« 葉月***むらさきのスカートの女 | トップページ | 長月***芝川 »

2019/09/02

長月***クロメンガタスズメガ

2019年9月1日(日)

F5e1ae9c127b46ceafd79a86dd18cd05 2fb3f61b57c545ccbb7710e62bfd9268

処暑も過ぎて9月だと言うのに夏が戻って来た。

玄関ドアを開けると目の前に大きなイモムシがノウゼンカズラの小枝に横たわっていた。10cmもあるデカいイモムシで20年近く経つが 初めて知った。オリーブにも《シモフリスズメガ》の幼虫が葉を食べてるが、それよりも太いしデカイ。尾角も有るしスズメガ科の幼虫だろう。

クロメンガタスズメガ(黒面形天蛾、学名: Acherontia lachesis)は、チョウ目スズメガ科昆虫の一種と判明  した。成虫の背面に人面に似たドクロ模様があるのが特徴的だ。Wikipedia 

不思議なもので35度の猛暑には虫も人間も活動しないが、25〜27度に下がるとあちこちで活動再開するようだ。我が猫庭にはミカンにはアゲハ蝶、オリーブの木にはシモフリスズメガ、そしてノウゼンカズラにはクロメンガタスズメガと、イモムシだらけで嬉しい限りだ。

午後、川崎から小2女子がやって来たので、喜ばそうと葉を食べてるイモムシを見せると。「キャ〜!」と逃げてしまった。

|

« 葉月***むらさきのスカートの女 | トップページ | 長月***芝川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 葉月***むらさきのスカートの女 | トップページ | 長月***芝川 »