« 梅雨明け8日目 西日本豪雨もここは普段どおり | トップページ | 梅雨明け11日目 バリウム »

2018/07/10

梅雨明け10日目 重ね重ね気の毒な思い

2018年7月9日(月)


豪雨による被災者が増えている、気の毒だ。宅地造成された場所に安全、安心は無いのか?
自然を甘く見すぎて安易に宅地化すべきでない。
47924c97b8b84aefb700fd1af1103e41
ここも大昔は大雨で川が氾濫して水たまりが出来て床下浸水の記憶があったが、その後の治水対策が功を奏して、この数十年は全く被害が無くなった。
今朝は一段と熱そうな陽射しが通勤路を焼いているのが窓越しに見える。大半の女性たちは傘をさして歩いて行く。被災地も熱いらしい重ね重ね気の毒だ。

在宅せざるを得ないまま、気温が下がって陽射しが弱くなった夕方の5時に決まりのウオーキングに出かけるが、まだまだ陽が元気、大きな建物の影を選んで今日も 新都心街を5キロだ。

《 ウオーキング 日影探しの 夏日向 》


|

« 梅雨明け8日目 西日本豪雨もここは普段どおり | トップページ | 梅雨明け11日目 バリウム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/66922833

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明け10日目 重ね重ね気の毒な思い:

« 梅雨明け8日目 西日本豪雨もここは普段どおり | トップページ | 梅雨明け11日目 バリウム »