2017/03/13

紅猿子(beni-mashiko)

2017年3月10日(金)


天気がいいので、太めの身体を絞ろうと30kマラニックに出かける。
自宅近くの桜が見事な鴨川沿いを南に向かう。Img_0458桜はまだまだだなので流石に狭いトレイルなので誰も通らない。
危険告知のテープが桜の曲がった幹にグルグル巻かれている。Img_0460きっとよそ見して怪我した人がいたんだろう。しばらく行くと新幹線と埼京線の高架が現れ川沿いの桜並木は終わりつまらない川岸になってきた。少し行くと民家の梅の花が品のいい香りを放出している。Img_0462
いい陽気になってきた。川沿いから中央通りに合流して朝陽に向かって走る。道は分からないが日差しを頼りに進むと目指すバイパスにでた。《ロジャース》で用を足し、と《アミノバイタル》を82円で買う、安い!
戸田のバイパスから彩湖に向かうと突然ランナーが右手から道に飛び出てきた。合宿所があるヤクルトの選手だろう。土手を降りるとヤクルトの野球場が見えてきたがまだ練習してる選手はいない。Img_0463
彩湖畔に出て管理橋を西側に渡るとまだ冬枯の景色が続く。自転車野郎達が走っている。土曜日に自転車大会があるらしい。Img_0466_2

Img_0467
彩湖から水門を通り田島原に出ると藪の前にジジイ達が遠巻きに10m先の枝に望遠カメラを向けている。
小声で「なんですか?」『ベニマシコ』と一言。初めて聞く名前だ。Img_0478
この辺はこの手の野鳥撮りの連中のメッカらしい。
桜草自生地はまだ色がないままだ。GWごろにはピンク色に染まるのだろう。Img_0468
秋ヶ瀬公園の路肩を通り春を探すが花は雑草くらいだ。がそれでも作られていない自然な公園がいい。
Img_0470
公園を抜けた先の土手に菜の花が咲き始めて青空に映えてやっと春に出会えた。Img_1625土手の越えるとゴルフ場が左手に出現し寒い中 数人が興じている。風の通り道か寒い、300mくらいの竹藪のトンネルが多少風を和らげてくれる。Img_0475運動公園から街へ向かう土手に出て西を振り返ると秩父山塊がもやっと見える。そろそろ山走りしよう。
街へ戻ると路ばたに黄色いサンシュが咲いていた。Img_0477
29kのマラニックを終えて昼ビールでランチだ。疲れた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/21

走った距離は嘘つかなかった青梅マラソン

2017年2月19日(日)

Img_1607
御岳山駒鳥山荘を9時に出てケープルには乗らずアップがてらに標高差400mを走り降りる事にした、20分後バスで10分先の御岳駅に到着し青梅線に乗換えて東青梅で降りる。時間は10時40分だスタート地点へ向かいながら、ザックを病院の地下駐車場に置いて、コースに向かう。身体が重い!今回30kの練習はして無いので、折り返しまでは無理せずに行こう。
ナンバーが4000番代で前の方からのスタートで遅れが数分と前回より好位置だったが、流れに任せてバラける5キロから速度を上げていくつもりだ。
結果 5キロは 34:40と予測通り7分弱で通過したが やはり重い!とりあえず折返し迄はドンドン抜かれるが足に任せて10キロ も伸びず 1:10:12 だ、一向に足が前に進まない
今朝の400m降りランが原因か、夕べの酒が原因か、基本的な練習不足が原因か、考えてもしようがないまま折返し地点を過ぎて 15キロ 1:48:07 とタイムが落ちた。
もう駄目だ。歩く。戻りから速度アップの目論見どころか途中棄権しようかとも頭をよぎる。走ったり歩いたり、関門通過時間が迫ってくる20キロ 2:31:32 と43分も掛かり、その後もダラダラ走ったり25キロ 3:12:59 とやる気を失せたまま 30キロの関門タイムがの約5分前の 3:54:48で グロスではギリギリの3:58:26でゴールした。
六度目の青梅マラソン最悪の結果で、前回より54分、ベストタイムより70分もオーバー
の関門タイムとの 情け無いマラソンになった。
【走った距離は嘘つかない】
2016年 60代ベスト 3時間00分15秒
2006年 50代ベスト 2時間44分46秒

順位は 第51回青梅マラソン大会の参加者は、30キロの部が1万3175人(完走者は1万2418人)で
当然ながら 種目では 1202位 /1216 人中 総合で 10181位/12418人とかろうじてどんじりは免れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/16

練習再開 ・・・40キロ!

2017年

・1月11日(水) 西高東低の冬型のさいたま市の羽根倉橋の正面に富士が見えた。
Img_0291
1間後に青梅市内に到着、折返しの川井迄ピストンラン。帰路 いつものように武蔵村山の【カタクリの湯】でタップリと汗を流す。25.5キロ
・1月12日(木) 午後から芝川の人気の少ない土手を夕暮れランニング。夕陽が落ちてくる。16キロ。
Img_0294

・1月14日(土) 寒いです。突然雪が降ってきたので、練習中止する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/29

欲求不満

2016年9月28日(水)


Image

久々の晴れの朝、駒場運動場に金木犀の香りが放たれていた。紅い彼岸花から黄色の金木犀へと秋がどんどん深まっていってる。
家と車と仕事場では季節の移ろいを感じることはない、やはり人間は自然と触れあう事が大事だと思う。

足の甲の腫れで、この半月は朝練習も滞っており、運動できない欲求不満が溜まりつつあるこの頃だが、とりあえず青梅マラソンの30kエントリーを先日済ませた。
10月には無理せずに朝練習を再開するつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/01

8月の足習い

2016年8月31日(水)


盆明けから台風がやってきたせいで、下旬はが休足が続いたが、8月としては200キロ越えは初めてだ。
走行日数は23日間で 233.2Kmの結果だった。マラソン大会順位も38位となった。

真夏の8月に早朝ランでコンスタントに走れたのはポケモン効果だ。年甲斐もなく狂ったように収穫しまくったせいで、レベルが23
図鑑ももうすぐ100になりそうだ。なにはともあれアウトドア派のオイラにはぴったりだ。
9月も300キロくらいを目指そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/05

公園のはしご

2016年8月5日(金) 定休日

天気予報が猛暑日になるとの事で、朝4時に目覚め熱くなる前に走ろう!と家人が未だ寝てる間の5時に外を出る。普段ならこんな猛暑日は休足にするのだが、新種探しに出かけることにした。
休みの今日は浦和までの公園のはしごをする。

国道17号沿いを走り、ウエストポーチに入れたスマホの振動の都度ポケスポットでボールを集め、ポケモン収穫をし、次の振動まで走るインターバル走だ。ポケスポットのメッカの北浦和公園に到着し、2周してボールを100個まで集め、ポケモン狩りをするが、新種が出てこないので、県庁を通り予定の浦和の調神社(つきじんじゃ)つきのみやさんに向かう。
6時半前にウサギを祀る調神社で新種を1種収穫した。
Image_4

Image_5
6:30からのラジオ体操に参加して、戻りには別所公園で新種を捜す。
Image_6
朝まだ早いのにアンツーカーのウオークアンドランコースでは大混雑の集団移動が流れている。
2周してここでも新種を発見し図鑑は62種を収穫出来、レベルも18にアップ。
このところのポケモンは強くなり、ボールを3〜6個を使うこともしばしばなので、暇さえあればボール収穫している。
結局 今日の成果は19キロ走行で5:09から3時間後の8:13に自宅に戻った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/03

神輿とポケモン

2016年8月2日(火) 定休日


今日も【ポケモンGO】を携帯して、ランニングだ。
アウトドア派を自認するオイラにはぴったりのゲームで、早朝ランニングと、夕暮れランニングで24キロを走って、レベル16.図鑑も58個と増えて、このところは新種を集めるのが、楽しみになってしまった。

朝ランは祭り最中の神輿を奉納してある氷川神社に向かい、周辺の公園に足を延ばして、ラン距離と、ポケモンゲットで汗を掻いた。Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/21

金時山

2016年7月19日(火)


6時過ぎに3000円分のガソリンを入れて、どっちから行こうか思案しながらバイパスに出ると、上りは既に混んでるので空いてる下りを選び桶川まで走り、圏央道に入る。
空いてる。80キロの速度で終点の相模湾まで走り続けて平塚だ。一般道路に降りずに小田原そして箱根の山に向かい無事湯元に到着した。駅伝の山越えのコースをなぞるようにくねくね上って行き、途中から仙石原方面に向かい金時神社 の駐車場に車を停めていざ出発だ。
三連休明けの平日なので静かでいい。

* 登り口のサインが75分とある。Image
* あの金太郎伝説の金時神社に祈願する。Image_2
Image_3
* 裏手から登山道に入る。Image_4
* 林道を越えて更に高度が上がる。Image_5
* 雨後のせいで木の根が滑りやすい。Image_6
* 開けた場所で犬連れのハイカーと出会う。Image_7
* 更に高度を上げるが雲で富士山の姿が拝めない。Image_8
* 東に稜線を進むと矢倉沢峠からの分岐からハイカーが登ってきた。Image_9
* 高い樹木がなくなり、そろそろ頂上か。Image_10
*頂上。Image_11360度の雲だらけの頂上に見るものはない。
Image_12
* 帰りはコースを変えて下ると花が。Image_13
*真っ直ぐな道の先に富士が見える場所も今日はダメ。
Image_14
*矢倉沢峠小屋は誰もいない。Image_15
*分岐を今日は右に金時神社に戻らなくてはならない。Image_16
* 下り道にヤマユリが咲いている。Image_17
*杉林になり、登山口に下りた。Image_18
周辺は別荘地の様子で20分後に駐車場に戻る。
1時間40分の金時山だったが、下は晴れだが富士は雲だらけ。
帰りは国道1号線でたっぷりの時間をかけて家路に着いた。久々のロングドライブもたまにはいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/06

足習い

2016年7月5日(火) 定休日

先日の新聞のコラムに「人生七十古来稀なり」とかつては詠まれていたが今では寿命が延びて元気なジジイやババァが活躍し、先日総務省が発表した2015年の65歳以上の人口が26.7%に達してミュージシャンのあの吉田拓郎が70の古希になり、2年ぶりにコンサートを開くらしい。Image
井上陽水67、中島みゆき64、ユーミン62、ボブディラン75、ミックジャガー72だ。と記事は書いている。
高校生の時にビートルズ、ベンチャーズ、大学でフォークソングのボブディラン、ピーターポールアンドマリー、の真似してフォークギターを買い、基本のコードを覚え、ジャンジャカやったもんだ。
声を張り上げて踊りギターをかき鳴らして舞台を走り回るのはまさに体育で、それが長生きの秘訣なんだろうと思う。
音楽ではないが 五十代に足習いとして山登りとマラソンを知ったおかげで、医者要らずの生活を送れているので、100くらいまで足習いが続きそうだ。あと30年か?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/21

子供のように

2016年6月21日(火) 定休日

雨が降りそうな朝6時、少々デブり気味なので、構わず外に出て通勤者で溢れている新都心街からガラガラの氷川神社大宮公園とノルマの15キロをランする。帰りにはずぶ濡れも小さな子供のように雨を楽しんだ。Image

6月も最終旬間に入り、政治では参院選の動き、都知事の辞職が、そして世界の話題は英国がEUからの離脱選挙がTVを賑わしている。楽しいはずのスポーツの祭典のリオ五輪も期待薄だし、景気も冴えないこのところ。

今年も半分終わる。明日はいい日になるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧