« 梅雨明け12日目 ストレス | トップページ | 梅雨明け14日目 無常 »

2018/07/13

梅雨明け13日目 人口減対策

2018年7月12日(木)


眠りについた夜半から強い雨が降り、開け放った窓から涼風が流れ込み、溜まっていた暑さが吹き飛んでやっと朝まで熟睡することが出来て、目覚めたのは9時近かった。雨は上がって空は曇天日和。

朝食後 日経一面【人口減最大37万人- - - 9年連続減で生産人口6割切る】のヘッドラインが目に止まる。内容を見てみる。
* 日本人の総人口は1億2520万9603人で 前の年から37万人減り減少幅は調査開始以来最大。
* 出生数は95万で最少、死亡数は134万人で最多、自然減11年連続で、幅は39万人で過去最大。
*15〜64歳の生産年齢人口は7484万人で全人口比で初めて6割を切った。
* 65歳以上の老年人口は3462万人に増加し全体の27.6%。
日本の人口推移を暇つぶしに調べてみた。
Caa3d5b8444c4b20a1c5209e2a2223ec
現代の歴史人口学研究者の推定では、日本の人口は8世紀には450~650万人。1000万人を越えたのは中世後期、早くとも15世紀以降と考えられている。江戸時代前半の17世紀に急増し、18世紀から19世紀は3000万人前後で安定化し、以降を含めると上記のようなグラフになる。
2050年には103歳で多分生きてないだろうが、生産人口を増やさないと埒が開かないと思う。
生産人口を増やすには出生数を今の倍の200万人に増やし自然増人口を約70万人の目標にすれば良いと思う。
出生数200万人にする対策を思案してみた。どうだろうか?
① 出産から18歳までの育成費用は全て無償とする。
② 産めよ増やせ政策で二人目からは子ども手当を割増する。
③ 一夫多妻制度を導入して、女性の負担を減らす。

|

« 梅雨明け12日目 ストレス | トップページ | 梅雨明け14日目 無常 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78269/66932952

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明け13日目 人口減対策:

« 梅雨明け12日目 ストレス | トップページ | 梅雨明け14日目 無常 »