2019/08/09

葉月***カンナが映える

2019年8月8日(木)

5edc2526ee914fc6805ef7e3c0b1eae4

ウンザリの毎日です。こう暑くちゃ早朝しか外に出ることが叶わないからで、早起きは三文の徳と言う人もいるが、凡そ三時間の自由しかない。

今朝も外に出て、いつものコースを変えて日影が多く風通しがいいバイパスに向かう。早朝の風はまだ少し温まっていないので爽やかだ。凡そ1500mでバイパスに出てからジョギングを開始する。歩道が広くて走りやすく、時折対向する自転車を気にする必要もなく与野公園に着く。

爽やかと言ってもさすがに汗が吹き出てくる。公園の水場で汗を洗い流し、口に含み、ふたたび走り出す。目標点の角を左に折れて街中に向かうと太陽が正面から身体に当たり暑い!不幸にも赤信号で影を探すが、何も無く立ち止まると、汗が頭から顔に流れ落ちる。

ふと路傍に目をやると、真っ黄色のカンナの花が真っ青の空に映えて、綺麗な夏があった。

 

| | コメント (0)

2019/08/07

葉月***原爆忌74

2019年8月6日(火)

F795d430afc2490f8cceba365b453f55

新都心街の中庭に、ひと月前にはオレンジの鬼百合が、今朝は真っ白に咲く百合が目を引き思わずiPhoneで撮る。今日は原爆忌だとあとで知った。連日の猛暑で、早朝ウオーク&ランニング10キロが連日のルーティーンで、TVのニュースも特に見る事もないまま、1日が始まる。

このところの机には未読の日経新聞が積まれている。暑さのため時間がそれまでよりゆっくりと動いてるので、こなせていないのだ。冷房が効いた二間続きの自分の部屋のリクライニングシートに座って、録画した三本の朝ドラを観る。そして黒革の手帳のひと筆書日記を書く。更にこのウェブ日記を仕上げてほぼ10時半ごろになる。その後古い新聞から開くが、日経新聞の一面には8月6日原爆忌は載っていない。黒革の手帳の日付下には【広島平和記念日】とあるが気づかず、半日遅れて知る事になった。

敗戦の8月15日は忘れる事はないが、広島原爆忌が何日かは知らなかったが最強の爆弾だという事だけは日本、いや全世界が知ることになり、当事者の人たちには気の毒だったと思うが第二次世界大戦が終わるきっかけになったと思う。

合掌!

| | コメント (0)

2019/07/27

文月***朝ラン4日---真っ赤な芙蓉

2019年7月25日(木)

C3e52f695f744dd190add6c24ec25849

真っ赤な大きな芙蓉が道路脇に顔を出していた。空は梅雨だが真夏はもう来ているようだ。

もう7月下旬なのにまだ梅雨が明けない。曇り日が続いて蒸し暑いので、朝ウオーク&ランニングが快適だ。飽きっぽいので、毎日コースを変えることにしている。今朝は滅多に通らない住宅地を選んで南に向かい、旧与野市(現;中央区)の本町周辺に出ると、寺院の多いことがよくわかる。

この地区は古くは鎌倉街道の上道と中道とを結ぶ羽根倉道上に位置し、室町時代から市場の町として栄えた。江戸時代には、甲州街道日野宿中山道奥州街道とを結ぶ脇往還の人馬継立場として、また中山道浦和宿川越を結ぶ川越浦和道の経由地として江戸や周辺地域からの商品物資集散地としての機能を有していた。[3]。幕末期の文化文政期(1804年1830年)与野宿は、大宮宿浦和宿よりも家数が多かったとされており、また1887年明治20年)作成と推定される記録でも、浦和町の人口3,524人、大宮町の人口2,860人に対し、与野町の人口は3,877人であり、これら2町を上回る人口を有していた[4]。wikipedia 

今でこそ さいたま市の中央区は上落合・下落合が国鉄操車場跡地の開発でさいたま新都心街として発展したが、大昔の《本町)は上記の通り歴史ある街だった。オイラが生まれ育ったころは北足立郡与野町大字上落合で、小学校時に与野市となり周辺では一番小さな市になった。悲しいかな政令都市になり中央区はどこでもあるが,《与野》が無くなってしまった。

| | コメント (0)

2019/07/25

文月***朝ラン3日---夏水仙咲く大宮公園

2019年7月24日(水)

64ae1da8d9354f729bb8ede316b87421

今朝の朝ランは 大宮公園ボート池うえの丘陵地帯のトレイルに向かう。一の鳥居先の参道から氷川さまの境内からお参りせずに裏側の大宮公園のランコースに入り時計まわりの護国神社参道脇に、ピンク色の花が咲いていた。毎年この時期に咲くが、すぐに思い出せない、珍しい花だ。

顔はユリに似てるが葉が無く茎だけ伸びた先にピンクの花が咲いている。思い出した。葉が無いのでハダカユリとも呼ばれる、夏水仙だ。春に水仙のような葉を出して枯れたあとの夏に花が咲く球根で、ヒガンバナの仲間だ。

護国神社の参道を横切りボート池に下り北側の丘陵地帯にかけ上ると歴史博物館前に出て森に入って大楠木の前から競輪場へくだる。再びボート池脇に出て桜公園への急坂を上り100m先のスタート地点に戻る。1200mを数周走り終え、氷川さま境内から街へ戻る。街はまだ通勤時間、駅に向かう通勤者を避けて家に戻る。予定の10キロ走り、9時前になっていた。

 

| | コメント (0)

2019/07/24

文月***朝ラン2日---黄花コスモス

2019年7月23日(火)

A5798ccb07854aafb2f8ac2476773cce

昨日の陸上観戦の影響で、朝ラン先を大宮第三公園のアンツーカコースに決めた。

ダラダラと散歩で誤魔化して汗もかかない日が続き、怠惰な毎日だが、信号待ちで見える自分の姿がデブに見える。清貧な暮らしには変わらないが、やはり汗不足だ。大宮第三公園へはアップがてらのウオーキングで30分で着いた。平日の通勤時で公園は空いていて貸切状態だ。ゆるゆるとジョギング開始1100mも何か身体が重たい。ドタドタ。2周目からキロ6分の速度で走るが、未だ身体の芯が起きてないようだ。3周目には汗が噴き出してきた。けれど辛い。

トラック1周は400mだ。このコースは100m置きにサインがあるので、400mを測ってみた。108秒かかった。ウチの中3女子の800mの中間400mタイムは65〜68秒だ。疲れたぁ!この辺でやめとこう死んでしまう。クールダウンしてふと路肩を見ると黄花コスモスが咲いていた。好きな花だ。

 

| | コメント (0)

文月***コムラサキ---PB出る!

2019年7月21日(日)

E670cb2ff1294147b6b6e3d10ed3095c

猫庭のコムラサキの花が咲いた。小さすぎて誰も気づかない地味な花だ。紫色の実がたわわになって初めて存在感をアピールするので、紫式部と呼ばれる。

中2の陸上女子が朝早く出場する国体予選会の熊谷陸上スタジアムに両親たちが出かけたあとで、静かな日曜日の朝6時。朝メシ前に、とウオーク&ランに出かける。

赤信号の交差点で今朝は右に行こうと決めて、ガラガラの国道を南に先ずはウォーク。街はまだ起きていない。500mほど進んだ先の青信号の点滅にジョクをスタートする。

1キロ先の母校の中学校の前を通ることにして、道路に面したフェンスに先日の県大会出場したウチの子が掲載されている。1年から4個目、なんか嬉しい。じいバカか。気分良くランスピードを上げて7キロほどで戻り、汗まみれのまま投票所に向かう。

残念だが国体に出場は無理だったが、PB(プライベートベストタイム)が出たとのLineが入った。凄い!。このタイムだと全国で120番くらいになったかな?

| | コメント (0)

2019/07/22

文月***角又茸 観察20日目---選挙

2019年7月20日(土)

Bd87cf97d2b947408d30cb5f98300cc2

降ったりやんだりの今朝の【角又茸】は乾燥気味でイカのあたりめ状態だ。

このところは終日蒸し暑く 熱帯夜が続いている、昨日、マスオさんも単身先から戻り6人の全員集合した土曜日の我が家、部活の朝練が無いので久しぶりにサザエさんもゆっくりで未だ起きてこない朝の7時。

散歩にでもと思ったが、すでに爽やかな朝は終わってもう暑いのでやめた。部屋の窓をすべて開放して空気の流れを作るが、無風なので扇風機の力を借りる。 8時過ぎの共有スペースのリビングがざわざわと朝の生活音が始まり、9時過ぎに空になる。

キッチンで、湯を沸かし、牛乳を45度にチンし、トーストに昨夜のカレーをトッピングして、朝食を済ませて、1時間後10分先の街に出る。そごうの周辺が警察官で溢れていて、事件でも?と思ったら、立看板に安倍首相来る!とある。そうか明日が選挙か?。

こないだ来た【選挙の女】を思い出す。組織票が強い党なので、投票しなくても受かるだろう。と思いながら選挙だらけの駅前をすり抜けて、ジュンク堂に向かう。

 

 

| | コメント (0)

2019/07/20

文月***木耳 観察19日目---日赤

2019年7月19日(金)

570ef2f1912248d89bda04bd24e57274

久しぶりに湿気の多い嫌いな熱い日になった。木耳(キクラゲ)はプリンプリンさを失い萎れた梅干しのようだ。

昼前に日赤に向かう。いつもの新都心散歩コース内に【さいたま日赤病院】はあるが膝の具合が悪い家人が付いてくると言う。《再検査の日赤》はさすがに気になるらしい。30分弱で日赤に着いたが身体中汗が吹き出ている。エアコンが効いてるようだが一向に汗は引かない。

受付で手続きを進めると。血圧測定を支持されて、そばにある測定器で測ると180との異常数値で、深呼吸して再測定するも170と一向に下がらない。機器の注意書きを見ると、汗に注意と異常値の原因だと判断して、手を洗い数分後に再測定するが下がったものの149だ。とりあえずこの数値を渡して受診前手続きを終え指定された診療室前のベンチでひたすら待つことになった。

受診票の番号と診療中の番号の差がかなりあるし、ベンチは先客者で満タンだ。少しずつ体のほてりが収まったので、家人を置いて同じフロアの血圧計で再測定すると、133-80のいつもの数値がプリントアウトされた。次回からは長袖を持ってこよう。

ほぼ受付してから2時間後にやっと自分の番だ。家人も誘い診察室に入る。あとで説明するのが面倒なので誘った。自分の画像が昨年と今年と全く同じなのにビックリ。昨年は「全然 大丈夫ですよ!」と掛かりつけ医は再検査要請しなかったのだが、今年は何故再検査か不思議だ。結局、日赤の医師は画像での断定をやめて「念のため、CTを撮りましょう!」と問診票の確認を終え、聴診器でチェックして、CT検査結果日を決めて20分で終わる。2時間待ちで20分だ。

一緒に肺の画像を見た家人が、想像したものより綺麗すぎて、本人が違うと確信 安心したのか、受診前にもう帰っていいと言っても待つと言って聞かなかったのに、CT検査前に、「じゃあ帰るから!」と言いあっさりと分かれた。「全然 大丈夫だよ!」と家人判定だ。

 

| | コメント (0)

文月***角又茸 観察18日目---家が遠い

2019年7月18日(木)

 

ツノマタタケは変わらず元気。

雨漏り休診で日延べになった健康診断の検査結果の面談に出かける。16:25KY胃腸クリニックに着いた。

昨日は定休日で木曜日は混むので、「午後からが空いてるのでオススメ」との事で、あえて小雨降る中16:30にクリニックに着いて受付すると、待合室の座席が埋まってる。ちっともオススメじゃない。

結果を聞くだけなのに!郵送でもいいと思うのだけど。それにしても行列のできるクリニックの秘密はなんなのだろう。理由はわからない。30分で呼ばれて、説明を受ける。多少の問題はあるが許容範囲とのことだが、胸の画像を示し肺のある影が気になるので《日赤で再検査》をした方がいいとのことで、明日、日赤に行く事になった。

紹介状やCDデータをもらい外に出ると、止んでた雨が又降り出してきた。家に戻りながら、100まで無理かもしれない、ふと72で死んだ母親を思い出す。心筋梗塞で死んだおふくろと同じ歳になった。いつもより家が遠い。

| | コメント (0)

2019/07/18

文月***角又茸 観察17日目---健康なんて役立たず

2019年7月17日(水)

38df1a6406fa4b3fa6b0236e9e0fd371

中久しぶりの太陽だ。うれしいけど蒸し暑いので、出かけて帰る度に汗だくだ。昼過ぎに【  オレンジのヤツ 】を見ると死にそうになってる。鮮やかさが失われてまるで熟れきって不味そうな柑橘の皮のようだ。

昨日までの《梅雨寒日照不足》の報道が、一気に【やっと来た夏】の幼児の水浴びや、湘南の水着の女たちを TVの情報番組で頻繁に取り上げている。

朝いちばんで、融資の相談で年金振込先銀行で、生活インフラの支払いも自動振替してるメイン銀行に行った。最近では事前予約らしくWebのサイトで申込みして出かけた。用件は銀行のサイトで年齢条件が記載されてるが、自分はその条件をやや満たして無いが『何か手立てはないだろうか?』というものだった。

具体的には  貸す年齢は70歳未満までで返し終わる年齢は80歳未満だ。未満なので69歳で既に2歳オーバーだ。今まで何度も書いたが、《 医者要らずで健康には絶対的な自信がある》し、人からも「若いねぇ!」と言われ、貸しても大丈夫だよ!とアピールする。

結局、ふんふんとじっくりと聞いてくれたが、結論は、期待に応えられないと気の毒そうな顔で告げられて、外に出る。社会では健康なんて何の役にも立たない事が分かった。外気は更に蒸して格好つけた麻のスーツの上着を脱ぐも、汗が噴き出る。

| | コメント (0)