気持ちになる。
明日から新年だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/28

もういくつ寝るとお正月

2017年12月27日(水)


珍しく激寒の師走になり、昔10年住んでいた金沢も大雪らしい。

12月15日(金)には忘年会の誘いで、半年ぶりに半世紀の付合いのある【さぼうる】に行き
5時間も居座り午前さまになった。ハナキンと忘年会が重なって街は賑やかだった。マスターの風体は相変らずスマートだ。Ea03d32449cf4317aae9a73c305821d3

以降の毎週定休の火曜日と金曜日は第二公園で10周10キロの朝ランニングが定番になり、
4112386a0ca64f72a2a110acef56bad2
霜が降った公園の芝は真っ白でやっと昇った太陽が少しづつ溶かし始める。
そんな日常が続き 平日のウオークと併せて昨日まで250キロになった。

23日にクリスマスディナーは何故か昔からケンタッキーチキンが決まりだ。
家人で子供は中学、高校生になったので、粛々と食事するだけになった。
傍らのXmasツリーも今日でおしまい。玄関ドアのリースも正月飾りに変更だ。
年末から正月には6人が12人になる予定だ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/13

師走の景色③

2017年12月12日(火)


Bd47ed07287c4fb292789aafd64cab2a
見沼田んぼに霜ばしらが立っている。
幼い頃にはあちこちに田んぼが広がって、通学路の霜柱を踏みつぶしたり、氷の田んぼで遊んだりしたものだが、この街に人が増えて田んぼがどんどん無くなってしまいビルだらけの不毛の地になってしまった。
Cafb7bf180384041a4b666ce393272d2
大きな富士を見たくて荒川土手に行き富士と秩父の山塊をながめる。
********* 霜ばしら ビル群眺め 回想す*********

その後 駒場陸上競技場で1時間半 30周走り、気持ちいい汗をかく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/11

師走の景色②

2017年12月5日(火)


冬型気圧配置で関東は寒いけど太陽はいっぱいだ。
朝いちばんで15分先の第二公園に着く。木々も葉を落としている。1100mのジョグコースは自然を活かしたお気に入りのコースだ。
Fee3694436444a8c9d3ae477cc2770f6
南側の小さな林は向こう側の街並みを隠してくれ夏には日影を作ってくれる
5e8d59a3927444138f4684dbfa1887d4南から東へコースは林の縁を通り裏側蛇行した道に変わり東へ向かう。C70882d2a7534b0d957c62ac98b97a8e東側から真北に100mほどのコースになり人気がなければスピードが上げられる。12762b47c6d54dac98324cf652577087
100m先は東から西への道になり左手に池が現れ、鳥たちの餌場になっている。今朝はシギがいる。
5b542c5ca7b24340b28386817bac77cd
西への道はPKが近いのと道路に面してるので散歩客が増えてくるのでゆっくりジョグだ。
49a8e86343944a18bc1d09cbd2de744e高い木が減って視界が広がる。今はコスモスがまだ咲いてる。いいコースだ。
今朝は10キロ汗をかいて家に戻る。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走の景色①

2017年12月3日(日)

6キロ先の仕事場まで冬の景色を楽しみながら歩くことにした。
先日の雨で街の紅葉もピークを越し、新都心のケヤキ広場の木々も葉を落として真冬になりつつある。
49c704196ea143248430d77aa12800f9
ちょっと晴れてきてふとひらけた道に出ると大きな落葉樹と花の盛りの山茶花が寄り添っている。
ここでも秋から冬へ移る景色が見られる。B07a913269bd48d6aa032d9e3297b5d3
そして夏に白い小花を咲かせた灯台躑躅も真っ赤に染まって存在をアピールしてるようだ。
9f184a7f977f42d4a94733acec667913


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »