ランニング

2019/06/15

水無月***2000万

2019年6月13日(木)

7dff30c5388d478ea82ca1ae4df56b19

天気晴朗な朝。TVでは連日《2000万問題》をやってる。そんな時オイラはいつも なるようになると思ってるので、ヘ〜でおしまい。そんな事より梅雨の気まぐれで終日晴れの予報なので、見沼用水に広がる田園を眺めながら走りたくて【やまだのかかし】をめざす。

用水路沿いの畑ではそろそろジャガイモの収穫時期になる。がとりあえず一服か、静かな田園景色で緑が溢れいて虫もまだ少ないのでランニングにはちょうどいいころだ。陽射し多いが桜並木沿いは絶好のコース、行き交う人もほとんど無い、ところどころで草刈りが始まりエンジンがうなる。

女体氷川神社に到着し公園内にジッと立っている【やまだのかかし】に久しぶりのご対面だ。ほぼ1時間10キロだ。キロ6分のランニングで気温も高くないので、大汗もかかずに街に向かう。

ちょうど小学生の下校時間らしく、子どもたちと保護者が家路に向かう。いろいろの事件以来子供だけでの下校が変わりつつある。陽射し避けのサングラスを掛けて走っているので、行き交うときに子どもたちがこっちを見る。ジジイの黒メガネは怖いかもと、サングラスを取る。

途中、ホームセンターでトイレタイムをとり、汗をながす。浦和駒場競技場からさいたま新都心に向かう遊歩道を通って、ハーフマラソン距離の21キロで終えた。

ちなみに、今日のランニングも0円生活だ。昼は家ランチだし、夕食までの間に何も口にしない。買い物は少々のお酒くらいだ。

2000万不足 なんてみんな贅沢してんじゃね〜の。

 

| | コメント (0)

2019/06/01

皐月***最終日は桑の実

2019年5月31日(金)

  

今日で皐月が終わる。

ちょっと涼しい曇り日なので午後から家を出て、いつものように青信号の方向に走ると新しく出来た大宮区役所近くに出る。大きな建物ができると景色が変わり違う街に感じる。前より道が広くなったので吸い寄せられるようにその道を北に進む。

ここまで来ると行き先は大宮公園で1.1kmの起伏あり、ちょっとした丘陵ランニングコースがある。ひとまわりして競輪場横からの陸橋を通った先の見沼用水路を南へ向かう。陽がないので気持ちいい。夕方金曜日でランナーも居ない車が通らないコースでマイペースで走る。

いくつかの県道を横切り、新都心が望める貸し農園を通ると先の道になにやら黒い糞のような丸いものが落ちている。立ち止まって見ると桑の実だ。

1e2a32b1a8c242859830dcb908d7e31e 36717f15e77b484dbae1d4265b82c377 E2e72d63ef374633ae86abcdd2f86c61

珍しい!あの蚕の餌の桑だ。昔はこの辺でも桑畑があったのかも知れない。近くにコクーンの片倉工業も有ったし、コクーンは繭の事だ。枝に近寄り食べ頃の実を探す。赤いのは酸っぱい、赤黒いのが甘いはず、口に入れる甘酸っぱい。この近くならあとで獲りに来るのだが。

新都心のけやき広場では《ビール祭り》をやっている。【花の金曜日】のサラリーマン達がシートを広げてミニ宴会をやっている。一杯飲みたくなったが、あと10分で家なので我慢する。

5月最終日は13キロ、24日間走って 、走行距離 231.7km、走行時間32時間47分の結果だった。

 

 

| | コメント (0)

2019/05/24

皐月***陸上観戦

2019年5月22日〜23日(水〜木)

 


Eb715e16146147899468ad70ff8b6ad1

酷い雨降りの翌日の朝は、チリや霞も駐車したクルマも綺麗に洗い流して気分爽快。予定した陸上の大会観戦に7キロ先の競技場に向かう。ほぼ全種目を観戦するつもりで、トレランザックに、着替えや、日差し対策のサングラス、キャップ、加えて家から持参したバナナや菓子類を入れて、ジョグ開始。

競技場に着くと平日のせいか、駐車場も空きがある。土曜日開催が多いのでまだ早いこの時間でも大概埋まってるのだが。見通しの良い風通しの良い観戦席の最上階に陣取り、ザックを解いてタオルを持って先ずは身体を洗い流しにトイレに向かう。

一年男子の100m走をやっている。小学生と中学生か?と思われる競争だが紛れも無い中学生の大会だ。中学生時分の頃を思い出すと、体の大きさの差が一番顕著な頃で、やはり小さな体でどんだけ頑張って俊敏に見えても歩幅の差は敵わない。オイラもそうだった。小学生の頃はコビトだったが足は速く運動会はいつも1〜2番で、中学1年でもコビトのままだったが足はまだ速かったが、中学3年生でも多少伸びてはいるもののコビト度は変わらなかったが、周りがみんなデカくなって1〜2番では無くなった。部活を籠球部に選んだの少しでも大きくなればいいと思ったからだ。

6a575cb47a5f413483d8f558c35ba742

家人の中学生も1年の時はチビでガリガリだったのでタイムが伸びなかったのだが、その後身体がグングン伸びて筋力も付き中3の今ではスリムだがほぼ標準体型となり、昨日の800m、今日の1500mではPB(パーソナルベスト)更新し、県体出場のキップも手にした。

アスリートスタイルでザックを背負い二日間ピストンのおかげで、体調もすこぶる良く日焼けした元気ジジイの陸上観戦となった。因みにコビトだったオイラは高校2年生から大学卒業するまでに一気に30センチくらい伸びて、人間社会の普通体格に成長した。

 

| | コメント (0)

2019/05/18

皐月***タートルマラソン

2019年5月17日(金)

1f1f9493be1e413498106185f1dd5da4

特別に温泉が好きって程ではないが、何故かバカンスでは温泉が含まれる文化がある日本でオイラもせっかく連休なら温泉に入りたいと思う。こないだの何処も混んでる10連休にはじっと在宅を決め込んだので、そろそろオイラも連休で温泉にとも思うがめんどくさいので近場の【温泉】を探す。棒の峰の《さわらびの湯》、奥多摩の《もえぎの湯》、の登山帰りもベストだが、時間が無いので、近場の村山貯水池の《かたくりの湯》を目指すことにした。

久しぶりのクルマで遠出をする。このところ悪名高いジジィの運転だ。気をつけよう。敢えてバイパスなど幹線道路を行く。かつては昭島市までクルマ通勤した道路で、街なかは通らない事にする。

さいたまから【 ウラトコ道路】経由で《小手指》から西武球場に向かわず右折して多摩湖と狭山湖の間を抜けて山越えした所の武蔵村山にかたくりの湯がある。出発を遅らせた甲斐があり順調に来れた。PKにクルマを停めて11時山に入り自転車コースを走る。幾度も通ってるので景色が読める。ほぼ多摩湖の外周を走るランとバイクと散歩のコースだが昼まぢかでランナーとチャリダーしか通らない。

途中、女性だけで健脚を競う日本初の女子フルマラソン大会と言われている女子マラソンの発祥記念像に立寄る。昭和53年4月16日、多摩湖畔を3周するコースで、【第1回女子タートルマラソン全国大会】が開催され最高齢71歳を含め49人がフルマラソンに挑み、46人が完走。優勝者は横浜の主婦・外園イチ子さん(37歳)で3時間10分48秒というタイムだったそうだ。何度も何度も走ってるが初めて知った。《日本タートル協会》

88c94447d1f543c49b89d84a113a38d8 A1328e5dee494c31b56b33755e9153f6

ほぼ一周15キロを1時間40分ほどでに戻る。この丘陵を三周か《外園イチ子さん》 3時間10分は早いよね!もうジジィなので無理はせず大汗をかくていどにしよう。もう少し近ければいいのにねぇ!

《かたくりの湯》 は平日の昼過ぎなのに混んでいた。ほとんどが団塊世代らしいジジィババァだ。気持ちいい風呂上りに目に留まった生ビールのメニュ–。飲みたいがクルマだ、諦めて蕎麦を喰い、運転中の甘味にと地元の餡子菓子を買う。

 

 

| | コメント (0)

2019/05/17

皐月***花の丘

2019年5月16日(木)

7a9fa1df97774cd2bd93089c2eea4203 0d0afee92dc34ed2b3e1a8b04e111692

花いっぱいの公園を走りに行った。

ランニングコースなど無く、四季を通して園内全体に花を咲かせ適当な傾斜で欧州の草原地帯を模した感じで土日には相当混雑しそうな【花の丘公園】だ。珍しく犬同伴は駄目で、花好きな人のための公園だ。

ほぼ周囲が1キロ半くらいなので、軽くジョギングしながら縦横無尽の枝道を走ったり、撮ったりおよそ10キロを快走し二日ほどの休足で弛んだ身体から汗を絞り出した。

やっぱり花はいいなぁ、田舎はいいなぁ!

 

Cdc9fc8475f34b8180c8d5cd0ea0e890 Ab95f8d80ec14da3897da0278c5f0d20 C94292050bd442feb2bb621268ed5a41 9f57742a48604bc6825382b807f73e96

| | コメント (0)

2019/05/14

皐月***速いのは遺伝?

  2019年5月13日(月)

  068cc86e543c49b8966777c6515ac266

ランニングシーズンなのか中学校の体育祭が終わったあと久しぶりのビックニュースだ。

アメリカで陸上短距離男子のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が11日、米アーカンソー州フェイエットビルで行われた大学南東地区選手権の100メートル決勝で日本歴代2位となる9秒99(追い風1.8メートル)をマークし、日本人で2人目の9秒台に突入した。桐生祥秀(日本生命)が2017年に出した9秒98の日本記録には及ばなかったが、自己ベストを0秒06更新。20年東京五輪の参加標準記録(10秒05)を突破した。ー《日経新聞》

何とは無しに陸上は気になる。我が家族に走りが苦手はいない。オイラ毎ではあるが小学校の運動会では1〜2着だった。そして今では太めの婆も走りは得意で、いつも選ばれたらしい。子供達の中学部活は陸上部が2人でバレーボールが1人と体育会系だ。更に同居のムコ殿は箱根ランナーだ。その2人の子はやはり陸上部で、写真の中3女子は市の800mでタイム突破し県大会に出場する。

サニブラウンの父はサッカー選手で母は100mでインターハイ出場のアスリート一家だという。ウチの中3女子の父は元箱根ランナーだ。彼女、幼稚園から小学校は練習もせずに無敵の1番だった。長男は普通に速いが長女はメチャ速すぎるのは父似の遺伝だと確信している。

高校で更に伸びるかどうか判らないがチョット夢を見ようかな!

| | コメント (0)

2019/05/07

皐月***部活生

2019年5月6日(月)振替休日

5f9de0dbd10544a09afd0cafeecbad3c

世間では10連休の最終日だ。やっと終わってくれる。何処へ行っても人、人、人なので在宅時間が増えてストレスが溜まった。

中学三年生の部活女子は連休よりも部活動が楽しいらしく、今朝も朝早く駒場陸上競技場にに出かけて行った。午後からのエントリーだが全員での行動なので夕方まで帰って来ない。朝から晩までだが本人は苦もなく真っ黒になって帰ってくる。学習塾にも行くようなので大忙しの日常だ。

ウチの部活女子の走りの片鱗は幼稚園から小学生にあった。何もしないのにぶっちぎりの一番だった。オイラのビデオには当時から中学三年生の今でも走りが保存してある。上には上がいることも気づいた今は練習にも励み、結果も残してきている。午後からオイラの体も絞るつもりで6キロをジョグして、10分前に駒場のスタンドに座る。風が強い。

1500mは長い。約4周だ。半周で定番の順位でウチの部活女子ピタと1位選手に付いている。ベストは彼女が上だ。団子状態が二周目から3位以降の選手が遅れていき差が広がっていく。三周目もピタと付いていく。まるで同期してるように1、2位が揃ってラスト400mの鐘を聞く。前回差が開いていったが今日はまだピタだ。残り100mだ50秒切りなら県大会出場突破だ。が、1位 56秒、ウチの部活女子は57秒で2位で終わった。連休前半の大会のタイムを三秒縮めて、今日の強風の中でもいい走りだった。お疲れ!

 

 

 

| | コメント (0)

2019/04/30

卯月***ささやかな自慢

2019年4月29日(月)🎌昭和の日 平成あと1日

5c327803187a4ce492826e295f1322f4 Img_4532

部活に、受験に忙しい中3女子の陸上記録会を久々に見に行くことにした。

今回の目標は県大会への切符だ。800mで2分22秒、1500mで4分50秒を記録を出さなければ行けない。昨年秋に800mで20秒と大幅に記録を縮めたのでそのPBタイムを出せば県大会に行ける。2018年の全国での20秒未満は136人しか居ないのでトップレベルのタイムだ。更に午後からの1500mにもエントリーしてる。こちらのPBタイムは56秒なのであと6秒切りの50秒を出せばダブルで県大会出場だ。

駒場まで6キロの距離なのでいつものようにウォーク&ランニングで8時前に家を出る。風も無くいい陸上日和になったので期待ができる。与野からはいつもの天王寺川コースを行く。道々には旬のツツジや、木香薔薇などが咲き誇っている。

ちょうど、男子の800mをやっている。速い1組の1位は1分59秒だ。ハヤッ!20分後に、ウチの女子が走る。iPhoneビデオを回す。向正面で先頭だ。400mで67秒、二周目で73秒なら140秒でPBタイムタイだ。残り150mでかわされて2位だが、2分20秒90で県大会はやったぁ!

042980022090

午後までの間に市街地回遊して、ランチを摂り夕方1500mを観戦。奇しくも800mの結果と同じ順位でこちらは二人とも数秒足らずで突破できなかった。いずれにしても先に(県大会)行けたことは本人よりも多分オイラの方が嬉しい。

オイラの人生の測定基準《 中、普通、平均 》からすると、彼女は《 上、特別、最高》で校外向けの看板に既に「○○○○ 県大会出場」が告知されている。近いうちに 三枚目の看板が飾られるはずだ。ささやかなオイラの自慢だ。

 

| | コメント (0)

2019/04/23

卯月***秋ヶ瀬から彩湖

2019年4月22日(月)平成あと8日

 

暑いくらいの陽気な朝だが掃き出し窓は開けられない。洗濯物を内に干すからと言う家人の指示だ。pc作業を終えた10時過ぎに無性に走りたくなり、無機質な高層ビル群の照り返しの新都心街を避けて、自然林が多い秋ヶ瀬公園に向かう。

クルマで30分、中ほどのPKに止めて、公園に入ると、暖い風が針葉樹や広葉樹の常緑高木の間を流れて冷やされ、爽やかな空気となって体を冷ます。久しぶりに半パン姿でウォークランニング開始する。痛めた足のリハビリを兼ねてなので、ゆっくりべた足のちょこちょこ走りのイメージで走る。左手に針葉樹の森が続く。山走りのような涼しげな景色だ。

7fc3542541d24dad9783ec5a1edef818

ほとんど人と出会わないまま秋ヶ瀬公園を抜けて、さくらそう水門を越えて彩湖に出る。色々のマラソン大会の会場にもなっているのでランナーやチャリダーが多い。彩湖畔から離れた土手下の直進のコースを往復する。まだ花は少ない。この辺では珍しいヤマフジが咲き始めた。

3468acce19fe4a17bec3ceb2cb7d141c

折り返して、湖畔を走るが西側のコースは木が無いので暑く、長袖の腕で汗を拭う。そのうち何か白いムシのようなものが湖からの風で飛んでくる、大量にだ。タンポポの種だ。サングラスを忘れた。目や口の中に入りそう。管理橋を東に越えるとドングリの木が続いて影を使ってくれる。後ろからのランナーやオイラを抜いて行く、しばらくしてまた抜かれる。今では競争心は失せたので、マイペースで走る。カマキリ公園からヘアピンの上りを難なく越えるとぐ〜と下って北側の長い下り上りになる。下った右手に試験植えのサクラソウが咲き始めている。自慢のサクラソウ公園には寄らずに、再び水門を越えて秋ヶ瀬公園に戻り、水場で大汗吹き出る体を洗って冷やす。ビールが飲みたい。

119cf5af4d4a46bfa639b86bf75d983b 6a44f8f18ba342949936ab669c927b74 Adea963a9a6642f786d4356b8345a600

 

| | コメント (0)

2019/04/19

卯月***故郷

2019年4月18日(木)

 

いつもなら数時間の《足習い》だが、おとなしく家で籠るのが苦痛なので、夕方にはたまらずリハビリがてらに軽いウオークアンドランに出かける。

10分くらい歩いて小学校のプールを過ぎて左に曲がるとこんなに小さかったんだと思うほどの校庭が広がる。かつて三角ベースでソフトボールを楽しんでた頃の記憶が蘇る。友達の家の新聞に《 長嶋 通算8号ホームランで東京六大学野球新記録》の記事が。ヒーローの始まりだ。

小学校からさらに遠い中学校へのいっぽん道は、いくつもの大きな道路に遮られていっぽん道では無くなった。止むを得ず国道沿いを行く。途中 新幹線や埼京線が通る高架の下を過ぎて左手に下りやっと中学校の正門だ。ここでも校庭を思い出す。長嶋ファンだったので野球部ヘ入ろうと思ったら、凄い人気過ぎて、テニスは?美智子妃人気で大勢だ、じゃあ少ない部活はと思い 先輩も居ない同級生が5〜6人だけの【籠球部】を選んだ。団塊世代で50人12クラスの600人もいたのに、5〜6人だけの不人気部活だった。

体育館もまだ無かったのでグラウンドの片隅にゴールポストだけのコートで 、厳しい練習はなかったがそれでも指立て伏せなど出来るようになった。当然弱かった。対外試合の記憶は一度だけでボロ負けだった、以来試合は無かった。

そんな小さな小さな街の与野市だったのが中央区として様変わりしてしまった今日もまた、新都心街に昔を見つけながら散歩する。「あいつどうしてる?」アリーナの屋上から下りの新幹線と埼京線がコラボして大宮駅に向かっている。

6d4c42d9d22d4ee2a22cb67bb4693d4e

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧