ランニング

2019/04/23

卯月***秋ヶ瀬から彩湖

2019年4月22日(月)平成あと8日

 

暑いくらいの陽気な朝だが掃き出し窓は開けられない。洗濯物を内に干すからと言う家人の指示だ。pc作業を終えた10時過ぎに無性に走りたくなり、無機質な高層ビル群の照り返しの新都心街を避けて、自然林が多い秋ヶ瀬公園に向かう。

クルマで30分、中ほどのPKに止めて、公園に入ると、暖い風が針葉樹や広葉樹の常緑高木の間を流れて冷やされ、爽やかな空気となって体を冷ます。久しぶりに半パン姿でウォークランニング開始する。痛めた足のリハビリを兼ねてなので、ゆっくりべた足のちょこちょこ走りのイメージで走る。左手に針葉樹の森が続く。山走りのような涼しげな景色だ。

7fc3542541d24dad9783ec5a1edef818

ほとんど人と出会わないまま秋ヶ瀬公園を抜けて、さくらそう水門を越えて彩湖に出る。色々のマラソン大会の会場にもなっているのでランナーやチャリダーが多い。彩湖畔から離れた土手下の直進のコースを往復する。まだ花は少ない。この辺では珍しいヤマフジが咲き始めた。

3468acce19fe4a17bec3ceb2cb7d141c

折り返して、湖畔を走るが西側のコースは木が無いので暑く、長袖の腕で汗を拭う。そのうち何か白いムシのようなものが湖からの風で飛んでくる、大量にだ。タンポポの種だ。サングラスを忘れた。目や口の中に入りそう。管理橋を東に越えるとドングリの木が続いて影を使ってくれる。後ろからのランナーやオイラを抜いて行く、しばらくしてまた抜かれる。今では競争心は失せたので、マイペースで走る。カマキリ公園からヘアピンの上りを難なく越えるとぐ〜と下って北側の長い下り上りになる。下った右手に試験植えのサクラソウが咲き始めている。自慢のサクラソウ公園には寄らずに、再び水門を越えて秋ヶ瀬公園に戻り、水場で大汗吹き出る体を洗って冷やす。ビールが飲みたい。

119cf5af4d4a46bfa639b86bf75d983b 6a44f8f18ba342949936ab669c927b74 Adea963a9a6642f786d4356b8345a600

 

| | コメント (0)

2019/04/16

卯月***駒場陸上競技場

2019年4月15日(月)

このところ身体にキレがなく少々《ポッコリお腹》が気になる。今月もウオークアンドランで走行距離は144キロだが、ランニングが少なく大汗を掻かない影響か体重も2キロほど増え止まってる。普段のように街ラン二ングと思ったが信号待ちや歩行者のいない陸上競技場で思い切り走ろうとクルマで【浦和駒場陸上競技場】に向かった。

                                      589ccb33b5834fcab3bfbc44e87f7499

夕方の4時前に着き、事務所で記名し50円払ってグラウンドに出ると男性1名、女性1名が100m?のチーム練習か最速度で走っている。オイラを入れて3人しかいないので貸し切り状態だ。彼らは周回しないので1レーンを走り続ける。気温がたかいので少々のアップがてらにジョグを2周し、3周目からキロ4分半くらいの速度に上げる。

家人で中学女子の800mベストタイムが2分20秒だから1分遅れくらいかなと測ったら倍以上遅い4分50秒だった。情け無いと思って5周目も精一杯走るも心臓がバクバクしてきて、「こりゃだめだー!」とあきらめて、キロ7〜8分ペースに落として走り続ける事にした。以降は無理しないで5分くらいで走り続けて、およそスタートから50分で切り上げた。かなりの負荷をかけて走ったので、脂肪も燃えたような気がして久しぶりに走った実感がある。

 

| | コメント (0)

2019/04/03

卯月***桜⑥ 三橋公園

2019年4月2日(火)

今朝もいい天気で桜日和ですので、午前中に花見を楽しみたいと思いどこの桜スポットがいいか思案して地元の【三橋公園】に行く。園内より土手沿いにある桜並木の下での花見客が集まってきた。1500mのランニングコースもあり、遊び広場もあり、夏はプールもある公園なのでファミリーには人気の公園だ。

帰りのバイパス沿いの帰りみち、いきなり【 ゾンビが〜! 】びっくりした〜。

 

  2add076bdbd64eb88bb6b4da793e8ea7  A8f62fa0c15e4b6aa48a7040f4f4175d 07884f30a8aa4cdda4bd35dcc63bbef1

  Edd30f7f384a4f5dac4973a781a5679d   Aa1c66da62394717afc6384f58c40c6d 5af639501fbc4d8ca564e196adab446a

  F9441d7175b74e9dbacf796174e2c40b   F7f9dad9cfa34821abadf35e8886f18d A6df095f1a1d4e099353be6785639d00 

 

 

| | コメント (0)

2019/04/02

卯月***桜⑤ 快晴の見沼

2019年4月1日(月)

今日から《 卯月》で【平成】最後の月になる。やっと晴れた!午後には曇る予報!なので急いで家を出て、見沼用水路を北へ桜を探して走る。天沼地区から大宮第二公園の調整池へ行くとたっぷりの桜景色がてんこ盛り。芝川沿いをさらに北へ途中広い見沼田んぼに白い車体の東武電車がコトコトと走りすぎて行く。リス公園横の菜の花と風車と桜のスポットが見えてきた。素人カメラマンが撮っている中、おぢさんが青い凧を揚げている。桜はまだ7〜8分くらいだがちょい寒いのでまだまだたのしめそう。17キロの桜ランニングを終えたら、新元号が【 令和 】に決まった。

21a87e3b7d384e1995d0b2f17beba1b0 4ef10aceec0b4385b6463d9b0308c506 0a326ec5ac334acd929ef14a0d0bb769

083c4eeb93bb45cb889624fa56d56588 Ff257d581913484b9770b1d7dd831b12 Bd1cb288077c43ac93260363bfed2690

6b5acc979150435db2f6be2e8b990f21 56169d5602324ac6a9a32d85bc797ecb 17481075b6714ddc905e8212df3e4249

1ae886062dd34e7fb9b5d038680698b2 3cc1796b162c4ce2b63e2893ad5fde5e Ad5840c23fac4734855017d2d1a19f11

9511020c0832411eb7f1a64c8e24eb31 2038b5ce8ead4c19834a4362948a584d 1d341e10caba43ab9fffeb2ede77eda5

714e5557fa66476e9dd67f1033cb81a5 F28f4c454f3e49d495e20f10aa24fd83

 

 

 

| | コメント (0)

2019/04/01

弥生***桜④ 市街地 三分咲き

2019年3月31日(日)

朝飯前に散歩ランに出かける。昨日の夕食が遅かったので腹は減っていないので朝抜きで20キロを目安に外に出る。相変わらずの曇天だが天気予報ではそろそろ晴れてくるはずなので期待しよう。桜は青空が似合うはずだ。

国道17号を日本橋方向に向かい、さいたま市中央区中里から高沼川沿いの桜の定番コースに向かう。県道からピンク色が見えてきた方向に折れながら川沿いを進む。川に流れ込むような桜並木が出現したが、7分咲か?空は晴れないまま。行き止まりから回り込んで定番スポットの鈴谷小学校前の橋から撮る。花がたわわになっていないので絵にならないが仕方ない。

気を取り直して、別所沼に向かう。  別所沼に着くと沼を挟んだランコースにはまだ丸坊主の背の高いメタセコイアの間を結構なランナーがうようよ走ってる。少しばかりの桜コーナーがあるくらいだ。道路を挟んで 別所の《花と緑の散歩道》の狭い桜道が連なって屋台まで出ているのでそれなりの通勤通学小道になってるのだろう。道の半分を屋台が占めている。まだ空は鉛色のままで晴れそうも無い。

帰路は再び別所沼公園の戻り、北側のほとんど人が通らない《常盤緑道 》を走る。この路は好きだ。盛りを終え掛かっている雪柳の小花が散ってて、右下には 黒い家と紅い花が良いコントラストで洒落ている。どんな人が住んでるんだろう。

しばらくすると北浦和駅に近い《 浦和北公園 》に出るが、ここにも桜は無い。そして与野駅前から新都心街直下のマンション入り口に満開の桜。明日は晴れそうで、楽しみだ。

4a0dda364b2f4bddb238fbf6ba0ba5bf  Cecce5b71b4f41d5b5eaddadfc649796  A4e3f9cd567e455fbd2506b7c3e899b2

 E514d48f684a43178947e3d8d21bd57c   8a4c502b83364316a9ce1f1626eae411 Af6b26f873a34153bcfa3a8a84a524d3

785dc373b49c467bbb64833055360624  Abb85a0209284681b840719455f80242  Cab1d3640495407c83961ad4762692a8

399eea04cdb543a2b0477d20cec81e7b

 

 

 

| | コメント (0)

2019/03/28

弥生***桜① 27日見沼 3分咲き

 2019年3月27日(水)

いよいよ桜の花見シーズン。花見と言えばさいたま市の見沼田んぼを挟んだ見沼用水路西縁の桜並木道だ。毎年この時期になると10キロから20キロの長い距離を花見しながらランニングする。

市内の桜の開花の様子からあまり期待は出来ないが、好天気であったかい午前中ランに出掛けた。新都心街のcocoon cityから東へ見沼用水路へ桜を探して9時47分に用水路に出る。ぱっと見にもピンク色は無いが、一部に咲いた桜を撮る。空いている用水路途中の大原中学校前を過ぎて左にカーブしているテニスコート上に桜咲く木の下には白い水仙群が咲きほこっていた。浦和西高校下から続く蛇行する桜スポットも2部咲き。大きく左にカーブすると遠景にさいたま新都心街の高層ビル、近景の桜はだいぶ空いている。県道を横切り頃からペアのランナーが走って来るが空には未だは花無い。それでも北風を遮るカーブの桜は花を付けている。10キロ先の女体神社に到着する。

この先の東西に伸びるバイパスを西の右折して見沼田んぼから街に向かい、浦和駒場スタジアムで5分ほど小休止し、先の暗渠道から新都心街へ最短距離を走る。昼前で行き交う人が少ないので速度を上げる。新都心街北風の氷川神社の一の鳥居に戻る。桜はまだまだ。2時間半の20キロを昼前で家に戻る。

C7671e87d64247e2831abff5318869fb    516b6c1ec5584de799c78373ed0c907b    Ffc54c6248084cfcba0cbe7d17ba2e8c 

 8a5d06f08c774640a7fb5fdc0c0d9c0c   1bb044a3c168445f9eae167d70172641    C6524c584fa94e4c8e052cf36e18190a

      217afc499c59491a98c787a32cedbc5f        908d695ae272416890bd5aa40c2d92a7

| | コメント (0)

2019/03/25

弥生***30K

2019年3月24日(日)



261b16a49a2f4fa2b9334f32614bc042

お気に入りのスニーカーはもう手に入らないかもしれないと思いながら、ダメ元でLSD30キロのウオークアンドランでアメ横にやってきたが、流石に売り尽くして25cmと28cmのみだというので諦めた。それにしても桜も咲いていないのに、上野駅周辺は大混雑して人、人、人だらけで道路もクルマが大渋滞だ。混雑してるアメ横通りは多国籍の言葉が飛び交い、商売人達もダンボールに書いた《1000円》を高所から掲げてダミ声を張り上げている。早々に退散して帰路につく。満開の来週の混雑ぶりが予想できるのでこの辺には近づかないようにしよう。


                       

| | コメント (0)

2019/03/21

弥生***夕陽

2019年3月19日(火)
Ba1e8930231a43e98ea602cf4ddb7de9

  天気もいいのに、日曜、月曜と休走で何となくだらけた2日を過ごした3日目も、暇を持て余しだが、夕方5時過ぎに冷たいビールを飲みたくて、「じゃあ、走ってくるか!」とひとっ走りに出かける。

 部活を終えた中学生たちが三々五々家路についてくる。オイラの母校だ。広い国道の対岸に手を振る中学生がいた。うちの子だ。片手を上げて返す。母校の中学校前を通ることにした。もう中学生はいないようだ。《先生の長時間労働軽減する働き方改革》で最近は部活動の時間短縮で、遅くまでやらなくなった。

  静かな校庭横を通り新都心南にある【スーパービバ】に立ち寄り、ゼビオでシューズを探すも無く新都心街のデッキをcocoon cityに向かう。ここのゼビオでも探す物は無かった。諦めて戻る。帰路の《大宮ほこすぎ橋》を通ると左にアリーナ右に高層ビルの谷間の遠景も西の空が夕陽に染まっていい感じの6キロランで汗を掻く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/06

弥生***雨天練習場

2019年3月4日(月)


3日の昨日、雨が降りつづいていた日曜日。
朝、散歩がてら魚屋に買い物したあと、雨の止む間もないので仕方なく終日在宅する。
積み上げがってた気になる新聞を先ずは熟読しながら既読箱に入れる。
C70698a1cc904e01978a9546e67fecf7
そして4日の今日も朝から激しく降り続く雨だが、身体がストレスを感じてるので、雨天練習場の【新都心街】まで家人の買い物の間に、ランニングする。
ほぼ1時間弱で8キロほど走り、大汗掻き気持ちよくシャワーを浴びて、午後から在宅して過ごした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/25

如月***ワカタケル

2019年2月24日(日)


日経新聞の小説は欠かさず読んでいる。
今回は【ワカタケル】だ。正直言ってカタカナの言葉が多くいつの時代の話なのか解らなくて読み物としては好きじゃない。だが解らないまま放っておけないので調べてみて、第21代 雄略天皇の事らしい事が解った。更にはその実在を裏付けたのが我が埼玉県の行田にある《稲荷山古墳》から出土した、【金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)】で、表面57文字、裏面58文字の計115文字の銘文が刻まれている。西暦471年と考えられ「ワカタケルの大王(おおきみ)」(雄略天皇か?)の政治の補佐役を務めたことが書かれている。Cedb5bee2ce144a4a9f8afde0bf643f5

そして考古学的には実在した最古の天皇だと言われて興味を引かれた。調べてると即位後も人を処刑することが多かったため、大悪天皇と言われていたという説もあり、小説【ワカタケル】でもそんなイメージで書かれている。
そんな事もあり、今まで一度も行った事がない【稲荷山古墳】に出かけた。
JRで北へ20分の鴻巣で降り、《さきたま古墳公園》までマラニック20キロする事にした。
往路は国道17号から熊谷バイパスを通り古墳に向かう。途中の電柱の住所が《埼玉》とある。そばに居たおじさんに「さいたまの地名なんですねー」と言うと『 違うよ!さきたまって言うんだよ』と怒られた。
653fce283c69425e8529ca50787db658 568f7ba7ccbc45a589811c39e6600fec
開けた右手に生の古墳が出現した。これは《二子山古墳》らしいが大きい。どうやらこの一帯が《さきたま古墳公園》だった。
C1a2a16591164d0f9da9f638b2625662 A105b175156941b295e7d069dcfc5c72 8ffbd72bf2bd492891324bcc70a6327d 4d097644fa444981a4a772f0fac73f1f
そして古墳群を訪ねるが、下からはよくわからないがどうやら登れそうな古墳前に着くと【稲荷山古墳】を見つけて登って見る、小山としか思えないが、上から周囲を見渡すと全容がわかってきた。これが全貌だ。
22c0e3fe9b8f4056990e971bebcaf63f 8f3d54696fc446fab2e1f0f9372b4ef1 7136299d76c24320b6f2387669f0952e 76c67ea503364ff6a324c6061a2e0b00 568e7fe757404db18d5a63c373e8d11e 5c0eb2c3d33c47ecaace3981564926e3 329ae558b6e04f3c9ef249d0e7fe4805
そのほかの将軍山古墳、丸墓山古墳と主だった古墳を楽しむ事が出来た。結局下からは何もわからないが、俯瞰できるような環境にすればもっといいんじゃないだろうか。ポケモンも出るらしくここでも爺婆たちがスマホを指で叩いていた。
特に【丸墓山古墳】を本陣とした豊臣群・石田三成達と成田長親方の《忍城の戦い》は『のぼうの城』として 和田竜による日本の歴史小説のモデルとなった。またそれを原作とする2012年の日本映画でも認知されている。
Fda48679071f4841b67efb940eca78a2 5854b620db6242f7a98037a1399c3006 7024c69961f8400a92ad7e223ee6e3af 637218aacf734950867407ad6241f0e4 38b2fd7d3daa4044beacc74a74c9a664 D3b59b0a588749d9a79b01cdad7388b8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧