2018/01/24

久々の大雪

2018年1月25日(水)

22日は雪予報が出ていたが、土日もピーカンで翌日の雪予報を甘く見ていた。
それは何度か今まで何度か外れて、疑わしく思っていた人がオイラを含めて結構いたようだ。
当日の朝、鉛色の空からもう白い粉のような雪が落ちてきているが予測どおりだ。その後昼どきから横なぐりになり3時頃には世界が真っ白になってきた。
418b1a89342d4eeebb017845049c00c4それからの雪は止むことなく降り続く。
早めに仕事場から上がりバス停に行くと遅れているらしく混んでいる。三箇所へのバスで幸い座ることが出来た。まだまだ降り続く。700109f5e9ac460dae7a2732ddddd2e7
約40分で大宮駅東口に着くと帰宅バス待ちの客が通路を埋め尽くしている。なんとか構内に上がり西口に渡り、SOGOで夕食を調達して家に向かう。静かな西口も白い世界だ。
A35f293c9ed74fe79e2a123bdf52a23215センチは積もっている。
14439c5ea6c943d68cdb9ce940456b2b
そして翌日の休みの朝9時 雪かきだ。走れないし、いい汗をかいて昼ビールでもやろう。
828f2eed246040238550945f76d975a1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/20

正月後 いろいろ

2018年1月20日(土)

*年末年始の早朝ランニングで左足裏を痛めてウオーキング中心になっている。走行距離は160キロだが、走れてないので青梅30kはヤバそう。
*1月16日
家人の婆が先日インフルエンザ発症、たちまち娘の主婦が婆を隔離し、リビングの殺菌開始。
*1月17日
25年居た元仕事場の 1年に1度の新年会を地元の寿司屋で開催した。高田、成島、岡本、秋山、芦沢、豊田、鈴木、坂本 の9名の参加、いつも通りつまらない話題で楽しく過ごす。途中、何故かメンバーが知る地元の政治家やら、国会議員も顔を出すなどまるでロビーの様だ。店を出るとき店の電飾が消えていた。貸し切りだったようだ。
★ 9年前の新年会の写真がこちら!みんな若いね!
9bb780b6b114484b979d61fc6978094c


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/06

新年

2018年01月5日(土)

年末年始(12月29〜1月3日)の休日が無縁な仕事なので、2017年から2018年に変わってもあまり実感がない。年末の30日.31日も仕事で、年始の2日から仕事なので、年末に来た身内達と朝の【おめでとうございます、今年もよろしくお願いします!】に始まる恒例の新年の儀式で9人の宴が始まりやっと新年を確信する。宴が終わり一人で神社巡りする。先ずは ひかわさまだ。一の鳥居から進み二の鳥居辺りからは一気に参詣者が増え、屋台も参道両脇に連なりダラダラと三の鳥居に出る。境内は混雑して賽銭すべてを掴み投げ入れた。二礼二拍手して地元の氏神さんに向かう。
C11c8db6fe8b4869b0400c8301e1b38c
氷川さまの一の鳥居から新都心街の一画にある氏神様の神明神社にはひと組の参詣者がいるだけだ。
寂しい限りだが昔からの大事な氏神様だ。財布の賽銭すべて使ってしまったので、空賽銭を投げ入れて二礼二拍手する。後でお払いしますと呟いて。後ろめたさを感じながら神社を後にする。
Ea4736406dc34447b51fc85f1ed066c5
次に2キロ西の氷川神社に向かうが、何故か御朱印をもらう参詣者の長蛇の列で諦めて、そばにあるイオンで暇つぶしする。E1ca891a7a294690886b8f640437db1a明日2日が初仕事だ。
A2f164d278154e6ba97fd00aa929fcf0


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/31

富士見

2017年12月31日(日)

9a3237d85cea46dba78397ab95f55119
昨日は6キロ先の仕事場まで歩いて行くことにした。途中の新都心街から遊歩道を通り何気に右手を見ると林立したマンションの隙間に母校の中学校の校庭が見え、体育館の上に凛とした富士山が望め、思わず
立ち止まって写真を撮ってしまった。
新都心街の開発前の国鉄の操車場だったこの辺りの半世紀前には高いビルが無くどこからでも富士山が見えたものだ。
【富士見】の名前が付いた地名がたくさんあるが、今ではちょっとした街は高層マンションが出来て四角い空が増え、富士見できる街が減った。
そんな富士山なのでついつい出会えた時は嬉しくてじっと眺めて写真を撮ってしまう。
あの頃から比べると便利で何でもある街になったが、反面コンクリートだらけの不毛の地が増えたことを思うと複雑な気持ちになる。
明日から新年だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/28

もういくつ寝るとお正月

2017年12月27日(水)


珍しく激寒の師走になり、昔10年住んでいた金沢も大雪らしい。

12月15日(金)には忘年会の誘いで、半年ぶりに半世紀の付合いのある【さぼうる】に行き
5時間も居座り午前さまになった。ハナキンと忘年会が重なって街は賑やかだった。マスターの風体は相変らずスマートだ。Ea03d32449cf4317aae9a73c305821d3

以降の毎週定休の火曜日と金曜日は第二公園で10周10キロの朝ランニングが定番になり、
4112386a0ca64f72a2a110acef56bad2
霜が降った公園の芝は真っ白でやっと昇った太陽が少しづつ溶かし始める。
そんな日常が続き 平日のウオークと併せて昨日まで250キロになった。

23日にクリスマスディナーは何故か昔からケンタッキーチキンが決まりだ。
家人で子供は中学、高校生になったので、粛々と食事するだけになった。
傍らのXmasツリーも今日でおしまい。玄関ドアのリースも正月飾りに変更だ。
年末から正月には6人が12人になる予定だ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/11

師走の景色①

2017年12月3日(日)

6キロ先の仕事場まで冬の景色を楽しみながら歩くことにした。
先日の雨で街の紅葉もピークを越し、新都心のケヤキ広場の木々も葉を落として真冬になりつつある。
49c704196ea143248430d77aa12800f9
ちょっと晴れてきてふとひらけた道に出ると大きな落葉樹と花の盛りの山茶花が寄り添っている。
ここでも秋から冬へ移る景色が見られる。B07a913269bd48d6aa032d9e3297b5d3
そして夏に白い小花を咲かせた灯台躑躅も真っ赤に染まって存在をアピールしてるようだ。
9f184a7f977f42d4a94733acec667913


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/28

七五三

2017年10月27日(金)


今日は近くの氷川神社になおたの【七五三】に出かけた。
写真はオイラの大昔に姉と写真館で撮ったものだ。
Cdbb8d9213894f0c9a4abf6023bafce0
半世紀以上前のこの出来事は今でも微かに覚えている。当時はカメラを持っている家が少なかったので、イベントは最寄りの写真館で撮るようだったらしい。
昔の男子の礼装はスーツが多かったが、最近は羽織袴が主流らしい。54dfc2c406e8460cba754ad283d64bba
七五三の発祥は江戸の昔は子供が死ぬ事多く元気に育って欲しいとの願いで徳川家が始めたのがきっかけらしい。
そういう意味では、羽織袴がいいのかも?それにしても千歳飴がショボいなぁ。昔は何本も食べたのだが近年はむし歯にならないようにと敢えて地味にしてるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/22

滑落

2017年10月19日

振り返れば、先週の涸沢紅葉が最高のタイミングだった。
4連休明けからは雨雨雨と、雨続きが続いて台風までやって来た。
いい事は続かない。涸沢紅葉を仲間たちに披露していい気分の夕方の仕事帰り、事故が起こった。
外の鉄階段の上にある仕事場から帰る際、雨に濡れた階段から足を滑らして、下まで滑落してしまった。2f2df31d016a4d8f9c7b203f7bccbf50
最初の足をすくわれた弾みで右の背中が階段の角に思い切り当たり、そのあと段々々と下まで落ちた。
幸い、バックパックを背負ってたのでむち打ちは免れたが、どっかの痛みにすぐに立ち上がれず1分位仰向けの状態で回復を待った。オイラが死ぬ時は間違いなく病死ではなく事故死だ、とその時確信した。

なんとか立ち上がれるようになり、200m先のクルマまで戻ることが出来たが、座席に座る際に激痛が走り、ダメージが右背中から右腰上の箇所だと判明した。なんとかゆっくりとクルマを走らせ30分後自宅に戻る。
休みの翌日、近くの呉竹整形外科で観てもらい、骨折・ひびがない事を確認して湿布薬だけもらって、終日大人しくして過ごした。その後 日々 順調に回復してきているので山走り出来るのもそう長くかからないだろう。

しかし、カッターで段ボールを切るついでに指を切ったり、頭の上のものが視界に入らず頭突きをしてしまったり、上り階段を踏み外して転んでみたりと不注意による怪我がこのところ増えている。
すべて自業自得だが、このところ世間では高齢車の自動車事故が多発して社会に迷惑をかけている報道を見るたび、老害だけは避けたいと痛切に思うこの頃だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/25

初めての450gのステーキ

2017年9月24日(日)


仕事帰りの夜七時過ぎ。大宮駅前の【いきなりステーキ】で並ぶ、先客から9人目だ。
食べるつもりで来たので待つ、店員さんが連れの人数と座席の確認を聞いてい流。
『1人、立ち席オッケー』を告げる。そのあと店員さんが『 立ち席のお客様がいないようなので、後ろの立ち席希望のお客様を先に御案内しますのでご了解下さい。』とガラガラの立ち席コーナーにたちまち案内してもらった。ラッキー!今迄も立ち席利用してるので苦もない。
Img_1038
注文は決めていた ワイルドステーキの450gをカット場に伝える。3000gを超えたのでゴールドカードを提示して黒烏龍茶を注文する。サービスだ。
三カ月で5139gのステーキを食べた。

5分程で450gのステーキが運ばれてきた。Img_1379
やっぱり出かい!果たして食べられるだろうか?
赤みを焼きながら、いつものようにサイコロにカットしていく。
最初はソースをかけないで食べる。三分の一程食べたあとソースかけていただいていく。
どんどん腹に収まっていく。やっぱりステーキは好きだ。
30分で完食です。さすがに腹が膨らんでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/24

彼岸花

2017年9月22日(火)


Img_1368
先日 さいたま市の見沼用水路西縁に人為的に植えられていた彼岸花が咲いていた。
秋彼岸頃に咲いていないことは決してない。墓参りを忘れてもこの花が教えてくれる。
いつものように、近くの青葉園に出向き、無事墓参を済ませた。

墓地の幾つかには歯抜のように空いているところがある。
代替わりで墓守りが居なくなったのだろう。そういえばウチも同じ名前の跡継ぎがいない、他人事では無いが、先代の両親が眠ってるだけなので、我々の代で解決しておくしかないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧