2011/07/15

それにしても暑い、熱い!

2011年7月15日


生まれて4日目の熱波が襲う午後2時に赤ちゃんが、うちにやってきた。予定より1日繰上の退院だ。それは嬉しいことだけど、この娑婆の暑さに耐えることが出来るか少々不安。
準備した我が家で一番涼しく、風が当たらない部屋に寝かせてひとまず移動完了だ。
そして生まれて1週間が経った。連日の猛暑のなか宝物を扱うように我が家の生活が変わった。A
生後まだ7日目なので、寝てるか、泣いてるか、おっぱい飲んでるかだけなので、構いようがないので、写真や動画を撮りまくる。Milk
それにしても、暑い、熱い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/03

アゲハの幼虫観察

2011年7月3日(日)


アゲハチョウの幼虫が二日目で蛹に変態した。

・7月1日 蛹化場所を物置に決めたようだ。下から見るととても可愛い。Photo
・7月2日 頭を上にして、準備完了したようだ。110702
・7月3日 朝、蛹に変態した。予想より早かった。110703
横から見ると糸で体を支えていて、既に口吻や足や羽などの形が出来上がっている。S

蛹から羽化まで約13日だから7月16日にアゲハチョウになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/24

熱中症で?メダカが死んだ!!

2011年6月24日


ショックだ!
夕方、仕事から戻るとメダカが浮いていた、何匹もだ。
おととい、水替えをしたばかりなのに・・・。
テレビで今年一番の暑さだとニュースが報じていた。
日陰じゃないところに置いたせいだろうか?
翌朝の今日。メダカ鉢を点検すると一匹だけが生き残っていた。よかった!
あらためて、飼うことの難しさうを実感した。

一匹だけでは可哀想なので、ふるさとの池に出向いて3匹のメダカとエビを4匹採取してきた。
Saisyu
早速、三匹のメダカを鉢に入れて様子を見守る。
最初はよそよそしい素振りだが、すぐに打ち解けたらしく、一緒になって泳いでいるので一安心だ。
人間で言えば、同じ村の出身だから相性はいいはずだ・・。
置き場も雨が降れば鉢に落ちるような自然な環境の木陰の下に変えてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/23

メダカの引越し!!

2011年6月21日


今まで別々に飼っていたメダカの親子を同居させることにした。
新居は大きな植木鉢だ。問題は水抜き穴をどうやって埋めるかだ。底穴の無い睡蓮鉢を買う余裕はないので、思案した結果、ゴムの水栓を購入した。798円だ。
早速、内側からはめ込むが、鉢の穴はまん丸ではないので、あて木とカナヅチを使って鉢底と同じ高さまで押し込む。さらに外側に家にあった防水シールを施して防水対策し完成させた。Photo
置き水を6割ほど入れ、今まで飼っていた水とメダカ達を移す。Photo_2
生体数はメダカの成魚が7匹、稚魚が5匹、田螺の親子が7匹だった。
日差しが強くなったので、ホテイソウを移し、手作りの簾で日陰を作り3日ぶりに餌をやる。Photo_3
しばらくじっと顔を近づけて様子を見る。
ちいさな動きを見ているといつまでも飽きない。・・・・癒されるぅ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/21

ミルワームがゴミムシに変態!

2011年6月21日(火)

暑くなった昼ごろ、チョロ君おでましだ。餌を探しに庭のシモツケにいたハバチの芋虫を捕獲してチョロ君の前に置いてやると、腹が減ってるのかすぐに近寄っていきなりガブッとしたら、大きすぎたのか食べられないままだ。_0001
それではと、ミルワームのちいさな奴をと、1ヶ月半まえに買ったミルワームの蓋を開けたら、いつの間にかゴミムシに変態していた。
小さな容器の中でうじゃうじゃと動き回っている。

カナヘビの餌として買ったのだが、ミルワームの頭とカナヘビの頭が同じくらいの大きさなので、カナヘビのチョロ君すっかりビビって食べないのだ。仕方ないのでそのまま放置しておいたが、まさか成虫になっているとは・・・。

正式には
*昆虫網
*コウチュウ目
*カブトムシ亜目
*ゴミムシダマシ科
*チャイロコメノゴミムシダマシ
と言うらしい。

家人に見せると、「ぎゃー!!」と言って、「処分してちょーだい!」と言う。

とにかく、一緒にしておけないので、成虫を近くの川沿いの草むらに放した。
今までの小さな容器から解放され、あちこちに散っていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/31

赤ちゃんが生まれた!!

5月31日(火)

メダカの水槽を掃除しようとしたら、一週間前の置き水の中に3~5ミリくらいの孵ったばかりの稚魚がうじゃうじゃいた。「えぇっ!何だこの魚は!」よくみるとメダカの稚魚だ。おそらく、前回の水替えの際にホテイ草の一株に卵が産みつけられていて、それが置き水の中で孵ったのだろう。
とても幸せな気分だ。
親メダカの丸水槽を洗い、産まれたての稚魚を移し換えて、ホテイ草を浮かべ、親メダカ達は四角い水槽へ移し掃除完了だ。Photo
メダカの稚魚はおなかに栄養の詰まった袋を持っているので、すぐに餌は要らないらしい。
新たな楽しみが増えた。ホテイ草の根には、まだいくつもの卵が付いてるので、まだまだ産まれそう。
それにしても、カナヘビの赤ちゃんはいまだにミルウオームをあげても、ビビッてすぐに隠れてしまう。大き目の飼育ケースに腐葉土など入れてあるので、細かい虫を食べてるのかなぁ。動きを見るかぎり元気そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/23

その後のカナヘビとメダカ!!

2011年5月21日


今年の1月に庭で凍っていたカナヘビの子供のカナちゃんを飼育ケースで冬眠、その後は大きい飼育ケースを作りカナちゃんの庭を作って飼育している。Photo
当初はコバエを捕まえて与えるとムシャムシャと食べたが、その後はケースに近づくとすぐに隠れてしまう。
仕方なくミルウオームを石の上に置いておくと、興味を示すがまだ食べられないようだ。
2センチほどの活きたミルウオームを置くと、逃げてしまう。まだ赤ん坊だ。
飼育ケースには腐葉土や水を、雑草を生けてあるので、細かいムシを食べてるのだろうか。

部屋には1ヶ月ほど前に採取したメダカの大小9匹が元気に泳いでいる。酸素ポンプはないが代わりにホテイソウを浮かべている。毎朝一回餌を与え、一週間から10日毎に水を代えている。Photo_2
最近では、朝の餌やり時は学習したのか、逃げなくなった。可愛い
9匹もいるのでオスメスはいるだろう、そのうち卵がホテイソウに産み付けられるかも。
楽しみに子供が生まれるのを観察しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/03

カナヘビの新居

2011年4月2日(土)


連休の今日は、昨日よりもっと暖かな日なので、仕事場付近まで8キロほどウオーキングして、帰りはジョギングでクルマが通らない狭いけれどちょっと5キロほど長い斜め道を通り、往復16キロの朝ランで汗をかいた。

昼食後、カナヘビの新居の素材をイオンに調達に出かけ、380円の半透明の衣装ケースと花の培養土248円を購入して自宅で製作する。
床材に5センチの厚みに培養土を敷きつめ、その上にカナヘビが潜れるよう腐葉土を置く。
庭にある石材のかけらを腐葉土の上に置いて隠れるようにすき間をつくる。次に枯れた幹だけになった空木の枝を折って、土に刺して上れるように斜めに置く。さらに背丈の違う雑草をケースの土に植えつける。さらにビワの大きな枯葉を数枚ほど土の上に置き、ふたに空気穴をドリルで開けて完成だ。Photo_2
さっそく冬眠用の飼育ケースから、カナヘビを移すとしばらくはじっと動かないが、知らない間に枯れ枝の上に載っていた。Photo

よほど気に入ったのかずっと停まっている。あとは餌をどうするか大人のカナヘビならコオロギを買って来るのだが、まだ子供のカナヘビだから・・・当分はコバエを与えるしかないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/22

カナヘビの新居

2011年1月15日(土)

昨日捕獲したカナヘビの冬眠用の住まいを用意する。7cm

子供のカナヘビなので手持ちの飼育ケースを利用して、近くのホームセンターで黒土と腐葉土を買ってきた。
Photo
自然に近い状態にするので、底には水もちがいい黒土を敷いて水をたっぷり湿らせておく。
乾燥させないようにする為だ。Photo_2
その上に厚めに腐葉土を敷きつめて、缶の蓋を水入れにして置いて、新居が完成だ。Photo_3
餌がない時期なので、冬眠状態にさせる必要があるが、日中暖かいと地上に出て水を欲しがるだろうと思うので、水は補給しておく。
まだ目覚めていないカナヘビを捕獲ケースから取り出して、
Photo_4
新居に入れてやるが。まだ寒いので、じっとしている。Photo_5
1時間ほど経って、様子をみると潜っていない、目が覚めたか動き回っている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/10

たまにはだらだらとした散歩がいい!!

2007年4月10日(火)

天気の良い休みの朝、多摩の山にでも・・・と思ったら、「コンニチワ!!」と kei とsei ちゃんが来た。
seiちゃんはお勤め(幼稚園へ)で、2歳の kei嬢が残った。
天気もいいので『散歩に行こうか?』と彼女を誘ってフラフラと駅に向かう。
まだ9時前なので通勤客で駅はごった返しているので、抱いて構内に入り『デンシャにノル?』と聞くと
「ウン!デンシャにノル」と即返事が返ってくる。【スイカ】を渡して改札を入り、次の駅の【さいたま新都心】で下車し、遊びながら新都心のコンコースへ出る。東口の【cocoon】も 開店したばかり、movieに入るとkeiちゃん暗いのでビビル!・・・結構怖がりだ、seiちゃんもそうだ、この兄妹きっと僕に似たんだろう。
よさそうな映画が無いので、外に出る。
クレヨンしんちゃんの映画案内のリーフレットで紙飛行機を作り、コンコースで飛ばして遊ぶ、「keiちゃんもやるぅ!」
飛ばし方を教えるがうまくいかない2歳じゃまだ無理か?その後、僕が飛ばすと拾ってきてくれる。とても可愛いペットのよう。
その後ケヤキ広場下の坂で滑って Suberidai_1

、バイキンマンに乗りBaikinman_1
、ローソンで【チョコビー】を買い、その袋を抱えて再び道草を食いながらだらだらと戻る。途中のマンション前の遊び場の遊具で、チョッと遊び【チョコビー】を2粒口に入れ、また道草だ、そうして約2キロをだらだらと散歩して「タダイマー!タダイマー!」
と家に戻った。
居間には、久しぶりにkeiちゃんお守りに開放されたママとババが・・・(お疲れさま)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)