« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019/11/30

霜月***8日ぶり

2019年11月29日(金)

A222cd5ef8ed4773bfdb31bd699f60d4

8日ぶりにやっと太陽が出た。気温が下がったせいか散歩してる人は少なく、同じような高齢のジジイだけが目につく。

せっかくのお天道さんが照ったので、どこへ行こうか思案も寒いしと結局は昼過ぎに、ランニングスタイルで大宮公園から風が無くなった芝川沿いに出て気分良く南へ《見沼田んぼ》沿いを走る。

【在職老齢年金】を卒業して2年経つが、このところ減額基準額で騒がしい。《働く意欲》うんぬんとか言ってるけどオイラの場合ハッキリ言って無いから、清貧に生きるだけ。

明日はどうしようかな?

| | コメント (0)

霜月***山行演習

2019年11月28日(木)

380ee43ff4e54027a695b590617ea9aa

 

相変わらずの鉛色の空が続いてウンザリする。北国のように雪でも降ってくれた方がよっぽど良い。

初冬の奥多摩山行の予行練習がてらに、クローゼットから山用ウエアーを着込んで、10度未満の街からいつもの街を外れて秩父山塊方面の町を目指して回遊することにした。地元から離れて3キロくらいで、体温が上がって汗をかいてきたので数枚のインナーウエアをザックに入れて、着込み過ぎたか?と少々後悔。

冬の気候は北風が吹き、街なかでは気にならなかったが、バイパスを越え住宅地街を西へジグザグと進んで荒川土手越えへの大きな幹線道路へ出ると視界が一気に広がって、遮ぎられるものがなくなった北風が顔面を殴る様にあたり、思わず軍手をはめた手で顔を覆う。《ネックウオーマー)を忘れたのを悔やみ、ザックにしまったインナーを再び着込む。

強風が靄を吹き飛ばして眼前に広がった秩父山塊がくっきりと次第に近づいてきた。夏にはいつも霞んでいたおっぱい山(笠山)やふたこぶラクダのような御荷鉾山(みかぼやま)も、そしてその奥の浅間山は残念だが見えないが、右手山塊の榛名山群や赤城山群は見える。

おっぱい山もラクダ山もだいぶ前だが登ってきた。無論浅間山、榛名山、赤城山もだ。あ〜 やま景色は冬が最高だ。富士やアルプスの冬山は厳禁だが奥多摩山塊からの景色を楽しむことにしよう。

富士見のららぽーとで山用品をチェックの小休止して所沢街道経由してさいたまに戻る23キロの予行演習を終えた。

| | コメント (0)

霜月***つきのみやさん

2019年11月27日(水)

47be450d691045ee83639281957c1d8a

相変わらずの曇天の夕暮れ、久しぶりに大宮宿から中仙道を浦和宿へのロードランをしてこんもり茂った森を見つけ調神社(つきじんじゃ)で折り返す事にした。

黄葉の中の守り神のうさぎ像の下で七五三を終えた女の子が飴を舐めていた。そばにパパとママさんが居てきっと忙しい中、御詣りが遅れて夕方になったのだろう。着物を着れて良かったね!

この調神社は2000年前の創建で全国でも珍しい神社だ。

1. 鳥居がない。(境内へ伊勢神宮への貢物を運び入れる時に邪魔になり鳥居を建てないことにした。)
2. 松の木がない。(一説に弟神須佐之男命(すさのおのみこと)が大宮へ出かけ、なかなか戻って来ないので姉神の月読命(つくよみのみこと)が「もうまつのはいやじゃ」といったのがその理由とのこと。)
3. 御手洗の池の魚は片目になる。
4. 狛犬のかわりにウサギ像が置かれている。(「つき」を「月」と考え、ウサギを神の使姫とする習慣からである。)
5. 日蓮上人駒つなぎのケヤキ。(日蓮が佐渡へ流される途中、難産の婦人のためこのケヤキに馬を繋ぎ、祈ったところ男子を無事出産したので、安産の守護神として今に信仰されている。)
6. ハエがいない。(調神社の祭神が嫌うためとのこと。)
7. 蚊がいない。(ハエと同じ理由。)

 

| | コメント (0)

2019/11/29

霜月***パパ

2019年11月24(日)

97ba584306474334969c183afe44ab48

ローマ教皇フランシスコが23日から来日し、被爆地の広島と長崎を訪れ、26日帰路についた。

みんなで夕食を摂ってたら、TVで教皇のニュースが流れてた。隣に居いた子どもが「フランシスコってフランシスコザビエルの親戚?」と誰に聞くともなく言い放った。

きっと最近歴史の授業で習ったのかも知れない。オイラも《フランシスコと言えばザビエル》と思うので、『そうかもね!』と言った。あとでwikipediaで調べると、「へ〜そーなんだ!」親戚じゃ無かった。ローマ教皇名がフランシスで、本名じゃなかった。まぁ芸名みたいなもんかな。

ところでTV報道で、挨拶した子どもが「フランシスコ・パパ」と呼んでいたのを聞いて『フランシスコ父さん』と親しみを持って読んでるのかと思ったら、このパパ(papa)はイタリア語で(教皇)と言うそうだ。ちなみにギリシャ語は(papas)だそう。

日本のプランドショップのパパスとは違う。難しいね!

 

| | コメント (0)

2019/11/24

霜月***新嘗祭が勤感日

2019年11月23日(土)🎌勤労感謝の日

38d72719288745fe85eb35ffe81499b7

あとでわかった、ただの土曜日では無かった。

メーデーの様なマスコミの大きなアナウンスも無い、しかも土曜日なので、エッ!何の祭日?とカレンダーを見て思った。しかも朝からの寒すぎる雨降りで終日在宅だった。

【勤労感謝の日》とわかった。現役時代の仕事がら《公式の祝祭日は仕事》だったので尚更、意識が無いのだ。暇つぶしに調べると1948年からGHQにより、現在の【勤労感謝の日】となり国民の祝日になり、固定日の休日となったようだ。

元々は 新嘗祭(にいなめさい)として1873年から1947年まで祭日であり、11月23日に天皇が新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に供え、自ら食べて収穫に感謝する宮中祭祀のひとつだったようで、GHQが改称して続いてる祝日だ。固定日の休日の中で最も長く続いている休日である。wikipedia

こないだ新天皇がやってた祭祀だ。へ〜〜、。

| | コメント (0)

霜月***夕焼け

2019年11月21日(木)

Ff547d62e65c46479c5873289c13d7fd

今日は穏やかな小春日和になった気持のいい日になった。

せっかくなので部屋に居るのはもったいないので猫庭の土いじりをする事にした。花は無い今の猫庭は少々さびしい。ある色は落葉樹の紅色と針葉樹と常緑樹の緑色だけだ。

楽しみは餌を探しにやって来るメジロやコガラたちの冬鳥だ。この不毛の街のわずかな緑を探してやって来て虫を獲り、三軒先の緑の庭に飛び移って行く、いつもつがいで仲良くやってくる。彼らには倦怠期というものは無いのだろうか?

オイラ爺婆たちは完熟の倦怠期だ。小さな家だが日中は別の部屋で過ごし、不定期な朝食、昼食は各自で済ます。基本的に洗濯、掃除はしない。というよりさせて貰えない。仕事流にこだわりがあるようで、下手にやると常にケンカになる。

連れ立って外出する事もしばしばあるが、常にケンカするので出かけ先で解散し、その先はフリータイムにすることが多い。近所の人は帰宅時一緒にいない事を知らないので《おしどり夫婦》と思ってるようだ。昔、流行ったCMで《亭主元気で留守がいい!》を思い出す。

夕方から早めに汗をかきにいつもの新都心街に走りに行く。階上の官公庁前のデッキから開けた西の夕焼けの空に富士山の影を眺める。遠景だが大昔から見えてた富士山は生活の一部だ。無くてはならない。

| | コメント (0)

2019/11/21

霜月***紅葉

2019年11月19日(火)

B645591f0dee4a62bf46abba424fa29a

冬型の西高東低も気圧配置になってきたこの頃。ガキの頃からこのさいたまの出生地の冬は晴れが続いて、北風が吹いてくる。この数日前から紅葉したハナミズキの葉が役目を終えて休眠し、水分を失った葉が風を受けて落葉し、アスファルトの上をあっちこちに飛散しまくっている。

かつてこの辺でも住宅には殆ど庭があり塀も生け垣で柿の木や蜜柑などの樹木があった。その頃は落葉も自然に土に還り、放っておいたものだが、この頃は大きな街に、コンクリートやアスファルトだらけの不毛地帯になってしまい、大きなマンションだらけが増え、富士山も見えない小さな空の街になってしまった。

それでも季節の移ろいが欲しくて小さな猫庭を持ち、シンボルのハナミズキも10m位になり、春は新緑と花を楽しみ、夏は日影で涼しく、そして秋は紅葉して、店じまいだ。だが昔と違って、今は ほっとくわけにいかず数十メートル先から拾い集めて始末する毎日が続く。山育ちの家人はぼやく「木は要らない」と。

それでも、町育ちのオイラは 山が好き、樹はいいね、やっぱりいいね!

| | コメント (0)

2019/11/19

霜月***イルミネーション

2019年11月18日(月)

Ea9f15d6ad4541fd8e26e25550d5c49c

猫庭の庭仕事を済ませて夜にかかった5時前から曇天の夕方の街に出ると直ぐに暗くなった。3日連続ランだがまだまだ怠慢な身体が絞れてない。体脂肪率 20%が切れない。いつもより強めのランニングで明るい国道沿いを走る。上りの国道は赤いテールランプが長々と繋がっている。

青信号へと左折、右折しながら往来の少ない道を目的地の新都心街の最南端へ走る。新都心街から仕事を終えた帰宅者がそれぞれの出口デッキからドッと出てきてぞろぞろと新都心駅に向かう。左端をすり抜けるようにスピードを落として新都心街の中ほどまで走り、西への連結デッキを左折し西側のデッキへ向かう。

日赤、医療センター街前から北の正面を見るとさいたまスーパーアリーナとけやき広場が青く染まっている。今年も点灯されたさいたま新都心けやき広場のイルミネーションに久々にご対面。今年の店頭期間は2019年11月9日(土)~ 2020年2月14日(金)のおよそ3ヶ月間だ。

立冬はすでに過ぎた冬のイルミネーションはクリスマスシーズンを想起させる。ジングルベルが鳴って来そうだ。オイラ3歳くらいにお向かいの家にお泊まりしてサンタを知り【クリスマス】を知り、目覚めたら枕元にプレゼントがあった。幼な女友だちの家だ。今でもよく覚えている。嬉しかった。以来、冬と言えば【クリスマス】が冬のイベントになった。クリスチャンでも無いのに。

| | コメント (0)

2019/11/16

霜月***小雀の季節

2019年11月15日(金)

864645873bda428eacc5f6268805a4d4

立冬も過ぎてさすがに朝方には10度ほどの冬型の気候になり、全開のガラス窓越し前のオリーブの枝につがいの《コガラ》が虫を探しにやって来るようになった。

予約していた【インフルエンザ】の予防接種に、問診票と健康保険証を手に初めての 1分先の診療所に向かう。11:00の予約なのだがなかなか呼ばれない。15分も経っている。予約の意味はないように思う。この夏に日赤病院でもそうだった。これが常識なのか?

呼ばれて部屋に入ると長めの白髪の医師がいて、問診票に書いてあるのに、同じような質問なので『書いてある通りです』と言おうと思ったが大人気ないので、薬は一切飲んでなく、特に問題は無いと伝え、聴診器で胸や背中を診て、問題ないので看護婦から案内しますと言われ、待合室で数分待つ事に。その後看護婦に接種してもらい、又5分ほど待つ事に。受付に呼ばれ1600円支払ってやっと完了、30分もかかった。

家人曰く、早い方だと言うが、医者いらず薬いらずの人生を送ってきたので、《待つ》事に慣れていない。やっぱり健康が一番だ。

| | コメント (0)

霜月***ふくろ絵馬?

2019年11月14日(木)

70771abe896841998a47c5ac965da861

10時だと言うのに中三女子が居間にいた。「県民の日だよ!」と聞き、いい天気なので氷川神社に御礼参りするとの事でついていった。

【七五三参り】の家族づれがいっぱいの中、久し振りに賽銭を投げ入れいつものように、あれもこれも頼まず『けんこうをねがいます』と3秒祈願する。心身ともには理想だが、最優先は身体だ。身体健康なら精神も健康になると思ってる。

ふと見ると何やらカラフルな袋がぶら下がってる。【ふくろ絵馬】とある。厚紙の絵馬に願いと名前を書きカラフルなちりめんの巾着袋に丸めて入れ奉納していた。「何で?」と思ったら、「近年、個人情報保護への意識が高まっていることから、絵馬に記入した住所や氏名が他の参拝客の目に触れないようにする方法はないかと考えた」との事だ。

確かに、最近はこ賢い悪さする奴が多いので、いいんじゃないかな。これって氷川神社だけなのかなぁ。

| | コメント (0)

2019/11/15

霜月***最後の見舞い?

2019年11月13日(水)

B82649ecbf6d4d29a454aee9d7cee481

寒い曇天の日になった。

大昔の女友だちが、昨年秋にくも膜下出血になり、緊急で再出血防止の手術が行われたが、治療後に意識障害、言語障害、半身麻痺などの後遺症が残ってしまい、それから1年が経ち現在は医療老人病院に入所している。一番近いT男たち男仲間3人で花を持参、面談するも、認知されずうわの空で、かろうじて生きている状態だ、顔を近づけて「こんにちは!」と話しかけるが、無表情、無反応だ。

ところが、オイラが持参した大昔の50年前の彼女たちの写真を取り込んだ《iPad 》の画面を見せると、じ〜と見つめてそのうち認識した様子で、右手を挙げて人さし指で《iPad 》の画面を触るしぐさをした。意識障害の奥の奥に大昔の写真から何かを見つけたようだ。やったー!反応があった。いけそう、記憶が戻りそうだ。しばらくして「すみません!そろそろ時間なのでお引取りください。」と係員に促され院を出る。

帰路、途中で降りて一杯飲りながら、何度か見舞いに来たT男によるとリハビリしても完治は難しいと医者に言われてる独居老人だった彼女、90歳近い姉しかおらず最近は滅多に見舞いもないと言う。そうか!誰かが付いて少しづつ記憶が戻っても、保護者実不在の状況か?それは辛いな!

残念だが、オイラにもどうしようもない。最後の見舞いになりそうだ。

| | コメント (0)

2019/11/13

霜月***皇后の涙

2019年11月8日(金)

F98a140e60c64b879f872031fca40ec4

秋晴れが続いて、ウチのハナミズキも紅葉真っ盛りになり、見上げると空の青と葉の紅がいい感じで思わず撮ってしまった。PCやiPhoto、iPadの壁紙にしよう。

ムスタファの解体屋軍団の手際の良さに感心。2棟有った2階建が夕方戻ると更地の状態に、囲ってた足場も撤去されて残骸だけになって、翌日には完了した。

やっと本当の秋本番の陽気になって天皇さまのパレードも盛況に行われて、新皇后の涙が印象的だった。

涙の種類は、目を保護する役割を持つ涙を分泌する 基本的涙、異物を洗い流すための涙反射的涙、感情が高ぶった際に分泌される感情的涙の主に3種類に分けられるといい、おそらく嫁姑のデリケートな心情がやっと払拭されて新皇后の涙は当然感情的涙だろう。応援したい。

 

| | コメント (0)

2019/11/07

霜月***ムスタファ

2019年11月6日(水)

2494de43a2d449c78086a53969e4e419

今朝の新聞に載ってたこの絵を描いたピカソは91歳迄生きたという。葛飾北斎は88歳までと絵描きは長生きするものらしい。二人とも楽隠居せずに死ぬまで好きなことをしてたようだ。あやかりたい。

となりの古い家をスクラップすることになり、解体スケジュールの案内書が郵便受けに入っていた。月が代わりさっそくの昨日、ヒゲの濃い中近東出身の出稼ぎ外人部隊が足場材料の鉄パイプをトラックに積んでやってきた。

オイラがリーダーらしき髭面の大男に片言の英語で「ハウ・ロング・イッツ.テイク?」と聞くと、『?????』と英語がわからないようだ。「どのくらいかかるの?」と日本語で聞くと、すぐに『5時までですので、よろしくおねがいいたします。』と流ちょうに返事が返ってきてびっくり。

5人のチームで被ってるヘルメットに日本の会社名と《ムスタファ》と書いてある。トルコ人か?ほかのトルコ人は日本語がわからないらしく、身振り手振りだ。ムスタファと言えば、坂本九の【悲しき60才】だ。

15bbee0127454d0faf63c239402af2e1

・・・・・ヤームスターファヤームスターファ、遠い昔のトルコの国の悲しい恋の物語り、純情かれんなやさしい男それが主人公ムスターファ、(中略)見染めた彼女は奴隷の身ところが僕にゃ金がない、どうにもならない諦められないどうしたらいいんだろう諦めきれない(中略)金さえあればこの世では思いのかなわぬ事はない、そこで僕は考えて一念発起でマネービル(中略)トルコで一の金持ちになってしまったムスターファいそいで彼女をたずねたら今や悲しき六十才(中略)ムスターファムスターファ時のたつのを忘れてたムスターファムスターファなげきの爺さんムスターファ・・・・・・

築60年も経つが、手際よく初日は足場を組んで、翌日の今日屋根を開け、知らぬ間に2階部分を解体し1階へ木片を集め、用意したトラックに見事に測ったような積み込んだ。お見事だ。

| | コメント (0)

2019/11/06

霜月***じゅんことハピー②

2019年11月4日(月)振替休日

25644d39584845cd9f58b3f5ff8686d0

定期訪問日の4日の朝、難聴障害のじゅんこ叔母に電話でなくメールを入れて訪問時間を送信する。30分後に《ピロッ!》と着信が有り、「お待ちしてます」の返信があった。

午後、伺うと庭の雑草が刈られていた。誰か来たのだろう。 『ピンポン!』して少し経ちガラス越しに影が見え玄関が開く。「こんちわ〜やっといい天気になったね〜」と居間に入り、一応月命日の訪問なので 奥の部屋の叔父にそごうで買ってきた菓子を供え、線香を挙げる。辛党酒豪だった叔父への供物だが、今では甘党のじゅんこ叔母向けに選んでいる。

いつものテーブルにはハピーが居て、認知したオイラに寄って来るようになった。叔母が気を使って「もう降りてちょうだい!」とテーブルから追い払おうとするが、ハピーは無視してオイラとじゅんこ叔母の間に座り込む。よほどテーブルが気に入ってるようだ。

先日の胃がんの3年目の定期検査の結果は転移なく異常なしで良かったが、今週は指が痛く腫れて痛いというので検査に東京の大学病院に行くと言う。指先が異常になってスマホで調べると変形性指関節症 【へバーデン結節】らしい。

これは骨と骨の間には軟骨があり、軟骨は、骨どうしがぶつからないように、クッションのような役割を果たすが、この軟骨がすり減って骨が不安定になり、関節に負担がかかりその結果、炎症が起こり、腫れや痛みが起こるという初めて見る症状だ。

「それにしても次から次へと大変だね〜。なんかあったらメールして」と言い気づくと3時間も経っていた。

| | コメント (0)

2019/11/05

霜月***無料開放が良い

2019年11月3日(日) 🎌

A2fa7947bcc741a692203b1b82f306f3

ナオタに逢いに行く途中《日の丸》を見かけた。一体なんの日だろうと思ったら、朝刊に 文化勲章の受章者が載っていたのを思い出した。文化の日だ。よく知らないが、ふと、どういう人が貰えるんだろうと思った。芸術家、芸能人、小説家、そしてこないだノーベル賞の電気化学の吉野さんたちだ。

でも、オイラ達一般人にとって文化の日を祝日にする意味が解らない。どうせなら日本全国の 博物館や美術館を無料で開放する日にすれば良いよね。あと寄席、歌舞伎も無料に・・・・・。

夕方は無料の新都心の日赤前のオブジェを見ながら、7キロランニング。

| | コメント (0)

2019/11/02

霜月***やっとマラソンシーズン

11月01日(金)

D184bbf340c44707978cd7f13113395f

やっと秋らしい気候になり、秋の夕暮れ時の街走り10キロ。やっと良い日になって嬉しい、もう雨はいいや。

マラソンシーズン突入して、あちこちで駅伝大会だ。走るのはやっぱり、寒くて晴れた日がいいね。そろそろ奥多摩の山走りに行きたいな。

| | コメント (0)

2019/11/01

神無月***神さまは居るの?

2019年10月31日(木)

46da0cb0d85d4698a08d0ca9878747a5

好天気になり久しぶりの散歩はあまりクルマの通らない道を選び、踏切を二つ越えて大宮公園のボート池の縁に出る。気持ちの良い日になり、加えてあまり人もいない森林の小高い坂を酒と肴の買物で5キロほどになったデイバックを背負って、ゆっくり登る。そういえばあまりに多かった雨で山歩きにも行けてないことを思い出した。

ボート池を東に回りこんで花見客でいっぱいになる桜公園に向かうとなん組かの子連れママ友が草むらにシートを広げてランチを摂っている。そろそろお昼か?氷川神社に向かい境内に入ると【七五三】客で結構にぎわっている。神社も掻き入れどきで、撮影用のベンチまで用意してある。

でも、今月は《神無月》で神様たちは《大国さま》の出雲大社に出張してるんじゃ無いのか?と思って、チョイと調べてみた。氷川神社は【須佐之男命スサノウノミコト】を主祭神としていて《大国さま》はその子孫なので、まったく『ノープロブレム』だと解った。因みに伊勢神宮の【天照大神】も出雲には行かないそうらしい。

街に戻ると、ニュースで話題の【ハロウイン】メイクの若者たちに出会った。神社では着物ファッションの子供たちと、多様性ある日本人らしい秋の景色だ。因みに小一の孫のナオタは今でもカボチャお化けが怖いそうだ。

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »