2017/03/24

猫庭の景色

2017年3月24日(金)


【暑さ寒さも彼岸まで】も終わり、街を歩けばモクレンや梅、畑の菜の花が風景に色を付けてきた。
我が家の猫庭では 一年前に植えた《クリスマスローズ》が根付いてピンクの花を付けた。Img_1629残念なのは地植えにしたので、屈まないと顔を拝めない。Img_1630やはり鉢植えにして目線におけば良かった。春はやってきたが花はまだまだだ。
あまりにも色が寂しいので、家人が一年草を鉢に植えて狭い猫庭に春を演出している。Img_1632
それでも、幹に吊り下げたポットの多肉植物が新芽をたくさん出してきた。Img_1628ハナミズキは花芽を膨らませ、地面からは宿根草のエビネが芽を出してきて確実に花の季節に向けて動いてることを実感する今日この頃だ。
Img_1631


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/15

笑える

2017年03月14日(火)


四年ぶりに歯医者に行った。
理由は差し歯のひとつが取れたのだ。
上歯の正面から三つ目なので笑うと歯欠けジジイで笑える。
Img_0482

義歯なので接着剤が四年の間に弱ったのだろう。2時間程で修復したが。四年の間に義歯の肉が減ってるので、肉盛りする必要があるという。
差し歯以外の歯みがきしたり、差し歯磨きしたり面倒だ。いっそ全部抜いてしまえば虫歯対策も要らないし楽かもしれない。
念のため医者に聞いてみると、素材によるそうで10万円から100万すると言うのでビックリだ。結局3割負担で二回で10000円弱掛かった。大事にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/20

メジロ

2017年1月17日(火)

寒い冬もなんのその 寒さ知らずの鳥たちは元気だ。
オリーブに覆われた窓外にメジロがやってきて、虫を探している、オリーブの小枝に家人が刺して置いたみかんの一片に気づき、嘴で突つき食べ始めた。外から部屋が見えにくいのか近づいて観察する。
虫は甘くないだろう、デザートがわりか美味そうに突いている。可愛いい。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/06

明けましておめでとうございます

2017年1月5日(木)

1ヶ月ぶりの更新です。
特に 事情があった訳ではないのでしたが、昨年11月よりの休足で、【足習い】のネタがあまり無いため筆が止まってました。病気でも無いので ウオーキングは欠かさず12月も200キロは歩きましたので、体調も万全です。正月の三日に25キロLSDを目論見ましたが、ランニングの筋肉がウオーキングと異なるので、15キロで撃沈しまいました。情け無く帰りは電車です。2月の青梅マラソンは完走出来るか少々不安です。Img_1581


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/02

青梅に向けて

12月1日(木)

*駒場競技場のメタセコイアの黄葉
Img_0215

*54年ぶりに降った初雪にびっくり
Img_0214

*とても寒い日、街中の残った柿から甘そうな蜜が垂れていました。
Img_0216

*11月の足習い 結果

・走行距離 179Km    
・走行日数  22日
・大会順位  45位/150人中
・平均総距離 8.1Km/回

取り敢えずウオーク中心に、足の甲の腱鞘炎も癒えたようなので2月の青梅に向けて練習再開しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/15

ひとり旅

2016年11月12日


月曜から金曜まで休みを取ってひとり旅に出かけた。

当初はさいたまから四国観光を目論んだが、家人の猛反対があり、近場に変え 箱根に向かい、宿を探してカビ臭いホテルに泊まった。相当築が経っている電鉄系のホテルなので、部屋は広く窓外には盆に大文字焼きの明星が岳が正面に見えるが、部屋のあちこちの内装が剥がれている。
これで16800円と高いが、人気の箱根では安いほうらしい。
気を取り直して朝まで入れる大浴場に何度も通い、缶ビールをぐびぐびやりながら、夕食をあてにせず待つ。
夕食は特別なものはないが、それなりの量があるのとかなりの空腹の反動で完食し、朝食も部屋食でこれも見事に完食して、8時過ぎにチェックアウトして目的地の仙石原へ向かう。曇天の中ベージュ色の世界が広がり、クルマをpkに入れて延々と続くススキ道を行く。。
Img_1564

Img_1556
まあここも一回来ればいいんじゃない、と思いながら下界を目指し伊豆半島に向かい、宿を物色する。。
西伊豆のまつざき荘を手配し、伊豆道をゆっくりと相模湾を左手に、湯河原、熱海を制限速度で進み、山越えしながら修善寺を過ぎて駿河湾の土肥に到着。残念ながら富士は拝めずも静かな西伊豆の道を松崎に・・・・。
14時半にチェックインして、海側の部屋のカーテン開け放つと海が目の前に出現、思わず「おー」と言葉が出た。。夕食まで波の動きを飽きずに小一時間眺めて、持ち込んだ三島由紀夫の【潮騒】を読む。。
夕陽が雲の合間から海に落ちていく。
Img_1560
昨日は山、今日は海の絶景が見られて最高の気分だ。やはり一人がいいね。
夕食は新鮮な海の幸をたらふく頂き、生ビールを肴が無くなるまで飲み続けて、部屋に戻り爆睡。
朝風呂の後体重計に乗ると、5キロも肥えたようだ。ここの宿代は基本が10000円にオプションのサザエとコシオレ海老の味噌汁で2000円に生ビール代3000円で15000円だ。
さあて、三日目の今夜はどうしようか?思案する。休暇はまだある。。家との通信はしてない。
ヒゲも剃っていない。ヒゲがだいぶ伸びた。
北へ上がって信州か、と思ったが、今日は肉が食いたいなと思いながら、川崎に住んでいるMさんにメールを入れて、そばに美味い焼肉屋があるらしいのでご馳走するから泊めてくれ一報し、川崎にクルマのナビをセットする。
Img_1565
行列の出来る焼肉屋で極上のネタとこれまた生ビールで死ぬほど食べて大人3人で16000円だ、安いじゃないか。今夜も激太りそうな予感がする。
こうして、五連休を三泊四日で山料理、海料理、最後に焼肉を食べ歩きのような一人旅になった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/03

そろそろ

2016年11月3日(木) 文化の日


Img_1550

文化の日の雨上がりの朝陽が雄のスモークツリーを真っ赤に紅葉させている。
秩父の山は紅葉が見ごろだろう。
10月も、足習いはウォークのみで170キロだったが、カロリーは消費量は少ないので、身体は重いままだ。痛めた足も回復してきたので、そろそろ走ろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/30

村田沙耶香ワールドにハマる文学少年?!

2016年10月28日(金)


右足の指の腱を痛めてリハビリしてもうかれこれ一カ月になる。
その間の《足習い》は軽いウォークに留めて、読書三昧の日々を送っている。
文庫棚にある内容を忘れた村上春樹を取りだして読んだりしたが
今年の芥川賞を掲載している文藝春秋の【コンビニ人間】を読んで以来 村田沙耶香ワールドにはまり、過去の文庫作品を求めて書店を回るがなかなか店頭には無い。その後半月して東京駅の丸善などをまわりやっとに入れる事が出来た。
【授乳】、【ギンイロノウタ】、【 殺人出産】を読破そして今は三島由紀夫賞の【しろいろの街の、その体温の】を読んでいる。Img_0069
【コンビニ人間】も面白かったが【 殺人出産】も良かったので、家人に進めようと思ったが?直木賞タイプを好み、芥川賞作品はよくわからないというので、お薦めは辞めといた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/17

マイコプラズマ

2016年10月16日(日)

日光に修学旅行に行ったKさん、現地で発熱して帰ったら40度になっていた。
今日は通常どおりだが、休むことにして、病院に行くとマイコプラズマ肺炎らしいことが判明した。
感染すると咳が出て、高熱が行く日も続くらしい。

~~~~【マイコプラズマ肺炎】を調べてみた~~~~
* 初期の症状
* 乾いた咳が止まらない
* 高熱(37度〜39度)
* 喉の痛み
* 喘息の悪化
* 呼吸がしにくい
* 鼻水、鼻づまり
* 感染力
マイコプラズマ肺炎の長い潜伏期間のせいなので(潜伏期間は14〜21日)いろんな人にうつってしまう。
* もちろんマイコプラズマ肺炎は大人にも感染する。症状は子どもと同じだったが、咳がやや湿った咳になるのが特徴で大人のほうが重症化しやすい傾向にあり、治しきるのに1ヶ月かかる場合もある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
kさんのクラスで半月ほどまえにマイコプラズマ肺炎に掛かった子がいたようで、その潜伏中に感染ったようだ。。
そして1週間後の今朝 、中三の兄のS君が39度 発熱した。
じわじわと我が家に感染しつつあるようで、チョット心配だが、じじばばにはうつらないだろう。。
Img_1545


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/04

上野公園

2016年9月30日(金)定休日


欲求不満解消の日がやってきた。
終日晴れの予報が出たので、上野公園を散策することにした。
通勤ラッシュアワー過ぎの9時に電車に乗って30分後上野公園口に出る。
気持ちのいい朝だ。
公園口から鶯谷方面に反時計に渦を巻くように大周りしながら中心部に戻るコースを選ぶ。
国立科学博物館から道路を越えて人出の少ない寛永寺墓地を歩く。芸大の裏側にあたる付近の小高い土手に朝陽が射し込みその温かな草むらに野良猫が朝寝している。スマホカメラのシャッター音で一瞬こちらを見るが、気にする様子もなく再び眠りに着く。
Image大周りしながら道がくねり下ると住所が池の端だ、不忍池の西側に出たが陽射しが強いので日陰を歩く。池には大きな蓮が群生して水面のはるか上まで茎葉を伸ばし改めて植物のパワー実感する。
池を回り込み出発地点へと向かい、一周目の内側のコースを歩き 大きな樹木が多い東京都美術館周辺の人気スポットを通り、芸大美術館に立ち寄る。道路を挟む向かい側に趣のある芸大がある。Image_2芸大からの小さな道を左に渦を巻きながらやはり西郷隆盛さんだ。
Image_3そして朱色の鳥居が連なる稲荷神社に着く頃、外国人観光客が一気に増え始めた。昼どきか?
Image_4ニュウーバランスのGPSウオッチを見ると10キロを越えたので、公園口のコーヒーショップで軽いランチを食べて、帰路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧