« 文月***角又茸 観察17日目---健康なんて役立たず | トップページ | 文月***木耳 観察19日目---日赤 »

2019/07/20

文月***角又茸 観察18日目---家が遠い

2019年7月18日(木)

 

ツノマタタケは変わらず元気。

雨漏り休診で日延べになった健康診断の検査結果の面談に出かける。16:25KY胃腸クリニックに着いた。

昨日は定休日で木曜日は混むので、「午後からが空いてるのでオススメ」との事で、あえて小雨降る中16:30にクリニックに着いて受付すると、待合室の座席が埋まってる。ちっともオススメじゃない。

結果を聞くだけなのに!郵送でもいいと思うのだけど。それにしても行列のできるクリニックの秘密はなんなのだろう。理由はわからない。30分で呼ばれて、説明を受ける。多少の問題はあるが許容範囲とのことだが、胸の画像を示し肺のある影が気になるので《日赤で再検査》をした方がいいとのことで、明日、日赤に行く事になった。

紹介状やCDデータをもらい外に出ると、止んでた雨が又降り出してきた。家に戻りながら、100まで無理かもしれない、ふと72で死んだ母親を思い出す。心筋梗塞で死んだおふくろと同じ歳になった。いつもより家が遠い。

|

« 文月***角又茸 観察17日目---健康なんて役立たず | トップページ | 文月***木耳 観察19日目---日赤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文月***角又茸 観察17日目---健康なんて役立たず | トップページ | 文月***木耳 観察19日目---日赤 »