« 失業 21日目  男体神社から女体神社 | トップページ | 失業 23日目 桜坊 »

2018/06/24

失業 22日目 茅の輪くぐり

2018年6月23日(土)


今年はいつもと違う半年が終わろうとして、こないだの21日に《 夏至 》となった。
【 陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也(暦便覧)】

この半年の半分はそれまでと同じようにカレンダーの休日マークを見て、猫庭の移ろいなど気にもかけない機械的なルーティーンを繰り返す日々、
そして 後半は 自由人となり、海老根、山吹、小手鞠、花水木、クリスマスローズ、薔薇、額紫陽花、下野草、そして今は擬宝珠の花が咲き、時にはブロック塀をスパイダーマンの様に貼り付いて遊ぶ二匹の家守、アイビーの中から出てきた茶色い金蛇が出没する猫庭の自然を楽しみ、雨の日は音楽と読書と惰眠を貪り、晴れの日は【氷川さま】へお詣り、帰りはヴェローチェでお茶をする。
こんな半年を総括すると、後半の自由人行動はそれまでのリバウンドで、罪深い事も多々あったようで、家人との接触時間が長くなり常々罪を指摘された。自らはあまり自覚が無いのだが本質的には罪人かも知れない。
今日も【 氷川さま】へ家人と出かけると、神池の太鼓橋に 《茅の輪くぐり》が設えてあったの。避けようとしたが、半年間の罪や穢れを 祓って、これから半年の種々の災厄を除く神事との事なので、前の人に続いて八の字に廻って、本殿に向かい今日だけはいつもより多い100円を投げ入れ、御免と呟く。
24ae3cafdf1242f5a6ebe403c3786ebf

|

« 失業 21日目  男体神社から女体神社 | トップページ | 失業 23日目 桜坊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/66861521

この記事へのトラックバック一覧です: 失業 22日目 茅の輪くぐり:

« 失業 21日目  男体神社から女体神社 | トップページ | 失業 23日目 桜坊 »