日記・コラム・つぶやき

2019/10/18

神無月***ノーベル賞からその後

2019年10月13日(日)~16日(水)

Af634702cd334f2bb955a80e7220f4f5

10月 9日:ノーベル科学賞にリチウム電池で吉野 彰さんが決まりいい話。

10月12日:台風19号が関東〜東北に大洪水をもたらし、半端ない被害となり大勢が死んだ。わが家は辛うじて床下浸水を免れる。

10月13日:ラグビー日本代表 最終戦でスコットランドと対戦、28-21で勝利し4連勝で初の決勝トーナメント進出(8強)を決めた。

10月16日:リビングの42インチのTVが壊れたので、最安値品を探しに市内の電気屋をジョギングで回り、ネットで最安値を注文する。予定外の出費がつらい

10月17日:MLBのアメリカンリーグのヤンキース1-2を田中将大がタイにするか?興味ある1日になりそう。

色々あった一週間だった。

 

| | コメント (0)

2019/10/14

神無月***借金も出来ない

2019年10月10((木)

Photo_20191014115501

先代が借りた土地に住んで四分の三世紀ほど経つ。近所一帯が借地だったが高齢な地主が手放して新しい地主(底地売買の会社)になった。

数か月前に新地主の担当者から、底地(借りていた土地)の購入を持ちかけられた。つまり旧地主から買った底地を借地人に販売して利益を得る会社だ。家々を訪問して相場の説明して地主分40%を販売する営業活動が始まった。

わが家も購入する意思を伝えた。ただそんな蓄えがある訳が無いので、常に入出金が発生するお得意であるオイラのメイン銀行に依頼することにした。

予約日に銀行に相談に行くと丁寧に応接してじっくりと聞き取りをしてもらったが、丁重に断られた。理由は年齢制限を越えているとのことだ。事前にwebサイトでそのことは知っていた。しかしそこはお得意様のつもりなので、

「1~2歳のオーバーはいいんじゃないですか?この通り医者いらずの元気なジジイですから」と訴えるが『ルールを変える訳にはいきませんので、申し訳ありません』とあえなく撃沈だ。

改めて調べるともうオイラ以上の爺婆は,もう借金も出来ないほど世の中からはじかれてしまったようだ。まぁ認知症に金は貸せないか?それも道理か。

失意のあと駅前の赤い羽根募金は無視して通り過ぎ、ティッシュ配りには手を出して、駅向こうのドンキホーテに安い酒を買いに行く。

| | コメント (0)

2019/10/11

神無月***麗子

2019年10月7日(月)

6e8f8a4548aa478384fa4682439106b5

4ヶ月ぶりにGataと逢う。開口一番で「東京駅の【岸田劉生展】に行ってきた、やっぱ凄えよ!」と言う。

彼は水彩画を描き、ジジイになった今でも教室に通っている。彼の描いた絵を知ってるがズブの素人のオイラから見ると上手い。「お前も凄いよ!展覧会に出せば?」と言うと、『全然ダメだから教室に通ってる。』と取り合わない。上手さの物差しが違う。芸術学部出身と経済学部出身の違いだろう。

オイラも絵は好きなので、【麗子像】は知っている。初めて観た時、何か不気味で強烈なインパクトを受けたので忘れられない。Gataが言うにはモデルの麗子さん、辛くてあんな表情をしてたようだ。そんな会話から絵描きの話題になり、90近くまで生きた北斎、乳白色の肌の女でフランスに帰化した藤田嗣治などオイラの好きな絵描き談義で、コーヒー1杯で2時間のひまつぶしだ。

| | コメント (0)

2019/10/08

神無月***じゅんことハピー

2019年10月5日(土)

3ae85624ac264df6bb2acaff93b6c0dd

じゅんこ叔母とハピーに会いに行く。

ハピーは 6歳のスコティッシュフォールドだが、耳は垂れなくなったらしい。先月からはリビングのテーブルがお気に入りらしくいつもそこに居る。「ハピー!元気?」と声をかけるが、いつものように知らん顔だ。

1年ほど前から月一回に来るヤツはどうやら敵ではなさそうだ。来ると死んだ叔父に線香を上げて、じゅんこ叔母と数時間会話して帰るジジイだ。誰だかわからないので最初は別の部屋から監視してたが、特に害も無さそうだ。

 冷房の効いてない向こうの部屋は暑いし、このテーブルは冷たくて気持ちがいいしここが一番だ。今日はワザとすり寄ってジジイの反応を試そう。

じゅんこ叔母、アイスコーヒーとお菓子を出してくれる。ハピーはテーブルの上の雑多な物を踏まず器用にオイラの前に来てジッと顔を見せ、長い尻尾を振り横たわる。頭から背中、尻尾をさする。嫌がらない。顔をスマホで撮り、ハピーに見せる。キョトンとしてる。猫じゃらし する様にそばにある捻った買い物袋で遊ばせようとするがチラ見しただけで、反応しない。目でチョット追うだけだ。

このジジイ オイラをスマホで撮った。それをオイラに見せて反応をみてるんだ。馬鹿にしちゃいけない!分かってるんだ。買い物袋を喜ぶと思ったんだったら大間違いだ、猫は皆んな喜ぶと思ってる、分かってねえな!  

2時間ばかり雑談してるうちに、テーブルで昼寝してしまった。会話の邪魔もせず、静かで、おっとりと楽な猫だ。以前にじゅんこ叔母が言っていた「このハピーがいるうちは死ねない!」と。

| | コメント (0)

2019/10/06

神無月***線虫と癌

2019年10月4日(金)Cbcd38650cfc4a0cb5698dedd46fe0aa

年に一度に市の《ガン検診》の葉書が届き、胃と大腸は異常なしだったが、【2次読影で肺がん要検査】となり、日赤にてCT検査を行い、 長い長い待ち時間の二日間を費やした。

先日、自営業の友人の妻が大腸がんと判明した。忙しかったのと医者嫌いで特に異常を感じなかったので30年以上も検査しなかったという。会社員が長かったオイラは、健保指示での検診を受けていたお陰か大過なく今に至っている。

誰も異常を感じないと医者には行かないし、気付いた時は手遅れでかつての日本は人生50年だった。今では、医療の進歩は驚異的で、人生100年時代になり、まだ実験段階だが《一滴のオシッコと線虫でガン検診が出来る》ようになるらしい。

今は、それぞれの検査方法だが、これは【全身網羅的】に安価に、苦痛なく、早期発見が出来るようだ。人生100年以上になるかも。

| | コメント (0)

2019/10/04

神無月***剪定

2019年10月3日(木)

9229ad2415ae441fb2b688138c4cdad5Cd9e9ce91c264384becfc38bcad17f1a

涼しくなった曇天日になったので、二階のベランダまで伸びた繁茂したハナミズキを思い切って剪定した。

紅葉も終わる頃の《婆》の朝の日課は、飛び散った葉っぱを拾い集める作業になる。街なかの不毛の地の道路で、軽い葉っぱがアスファルトの上をコロコロと散らばって行く。

朝の日課も終わった数時間後の買い物に出る際にも、風に吹かれて飛んでった先まで拾いに行こうとうする。「風が始末してくれるよ!」と言ってもあっちに走って拾いに行く。こっちにはまた葉っぱが落ちてくる。拾う。キリがない。そんな性分の《婆》だ。

本来なら落葉後の剪定だが 、そんな《婆》の為にも空けるものなら不要な幹ごと剪定して、今のうちに葉っぱを減らしておくつもりだ。20年モノのハナミズキで、1mほどの高さが今では5〜6mの大株になり梯子を掛けて登り、更に枝分れした幹に足を掛けて混み合っている枝葉を剪定して大3袋を収穫した。

これで少しは《婆》の 葉っぱ拾いが減るだろう。

| | コメント (0)

2019/10/03

神無月***キャッシュレス

2019年10月2日(水)

717941bb76a74f07a3f95dcda0e0fd7b

もうすぐ《寒露》というのにまだ「彼岸花?」夕暮れ時の大宮公園のいつもの散歩道にまだ群生していた。今年はなんかおかしい、涼しくなって来ない。昼から夜10時まで、まだまだエアコンの生活が続いている。今日の太陽もいつまでも暑くて、汗っかきのオイラはまだまだTシャツ半ズボンだ。

消費税が10%になったらしいが、現金を使わないので実感が無い。スマホペイだ。SuicaとQuickが入っているが、プリペイドなので残高が5000円を目安にチャージしておく。理由は小銭入れを持ち歩くのが嫌いだからだ。だから現金払いの店では飲食や買い物は出来ない。

スマホ決済だと増税分が還元されると言うが、どっちみち9ヶ月の時限だし、そんなに買うもんも無いので気にせず、スマホだけ持って外出する事にしている。氷川神社の賽銭もず〜と借りっぱなしだ。

| | コメント (0)

長月***15の夜

2019年9月28日(土)

3787f9fd340f43bda6eeed70fa86cdc9

15歳になる中3の女子の誕生日会だ。

可愛げも無くなり身体も大人並みになったが、会話は相変わらずの子どものままだ。折角の誕生日なのにケーキを食べて「ハッピーバースデー」だけじゃつまらないので、夕食時にジジイのオイラがリビングを、らしく飾り、小さな時から撮りためた写真やビデオをTV画面に流しながら卓を囲む。

「小さい時はブサイクだったけど、少しずつ可愛くなって良かった良かったね」「この頃のお母さんも若くて綺麗だったんだねー」

「アレ、これ誰?お婆ちゃん痩せてたんだね」「お爺ちゃんにの頭ふさふさだったんだ」

などなどと笑いながらワインも空けビールも飲み、家族6人で楽しいひと時を過ごした。

あらためて壁に貼った写真と目の前の本人を比べて、大きくなったなぁと実感する 15の夜になった。

| | コメント (0)

2019/09/29

長月***黒革の手帳

2019年9月27日(金)

E225550094004aa8b414a4b6562a8366 E18b1249b04f4a949a486f2fe38d214c

いつもなら【丸善】へ2020年の黒革の手帳を買いに10月上旬頃行くのだが、好天気になったので品揃えされてるか不安があったが出かけることにした。往路は電車で、復路はウオークの予定だ。

量産して無いメーカーで、丸善か、伊東屋など限られた店でしか扱っていないので遅くても品揃えが始まる10月初めには買い求める事にしている。それに替わるモノが無い。なんと言っても4㎜くらいの薄さがいい。手造りの黒革表紙が厳かでいい。値段は1500円とやや高いが長持ちする。1994年から使い始めて27冊目つまり27年目なので、『もう辞められない!』。本来はスケジュール帳だが、1行メモ帳だ。

丸善4階の手帳売場で30分ほど探すが《 無い 》。店員が調べてくれると『今年から生産を辞めた』との事。思わず「え〜!」愕然としたが。諦めるより仕方がない。銀座の伊東屋に行くも同様だった。失意の中、帰路は日比谷から大手町、神保町、後楽園で丸亀うどんを喰い、白山通りを旧中山道を巣鴨へ、滝野川から板橋宿、さらに十条で、疲れ果てて20キロ。電車で自宅に戻る事にした。

改めて1994年の手帳を開くと、転職した年だった。空欄が多く予定メモが多い。8月末に北米出張とある。初めてのアメリカだが、仕事した印象が無い。1997年3月母親心筋梗塞で死亡。2002年8月末、父親倒れ介護退職する。2003年6月再就職、2006年7月父入院先で結核で死亡。2018年3月定年退職し、現在に至るまで27年の生々しい記録が刻まれている。リタイアして1年、年号も令和に代わりお役御免、同調する様に黒革手帳もお役御免終か!

| | コメント (0)

2019/09/25

長月***《丸に酢漿草》

2019年9月24日(火)

930a0421957540289280e4176b5ffd88 Cf046de44cfd45b8ae95d3326322b65f 

広大な青葉園内でふと墓石に家紋が彫ってあり、ウチの紋は何だろう?と気になったが、もうオイラ以上の年寄りは、本家筋の83歳の《 ジュンコ 叔母》しか居ないが、墓守りに関わった事もないので、調べてみる事にした。

酢漿草(カタバミ)紋で、その中の【丸に酢漿草・片喰(かたばみ】というのが わが家の紋だ。

片喰は酢漿草、鳩酢草とも書き、その優雅な形状からか古来から人気があり、文様としては平安、鎌倉時代から車や輿に多く用いられ、また 片喰は荒地や畑に群生する繁殖力の強い雑草の一種で、子孫繁栄を意味するとも云われ人気があったようだ。

ソフトなイメージにも関わらず、多くの武家に愛用されましたが、バリエーションとして、より武門を強調する剣を付けた紋もあり、日本十大紋の一つで桐紋についで広く愛用されており、山陰、北陸地方に多い紋とされているらしい。

因みに、死んだおふくろ様からの口伝によるとこの墓の祖は【足軽】だったらしいと聞き、苗字が多い市を調べると岡山市、呉市、富山、金沢、新潟が多く、家紋と一致してる。もうどうでもいい話だが・・・三娘はすでに苗字が代わってるし・・・。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧