« 無職 36日目 神池 、昔、弥生時代 | トップページ | 無職 37日目 雨降り大谷翔平勝った! »

2018/05/07

無職 36日目 続; 女神の像

2018年5月7日(月)


【 埼玉県立歴史と民族の博物館 】の庭に設置されている女神の像の情報はHP(ホームページ)には無い。
45bb1e2ca1a44fe5ba0844de52ba68b5
ウェブで検索するも全くヒットしないので。《 女神の像 》の画像で探すと自由の女神が圧倒的に出ているが、その中に同じ画像があった。画像元のサイトがあり、あるブログの掲載画像だった。
それによると昭和52年1月に清水園から歴史的な像として寄贈されたものだったらしく、敢えてホームページには記載しなかったようだ。この像の下にある銘板を見ると更にいわくがあるようだ。
旧埼玉会館(浦和)の時計塔に設置されたが、会館にふさわしくないとの理由で取り払われたとあるので更に調べてみる。
7a74205bdb4947a9b73a9eb93771c9cb
ふさわしくない理由は当時の旧埼玉会館は、皇太子(後の昭和天皇)の御成婚を記念して、大正15年に建 築された洋風の公会堂で斬新なデザインの時計塔上には、当初、女神の像 が設置されていましたが、当時の風潮としてふさわしくないとは何なのか分からないが多分 女神の像の体の露出度ではないかと思われ それ以外には考えられない。一世紀後なら問題なかったと思う。その当時の写真だ。( 出典;市総務課)
7633ca47447144cabf8fb25dae5f50e6


|

« 無職 36日目 神池 、昔、弥生時代 | トップページ | 無職 37日目 雨降り大谷翔平勝った! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/66689173

この記事へのトラックバック一覧です: 無職 36日目 続; 女神の像:

« 無職 36日目 神池 、昔、弥生時代 | トップページ | 無職 37日目 雨降り大谷翔平勝った! »