« 卯月***秋ヶ瀬から彩湖 | トップページ | 卯月***不毛な街の小さな猫庭 »

2019/04/24

卯月***ボ〜ッといきてんじゃね〜ぞ〜!

2019年4月23日(火)平成あと7日

F6ee6d19cacd4eb09657b07cccd668f2

何気なく体に不具合が有ったり風邪ひいたり、花粉症だったり健康診断異常値で高血圧や糖尿の予防の薬を飲んだりと、【医者通い】や【常備薬】などの医療費がこの10年間の平均が12万以上かかってる、罹った家人が支払っている。この程度が普通なのか判らないが以前健保組合から、優良組合員への還元プレゼントを貰った。きっと健康優良なのだろう。2人家族だが1人のオイラは【医者要らず、薬要らず】だから…。毎年の健康診断で異常値は数少ない。

基本的にアウトドア派で、50歳過ぎてマラソンと登山の虜になり、日常的ルーティーンにウオーキングやランニングが欠かせなくなっているおかげかも知れない。今 体重が運動のバロメーターになっていて、体が重くキレが無くなると走る量汗の量を増やし炭水化物量を減らすなど、引退してもそれは変わらない。いつまでも好きなことをする為だから。ボ〜ッといきてんじゃ〜無く 元気に医者要らずになれば、若いもんに負担してもらってる医療費負担が減るってもんだ! 制度改正で1割負担はやめーってなるかもよ!とりあえず「暇だから電気かけに行く」って言うのはやめて散歩しよう。

昨日の新聞記事から

*健保連は22日、団塊の世代が75歳以上に入る急激な高齢化により医療費のさらなる増加が見込まれる 2022年度では、解散の可能性が高まるとされる。保険料率が 10%以上の組合が全体の4割超と、組合の健保連は高齢者の医療費負担見直しなど制度改正を急ぐよう訴えた。中小企業社員らが加入する「協会けんぽ」の平均保険料率は10%。健保組合の保険料率がこれを超えると、自前で組合を運営する必要性が薄れ、「解散予備軍」と目されるようになる。

 

|

« 卯月***秋ヶ瀬から彩湖 | トップページ | 卯月***不毛な街の小さな猫庭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 卯月***秋ヶ瀬から彩湖 | トップページ | 卯月***不毛な街の小さな猫庭 »